最終更新日:2019.01.11 公開日:2018.08.16
資産運用

エサは電気!ペットもAIの時代。シニアの生活には必需品になるかも?最新ロボット犬事情。

ペットブームが続いています。SNSでも、愛犬や愛猫の写真の投稿を多く見かけます。
 
もはや家族の一員としての地位は揺るぎないようです。可愛いペットの領域にもAIは進出しています。
 
宮﨑真紀子

執筆者:

Text:宮﨑真紀子(みやざき まきこ)

ファイナンシャルプランナーCFP(R)認定者、相続診断士

大阪府出身。同志社大学経済学部卒業後、5年間繊維メーカーに勤務。その後、派遣社員として数社の金融機関を経てFPとして独立。大きな心配事はもちろん、ちょっとした不安でも「お金」に関することは相談しづらい…。そんな時気軽に相談できる存在でありたい~というポリシーのもと、個別相談・セミナー講師・執筆活動を展開中。新聞・テレビ等のメディアにもフィールドを広げている。ライフプランに応じた家計のスリム化・健全化を通じて、夢を形にするお手伝いを目指しています。

詳細はこちら
宮﨑真紀子

執筆者:

Text:宮﨑真紀子(みやざき まきこ)

ファイナンシャルプランナーCFP(R)認定者、相続診断士

大阪府出身。同志社大学経済学部卒業後、5年間繊維メーカーに勤務。その後、派遣社員として数社の金融機関を経てFPとして独立。大きな心配事はもちろん、ちょっとした不安でも「お金」に関することは相談しづらい…。そんな時気軽に相談できる存在でありたい~というポリシーのもと、個別相談・セミナー講師・執筆活動を展開中。新聞・テレビ等のメディアにもフィールドを広げている。ライフプランに応じた家計のスリム化・健全化を通じて、夢を形にするお手伝いを目指しています。

詳細はこちら

ドッグフードは電気です

早朝や夕暮れ時に、犬のお散歩をするシニアをよく見かけます。愛犬を通じてご近所にお友達が増えたり、お散歩をすることが健康維持に繋がったり、規則正しい生活のバロメーターになるなど、ペットを飼うことは可愛いだけでなく、効用も多いと思います。
 
とはいえ最近は、戸建ての家からマンションに移住するケースも増えました。ペットが飼えないマンションが多いのも現実です。また保護犬の里親になろうとしても、子犬の場合は50歳未満といった年齢制限があるそうです。責任を持って飼育することを考えれば、こういった縛りも仕方がないのかな、と考えます。
 
先日、Aさん(60歳代後半の男性)に会う機会がありました。「最近、同級生に勧められて犬を飼い始めました」とスマホを取り出し、愛犬の写真を見せてもらいました。驚いたことに、愛犬は犬型ロボット“aibo”だったのです。
 
居合わせた4人は顔を見合わせ「可愛いの?」。彼いわく、以前のバージョンと違い外見も愛くるしいし、中身も随分進化しているとのこと。“しつけ”によって性格も個体別に変化し、生物のように成長を楽しめるそうです。
 
それなりの年齢の男性がロボット犬の頭を撫でる様子を想像すると、違和感があるように思うのですが、ご本人は「飼ったら可愛さが分かるって!」と異論を唱えます。
 
彼は「AIが進むと、この犬はシニアの“見守り犬”としての役割が大きくなるのではないか」と話していました。カメラが内蔵されていますので、その映像を離れて暮らす家族や医療機関などに送ることにより、一人暮らしのお年寄りの身を守る存在になるかもしれません。
 
生きている犬とロボット犬、共通点はともに可愛く、癒しの存在である点でしょうか。先述の生きている犬を飼う効用とは違った点で、ロボット犬の効用に今後期待が高まりそうです。 
 

気になる費用は?

“aibo”は人気で、購入するにも抽選があるそうです。価格は本体が198,000円+税です。これ以外に、成長するために必要な「aiboベーシックプラン」に加入することが必須になり、3年の利用期間で90,000円+税がかかります。(月払の場合 毎月2,980円+税で36回)
 
また任意ですが、ケガや病気(不具合や修理)に備えた「aiboケアサポート」のプランがあり、こちらは3年間で54,000円、1年間20,000円(ともに+税)です。
 
「ケアサポート」はプラン利用期間中の修理や健康診断サービスが、利用回数の制限なく半額になります。比較はできませんが、いわばペット保険のようなイメージです。
 
ペット保険の一例:チワワ1歳 支払割合50% 保険料は年払25,510円 月払2,340円(アニコム損害保険「ふぁみりぃ50%プラン」の場合)
 
「ペットに関する費用を考えると“aiboケアサポート”は決して高くない」とAさんは言います。ロボット犬は、すっかりAさんの家族になっているようです。近々こうしたシニアが増えるのではないでしょうか。将来はロボット犬の犬種も増えて、カラフルな洋服を着せる時代になるかもしれません。
 
Text:宮﨑 真紀子(みやざき まきこ)
ファイナンシャルプランナーCFP(R)認定者、相続診断士

商品比較
商品比較


▲PAGETOP