2017.10.20保険

保険、入っている意味がないから辞めたい

Text : 柴沼 直美

キーワード :


かつては保険って入って当たり前だと思っていたけれど、高額療養費の話をきて、一定以上額であればかかった医療費が健康保険から戻ってくるというしくみがあることがわかりました。

では、今の保険を入っていてもあまり意味がないと思うので辞めたいのですが、というご質問に、減額以外の方法をご紹介しています。

 

払済み保険への変更

 
保険料の払い込みを中止して、その時点での解約返戻金をもとにして保険期間はそのまま(例えば65歳とか70歳はそのままキープ)で保障額の少ない保険に変更します。このとき、入院や手術などの特約がついていればそれらの特約はすべてなくなります。

解約返戻金が少ない場合(かけた年数が短い場合)は変更できない場合もあるので留意しましょう。

 

延長(定期)保険への変更

 
先ほどと同じように保険料は払わずに、その時点での解約返戻金をもとにして保険金額はそのまま(3000万円など)定期ほけんに変更する方法があります。保険金額はそのままですから、当然保険期間は当初は65歳までだったのが40歳など短くなります。

この場合も入院・手術などの特約はすべて消滅しますし、払い込んだ期間が短い場合には変更できない場合があります。

 

自動振替貸付制度

 
解約返戻金の範囲内で保険料を自動的に保険会社が立て替えて契約がそのまま継続される方法です。やはり解約返戻金が少ない場合には立て替えそのものができません。立て替えられた保険料には利息がつくことに注意が必要です。

 

そうまでして、保険を継続するメリットは?

 
入院などの特約がなくなって、保険期間が短くなったり保険金が少なくなったりして、あるいは保険会社に後々利息を支払ってでも保険を継続するメリットは何でしょう?細々でも継続していれば、とりあえず「保障」はお金を払わないけれど継続するということ、解約返戻金はまたたまっていくという点です。

しかしながら「あとで、やっぱり収入が増えたので元に戻したい。」と思っても元の大きな保障、長い保障期間、入院特約付きの保険にもどすことはできませんので、解約のタイミングは思いつきではなく、早めに対策をたてておくのが賢明です。
 

 

Text:柴沼 直美(しばぬま なおみ)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者
日本証券アナリスト協会検定会員、社会保険労務士
MBA(ファイナンス)、キャリアコンサルタント、キャリプリ&マネー代表

ファイナンシャルフィールドの最新記事を
毎日お届けします

柴沼 直美

Text:柴沼 直美(しばぬま なおみ)

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者
日本証券アナリスト協会検定会員、MBA(ファイナンス)、
キャリアコンサルタント、キャリプリ&マネー代表

大学を卒業後、日本生命保険に入社。保険営業に従事したのち渡米。米国アリゾナ州、Thunderbird School of Global ManagementにてMBAを修得。帰国後外資系証券会社、投資顧問会社にてアナリスト、日本株ファンドマネジャーを経験。出産・母親の介護を機に退職。三人の子育ての中で、仕事と主婦業の両立を図るべく独立。キャリアカウンセラー、CFPの資格を活かしつつ、それぞれのライフステージでのお金との付き合い方を、セミナーや個別相談により紹介。子どもの教育費・留学費から介護に至るまで経験を交えた実行可能な幅広いストライクゾーンで対応。
http://www.caripri.com