公開日:2019.09.03 資産運用

貯めたポイントやマイル、使い忘れてない?運用や投資に使ってみよう

ポイントやマイルを貯めている方は多いと思います。欲しいアイテムと交換するには足りず、支払いに充てるには達していない、などの理由で有効期限を過ぎ失効してしまった経験はありませんか?
 
ポイントは、運用や投資に回すことで有効期限切れを回避することができます。「お金を投資に回すのは失敗しそうで怖くて」という方も、お気軽に運用、投資の体験、練習ができますよ。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら

なぜポイントを運用したり、投資したりするのか。 

ポイントの有効期限は、Tポイント・Pontaポイントなど1年のものや、dポイント・WALLETポイントなど4年のものから、永久不滅というものもあります。しかし、どのポイントやマイルも、ある程度貯めてからでないと利用できないのが、不便なところ。
 
保有しているポイントを運用したり投資したりすれば、ポイントを貯めている間も、放置して忘れるということを避けられます。
 
また、投資にはまとまった手元資金が必要です。そもそも、お金を投資するのは、リスクが怖いのと、多い選択肢の中から1つ選んで口座開設するなど手続きが煩雑なイメージで、重い腰を上げられないという方がいらっしゃると思います。
 
その点、ポイントやマイルでしたら、減っても生活に支障が出るほどは困りませんし、ポイントの確認がてら、増減をスマホで確認できます。投資する場合に必要な口座開設も提携会社でできるので、気軽に運用や投資を始められるのではないでしょうか。
 

ポイント運用(疑似体験)サービスとは。

ポイント運用とは、クレジットカードや携帯電話、飛行機の利用などで付与されたポイントやマイルを、そのまま(換金せずに)運用するというもの。証券口座の開設は不要です。
 
利用手続きをして、運用コースや銘柄、運用に回すポイント数などを指定します。再びポイントに戻して、通常のポイントと同じように利用できます。
 
メリット:ポイントの有効期限による失効を回避できる。
     ポイントなら減っても現金ほど困らない。
     証券口座を開設することなく投資の体験ができる。
デメリット:運用先の選択肢が限られる。
      運用によってはポイントが減ることもある。
サービス例:永久不滅ポイント運用(クレディセゾン)
      ポイント運用(楽天)
      ポイント投資(ドコモ)
      auWALLETポイント運用(KDDI)
      Pontaポイント運用(ロイヤリティマーケティング)
 

ポイント投資サービスとは。

ポイントを現金に換えて投資します。証券口座の開設が必要です。運用コースや銘柄、投資に回すポイント数などを指定し、1ポイント=1円などで換算し購入します。通常の証券投資と同じで、NISA、つみたてNISAに対応している会社もあります。
 
メリット:ポイントの有効期限による失効を回避できる。
     現金がなくても投資できる。
     運用先の選択肢がポイント運用サービスに比べて広い。
デメリット:証券口座を開設する手間がかかる。
      運用によっては換金したお金が減ることもある。
サービス例:ポイント投資(楽天証券)
      ネオモバイルポイントサービス(SBIネオモバイル証券)※Tポイント
 
いかがでしたか? 興味はあるけど、投資も運用も怖くてできなかったというみなさん、お手軽に手元のポイントやマイルで、運用・投資経験してみませんか?
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

関連記事

絶対損したくない方におすすめ! ポイントで投資
ポイントを投資する?アプリで投資ができる?新しい投資の方法とは
投資にチャレンジしたい方にオススメ! 話題のポイント投資とは?
 

商品比較
商品比較


▲PAGETOP