2017.08.18ローン

ネット銀行で住宅ローンを借りるメリットと注意点

Text : 内村 しづ子

キーワード :

住宅ローンを検討する上で一番に候補にあがるのは、全国に支店を持ち知名度がある都市銀行でしょう。ただ最近のご相談では、若い年齢層を中心に「ネット銀行の住宅ローンはどうでしょうか?」と質問を受けることも多くなってきました。今回はそんなネット銀行の住宅ローンについてご紹介します。

ネット銀行と都市銀行の違い

 

 ネット銀行の大きなメリットは、都市銀行よりも比較的金利が低く設定されている点です。また主な手続きがWEB上でできるのも大きな特徴ですね。ただし本審査や契約に必要な書類について、自分自身で準備をして郵送する必要があります。書類を揃えるのに時間がかかった、書類不備があり再度郵送が必要になった等、都市銀行の対面手続きよりも時間がかかることがあるので注意が必要です。

ネット銀行と都市銀行では利用時のコストにも違いがあります。事務手数料は住宅ローンを借りるとき、保証料は都市銀行のように保証会社を利用する場合に必要となります。

 

図_ローン1-1

ローンを借りる際のコストはどっちがお得?

 

 例えば3000万円を借入する場合、ネット銀行では事務手数料として借入額の2%である60万円が必要となりますが保証料はかかりません。一方、都市銀行の多くは事務手数料を一律32,400円としていますが、保証会社を利用するため別途保証料の支払いが必要となります。保証料には①一括払い②年利払いがあり、一括払いは年利払いより支払い金額を低く抑えることができます。図表のように保証料を一括払いにすると、コスト比較ではネット銀行も都市銀行も変わりません。ここは金融機関の条件や支払い方法によって異なってきますので留意が必要ですね。ただし、コストが変わらないのであれば少しでも金利が低い方が、ローン総返済額は少なくて済みます。

 

図_ローン1-2

 

ネット銀行は店舗がないので不安

 

 筆者がご相談を受けていて多く耳にするのは、「低金利のネット銀行が気になるが店舗がないのがコワイ!」という声。ネット銀行は基本的にWEBやメールでのやり取りが中心になりますが、コールセンターでの電話相談もしています。また住信SBIネット銀行やソニー銀行などは、店舗は限られますが週末も含めて来店相談(※)も可能ですよ。

 

※来店相談できる主なネット銀行
SBIマネープラザ(http://www.sbi-moneyplaza.co.jp/branches/
住宅ローンプラザ(http://moneykit.net/visitor/hl/hlplaza01.html

 

 ネット銀行は都市銀行と比べて、自分で調べて書類を準備するなど手続きに時間がかかります。何かあったらすぐに対面で相談したいという方には、ネット銀行の利用は向きません。ただ金利が低い、保証料がかからない、店舗へ出向く必要がない等メリットも多いため、総返済額を抑えるために多少の手間を惜しまないという方は、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょう。

ファイナンシャルフィールドの最新記事を
毎日お届けします

内村 しづ子

Text:内村 しづ子(うちむら しづこ)

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者、
FP事務所マネーサロンキャトル代表

「働く女性が楽しい人生を送るためのお金の知識」を発信。共働き世帯の家計管理やライフプラン実現のためのセミナーや相談、執筆に注力。運営している「みらい女性倶楽部」では、個人型確定拠出年金セミナーや加入サポートを積極的に行っている。
https://m-quatre.com/