最終更新日: 2021.04.23 公開日: 2021.04.25
資産運用

相場の動きで「窓」っていうけど、どういう意味?

執筆者 : 重定賢治

前回、前々回と、ローソク足の組み合わせパターンのうち「はらみ線」と「つつみ線」についてお伝えしました。
 
これらは高値圏・安値圏に現れた場合、トレンド転換のサインとして受け止められる傾向がありますが、今回は、トレンド転換後の勢いを示す「窓」について言及していきたいと思います。
 
重定賢治

執筆者:

執筆者:重定賢治(しげさだ けんじ)

ファイナンシャル・プランナー(CFP)

明治大学法学部法律学科を卒業後、金融機関にて資産運用業務に従事。
ファイナンシャル・プランナー(FP)の上級資格である「CFP®資格」を取得後、2007年に開業。

子育て世帯や退職準備世帯を中心に「暮らしとお金」の相談業務を行う。
また、全国商工会連合会の「エキスパートバンク」にCFP®資格保持者として登録。
法人向け福利厚生制度「ワーク・ライフ・バランス相談室」を提案し、企業にお勤めの役員・従業員が抱えている「暮らしとお金」についてのお悩み相談も行う。

2017年、独立行政法人日本学生支援機構の「スカラシップ・アドバイザー」に認定され、高等学校やPTA向けに奨学金のセミナー・相談会を通じ、国の事業として教育の格差など社会問題の解決にも取り組む。
https://fpofficekaientai.wixsite.com/fp-office-kaientai

重定賢治

執筆者:

執筆者:重定賢治(しげさだ けんじ)

ファイナンシャル・プランナー(CFP)

明治大学法学部法律学科を卒業後、金融機関にて資産運用業務に従事。
ファイナンシャル・プランナー(FP)の上級資格である「CFP®資格」を取得後、2007年に開業。

子育て世帯や退職準備世帯を中心に「暮らしとお金」の相談業務を行う。
また、全国商工会連合会の「エキスパートバンク」にCFP®資格保持者として登録。
法人向け福利厚生制度「ワーク・ライフ・バランス相談室」を提案し、企業にお勤めの役員・従業員が抱えている「暮らしとお金」についてのお悩み相談も行う。

2017年、独立行政法人日本学生支援機構の「スカラシップ・アドバイザー」に認定され、高等学校やPTA向けに奨学金のセミナー・相談会を通じ、国の事業として教育の格差など社会問題の解決にも取り組む。
https://fpofficekaientai.wixsite.com/fp-office-kaientai

窓とは

「窓」は、前のローソク足の高値と後のローソク足の安値の間に開きが生まれた状態をいいます。言葉で説明するよりも図で見た方が分かりやすいかもしれません。
 

※筆者作成
 
窓は別名「空(くう)」ともいいますが、上の図のように前のローソク足と後ろのローソク足に大きな開きができている状態をいいます。個人的には「空」といった方がイメージがしやすいため「空」を使っていますが、上の図のように窓が開いている状態を「窓開け」、「空を切る」と呼んだりします。
 
意味としては強い上昇です。当日のローソク足が前日のローソク足を大きく突き放しているため、前日の取引終了後、何らかの大きなニュースが報道されたり、海外市場で大きな変化があったことを表しています。また、特段これといったニュースもなく、売り買いが強いムードに覆われている場合に出現したりすることもあります。
 
いずれにせよ、上昇局面でこれが出現した場合は買いの勢いがかなり強い、下落局面でこれが出現した場合は売りの勢いがかなり強いと判断できます。
 
上の図の場合は窓が1つしか開いていませんが、実際のチャートでは窓が2つ、3つ開くこともあります。このような場合は、窓が1つしか開いていないケースと比べると、より強い上昇・下落局面にあるといえます。
 
ただし、窓はトレンド転換のサインではなく、あくまでもトレンドの勢いがどれだけあるかを示しているものであることは認識しておきましょう。
 

実際のチャートで窓を確認する

下のチャートは2021年2月1日からの日経平均株価指数ですが、窓が開いている箇所を薄い赤色で示しています。このケースでは2つの窓が開いていますが、上昇トレンドの勢いが強かったことが分かります。
 
〇日経平均株価指数(日足) 2021年2月1日以降

※筆者作成
 
その後はつつみ線によって上昇トレンドが打ち消され、下降トレンドに移行していますが、かなり強い上昇の調整が起こっていると判断できるかもしれません。
 

まとめ

窓の出現は必ずしも珍しいわけではありませんが、特に強い上昇局面や下落局面で現れやすいといえるでしょう。
 
上のチャートでは、同時に「三角持ち合い」と呼ばれるチャートパターンが形成されているため、いわゆるレンジ相場、もみ合い相場となっていますが、ひとたびこのもみ合い相場が解消されると、上か下のいずれかの方向に一気に動くことが予測されるため、そういった局面が少し長くなる場合、窓が現れやすくなるかもしれません。
 
チャート分析はパターン分析でもあります。ローソク足の形状や意味を知るだけでなく、その組み合わせや出現パターンも併せ、他のテクニカル指標も取り入れながら分析を行っていくと、より相場判断がしやすくなると思います。
 
次回は、今回お伝えした「窓」の応用編として「星」について言及していきたいと思います。
 
執筆者:重定賢治
ファイナンシャル・プランナー(CFP)