CLOSE

キーワードで記事を検索

更新日: 2021.10.27 借入

申し込む前に確認しよう!アコムでお金を借入する方法を徹底解説

執筆者 : 鴨志田 大輔

申し込む前に確認しよう!アコムでお金を借入する方法を徹底解説
鴨志田 大輔

執筆者:鴨志田 大輔

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している

アコムは最大30日間金利が0%、専用ATMやインターネット経由の申し込みなど契約の選択肢が豊富なことが魅力の消費者金融です。
 
提携する銀行やコンビニのATMから返済も可能で柔軟な返済計画を立てることができます。ただし、契約方法によって契約にかかる時間が変わるケースがある他、引き出しにかかる時間なども変わってきます。
 
メリットを最大限に生かしたい場合は事前に違いをチェックするのがおすすめなのです。

アコムの申し込み方法

アコムの申し込み方法は電話、インターネット、むじんくん(無人契約機)、店舗から自由に選択することができます。それぞれに契約にかかる時間に違いが出るため、いつ、どのように契約するかも大切になってきます。
 

1.電話契約・・・別途書類の情報を送る必要がある

電話による契約では、同業他社への借入状況などの情報から簡易的な審査を行い、実際に融資可能な状態かを確認することができます。融資が可能な場合でも、別途書類の郵送やインターネット上での手続き、あるいは来店しての手続きが必要になります。

必要書類は運転免許証などの顔写真がついている本人確認書類です。顔写真がついた本人確認書類がない場合や、転居して書類と違う住所に住んでいる場合は、住民票などの追加書類が必要になります。また、50万円を超える限度額を設定する場合は、源泉徴収票などの収入を証明する書類が必要です。
 
電話の契約はフリーコールで受けつけていて、18時以降の申し込みは翌日に処理されます。確認書類のチェックは以下から選択できます。
 

・インターネット経由で行う
・書類を送ってもらって必要事項を記入し返送する
・店舗に書類を持っていき手続きを行う
・FAXで送る(平日であれば14時到着分までは即日処理)

 
書類の確認後即日融資が可能になるものもありますが、郵送などであればどうしても時間が必要になります。キャッシュカードも後日送付されることになりますが、契約後は指定口座への振込などでキャッシングを受けることができます。
 

2.Web契約・・・スマホからも手続きできるのが特徴

アコムはスマホやパソコンを利用し、インターネットから契約を行うこともできます。必要事項を入力し、契約に同意したうえで情報を送信する必要があります。必要書類は電話契約と同じで、免許証などの本人確認書類と、限度額が大きい場合のみ収入証明証の追加が必要です。
 
必要事項の入力を済ませた後に専用のURLが送られてくるため、本人確認書類の確認方法を選択して本人確認書類を送ります。確認方法は下記から選択可能です。
 

・会員ログインからのアップロード
・専用アプリからのアップロード
・FAX
・郵送
・店頭窓口
・むじんくん(無人契約機)

 
インターネット上で完結させるか、自動契約機を利用した場合は最短30分で契約が完了します。専用アプリがあるのも特徴です。
 
むじんくん(無人契約機)の専用の読取装置を利用して手続きを引き継ぐことも可能で、即日カードの発行を受けられるなどのメリットがあります。キャッシュカードの送付は後日になりますが、契約後は指定口座への振込を依頼してキャッシングを受けることが可能です。
 

3. むじんくん(無人契約機)・・・即日カードの発行が可能

 

 むじんくん(無人契約機)は全国各地に設置されていて、アコムの公式サイトからどこにあるかをチェックすることができます。

  むじんくん(無人契約機)のメリットは主に以下になります。

・即日発行が可能
・備え付けの電話でオペレーターと通話可能
・人と会わずに契約が出来る
・9時から21時まで土日祝日でも契約できる

むじんくん(無人契約機)はある程度広めの個室になっているのも特徴で、確認書類を読み込むための専用の装置などもセットになっています。
 
むじんくん(無人契約機)での契約は電話番号入力後、各種情報などを入力し、免許証などの顔が確認できる本人確認書類を専用読み取り口から読み取り、連絡を待ちます。顔が確認できる公的な書類が無い場合は補足書類や住民票などが必要になるケースもあります。
 
入力が終わるとオペレーターからむじんくん(無人契約機)に連絡があり、本人確認の手続きを行ったうえで審査が行われます。審査には30分ほど時間がかかりますが、事前にネット上で本人確認書類の提出を行っている場合はむじんくん(無人契約機)での待機時間を減らすことができます。
 
当日カードを受け取りたい場合は、あらかじめネットで手続きを進め、むじんくん(無人契約機)で「事前申込みのある新規ご契約」を選択して手続きを始めるのが効率的です。
 

4.店舗契約・・・営業日と待ち時間に注意が必要

インターネットやむじんくん(無人契約機)での契約が不安な場合は店舗の契約窓口で契約することも可能です。契約時の疑問を直接聞けることや、ネット上での記入ミスを避けられることなどが大きなメリットになります。
 
「犯罪による収益の移転防止に関する法律」の改正に伴い本人確認する場合の書類は変更となりました。(更新日:2020年4月1日)
 
【A群】から2点、または、【A群】から1点と【B群】から1点をご用意いただく必要があるので注意しましょう。
 

【A群】

運転免許証
運転経歴証明書
旅券(パスポート)
住民基本台帳カード
個人番号カード(表のみ)
在留カード
特別永住者証明書
各種保険証
国民年金手帳
母子健康手帳
住民票
戸籍謄本
住民票記載事項証明書

 

【B群】

公共料金領収書(電気・ガス・水道・NHK・固定電話)
国税・地方税の領収書または納税証明書

 
※有効期限のない公的証明書については、発行日より6か月以内に作成されたものに限る。
※所持人記入欄の無い旅券(パスポート)については、【B群】より追加書類2点が必要です。
 
例:【A群】運転免許証(現住所)+【A群】各種保険証(現住所)
例:【A群】運転免許証(現住所)+【B群】電気料金領収書(現住所

 
50万円を超える借入を行う場合は収入を証明する源泉徴収票などの書類が必要です。
 
店舗契約で注意したいのは、土日祝日は営業していない点です。営業時間は平日の9時30分から18時までになります。また、混みあっている場合は、審査よりも待ち時間が長くなるケースもあります。事前に店舗に連絡し、予約が取れるか聞くなどしてみてください。

 

アコムはすぐ借りられる?

急に現金が必要になったが、所持金では足りない、貯金残高も少なく資金繰りが厳しいという際もアコムならば、スピーディーにお金を借りられます。

店舗窓口や自動契約機に出向く時間がない状況の方も、電話またはインターネットにてお申し込み可能です。  

最短30分で審査

初めてカードローンを組む際に、審査に予想以上に時間が取られてしまって、スムーズに借入ができなかったなどの話も耳にします。急な決済や支払い請求で待ったなしという状況の時がありますので、融資がもたついてしまうと取引先の信用を失いかねません。

その点、アコムはインターネットで365日24時間体制で融資が可能なうえ、最短30分で審査が終わりますので、うまく行けば当日中に即日融資をしてもらえます。審査を無事に終えた後もインターネットで契約に進めて、楽天銀行に口座をお持ちならば、最短1分で振込が完了します。  

公式サイトで借入可能か3秒で診断できる

「最短即日融資可能」ですが、返済能力によっては希望金額を借りられない場合があります。借入上限額は、経済状況によってひとりひとり異なりますので、知人や家族が審査を通過していても自分の状況によっては厳しいことも考えられます。

アコムの公式サイト内にある「3秒診断」を利用することで、来店不要で借入可能かを調べられます。「年齢・年収・他社ローン状況」の3項目を入力するだけで、まどろこしい入力の手間もかかりません。 ただし、「3秒診断」はあくまでも審査を通過するかの目安にすぎないため、実際の審査結果とは異なる可能性があります。  

収入証明書が必要な場合も

通常は身元を確認できる書類を提出すれば大丈夫ですが、以下の時には収入証明書が必要になるため注意しましょう。   ・アコムでの借入希望額が50万円を超える時 ・他社と合計した借入額が100万円を超える時  

該当する方は、

・源泉徴収書 ・給与明細書 ・市民税・県民税額決定通知書 ・所得証明書 ・確定申告、青色申告、収支内訳書   のいずれかを収入証明書として、本人確認書類と一緒に提出する必要があります。

  スマホで撮影して提出する際には、記載内容が不明瞭にならないように撮影をして、必ず自分の目で確かめてから送信してください。  

アコムの借入方法

アコムの借入方法は振込み、電話振込、ATMの利用の3種類分けることができます。それぞれメリットとデメリットがあるため、場面に応じて使い分けるのがおすすめです。
 

1.手元にカードがない場合は振込が中心に

手元にキャッシュカードがまだ届いていない場合に使いやすいのがネットを経由した振込です。ネット上で手続きを行い、指定口座に振込をしてもらうことができます。
 
楽天銀行の場合は23:50~0:10の間を除き、1分ほどで振り込みが行われるのが特徴です。一般的な金融機関の場合は、平日14:30までの申し込みは当日中に振込が行われ、銀行の営業時間内であれば最短1分で振込が行われます。それ以降は翌営業日の振込となります。
 
三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行は「平日24時間」「休日も20時まで」銀行振込での当日融資が可能です。
 
また、毎週月曜日は午前1時から午前5時までアコムのシステムメンテナンスが行われます。該当する時間は振込処理が停止されますので注意が必要です。
 

2.電話振込も可能だがネットよりも不便な面も

電話による振込はアコムのプッシュホンと呼ばれる専用ダイヤルと、有人の担当者窓口から申し込むことが可能です。プッシュホンは0時10分から23時50分までの受付になり、有人の担当者窓口は9時から18時までの受付になります。
 
プッシュホンの受付の場合は平日午前9時までの受付は当日正午まで、9時から14時までの受付は当日15時までに振込が行われます。それ以降は翌営業日の振込になります。有人担当者窓口は9時から14時までの受付は当日15時まで、それ以外の受付は翌営業日の正午までの振込になります。
 
電話でも手軽に申し込めるようにはなっていますが、通常の振込のように最短1分ではなく、申し込みから実際への振込までに時間がかかるケースが多いのがデメリットです。
 

3.ATMの利用は提携ATMの場合手数料がかかる

振込と並んで一般的な使い方になるのがキャッシュカードを利用したATMからのキャッシングです。アコムのATMからのキャッシングの場合は利用手数料が0円になっているのが大きなメリットです。
 
また、大手コンビニのATMなど、提携ATMでキャッシングを利用することも可能です。24時間利用が可能で振込の時間が待てない場合や手続きが面倒に感じる場合は便利になります。
 
デメリットになるのがアコム以外の提携ATMでキャッシングを受けた場合は、1万円以下で110円、1万円を超える借入の場合は220円の手数料がかかる点です。

アコムの返済方式の基本

アコムはインターネット経由の返済や、ATMによる返済など自由に返済方法を選択することができます。それぞれに返済の期限が変わります。

主な返済方式は下記の通りです。

 

1.35日ごとの返済
2.指定期日での返済
3.口座振替の返済

 

1.35日ごとの返済

35日ごとの返済の場合は、返済期限が「借入から35日後」に設定されます。35日以内に返済を行い、借入残高が残った場合は返済翌日から35日後が次の返済期限になります。
 

2.指定期日での返済・・・タイミングに注意が必要

指定期日までの返済を選択した場合は、指定の期日までに返済する必要があります。

注意したいのは、返済期日の15日以上前に返済すると、前月の追加分とし扱われてしまうことです。前倒しで前月分を多く払ったことになり、14日前以降に再度返済を行わないと不払い扱いになってしまいます。残高が残る場合は注意が必要です。
 

3.口座振替の返済・・・毎月6日

口座振替は毎月6日に行われます。自動的に手続きが行われるため、支払いのタイミングによるすれ違いが発生しにくいのが特徴です。35日ごとの返済や指定期日での返済が分かりにくい場合は、口座振替にするのがおすすめです。
 
ただし、前倒しでの返済が行いにくいため、前倒しで返済したい場合は担当者に電話で相談してみましょう。
 

アコムで借り入れ後の返済方法

アコムはインターネット経由の返済や、ATMなどの返済など自由に返済方法を選択することができます。それぞれについて解説します。

1.インターネット経由の返済

アコムの返済はインターネット経由で行うことができます。手数料0円なのが魅力で、原則24時間手続きが可能になります。
 
手続き方法はアコムのサイトにログインし、「インターネットでのご返済」をクリック、返済額を入力し、インターネットバンキングにログインして支払い手続きを行うだけです。対応するネットバンキングがないとできないこと、サイトメンテナンスなどで利用ができない時間があることに注意が必要です。
 

2.ATMでの返済

ATMでの返済はアコムのATMと、セブン銀行ATMで行うことができます。ATMが利用可能な状態であれば24時間使えるため、インターネットバンキングではなく現金で返済をしたい場合に向いています。
 
ATMにキャッシュカードを入れて返済の項目を選び、返済金額をATMに入れます。提携ATMの場合は手数料がかかるため、事前に把握しておく必要があります。
 

3. 振込・口座振替

アコムは振込での返済と口座振替にも対応しています。振込は指定の口座へ期日までに振込を処理する必要があり、口座振替の場合は自分の指定口座から自動で引き落としがされます。
 
手続きの漏れを防ぎたいのであれば口座振替が便利です。また、振込には振り込み手数料がかかる点に注意が必要です。
 

4.店頭での返済

アコムでは店頭での返済も受けつけていて、手数料無料で相談することができます。ただし、店舗数が限られることと、営業時間内でなければ相談ができないことに注意が必要です。
 

アコムでの取扱商品一覧

アコムカードには、次の2種類があります。

・カードローン専用
・カードローン+クレジット機能

どちらも入会金や年会費はかからずに作れます。   カードローンキャッシングは最高800万円まで借入でき、実質年率は3.0〜18.0%です。借入可能な限度額の範囲内であれば、回数の上限なしで借入できます。   カードローンにクレジット機能を付帯しておくと、世界各国のMastercard加盟店で利用限度額最高300万円を上限に買い物を楽しめます。クレジットカード機能付きの実質年率は10.0〜14.6%に設定されています。   ただし、キャッシングとクレジットの利用上限は通算額となっており、最高800万円までトータルで利用できます。  

店舗の場所の検索方法

店舗はアコム公式サイト内にある「店舗・ATM案内」の『店舗・ATM検索』から探せます。

初めての借入や、平日に時間が取れる場合は、店頭窓口でスタッフと直接対面して相談するのもよいでしょう。キャッシング、返済のほかに、カードの再発行や登録内容の変更を行えます。タッチパネル方式の「むじんくん」であれば、9時から21時まで土日祝日でもカードの発行および審査の申し込みを行えます。

また、アコムの自社ATM・提携ATMは2020年3月時点で5万1344台設置されており、全国で利用できます。365日24時間利用可能。借入、返済などの諸手続きができます。

  以下の提携ATMがコンビニやショッピングセンターに設置されています。

・ローソン銀行
・セブン銀行
・イオン銀行
・三菱UFJ銀行
・コンビニATM E-net

 

アコムでの最低返済っていくらなの

アコムの最低返済金額は極度額といわれる借入上限の金額と借入残高によって変動します。借入極度額が少なく、借入残高が高いほど毎月の最低返済額は大きくなり、借入残高が少ないほど返済額は少なくなります。   基準となるのが
 
借入額が30万円以下の場合は借入残高の4.2%以上、
30万円超、100万円以下の場合は借入残高の3.0%以上
100万円超の場合 借入金額の3.0%以上から1.5%以上
 
という規定です。1000円未満の端数が出た場合は繰り上げになり、1000円単位で返済していくことになります。
 

image

 

image

 
借入限度額によって最低返済額が変わるため、同じ30万円を借りた場合でも、30万円が上限の場合と、30万円以上の限度額の場合では返済金額が変わるのが分かります。
 
例えば、30万円の限度額で30万円の借入を行った場合は割合が4.2%になり、借入残高が28万6000円を割り込むまで毎月1万3000円の返済が必要になります。仮に限度額が50万円で30万円の借入があった場合は割合が3%になり、借入残高が22万7000円になるまで毎月9000円の返済が必要です。
 
さらに所定の金利が加わるため、返済に時間がかかることがあるのがポイントです。

 

アコムでの返済で利息を減らす方法

中長期的に返済をしていると、利息が高く付くため利回りが悪く、借入金額に対して利息がかなり割高になってしまいかねません。計画的な返済プランももちろん大切ですが、利息を少しでも抑えて返済をすることも重要です。

その点、アコムならば以下に紹介する2つの方法で、利息を抑えて返済が可能です。  

早期返済をする

アコムでは「借入残高×借入利率÷365日×利用日数=利息」という計算方式に基づいて利息の計算をしていますので、1日でも早く返済した方が少ない返済額で済みます。

例えば、10万円を40日間、年利18%で借入た際の利息は以下の通りです。

10万円×18%÷365日×40日=1972円

一方で10万円を90日間、年利18%で借りた時の利息は、次のようになります。

10万円×18%÷365日×90日=4438円

返済期間が50日違うだけで、利息の差額は2466円にもなります。

さらに、返済期間が100日、120日と長くなるほど、さらに利息額に大きな開きが出てきますので、早期返済がキーポイントです。より具体的な返済額を借入前に知りたい方は、公式サイト内のシミュレーションを利用することをおすすめします。  

初めて借りる人限定サービスを利用

初めてカードローンを利用するのであれば、アコムの初回限定サービスを検討するのもおすすめです。

アコムを初めて利用する方であれば、30日間金利0円で借入できます。一括返済以外に分割返済を予定している場合も、30日以内なら同条件で借入可能です。万が一、31日目に残高が残ってしまった時は、残高にだけ金利が適用されるため、1ヶ月内の完済が厳しい状況であっても利息を軽減可能です。

ただし、契約日の翌日からの適用であって借入日の翌日ではないため注意しましょう。1ヶ月丸々サービスを利用したい方は、契約日当日に借入契約まで済ませておく必要があります。誤解される方が多いため、気を付けてください。  

アコムでの借入がおすすめの人ってどんな人?

アコムの借入がおすすめなのが、とにかく早く借入がしたい人や、人と会わずに手続きがしたい人です。特にインターネットの手続きとむじんくん(無人契約機)の手続きを組み合わせると素早くキャッシング用のカードを手に入れることができます。
 
初回利用は最大30日間金利が0%などの優遇があるため、早めに返せるのであれば実質無利息で返済できる場合もあります。全国大手コンビニのATMが提携ATMになっているため、キャッシング用のATMを探すのも簡単です。
 
また、振込みを行う場合は楽天銀行を持っていると便利で、ほぼリアルタイムで入金が行われるなどメリットが多いのです。

まとめ

アコムは契約の選択肢が多く、返済方法も多彩なため忙しい人でも利用がしやすいのが魅力です。ただし、引き落とし以外の返済方法は若干手続きが複雑で、返済日について混乱してしまう人もいます。
 
内容をチェックして決まった日に返済を行うなど、工夫をするのがおすすめです。混乱を防ぐために口座引き落としを利用する人もいます。ただし、便利だからといって借入をし過ぎると返済が困難になるため、計画的に返済計画を立てるのも大切なのです。
 
※2021/1/27 内容を一部修正させていただきました。   執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

公式サイトで申し込み

アコム

acom

おすすめポイント

最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付
融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで(※) 30日間 最短即日融資
(※)在籍確認が行われる場合がございます。
 

【PR】Pick UP カードローン アコム
【PR】Pick UP カードローン アコム