CLOSE

キーワードで記事を検索

更新日: 2021.08.18 金利

おすすめの無利息期間付きカードローン!低金利ローンと比べてどっちがお得?

執筆者 : 鴨志田 大輔

おすすめの無利息期間付きカードローン!低金利ローンと比べてどっちがお得?
鴨志田 大輔

執筆者:鴨志田 大輔

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している

公式サイトで申し込み

SMBCモビット

おすすめポイント


「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 10秒簡易審査
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 即日融資

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

テレビやWebのカードローン広告でよく見かける「無利息」という文字は魅力的です。
 
借入をすれば金利がかかり、利息を支払わなければならないのが普通ですから、ついつい利用したくなるかもしれません。
 
実際無利息期間付きカードローンはお得なのでしょうか?特に、低金利カードローンと比べてどちらがお得なのかは気になるところです。そこでこの記事では、無利息期間付きカードローンと低金利カードローンを取り上げます。
 

無利息カードローンとは

無利息カードローンとは、一定の期間、金利がゼロになる無利息期間のあるカードローンのことです。
 
契約日あるいは借入日からカードローン会社が決めた一定期間は、支払利息が発生しないというもの。そのため無利息期間内に完済すれば利息は0円になります。無利息期間中であれば、借入と完済を何度繰り返しても、無利息サービスが適用されるのもポイント。
 
例えば30日間無利息だと、10万円キャッシングして10日後にその10万円を完済すれば、残り20日間残っています。この残りの期間にさらに20万円借入しても、無利息期間がスタートしてから30日以内にその20万円を返済すれば利息がかからないのです。
 
カードローン会社は新規顧客獲得のためのサービスとして、このお得な無利息期間のサービスを提供しています。カードローンを初めて利用する人の、心理的ハードルを下げる効果を期待できるからです。
 
「いま手持ちのお金がないので、次の給料日まで借りたい」といった、短期間だけのキャッシングニーズにぴったりなサービスと言えるでしょう。
 

無利息カードローンのメリット

ここでは無利息カードローンを利用するメリットを2つご紹介します。その内容は以下の通りです。
 
● 急な出費での借入でも金利を気にせずに済む
● 少額の借入なら無利息カードローンがお得

 
ではそれぞれ詳しくみていきましょう。
 

急な出費での借入でも金利を気にせずに済む

急に現金が必要になる場合として、急な入院、冠婚葬祭、引越し、現金払いしかできないショッピングや給料日までに生活費を補填したい場合などがあげられます。
 
このように急に現金が必要になり、借入しなくてはならない場合でも、支払利息を気にせずに済むのが無利息カードローンのメリットです。例えば10万円借りて、10日後に10万円返済すれば、利息を払わずに元金のみ返済すればよい、ということになります。
 
つまりカードローン利用料が実質タダになる、無利息期間のメリットを最大限に生かすなら無利息期間内の完済を目指すことです。
 
契約日の翌日を無利息期間の開始日としているカードローンが多いのですが、なかには初回出金日を無利息期間の開始日としているものがあるため注意が必要です。契約時に無利息期間の開始日をよく確認して、カードローンのお得な無利息期間を活用しましょう。
 
外部リンク:参考:貸金業法のキホン:金融庁
 

少額の借入なら無利息カードローンがお得

担保などを必要とするローン商品より、カードローンを利用する場合は支払利息の負担が高くなる点に注意しなくてはなりません。利息が高いというカードローンのデメリットを無くし、スピーディーに借入できるメリットを最大限生かせるのが、無利息期間中の少額借入です。
 
カードローンは主に申込者本人の返済能力について審査されるため、担保や保証人を必要とするローン商品に比べると時間がかからないのがメリットです。そのため「急にお金を用立てなくてはいけない!」というケースにスピーディーに対応できます。
 
ボーナスや次の給料日に全額を返済することを前提に、無利息期間を利用して少額を借入すれば、利息なしで急な出費に対応できるというわけです。確実に無利息期間内で完済できる金額に借入を抑えて、つなぎ資金として無利息カードローンを大いに活用しましょう。
 

無利息カードローンのデメリット

ここでは無利息カードローンのデメリットを3つご紹介します。その内容は以下の通りです。
 
● 初契約が条件になることが多い
● 無利息にするための条件がある場合も
● 返済期日を守らないと利息・延滞金が発生

 
ではそれぞれ詳しくみていきましょう。
 

初契約が条件になることが多い

無利息期間の提供は、初めての契約が条件であるカードローンがほとんどです。 新規顧客開拓のためにお試し期間として無利息期間を設けているため、一度しか無利息期間は使えません。
 
プロミスのような非常にまれなケースとして、既存の会員向けに「ご利用再開30日間無利息キャンペーン」を実施する場合があります。ただし期間限定なので、基本的には初めての契約が無利息期間適用の条件になることに留意しておきましょう。
 

無利息にするための条件がある場合も

無利息期間の適用を受けるために条件が設定されているカードローンがあります。
 
プロミス:メールアドレスの登録・Web明細利用の登録
 
手続きを忘れると無利息期間が適用されないので注意が必要です。
 
レイクALSA:60日間の無利息期間を選べるのは「Web申込み限定」
 
電話や自動契約機の申込みでは60日間の無利息期間を選ぶことができません。
 

返済期日を守らないと利息・延滞金が発生

無利息期間と聞いて、返済がない?と都合よく勘違いしてはいけません。無利息期間中でも返済日は到来します。期日までに返済しないと、利息・延滞金が発生する点は、ぜひおさえておきましょう。
 
例えば、8/1借入・8/25期日の場合、無利息期間は8/31までです。しかしながら8/25に返済しないと、無利息期間は終了、延滞金も発生します。無利息期間中であっても、返済期日は守る必要があるので注意しましょう。
 
まれにあるのが、30日間と1ヶ月間を勘違いするケースです。たった1日の違いで利息が発生するので、無利息期間の終了日をよく確認することも大切です。
 
内部リンク:来店の必要なし!オススメのWeb完結カードローン
 

無利息カードローンと低金利カードローンの違い

無利息カードローンとは、一定の期間に限り、文字通り利息が発生しないカードローンです。無利息カードローンは、カードローン会社が新規顧客開拓のためにお試し期間として無利息期間を設けたもの。そのためほとんどの場合、初回利用時の一度だけ無利息期間が適用されるのが特徴です。
 
一方、低金利カードローンとは、明確な基準はないものの、上限金利が18%より低いことがひとつの目安となります。この18%という数字の根拠は、大手消費者金融の上限金利が18%だからです。
 
例えばアコムの上限金利18%と比べると、プロミスは17.8%と少し低め。りそな銀行プレミアムローンは13.5%なので低金利カードローンと言えるでしょう。多くの「銀行系カードローン」は18%より低い15%前後となっていますが、無利息期間はありません。
 
金利は上限金利で比較します。なぜなら、初めての契約では利息制限法の範囲内で上限金利が適用されることがほとんどだからです。実際に適用される金利は、審査を受けるまでわからないことを知っておきましょう。
 
低金利カードローンは、いつ借入しても金利が低いのがポイント。返済が長期に亘る場合、数%の金利差でも利息に大きな差がでます。金利が低い理由は、返済の滞るリスクが低い人に貸し付けするからです。
 
つまり審査が厳しいため、他社借入が多い、あるいは収入が安定していない場合は低金利カードローンの契約は難しいかもしれません。なお利息の計算方法は以下の通りです。1日ごとに利息を計算するので「日割り計算」と呼ばれます。
 
借入金額×金利(年利)÷365(日)×借入日数
 
例)
10万円を年利17.8%で30日間借入をした場合
10万円×17.8%÷365×30=1.463円(小数点以下切り捨て)
 
10万円を年利14.0%で30日間借入をした場合
10万円×14.0%÷365×30=1.150円(小数点以下切り捨て)
 
金利差=17.8%-14.0%=3.8%
利息差=1,463円-1,150円=313円
 
長期間・多額を借入するなら金利は非常に重要ですが、この計算からわかるように、短期間・少額の返済ではあまり差がありません。短期間・少額なら、多少金利が高くても即日融資など、利便性の高いカードローンを選ぶのも選択肢のひとつです。
 

おすすめの無利息期間付きカードローン

ここでは、アコム、プロミス、アイフルやレイクALSAといった、無利息期間を設けている消費者金融系カードローンについて特徴を解説します。無利息期間の比較も一覧で表示しているので、参考にしてみてください。
 

カードローン各社・無利息期間の比較

まずカードローン各社の無利息期間を表にまとめましたので、比較してみましょう。
注目はプロミスの無利息期間が「初回利用の翌日」だという点と、レイクALSAの選べる無利息期間です。すぐに借入はしないけれど、万が一に備えてカードローンを契約しておきたいなら、プロミスをおすすめします。
 
レイクALSAなら、借入額や返済期間に応じて、自分にとって最もお得になる無利息期間を選べるのがポイントです。

カードローン 無利息期間の開始日 無利息期間
アコム 契約日の翌日 30日間
プロミス 初回出金の翌日 30日間
(メールアドレスの登録・Web明細利用の登録必須)
アイフル 契約日の翌日 30日間
レイクALSA 契約日の翌日 30日間
60日間(Web限定)
180日間(5万円まで)

 

アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループの一員で、自動契約機(むじんくん)でおなじみの消費者金融のアコム。アコムの融資額最高800万円まで、実質年率は3.0%~18.0%です。
 
2020年3月現在、全国の店舗・自動契約機コーナー数は938カ所、自社ATMと提携ATMの合計は51,344台にのぼります。さらにセブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・・ポプラ・デイリーヤマザキ等のATMも利用できるため、利便性の高いカードローンです。
 
3秒診断が用意されているため、借入できるかどうかスピーディーかつかんたんにチェックできるのもポイント。
 
もし楽天銀行の口座を持っているなら、来店不要で24時間、受付完了から「最短1分」で振込み融資を受けられます。ローン申込みから、借入、返済まで管理できるアプリ「my ac(マイエーシー)」の利用も検討してみましょう。指紋認証や顔認証でかんたんにログインできるので、とても便利です。
 
内部リンク:アコム詳細
外部リンク:アコム公式
 

プロミス

2020年オリコン顧客満足度調査で、ノンバンクカードローン第1位に選ばれたプロミス。プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスによって展開され、金融経済教育への取り組みといったユニークな活動も行っています。
 
フリーキャッシングの融資額は500万円までで、担保も保証人も不要です。実質年率は4.5%~17.8%です。
 
パート、アルバイトによる安定した収入がある女性や学生も申込み可能。特に女性向けに専用ダイヤル「レディースコール(0120−86−2634)」を設け、女性オペレーターが対応しています。さらに障害のある人が安心して相談できる専用のお客様相談窓口(0120−51−0508)まで設けられており、カスタマーフレンドリーな会社と言えるでしょう。
 
複数あるローンをまとめて管理しやすくする「おまとめローン」、最大で300万円までの利用限度額で生計費および事業費に利用できる「自営者カードローン」など多彩な商品群も魅力です。
 
Web環境があれば、24時間365日最短10秒で振込キャッシングできる「瞬フリ」もプロミスの特徴のひとつ。専用アプリ「アプリローン」なら新規申込みから、カードレスで、借入も返済も可能です。最短15秒で借入できるかわかる「お借入シミュレーション」を利用してみましょう。
 
一定期間利用していない会員向けに、期間限定で「ご利用再開30日間無利息キャンペーン」を実施することもあるので、ぜひチェックしてみてください。
 
内部リンク:プロミス詳細
外部リンク:プロミス公式
 

アイフル

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループに属していますが、アイフルは独立系の消費者金融です。
 
アイフルの実質年率は3.0%~18.0%、融資額の最高額は800万円までとなっています。
 
アイフルを初めて利用する人(満23歳~59歳で一定の年収がある方)でWeb申込み限定という条件で「ファーストプレミアム・カードローン 」という商品があることにも注目しましょう。金利はなんと3.0%~9.5%です。
 
もちろん無利息期間も適用されます。Webから24時間365日いつでも申込みでき、融資まで最短25分という手軽さも魅力です。20代を中心に幅広い客層に支持されているアイフルで融資を受けられるかどうかは、「1秒診断」を利用すればチェックできます。
 
アイフルの特徴のひとつとして、申込み後の審査で在籍確認をする際に、自宅・勤務先への電話確認は原則として行われていません。家族や同僚など周囲に内緒で借入をしたい人は、ぜひ検討してみてください。
 
申込みや生体認証ログインに対応しているスマホ「アイフル」、誰にも知られずに借入を始められるWeb完結もあります。
 
アイフルでは、初めての申込み専用ダイヤル(0120-201-810)や女性専用ダイヤル(0120-201-884)も用意しており、丁寧な対応が魅力です。Webで申込みできなくても、電話で申込みしてから18時までに近くの店頭窓口、または22時までに無人店舗へ行きカード発行すれば、即日融資も可能です。
 
内部リンク:アイフル詳細
 

レイクALSA

無利息期間を設けている多くの消費者金融のなかでも、新生フィナンシャルが運営するレイクALSAの無利息期間のお得さは際立っています。無利息期間を選べるのはレイクALSAだけです。
 
30日間無利息を選ぶと、実質年率4.5%~18.0%、融資額を500万円までが適用されます。ただし初めてレイクALSAでカードローンを利用する人が、実質年率4.5%を適用されたり500万円を融資されたりすることは、非常にレアなケース。
 
せっかくレイクALSAを利用するなら、Web申込み限定の60日間無利息、借入額の内5万円だけ180日間無利息になるサービスがおすすめです。この場合の実質年率は12.0%〜18.0%、極度額は200万円となります。
 
レイクALSAの公式サイトでは「どっちがおトク?シミュレーション」を用意しており、カードローンを検討している人が最適な無利息期間を選べるのがポイントです。
 
返済予定額や返済回数のさまざまな組み合わせを試すと、無利息期間の長さがどれくらい支払利息に影響するのかよくわかります。借入診断も用意されているので、レイクALSAの無利息期間の恩恵を受けられるかぜひ確認してみましょう。
 
レイクALSAの公式アプリは「e-アルサ」といい、初めての申込みから会員サービスまで手軽に管理できます。指紋認証機能付きなので、ログイン入力の手間が省けてとても便利です。
 
内部リンク:レイクALSA詳細
 

いくら借りていつまで返すかが重要!

無利息期間付きカードローンと低金利カードローンを取り上げてきましたが、結局どちらが得なのかシミュレーションしてみます。シミュレーションには、りそな銀行プレミアムカードローンとプロミスを例に取ります。回数は返済回数、金額は支払利息総額です。
 
借入金額:100万円
適用金利:りそな銀行プレミアムカードローン:11.5%
プロミス:15.0%(30日間無利息)

カードローン/毎月の支払い金額 2万円 3万円 4万円 5万円 10万円
りそな銀行プレミアムカードローン 69回 367,864円 41回 210,506円 29回 148,678円 23回 115,510円 11回 56,356円
プロミス 78回 546,285円 43回 280,470円 30回 188,515円 22回 141,408円 11回 60,872円

※上記はあくまでも参考程度にご活用ください。
参考:ご返済シミュレーション|ご返済|キャッシング・消費者金融のプロミス公式サイト
 
返済金額が少なく回数が多いほど、低金利カードローンと無利息付きカードローンの違いは歴然です。月々2万円の場合、支払う利息の差は 546,285円-367,864円=178,421円月々10万円の場合でも、支払利息の差は 60,872円-56,356円=4,016円
 
無利息期間つきカードローンは短期間で完済するなら魅力的ですが、分割返済するなら低金利カードローンの方が支払う利息は少なくて済みます。
 
★条件
借入額:¥100万円の場合

image

※あくまでもシュミレーションとなります。詳細は各HPにてご確認ください。
※表中の値についても目安となっております。詳細は各HPにてご確認ください。
 
上記の表の条件であれば、借入期間が120日を未満であれば無利息カードローンの方が利息は少なくなります。短期で返済可能な少額融資であれば、無利息を活用するのも良いと考えられます。
 
借りる前に、計画的に返済計画を立てることであなたの用途に合わせたカードローンを選ぶことが大事です。
 
内部リンク:カードローン比較
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー


 

【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット
【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット