2017.07.22ローン

ボーナスの効果的な活用法。住宅ローンの繰り上げ返済・借り換えを検討しませんか?

Text : 宮﨑 真紀子

キーワード :

そろそろ夏のボーナスの支給時期です。使い道は相変わらず貯金という人も多いですが、住宅ローンの繰り上げ返済を考えている方もいらっしゃると思います。住宅ローンに関するボーナスの活用術を考えます。

繰り上げ返済の2つのパターン

住宅ローンの繰上げ返済は、以前に比べて簡単に出来るようになりました。手数料もかからないケースが増えています。実際の繰上げ例を見てみましょう。

15年前に3000万円の借り入れ、期間35年のローンを組んだ例です。(元利均等 金利2.5%)

現在の残り返済期間は20年 元金残高は約2,000万円 

今回のボーナスで60万円の繰り上げ返済を試算してみます。

 

<期間短縮型>

毎月の返済額は繰上げ前と同じ 107,248円

返済期間は 19年3か月に短縮 

減少する利息額 378,322円

<毎月返済額変更型>

毎月の返済額は 104,058円

返済期間は繰上げ前と同じ 20年

減少する利息額 162,302円

 

60万円を繰り上げ返済することで、支払う利息がこんなに減るのですから、検討する価値はあると思います。繰り上げ返済をし過ぎて教育資金が不足する、ということでは困りますが、銀行に預けたままにしておくのなら、このような形で活用しては如何でしょう。

<期間短縮型>と<返済額変更型>を比べると、上の例でも明らかなように、<期間短縮型>の方が支払利息の減少効果は大きいです。ですが、今回の繰り上げ返済では、あえて返済額変更型を選択するというのは如何でしょう。生じた差額107,248-104,058=3,190 この約3,000円で積立投資を始めるのです。毎月の家計支出を変えずに始めることが出来ます。資産運用は気になるけれど、ためらっている方も、こういうきっかけがあれば、始めやすいと思います。

 

「借り換え」をシミュレーションしてみる

住宅ローンについて考える際、「借り換え」も検討材料だと思います。一般的に金利差が1%以上、ローン残高1,000万円以上、残り返済期間10年以上であれば、借り換えを検討すべきとされています。実際には該当者でも、借り換えていない人が多いのが現実です。対象者に「借り換えをしない理由」を尋ねたところ、①自分は関係ない②メリットが分からない③面倒、という結果が出たという話を聞きました。

住信SBIネット銀行のサイトで借り換えのシミュレーションが出来ますので、試算してみました。

 

<試算例>ローン残高2,000万円 残返済期間20年 

現在の借入金利2.5%→借り換え後 借入金利1.5%

毎月の支払額は 約106,000円→ 96,500円 (9,471円減)となりました。

年間の支払額が113,652円、総額では約227万円の削減です。

借り換えには諸費用がかかりますが、これを約60万円として計算すると、

メリットが167万円という結果となりました。

 
「借り換え」は「繰り上げ返済」に比べると、手続きが簡単ではありません。ですが、効果を考えると試算だけでもやってみる価値はあると思います。どのくらいのメリットがあるのかが分かれば、やってみようという気になります。借り換える場合は、どの銀行に借り換えるか?など専門家にアドバイスを求めるのも良策だと思います。

ファイナンシャルフィールドの最新記事を
毎日お届けします

宮﨑 真紀子

Text:宮﨑 真紀子(みやざき まきこ)

ファイナンシャルプランナーCFP(R)認定者、相続診断士

大阪府出身。同志社大学経済学部卒業後、5年間繊維メーカーに勤務。その後、派遣社員として数社の金融機関を経てFPとして独立。大きな心配事はもちろん、ちょっとした不安でも「お金」に関することは相談しづらい…。そんな時気軽に相談できる存在でありたい~というポリシーのもと、個別相談・セミナー講師・執筆活動を展開中。新聞・テレビ等のメディアにもフィールドを広げている。ライフプランに応じた家計のスリム化・健全化を通じて、夢を形にするお手伝いを目指しています。