CLOSE

キーワードで記事を検索

更新日: 2021.08.18 金利

銀行カードローンの金利を比較!低金利で得するカードローンの選び方

執筆者 : 鴨志田 大輔

銀行カードローンの金利を比較!低金利で得するカードローンの選び方
鴨志田 大輔

執筆者:鴨志田 大輔

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している

カードローンの利用を検討する際、返済額を少しでも低くするために金利の低いカードローンを選びたい人が多いのではないでしょうか。その場合、銀行カードローンは消費者金融のカードローンに比べて金利が低い傾向にあるため、おすすめです。
 
今回は、金利の低いおすすめ銀行カードローンを紹介する他、銀行カードローンを比較する際のポイントをご紹介し、金利が低いしくみについても解説します。
 
また、銀行カードローンのメリットとデメリットについても紹介。なるべく金利の低いカードローンの利用を検討している人はぜひ参考にしてみてください。
 

金利が低いおすすめ銀行カードローンを徹底比較

カードローンを利用するなら、なるべく金利が低いものを選びたいですよね。こちらで、おすすめの金利が低い銀行カードローンをいくつか紹介していきます。
 
金利や最高限度額、Web申込の有無などをわかりやすく表にしているのでぜひ参考にしてみてください。また、それぞれの銀行カードローンの特徴やおすすめポイントも簡単に説明しています。

 

りそなプレミアムカードローン

実質金利 3.5%~13.5%
最高限度額 10万円~800万円
融資までの期間 最短翌日
Web申込

 
りそな銀行カードローンは、インターネットで申し込みできるため24時間、365日申し込みが可能です。りそな銀行口座用のキャッシュカードが使用でき、全国のりそな銀行ATMやコンビニATMなどで借り入れが可能なため、大変利便性の高いカードローンです。りそな銀行に口座を持っていなくても利用できます。

 
参考記事:りそな銀行カードローン
 

イオン銀行カードローン

実質金利 3.8%~13.8%
最高限度額 10万円~800万円
融資までの期間 最短5日程度
Web申込

 
イオン銀行カードローンは、実店舗を持たないインターネット銀行であるイオン銀行が提供するカードローンサービスです。インターネットでいつでも申込可能で、契約までの全ての手続きがWeb上で行えます。借り入れや返済額は1000円単位で設定できる細やかさが特長です。

 
出典:イオン銀行カードローン
 

みずほ銀行カードローン

実質金利 2.0%~14.0%
最高限度額 10万円~800万円
融資までの期間
Web申込

 
みずほ銀行カードローンは、株式会社みずほ銀行が提供しているカードローンサービスです。来店も郵送も不要で手続きが完了します。みずほ銀行口座用のキャッシュカードを使用するため、みずほ銀行の口座を持っている方が融資までの流れが比較的スムーズです。

 
参考記事:みずほ銀行カードローン
 

楽天銀行スーパーローン

実質金利 1.9%~14.5%
最高限度額 10万円~800万円
融資までの期間
Web申込

 
インターネット銀行である楽天銀行が運営している楽天銀行スーパーローン。楽天銀行の口座を開設しなくても利用可能です。楽天ポイントが付与されるキャンペーンも行っているため、楽天ポイントを貯めている人にもおすすめです。

 
参考記事:楽天銀行スーパーローン
 

三井住友銀行カードローン

実質金利 4.0%~14.5%
最高限度額 10万円~800万円
融資までの期間 最短翌営業日
Web申込

 
株式会社三井住友銀行が提供するサービス。
 
インターネット上で申込が完結する他、年齢・年収・借り入れ希望額を入力すれば10秒で申し込み可能かどうかを仮審査してくれる機能もあります。返済額は月2000円から設定可能です。

 
参考記事:三井住友銀行カードローン
 

住信SBIネット銀行カードローン

実質金利 1.59%~14.79%
最高限度額 10万円~1200万円
融資までの期間 数日
Web申込

 
住信SBIネット銀行が提供するカードローンサービス。700万円まで融資可能なスタンダードコースと1200万円まで融資可能なプレミアムコースがあります。仮審査があり、仮審査の結果は最短60分でわかるところが特長。

 
参考記事:住信SBIネット銀行カードローン
 

auじぶん銀行カードローン

実質金利 1.38%~17.4%
最高限度額 10万円~800万円
融資までの期間
Web申込

 
インターネット銀行であるauじぶん銀行が提供しているサービスです。他銀行などからの借り換えに利用できる「借り換えコース」も利用できます。auモバイル利用者なら、金利が安くなるサービスも提供しているため、auモバイル利用者はぜひチェックしておきたいカードローンです。

 
出典:auじぶん銀行カードローン
 

オリックス銀行カードローン

実質金利 1.7%~17.8%
最高限度額 10万円~800万円
融資までの期間
Web申込

 
オリックス銀行が提供しているカードローンサービス。がんと診断確定された場合や死亡・高度障害の際には返済額がゼロになる保障付き特約プランも提供しています。審査から利用開始まで全てWebで完結するカードローンなところも魅力です。

 
出典:オリックス銀行カードローン
 

銀行カードローンの金利が低い理由

銀行カードローンは、消費者金融と比べると最高金利が低い傾向にあります。消費者金融のカードローンの金利を見ていきましょう。

アコム 年3.0%~18.0%
プロミス 年4.5%~17.8%
SMBCモビット 年3.0%~18.0%
レイクALSA 年4.5%~18.0%
アイフル 年3.0%~18.0%

 
このように、銀行カードローンの金利は最高金利が消費者金融よりも低い場合が多いのです。その大きな理由に、資金調達手段の違いがあります。
 
銀行は、三大業務と呼ばれる三つの主な業務を行っています。以下の三つです。
 

・カードローンサービスのような融資業務
・海外送金や振替などで手数料を取る為替業務
・利用者のお金を預かる預金業務

 
銀行は、カードローンサービスなどで利用者に貸付するお金を、預金業務で預かったお金から用意しています。もちろん銀行は預金者に利子を払う必要がありますが、利子は貸付金の金利よりもはるかに安く、すずめの涙ほどの金額。加えて為替業務での収入もあります。
 
しかし消費者金融には預金業務は行っていませんので、お金の用意がありません。そのため、私たち消費者にお金を貸すための資金を銀行から借りる必要があります。当然、ただでお金を借りられるわけではなく、銀行に利息を支払わなければいけません。
 
わかりやすく書くと、こういうことです。
 
銀行:預金者の預金から金利0.01%程度で資金を調達⇒金利3.0%~14.5%程度のカードローンで融資
消費者金融:銀行から金利を支払って資金調達⇒金利4.5%~18.0%程度のカードローンで融資

 
※数字はイメージです。わかりやすいように、大まかな数字で表しています。
 
消費者金融は、金利を払って銀行から資金調達しているため、損をしないように融資するときの金利を高くしなければいけません。
 
一方、銀行は自社で預金として集めた資金を運用しているため、消費者金融よりも低い金利で融資することができますし、それでも十分な利益を確保できます。
 
このように、銀行と消費者金融では資金調達時にかかるコストに大きな差があるため、銀行カードローンは低金利で貸し出すことができ、私たち利用者は消費者金融よりも比較的低金利で銀行カードローンを利用できるのです。
 
2つ目の理由として、銀行は消費者金融と違って貸付の際に担保や保証会社を必要としていることが挙げられます。
 
担保には、人的担保と物的担保があります。人的担保は利用者の代わりにローンを肩代わりしてくれる保証人などのこと。物的担保は土地や株券といった、金銭的価値のある所有物などのことを指します。
 
保証会社は、利用者に支払い能力がなくなった際に本人に代わって銀行へ返済をしてくれる会社のこと。銀行の支払いを肩代わりした後、保証会社が利用者に債務を直接取り立てます。
 
銀行は、こういった担保もしくは保証会社の登録がないとカードローンを利用できない場合がほとんどです。そのため、銀行が貸付金を回収できない可能性は非常に低くなっています。
 
しかし、消費者金融は借り入れの際に担保などが必要ないケースが多く見られます。もし利用者に返済能力がなくなった場合、回収する術がなくなり消費者金融は大損してしまうのです。
 
消費者金融は銀行よりも回収できなくなるリスクを多くはらんでいるため、万一返済されなかった場合他の利用者の支払いから損失分を補填する必要があります。そのために、金利を高めに設定しているのです。

 

低金利なら安心?銀行カードローンを比較する際のポイント

銀行カードローンは比較的金利が低いことが特長です。
 
しかし、表示されている金利が全体的に低いから、という理由だけで選ばないよう注意しましょう。こちらでは、銀行カードローンを比較して自分に見合ったサービスを選ぶ際のポイントを紹介します。

最高金利額を確認する

カードローンの金利は多くの場合、貸付限度額などの条件によって利率が変動するため、「最低金利~最高金利」という方法で表示されています。
 
なぜ多くの機関で金利に幅があるかというと、これは「利息制限法」という法律によって利息の上限が決められており、融資額によってその上限も変わるためです。
 
利息の上限は、10万円未満の場合20%、10万円以上100万円未満の場合18%、100万円以上の場合15%と定められています。通常、さまざまな金利を比較した場合、最低金利の低いサービスに飛びつきがちです。
 
しかし、実はカードローンの金利を見る上で重要なのは、「最高金利」なのです。
 
多くの場合、最低金利が適用されるのは、貸付額が高額な利用者。少しだけの金額で貸付を利用したい人や、初めてカードローンを利用する人は、貸付限度額がそもそも低く、最高金利が適用される可能性が高い傾向にあります。そのため、最高金利を見て、カードローンサービスを選ぶ必要があるのです。

 

利便性や特典も考慮に入れる

銀行カードローンには、銀行のキャッシュカードでATMから簡単に借り入れができるものが多く見られます。元々口座を持っている銀行や、使いやすい場所にATMがある銀行など、利便性重視でカードローンサービスを選ぶのも良いでしょう。
 
また、auじぶん銀行の場合はauモバイル利用者の金利が安くなるサービスがあったり、オリックス銀行カードローンは保障サービスに契約できたりと、銀行カードローンによってさまざまな特典やサービスを提供している場合もあります。
 
自分に合った特典が利用できるかどうかを考慮に入れるのもおすすめです。

 

金利は個人によって変動する

また、貸付限度額は個人によって変動し、そして限度額が低いほど金利が高くなる可能性があることを念頭に置いておきましょう。
 
カードローンは、返済の見込みのある人ほど、貸し入れ限度額を高く設定します。返済の見込みのある人とは、例えば公務員など安定した職業についている、年収が高い、今の職場に長く勤めている、正社員である、などの属性の高い人のことを指します。
 
属性が高いほど貸付額は高くなり、低ければ限度額を下げられるのです。属性が高くても、他にもローンを組んでいたり、過去に支払いが滞った経歴のある人は限度額を下げられる傾向にあります。
 
さまざまな条件によって限度額が変化し、限度額と連動して金利も変動するため、自分の属性や借り入れ歴を見て判断しなければいけません。

 

返済シミュレーションを利用する

今回紹介した銀行カードローンは全てインターネットでの申込が可能です。インターネットで申込ができるカードローンは多くの場合、Web上で返済シミュレーションを利用できます。
 
借りたい金額と月々の希望返済金額を入力すれば、簡単に利息と支払い回数がわかり、実際にカードローンを利用する際の参考になります。一度、返済シミュレーションを利用して自分にとって無理のない返済ができるカードローンかどうか見ておくと良いでしょう。

 

低金利な銀行カードローンを選ぶなら知っておきたいメリットとデメリット

銀行カードローンは消費者金融に比べて低金利な傾向にあるため、融資を受けたい際におすすめです。また、銀行カードローンには金利が低い以外にもメリットがあります。
 
しかし銀行カードローンには、見逃してはならないデメリットも。こちらでは、銀行カードローンのメリットとデメリットについてそれぞれ紹介します。ぜひ銀行カードローンを利用するかどうかの参考にしてください。
 

メリット1:最高金利額が低い

銀行カードローンの魅力は何と言っても低金利であることです。銀行カードローンと消費者金融カードローンから1つずつ例を挙げて比較してみましょう。
 
三井住友銀行カードローン…年4.0%~14.5%
アコム…年3.0%~18.0%

 
この2つを比較した場合、アコムの方が最低金利が三井住友銀行カードローンよりも1ポイントも低いため、アコムを選択したくなるかもしれません。しかし、先ほどの章で上述した通り、金利を比較する際は最低金利でなく最高金利を見るのがおすすめ。
 
最高金利は、三井住友銀行カードローンの場合14.5%、そしてアコムの場合18.0%で3.5ポイントも違います。
 
最低金利が適用されるのは、大概は利用限度額が最高額の場合。初めて融資を申し込んだときの限度額は100万円以下に設定される場合がほとんどなので、適用される金利は最高金利か、それに近い金利が適用される傾向にあります。
 
そうなるとおそらく、アコムを利用した場合は18%、三井住友銀行カードローンを利用した場合は14.5%の金利が課されるでしょう。このように、一部例外はあるものの、消費者金融よりも銀行カードローンのほうが低い金利で利用できる可能性が高いのです。

 

メリット2:安心感と信頼性

少しでも安心して信頼のおける金融機関から融資を受けたい人にも、銀行カードローンがおすすめです。2006年に金利の上限が改定される前は、出資法での上限金利は29.2%でしたが、改定後は20%へと引き下げられました。
 
そして、上限金利が改定された後、多くの利用者がこれまでの過払い金を消費者金融に返金請求しました。それにより、消費者金融は多額の過払い金返済を余儀なくされ、倒産する大手消費者金融も出てしまうことに。
 
そういった経緯もあり、消費者金融=多額の金利を取り立てる機関、というイメージを持っている人もいまだ少なくありません。
 
それに対し、銀行は古くから地域に根付いた信頼のおける金融機関です。現在は多くの消費者金融が大手銀行の傘下に入り、貸付業法の元サービスを行っていますが、現在でも銀行に、よりクリーンなイメージを抱いている人は多いのではないでしょうか。
 
そのため、安心感と信頼性を求める人には銀行の提供するカードローンサービスを利用するのがおすすめなのです。

 

メリット3:総量規制がない

銀行カードローンは総量規制がないため、高額な借り入れを希望している人にも最適です。
 
消費者金融は、2010年に施行された貸金業法に基づいて貸付を行っていますが、その貸金業法には、「総量規制」というものが定められています。「総量規制」とは、貸付可能額を利用者の年収の3分の1以上にしてはいけない、という規制です。
 
例えば、年収300万円の人は消費者金融から100万円を超える借り入れはできません。この総量規制は消費者金融に適用されますが、銀行には適用されません。
 
そのため理屈上、銀行のカードローンを利用した場合は年収の3分の1以上の金額の融資でも受けられることになります。もちろん、必ずしもそれだけの金額を借り入れできるとは限らず、審査を通過する必要があります。
 
しかし、少しでも高額の貸し入れを希望する場合銀行カードローンの利用がおすすめなのです。
 

デメリット1:審査に時間がかかる

銀行カードローンには、消費者金融に比べ、審査に時間がかかるというデメリットがあります。
 
消費者金融には、インターネットで即日審査、そして審査が通り次第すぐに融資を行えることをうたったところが複数あります。それに対し、銀行カードローンは即日融資できるところはありません。
 
銀行は、反社会的勢力への融資を防ぐため、必ず利用者に関する警察庁のデータベース照会を行う必要があります。この警察庁のデータベース照会には時間がかかるため、銀行カードローンはスピーディーな融資が難しいのです。急にお金が必要となった際、すぐに融資を受けるのは難しいと思っておきましょう。

 

デメリット2:審査が厳しい

銀行カードローンも消費者金融も、借り入れの際には審査があります。
 
しかし、審査基準をはっきりと提示している機関はありません。そのため、それぞれの審査基準を比較するのは難しいですが、比較的消費者金融よりも銀行カードローンの方が審査が厳しい傾向にあると言えます。消費者金融の収益は主に、個人への貸付業務です。
 
しかし銀行は、個人向けのカードローンサービス業務以外にも法人向けの融資や為替業務など、さまざまな業務から収益をあげられます。カードローン以外にも収入源があるため、間口を消費者金融ほど広げる必要がないのです。そのため、消費者金融よりはどうしても審査が厳しくなってしまいます。

 

あなたの条件に合わせてカードローンを選択することが大切

今回はおすすめの銀行カードローンをいくつか紹介しました。銀行カードローンは消費者金融よりも比較的低金利で貸付を行っています。その理由は主に、貸付金の資金調達が必要ないことと、担保や保証会社をたてるため取り立て不可になる可能性が低いことが挙げられます。
 
金利の低さも、カードローンを選ぶ際大切なポイントですが、どういったサービスがあり、それが自分に適しているかどうかを見極めることも必要です。銀行カードローンのメリットとデメリットをふまえた上で、自分の条件に最も合ったカードローンを選択しましょう。

 
参考記事:CTA
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー


 

【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット
【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット