地方銀行カードローン

地方銀行カードローン

地方銀行カードローン

おすすめの地方銀行カードローン

地方銀行カードローン

カードローンは消費者金融だけではなく、多くの銀行が提供しているサービスでもあります。 大きく「都市銀行」「ネット銀行」「地方銀行」に分けられ、それぞれで独自のカードローン商品を提供しております。


個人に対して無担保で融資を行うサービスであることは消費者金融と大きな差はありません。


又、消費者金融は貸金業法を遵守いたしますが、銀行は銀行法というものを定められております。 貸付限度の制限として、貸金業法が定める総量規制の対象外になりますが、それぞれの銀行が自主規制で「借入総額は年収の3分の1まで」等、総量規制のような条件は定めております。


 

地方銀行カードローンの特徴

1.大手都市銀行と変わらない低金利


メガバンク、ネット銀行のカードローン同様、金利の低さが挙げられます。下限金利は2%未満、上限金利も15%未満に定めている銀行が多いです。


100万円未満の借り入れの場合、消費者金融であれば上限金利18%の適応の可能性がありますが、銀行の場合上限金利が約3%低いのでその点は利点になります。


2.最短即日融資は出来ない


こちらもメガバンク、ネット銀行同様、審査の厳格化および警察庁とのデータベースの照合などを行わなければいけない為、即日での審査が不可となります。


3.地方に特化のサービス


地方銀行のカードローンの場合、多くはその銀行の営業エリアにお住まい、お勤めの方のみへの融資となります。よって、エリア外からの申し込みは不可となります。反対に利点としては、地方であれば対象エリアの地方銀行ATM設置数は多い為比較的に利用しやすいことが挙げられます。


地方に根付いた地方銀行のサービスですが、カードローンはお金を借りることになるので、その点は理解の上申し込みましょう。

比較的に金利の安い地方銀行のカードローンであっても、借り入れは返済計画を考え計画的にご利用ください。