CLOSE

キーワードで記事を検索

更新日: 2021.08.18 借入

お金を借りるならどこがおすすめ?お金を借りたいときに注目するポイント【時間・金利・口コミ】

執筆者 : 鴨志田 大輔

お金を借りるならどこがおすすめ?お金を借りたいときに注目するポイント【時間・金利・口コミ】
鴨志田 大輔

執筆者:鴨志田 大輔

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している

「お金を借りたいけど、どこから借りれば良いか分からない」という方は多いでしょう。お金を借りる方法はたくさんあるため、ひとつひとつ調べるのは大変です。
 
そこでここでは、お金の借入先を検討したい方のために、借入方法の種類や特徴、重視するポイント別のおすすめの借入先を紹介します。
 
どこからお金を借りるのが適切なのかは、借り入れの目的や緊急度、金額、金利などによって異なります。借入方法ごとの特徴をよく理解して、自分に合ったお金の借り先を見つけましょう。
 

お金を借りる方法は何がある?

個人がお金を借りる方法にはさまざまなものがあります。主な方法は次のようなものです。
 

・消費者金融
・クレジットカードのキャッシング
・銀行カードローン
・国の貸付制度
・生命保険の契約者貸付制度
・学生ローン

 
それぞれ金利などの条件やメリット・デメリットなどの特徴が異なるため、自身に合った方法を選択しなければなりません。以下で、各方法について詳しく説明します。

 

消費者金融

消費者金融とは、個人に対して融資を行っている貸金業者です。例えば、テレビCMなどで見かけることの多いアコムやアイフル、プロミスなどは消費者金融です。多くの消費者金融は、無人契約機やスマホアプリなどを利用したカードローンに特化しています。
 
消費者金融の大きな利点は、申し込みから融資までのスピードが速いことです。また、50万円以内の借り入れであれば必要書類も身分証明書だけです。
 
ただし、後述する銀行カードローンなどと比べると金利が高い傾向があります。とはいえ「貸金業法」という法律に準じて融資を行っているため、法外な高利で貸し付けることはありません。また、総量規制という縛りがあり、返済能力を超える貸し付けはできないことになっています。

 

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードには多くの場合、買い物の支払いなどに利用するクレジット機能のほかに、現金を借りられるキャッシング機能が付帯しています。キャッシング機能を利用すると、限度額の範囲であれば銀行やコンビニのATMなどでいつでも借り入れできるため、急に現金が必要となった場合に便利です。
 
ただし、金利が15~18%と高めであることに注意しましょう。

 

銀行カードローン

銀行系カードローンとは、メガバンクや地方銀行、信用金庫などが提供する、個人向け融資サービスです。銀行が取り扱う住宅ローンやマイカーローンなどのローン商品と違い、担保・保証人なしで融資を受けられ、使途は自由です。また、限度額の範囲であれば何度でも借り入れができます。
 
消費者金融やクレジットカードのキャッシングと比べて金利が低いため、長期間の借り入れに向いています。ただし、融資までに時間がかかることがあり、申し込みから1週間程度必要となる場合もあるようです。

 

国の貸付制度

銀行や消費者金融以外に、国も貸付制度を実施しています。生活福祉資金貸付制度という仕組みで、低所得者・高齢者・障害者の生活を支えるために作られました。生活福祉資金には次の4種類があり、資金の用途によってさらに細かく分かれています。
 

1.総合支援資金…生活支援費、住宅入居費、一時生活再建費
2.福祉資金…福祉費、緊急小口資金
3.教育支援資金…教育支援費、就学支度費
4.不動産担保型生活資金…不動産担保型生活資金、要保護世帯向け不動産担保型生活資金

 
それぞれ利用対象者や貸付条件が異なるため、まずお住まいの市区町村の社会福祉協議会に確認しましょう。

 

生命保険の契約者貸付制度

生命保険の契約者貸付制度とは、生命保険の解約返戻金から、一定範囲内で貸し付けを受けられる制度です。一般的に、制度を利用している間も生命保険の保障や配当金の権利は継続します。
 
審査を経ずに借りられるため、「現在収入がなく、カードローンの審査に通らない」という方は、利用を検討すると良いでしょう。ただし、次のことには留意する必要があります。
 

●所定の利息がかかる
 
●未返済のまま満期を迎えたり契約者が死亡したりした際は、満期保険金・死亡保険金から元金・利息が差し引かれる
 
●元金と利息の合計が解約返戻金を超えた場合、所定の期日までに通知された金額を支払わなければ保険契約が失効する

 

学生は「キャッシング」か「学生ローン」

クレジットカードに付帯するキャッシングは、学生でも利用しやすいお金を借りる方法のひとつです。
 
安定した収入がない学生の場合、消費者金融や銀行のカードローンは審査に通らないことがあります。しかしクレジットカードなら、大学生・短大生・専門学校生などの学生でも申し込みできるものがあります。キャッシング機能も、20歳以上になれば問題なく利用できる場合が多いようです。
 
また、学生を対象とする融資に特化した「学生ローン」も選択肢のひとつです。最低利息以上であれば毎月自由な金額で返済できる「元金自由返済方式」を採用していることが多く、無理なく返済できます。ただし金利は15%程度からと低いとはいえず、総返済額が大きくなる可能性があります。

 

何を重視する?おすすめのお金を借りる方法

お金を借りる方法はたくさんあるため、いざ借入先を選ぼうとすると、迷ってしまう方もいるでしょう。そのようなときは、自分が最も重視しているポイントは何かを考えると、借入先の候補を絞りやすくなります。
 
ここでは「融資までの時間」「金利の低さ」「口コミ」という3つのポイントを取り上げ、おすすめのお金を借りる方法を紹介します。

 

時間重視!今すぐお金を借りたい

「申し込みから実際に借りられるまでの時間ができるだけ短い方が良い」という時間重視の方には、消費者金融が最もメリットが大きいといえます。
 
消費者金融は申し込んでから融資までのスピードが速く、会社によっては最短30分で審査が終了し1時間で借り入れが可能です。また、一度カードを作れば限度額の範囲でいつでも繰り返し利用できるため、急な出費の際にも短時間で現金を手にできます。
 
コンビニATMやスマホアプリなどを利用して24時間365日借り入れができる消費者金融もあり、時間帯を問わずに利用できるのも便利です。
 
キャッシング機能付きのクレジットカードをすでに所持している場合は、キャッシングを利用すると即座に現金が借りられます。また、クレジットカードのなかには即日発行できて、その日からキャッシングを利用できるものもあります。
 
限度額内で何度も借り入れができるため、急な出費にもすぐに対応可能です。

 

金利重視!少しでもお得にお金を借りたい

「できるだけ返済の負担を抑えたい」という金利重視の方におすすめなのは、銀行カードローンです。
 
銀行によるばらつきはあるものの、銀行カードローンの金利はおおむね消費者金融よりも低めに設定されています。また、借入上限額が大きいほど金利は低くなる傾向にあるため、返済能力が高い方ほどお得に借りられる可能性があります。
 
もしも生活が困窮していて生活福祉資金貸付制度の要件に当てはまる場合は、自治体の窓口に利用の相談をしましょう。無利子、またはごく低い金利で融資を受けられる可能性があります。

 

口コミ重視!安心してお金を借りたい

「急がないから、できるだけ評判の良い方法を利用したい」という場合には、口コミやレビューを比較して、評判の良い借入先を選ぶという方法があります。インターネットで検索をすれば、お金の借入先に関するさまざまな口コミやレビュー、体験談を見つけることができるでしょう。
 
ただし、口コミのすべてが正しい情報とは限らないため注意が必要です。偏った意見だけをうのみにせず、公式サイトの情報と照らし合わせるなどできるだけたくさんの情報を確認しましょう。

 

公式サイトで申し込み

SMBCモビット

おすすめポイント


「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 10秒簡易審査
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 即日融資

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

避けよう!おすすめしないお金の借入先

ここまでに紹介した方法以外にも、お金を借りる方法はたくさんあります。注意しなければならないのは、なかにはできるだけ利用しない方が良い方法や、決して利用してはならない方法があるということです。
 
うっかり手を出してトラブルにならないよう、特に次の2つの方法は避けた方が良いと覚えておきましょう。
 

●親や友人からお金を借りる
 
●闇金からお金を借りる

 
以下で、詳しく解説します。

 

親や友人からお金を借りる

お金が必要になったときに、親や兄弟、友人から借りることを考える方も多いでしょう。しかし、家族や友人からお金を借りると、どうしても返済に対する感覚がルーズになりがちで関係が壊れてしまうこともあるため、できるだけ避けた方が無難です。
 
親しい間柄での借金であっても、返済を先延ばしにしていれば裁判にまで発展し、差し押さえなどの措置を取られるケースもあります。なにより、返済の遅延や踏み倒しは信頼を失う行為です。家族や友人と良い関係を続けたい場合は、できるだけお金の貸し借りはせず、やむを得ず借りた場合は誠実に返済しましょう。
 
また、家族間や友人間のお金の貸し借りの場合「借用書を作成していない」「利息を支払っていない」「長期間返済をしていない」といったケースは贈与とみなされることがあります。この場合、借りた金額次第では贈与税の対象となることがあるため、注意が必要です。

 

闇金からお金を借りる

「どこからもお金を借りることができなくて本当に困っている」そんな状態の人に甘いささやきをするのが闇金です。
 
闇金とは、貸金業の登録がされている・いないにかかわらず、出資法の上限金利以上の金利で融資を行う違法な業者をいいます。闇金の金利は非常に高く、なかにはトゴと呼ばれる10日で5割、年利換算で1825%という暴利を課す会社もあります。また、一般的なカードローンやキャッシングの返済は毎月1回なのに対して、闇金は多くが1週間や10日ごとの返済です。
 
最近では、給与の買い取りをうたい、手数料と称して法外な金利を取る「給与ファクタリング」という闇金も横行しているため注意しましょう。
 
闇金は、取り立て時も、恫喝や勤務先への連絡など法律外の対応をします。最悪のときは命が危険にさらされる可能性もあるので、絶対に闇金からお金を借りてはいけません。闇金を利用するほど金銭的に追い詰められてしまったのであれば、弁護士に相談して任意整理や自己破産を検討する、自治体の窓口に相談するなどの方法を検討しましょう。

 

お金を借りるのにおすすめ!カードローン3選

「お金を借りなければならない!」という場合、お金が必要な期日が決まっていてあまりのんびり待っていられないというケースも多いでしょう。お金を借りる方法はさまざまありますが、現金を即日調達できる手段はあまり多くありません。
 
そこでここでは、最短で1時間~即日のうちにお金を借り入れできる、次の3つの会社のカードローンを紹介します。
 

●アイフル
 
●アコム
 
●プロミス

 
いずれも消費者金融に分類される会社ですが、サービスにはそれぞれ特色があります。以下で、詳しくみていきましょう。

 

アイフル

アイフルは審査スピードが魅力の消費者金融です。借り入れが可能かどうかの簡易診断は1秒で結果が分かります(※)。借り入れまでの時間は最短で25分です。インターネットでの申し込みなら時間や曜日を問わず申し込みでき、契約後は24時間365日借り入れ可能なため、急なニーズにも対応できます。
 
(※)ただし、診断結果は、入力いただいた情報に基づく簡易なものとなります。実際の審査では、アイフルの規定によりご希望にそえない場合もあります。
 
また、カードレスを選択すれば郵便物が一切送られないため、家族や友人に知られたくない場合も安心して利用できます。
 

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0~18.0% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 最短1時間

 
参考記事:https://financial-field.com/cardloan-compare/consumer/aiful/
出典:アイフル公式
 

公式サイトで申し込み

アイフル

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 1秒診断(※)
WEB完結 無利息期間 融資スピード
※融資まで 30日間 最短25分

※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
※診断結果は、入力いただいた情報に基づく簡易なものとなります。
 実際の審査では、当社規定によりご希望にそえない場合もあります。

 

アコム

アコムは、3秒で完了する借入診断と、最短30分で結果が分かる審査というスピーディーさが魅力です。また、初めての場合は最大30日間金利0円のため、負担を抑えて借り入れできます。インターネットや電話、ATMを利用して24時間いつでも借り入れできるため、急に口座への入金や現金が必要となった際に便利です。
 
また、アコムにはクレジット機能が使えるカードもあり、使い分けることができます。
 

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0~18.0% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 最短即日

 
参考記事:https://financial-field.com/cardloan-compare/consumer/acom/
出典:アコム公式
 

公式サイトで申し込み

アコム

image

おすすめポイント


最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の ≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 最短即日融資

 

プロミス

プロミスではWEB契約を利用することで、最短1時間というスピードでお金を借りられます。借り入れができるかどうかの診断も、最短15秒とスピーディーです。申し込みは24時間365日受け付けているため、急いでお金が借りたい場合にも便利です。
 
また、スマホに専用アプリを入れてカードレスで利用できるアプリローンを提供しており、契約時の書類提出などもアプリを通してかんたんに行えます。また、WEB完結で申し込むことで、郵送物を受けとることなく利用を開始できます。
 

融資上限額 金利 審査時間
最大500万円 4.5~17.8% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 最短1時間

 
参考記事:https://financial-field.com/cardloan-compare/consumer/promise/
出典:プロミス公式
 

公式サイトで申し込み

プロミス

image

おすすめポイント


WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額 金利 審査時間
最大500万円 4.5%~17.8% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 即日融資

 

お金を借りるときの注意点

お金が足りなくなったときにすぐに借り入れを利用してしまうと、後悔することがあります。そのため、お金を借りることを検討するときには、一度立ち止まって考え、後悔のない方法を選択することが大切です。
 
特に次の2つは、借り入れを申し込む前にしっかりと考える必要があります。
 

●返済計画をしっかり立ててから借りる
 
●お金を借りる以外の方法を考える

 
どちらも当たり前のことのようですが、忘れてしまう方が多いのが事実です。以下で、詳しく説明します。

 

返済計画をしっかり立ててから借りる

お金は借りたら返さなければならないものです。しかしお金を借りるときに、返済のことを安易に考えてしまう方は少なくありません。収入状況が変化する場合もあるため、借りる前に余裕を持った返済計画を立てることが大切です。
 
カードローンをはじめ、ほとんどの借り入れには金利が加算されます。特に、消費者金融などの比較的金利が高い借入方法の場合、少しだけを借りたつもりでも総返済金額が大きくなることに注意が必要です。また、返済方法によっては、元本の金額がいつまでも減らず、返済が長引くこともあります。
 
さらに、返済が遅延すれば遅延損害金が加算されるため、返済は余計に苦しくなるでしょう。
 
返済ができない状態というのは精神的にもつらいものです。余裕を持った返済計画を立てておくと、精神的にも余裕がでてくるのでおすすめです。

 

お金を借りる以外の方法を考える

お金を借りる前に一度冷静になって、本当にお金を借りなければならない状況かどうかを考えましょう。
 
例えば、趣味の用具の購入資金が足りないような場合には、借金までする必要はあまりないはずです。アルバイトをすれば、時間はかかりますが確実にお金が手に入りますし、家にある物を売ってお金に変えるという選択肢もあるでしょう。
 
また、その日の食事にも困るような場合には、行政への相談が最優先です。
 
お金を借りれば、欲しいものが手に入ったり、一時的に家計が楽になったりしますが、返済が負担となって以前よりも苦しくなることがあります。また、利息を支払うということは、その分のお金を損するということでもあります。一度立ち止まって、ほかにもっと良い手段がないかどうかも考えてみてください。

 

お金を借りたいときは自分のニーズに合う方法を選ぼう

紹介してきたように、お金を借りる方法はさまざまあり、それぞれにメリットやデメリットがあります。また、借入先の金融機関ごとに独自のサービスを提供している場合もあります。
 
お金を借りるときには、お金を借りる目的や重視したいポイントなどを整理して、自身の状況に最もマッチする方法を選択することが大切です。
 
また、お金を借りる際には緊急性があるかどうかや返済計画に無理はないかなど、事前によく検討することも忘れないようにしましょう。

 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット
【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット