公開日:2019.07.28 資産運用

「何を買えば、儲かりますか?」よくあるこの質問は「分かりません」と答えざる得ない理由

誰でも資産を増やしたいと思う気持ちはあるでしょう。しかし、その方法を学校で習うことはありません。やり方は自発的に学んでいく必要があります。まず、第一歩を踏み出すために必要なことを学びましょう!
 
岡田文徳

執筆者:

執筆者:岡田文徳(おかだふみのり)

認知症大家対策アドバイザー

人生100年時代を生き抜くために大家さんの認知症対策と不動産賃貸経営のサポートを行なっている。

祖父が認知症になり、お金が下ろせない、賃貸業はストップ、収益の出ない物件を買わされそうになる。

祖父の死後、両親と認知症対策を行い、自ら賃貸経営ノウハウや人脈を構築し、日々改善している。

現在は、大家さん向けにセミナーやコンサルティングを行なっています。

詳細はこちら
岡田文徳

執筆者:

執筆者:岡田文徳(おかだふみのり)

認知症大家対策アドバイザー

人生100年時代を生き抜くために大家さんの認知症対策と不動産賃貸経営のサポートを行なっている。

祖父が認知症になり、お金が下ろせない、賃貸業はストップ、収益の出ない物件を買わされそうになる。

祖父の死後、両親と認知症対策を行い、自ら賃貸経営ノウハウや人脈を構築し、日々改善している。

現在は、大家さん向けにセミナーやコンサルティングを行なっています。

詳細はこちら

なぜ、資産を増やしたいのかを考えることが大切

まず、資産を増やしたいという気持ちは、人として当然の感情であると思います。誰でも資産を増やしたいと思います。相続税の評価を下げたいとき以外で、資産を減らしたいと考えることはまれでしょう。
 
資産を増やすために、さまざまなことを行っている人が多いと思います。働くことはもちろん、株式投資、投資信託、不動産投資、貴金属、骨董品、コイン、切手、ワイン、ウイスキーなど本当に多様です。
 
よく、何を買えば、もうかりますか?どうやれば良いのですか?簡単にできる方法はありませんか?と聞かれることがありますが、「分かりません」と答えざるを得ません。現状の保有資産や希望、目標が分からないからです。
 
10万円を持っている人が100万円を達成する方法と、100万円を持っている人が1000万円を達成する方法は、異なります。やり方や戦略、かけることができる時間、取るべきリスクの程度が異なるからです。
 
やり方によっては、達成できないかもしれません。なぜ資産を増やしたいのかをもう一度考えるべきでしょう。はやりものは、注意が必要です。はやりものはすぐに廃れることがあります。いつ廃れるかは分かりません。
 
はやりものでもうけることができる人はいますが、はやりものに手を出して、損をする場合が多いことはお伝えしておきます。つまり、よく分からないものに手を出すべきではありません。
 

おすすめ関連記事

目標を立てよう!

まず、目標を立てましょう!
 
例えば、海外旅行に行きたいので、50万円貯めたい!300万円の車を買いたい!家を買うための頭金として、500万円作りたい!など、自分を奮い立たせることができる目標が一番です。目標があるから頑張れるようになります。
 

コツコツ貯めることから始めよう!

目標を達成するためには、原資を作ることです! 
 
そのために必要なのは、ものすごく地味ですが、コツコツ貯めることです。そして、浪費をしないことです。これがなかなか難しいことです。頭で分かっていたとしても、著者である私も人間ですので、浪費してしまうことがあります。
 
つまり、毎月数万円を貯めようと思っていたとしても、「余ったら貯めよう」と考えていては、いつまでも貯まらないということです。
 
それでは、どのようにすれば良いでしょうか?実は、毎月数万円を簡単に貯める方法があります。それは、給与から貯める金額を先に取ってしまい、貯めるための口座に移してしまう、というやり方です。
 
特に、天引きという形で、給与が入る口座とは別の口座に移してしまえば、手間はありません。この方法がかなり効果的です。給与が入る口座に残っている金額で1ヶ月を生活するしかありません。
 
一方で、貯めるための口座は、「目標金額が貯まるまで一切引き出さない」というルールを決めなければなりません。
 
例えば、100万円の原資を作りたいのであれば、毎月2万円を天引きで貯めるための口座に入れることにします。すると、50ヶ月後には、100万円を貯めることができます。4年2ヶ月です。
 
この期間を短くしたければ、金額を増やすしかありません。コツコツ貯めることができないということを言いたい人もいるでしょう。
 
残念ながら、コツコツ貯めることができないのであれば、資産運用は難しいでしよう。ちなみに、私がサラリーマンをやっていたときには、毎月3万円を別口座に入れていました。そして、3年後に100万円を貯めることができました。このときに貯めたお金を事業資金として活用しています。
 
まとめると、
・なんのために、資産を増やしたいのかを考える。
・目標を立てる。
・目標を達成するために、コツコツ貯める。

この3つのステップが大切です。
 
執筆者:岡田文徳
認知症大家対策アドバイザー
 

商品比較
商品比較


▲PAGETOP