2017.09.27資産運用

政治的、経済的な不透明さは客観的事実でクリアに

Text : 柴沼 直美

キーワード :


北朝鮮のミサイル攻撃が再び報道されて、穏やかならない秋を迎えています。加えて英国のテロや米国の台風。このような暗いニュースが続くとどうしても、「これがきっかけで、世界中は政治的にも経済的にも混とんとした状態に陥るのでは」となりがちです。そんな時こそ、客観的な情報で客観的な見通しをたてていくことが求められます。

過去の状況を振り返る

 
景気の見通しを立てる専門家で歴史のことをよく勉強されている方が結構いらっしゃいます。ギリシャ時代や太平洋戦争など、共通項を取り上げて、参考にされることが多いようです。

株式などの金融商品にしても「チャート分析」といって過去の値動きになぞらえて、将来の値動きを予測する考え方はよく採用されています。ただ、今回の北朝鮮の挑発行為はこれまでの過去の適用例を引っ張ってくるのは難しいです。
 

今寄せ集められる客観的事実から仮設をたててみる

 
まず、我々が入手できる情報を整理してみると、まず現状米兵が韓国に駐留している米軍の家族が直近顕著に帰国しているという事実が確認されていないという事実があります。

次に為替の動きですが、有事の円とはいえ、いざ陸上戦闘ということになれば、円の大暴落が起こるはずです。もちろん政治情勢は各国首脳の決定で、究極のところ一般庶民が知る由はありません。

ですが、この2つのピースオブインフォメーションから、その他報道から、究極的にシリアスな状況に至るとは考えにくいと判断するしかなさそうです。

 

政治的不透明さによる上げ下げは急角度

 
冒頭に書いたこれまでの歴史からわかることは、政治情勢による相場の下げは急こう配になりますが、払拭されたときのリバウンド力も大きくなるという事実です。

こういった過去の事例に基づいてプロの投資家は勝負に挑みますが、我々一般投資家は自分の貴重なお金を自己責任で守り育てていかなければなりませんから、一か八かの賭けに頼るのではなく、できる限り徹底して資産や通貨そして時間を分散させるオーソドックスな手法を踏襲していくのがストレスなく資産運用を継続していく王道だと思います。

勉強のためと思って余裕資金を勝負的に投資してもいいかもしれませんが、仮にそれがうまくいっても長続きはしませんし、大きく収益を稼げたと思っても別の局面で大きく棄損する可能性も否定できません。

ファイナンシャルフィールドの最新記事を
毎日お届けします

柴沼 直美

Text:柴沼 直美(しばぬま なおみ)

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者
日本証券アナリスト協会検定会員、MBA(ファイナンス)、
キャリアコンサルタント、キャリプリ&マネー代表

大学を卒業後、日本生命保険に入社。保険営業に従事したのち渡米。米国アリゾナ州、Thunderbird School of Global ManagementにてMBAを修得。帰国後外資系証券会社、投資顧問会社にてアナリスト、日本株ファンドマネジャーを経験。出産・母親の介護を機に退職。三人の子育ての中で、仕事と主婦業の両立を図るべく独立。キャリアカウンセラー、CFPの資格を活かしつつ、それぞれのライフステージでのお金との付き合い方を、セミナーや個別相談により紹介。子どもの教育費・留学費から介護に至るまで経験を交えた実行可能な幅広いストライクゾーンで対応。
http://www.caripri.com