CLOSE

キーワードで記事を検索

更新日: 2021.09.10 審査

カードローン審査の内容とは?通すコツやかかる期間を解説!

執筆者 : 鴨志田 大輔

カードローン審査の内容とは?通すコツやかかる期間を解説!
鴨志田 大輔

執筆者:鴨志田 大輔

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している

急な入院や冠婚葬祭などで短期的に現金が必要になったときに、重宝するのがカードローンです。
 
万が一に備えてお金を用意できるようカードローンの申込を検討している人は、カードローンの審査について理解し、準備しておくことが重要です。審査に通るかどうか不安を抱えるよりも、審査に通るコツをおさえてから申し込みしましょう。
 
今回はカードローンの審査の内容、審査の流れや審査に通るコツについて説明します。ぜひカードローンの申込の際に役立ててください。
 

カードローン審査の内容とは

カード会社は審査を通して、その人が信用できる人かどうか、「返済能力」を判断しています。さらに、なりすまし詐欺を防ぐための本人確認や、過剰な融資を避けるため総量規制に該当するかどうかも、カードローン審査で重視されている内容です。
 
「返済能力」はさまざまな要因から判断されます。具体的なカードローン審査内容は、次のとおりです。
 

カードローン審査内容
  • 信用情報
  • 借入状況
  • 住まいに関する情報
  • 職業
  • 勤続年数
  • 年収

 
基本的には公務員や一流企業であれば、安定性や収入の高さなどから良い評価が受けられます。
 
また、同じ勤務先に長く勤めている人ほど、今後の収入にも期待できるので、信頼される傾向にあります。
 
経済力や担保の観点からは、「持ち家」があると高く評価されます。また、申請事項に家族構成を問う項目があることから分かるように、家族構成や家族それぞれの状況によって、可処分所得(手取り収入・自分の意志で使えるお金)を判断されます。
 
注意が必要なのは、以前に滞納経歴のある人や自己破産したことがある人です。そのような人は、信用情報機関に登録された記録から、信用情報に問題があると見なされる可能性があります。
 
これらはすべて、カードローン審査のもととなる「返済能力を持ち、信頼できる人」であるかどうかの判断材料となります。
 
ひとつ厄介なことは、これらの審査基準がどのカードローン会社においても公表されていないことです。しかし、それぞれの会社で重要度のバランスに差はあれど、大きな違いはないと考えられます。
 

カードローンに審査がある理由

カードローンに審査があるのは、貸す相手がきちんとお金を返してくれる、「信頼できる人」であり、「返すだけの経済能力があるか」を見極める必要があるからです。
 
「カードローン」とはカードローン会社が個人に向けて行う無担保融資を指します。お金を貸すからには、返してもらわなければいけません。
 
これは、友達の間でお金を貸し借りするときにも自然と行っていることです。どのような人か分からない人にお金を貸そうと思う人はいないでしょう。
 
カードローン会社という組織も同じで、その人を判断するために審査を設けているのです。
 
しかし、まれに「審査なしでカードローンを作ることができる」と大きく謳っている会社があります。一見面倒な審査を受ける必要がなく、とても魅力的に聞こえますが、そのような会社は要注意です。
 
審査なしのカードローンは、法外な利息でお金を貸しているヤミ金業者である場合があります。審査を受けるのが面倒な人や、何度も審査に落ちている人をうまく利用した手段です。
 
審査のないカードローンを信用してはならないという点で、審査があるかどうかは大切な指標となります。
 

審査でチェックされる内容

カードローン会社にとって、最も大事なことは「その人に将来安定して返済する能力があるかどうか」です。
 
カードローン審査でチェックされる項目は主に6つあります。
 

チェックされる項目
  • 信用情報
  • 借入状況
  • 住まいに関する情報
  • 職業
  • 勤続年数
  • 年収

 
職業や年収の面から考えると、やはり大企業に勤める会社員や公務員などは高く評価されるでしょう。
 
しかし、派遣社員やアルバイトであっても、長い間同じ職場で働いている場合は、今後も安定して収入を得られるだろうと判断されることがあります。
 
他に、住居形態も重要な審査ポイントです。賃貸の住居に比べて、持ち家があるほうが、経済力があると判断されるため有利です。また、もし返済に困る状況になったとしても、家を売るという最終手段が残っています。
 
住居形態に加え、「可処分所得」も審査基準となります。可処分所得とは、所得のうち税金・社会保険料などを除き、個人が自由に使える部分のこと。当然、可処分所得が多いと判断された方が審査に通りやすくなります。
 
可処分所得は家族構成に影響されます。自由に使えるお金が多い独身者や、収入が2人分ある共働き夫婦、子供がすでに独立している夫婦、親と同居していて生活費を抑えられる人などは、可処分所得が多いと見なされます。
 

カードローン審査で必要な書類

「犯罪による収益の移転防止に関する法律」の改正に伴い本人確認する場合の書類は変更となりました。(更新日:2020年4月1日)
 
【A群】から2点、または、【A群】から1点と【B群】から1点をご用意いただく必要があるので注意しましょう。
 

【A群】

運転免許証
運転経歴証明書
旅券(パスポート)
住民基本台帳カード
個人番号カード(表のみ)
在留カード
特別永住者証明書
各種保険証
国民年金手帳
母子健康手帳
住民票
戸籍謄本
住民票記載事項証明書

 

【B群】

公共料金領収書(電気・ガス・水道・NHK・固定電話)
国税・地方税の領収書または納税証明書
 
※有効期限のない公的証明書については、発行日より6ヶ月以内に作成されたものに限る。
※所持人記入欄のない旅券(パスポート)については、【B群】より追加書類2点が必要です。
 
例:【A群】運転免許証(現住所)+【A群】各種保険証(現住所)
例:【A群】運転免許証(現住所)+【B群】電気料金領収書(現住所)

 
また、50万円超の利用限度額を希望の場合、自身の収入証明書が必要です。源泉徴収票か住民税決定通知書、課税証明書、納税証明書(その1・その2)のうち1つのコピー必要となります。
 
なお、個人事業主、会社経営者の方は課税証明書か納税証明書に限られます。

参考記事:収入証明書とは具体的に何を指す?通用する書類を知りたい!
 

カードローン審査にかかる期間

申込状況によって異なりますが、審査には数日間必要であると言われています。また、申込方法で変わることも多く、最近増えている「インターネット申込」なら、最短で審査が終わる可能性が高いようです。
 
郵送などを使うと、カード会社に申込書が到着してから審査となるため、比較的日数を要します。
 
また、銀行のカードローン審査は、消費者金融のカードローン審査に比べて、より時間がかかる傾向にあります。
 
その理由として、2018年から銀行は反社会的勢力との取引を断つ狙いもあり、カードローンなど新規の個人向け融資の審査方法を見直しました。全国銀行協会が預金保険機構を介して各行と警察庁を専用回線でつなぎ、利用者に問題がないか調べるフローが入ったことで、カードローンの即日審査ができなくなりました。
 
しかし、できるだけスピーディーな対応を行っており、遅くとも数日間で審査完了するため、いつまでに必要かを踏まえ銀行にするか消費者金融にするかを考えてみることをおすすめします。
 
申込機関だけでなく、申込者自身の問題で審査が長くなる場合もあります。書類の記入漏れや記入ミス、うそなどは書かないように気をつけましょう。
 
審査を早く終わらせるためには、正確な情報を入力すること、低めの限度額で申込み、返済計画がきちんと立てられる印象を与えることなどが大切です。
 
また、複数社に同時にカードローンを申し込んでしまうと、返済能力が低下すると捉えられてしまうため、複数社に申し込むことは控えたほうがよいでしょう。
 

カードローン審査の流れ

審査には、仮審査と本審査の2つがあります。ここではカードローン審査の流れをみていきましょう。
 

  • ①WEBや電話から申込
  •  

  • ②仮審査
  • 仮審査では、多くのカードローンの申込条件である「満20歳以上69歳以下(銀行によっては66歳以下)で安定した定期収入があること」を満たしていない場合、自動的に落とされます。
     
    ただし、専業主婦や学生でも利用できるカードローンは例外です。専業主婦なら配偶者の状況、学生ならアルバイトの状況などによって、審査に通ることも可能です。
     

  • ③仮審査結果の確認
  • 仮審査に通れば、本審査が行われます。
     

  • ④本審査(必要書類の提出)
  • 仮審査は自動でしたが、本審査はカード会社の担当者が審査します。その際、主な判断材料となるのが、「本人確認書類」と「収入証明書類」です。
     

  • ⑤本審査(電話確認)
  • 書類による審査を終えると、多くの機関が申込者の勤務先へ本人確認の電話をします。確認が取れると、晴れて契約成立というわけです。
     
    なおカードローン会社によっては、在籍確認の電話が書類の提出より先になる場合があります。

  • ⑥本審査通過
  •  

  • ⑦契約

また、最近では電話や窓口だけでなく、インターネットや無人契約機の利用も増えています。インターネットや無人契約機では従来よりも審査期間を短縮できるので、早くお金が借りたいという人にもおすすめです。
 
参考記事:カードローンの審査スピード、融資までの期間の違いと理由
 

カードローン審査を通すコツ

ここからは、カードローン審査を通過するために知っておきたい4つのポイントをご紹介します。審査に通りやすくなるコツをつかんでから、カードローン審査にのぞみましょう。
 

インターネットでの申込

カードローンを申し込む場合は、インターネットの活用をおすすめします。カードローン会社の公式サイトでは、「1秒診断」「3秒診断」と名づけられた簡易診断が用意されており、個人情報を入力せずに利用可能です。
 
金融機関は独自の審査基準を設けています。しかし公式サイトをみても、はっきりとは明記されていません。そこで簡易診断を利用することで、審査に通る可能性があるかどうか申込前に確認できます。
 
この簡易診断のポイントは、個人を特定する情報を求められない点です。そのためカードローンを申し込んだという履歴を信用情報に残すことなく、審査通過の可能性だけチェックできます。
 
カードローン審査で落ちるかもと不安な人や、6ヶ月とはいえ信用情報にカードローン審査に申し込んだ履歴を残したくない人は、簡易審査がおすすめです。
 
参考記事:こんなことで?カードローン審査を通りやすくする方法
 

適正金額での申込

カードローン会社は、毎月継続的に返済を続けられる返済能力の有無を審査でチェックします。そのため借り入れの希望額は、収入に見合った適正金額で申し込むことが大切です。
 
借り入れの契約金額(極度額)が大きいほど、カードローン会社の適用利率は低くなります。利息の支払いが大きくなる高い適用利率を避けたい、とは誰もが思うもの。そのため適用利率の低い300万円といった契約金額を申し込みたくなりがちです。
 
しかし300万円借りると、月々の返済は最低でも8万円近くになります。それだけの返済を継続できる収入かどうか、申込前によく検討することです。
 
高額の借り入れも少額の借り入れも、審査方法は同じなため、借入金額が低くても審査が甘くなることはありません。カードローン会社の返済シミュレーションを利用するなどして、収入に見合った適正金額で申し込みましょう。
 
審査に落ちないためのポイント
はじめは低い限度額で申し込むことで、返済計画をきちんと考えているという印象を与えることができます。また、信用を失わないためにもうそをつかない・記入漏れや記入ミスなどをしないように気をつけましょう。
 
また、信用情報における金融事故、複数社への同時申込も、審査通過の妨げとなるので注意が必要です。
 
質問項目にある「利用目的」においては、「生活費」や「ギャンブル」などと書いてしまうと、返済能力に疑いを持たれる要因となります。「旅行」や「子供の留学」、「結婚式」などの一時的な出費が好ましいでしょう。
 
審査の通りやすさは誰もが気になる点ではありますが、審査基準が公開されていないため、はっきりとしたことは分かりません。
 
しかし、各カードローン会社が発表している審査通過率や成約率、新規貸与率が参考になります。審査に通るかどうかは人それぞれですが、あくまでも目安としてこれらのデータを見てみてはいかがでしょうか。
 

他社の借入を完済

最も好ましいのは他社からの借り入れがない状態です。そのためカードローンの審査に通りやすくすることを考えた場合、できる限り残高を減らすことに注力します。できれば、他社からの借り入れを完済してから申し込みましょう。
 
他社でいくら借り入れしているのか?これはカードローン審査の結果を左右する要因のひとつです。年収にもよりますが、複数の他社を利用していると返済に苦しんでいるのでは?という印象を与えてしまいます。
 
総量規制の対象である消費者金融など貸金業者は、「貸金業法」によって年収の3分の1までなら貸付可能です。この総量規制の適用を受けるため、確認のためにもカードローン会社は審査を実施しなくてはなりません。カードローンの申し込みをする前に、他社からの借入残高がすでに年収の3分の1に達しているかどうか確認しておきましょう。
 
なお「除外貸付」と呼ばれる、総量規制になじまないローンは次のとおりです。
 

除外貸付

● 高額医療費の支払いのための貸付
● 配偶者の収入も含めた年収の3分の1以下の貸付(配偶者の同意が必要)
● 個人事業者に対する貸付
● 顧客に一方的に有利となる借り換え

 
支払い能力に問題がなく、緊急性が高いとカードローン会社が判断する場合は、例外的に年収の3分の1を超えて借り入れできる場合があります。
 

正確な情報を記載

カードローン審査では、信用情報を活用します。申告した内容と信用情報機関で記録された内容に大きな違いがあると、審査の行方によくない影響を及ぼすことがあるため注意が必要です。
 
信用情報とはクレジット・ローンの申込・契約内容、毎月の支払状況や残高、さらにクレジット・カードローン会社が審査目的で信用情報を確認した記録などのことです。CIC(株式会社シー・アイ・シー)とJICC(株式会社日本信用情報機構)、全国銀行個人信用情報センターという3つの信用情報機関が日本にはあります。
 
膨大なデータからうそはバレると心得ておくべきです。ついうそをつきたくなる項目を挙げてみました。
 
● 本人情報(氏名・年齢)
● 勤務先や勤続年数
● 年収
● 他社借入件数や借入残高

 
誤った情報は、カードローン会社側からみれば虚偽申告になり心証を悪くします。申込の際には虚偽がないよう正しい情報を申告しましょう。
 
なお申告する必要のない借り入れは、次のとおりです。
 
● 有担保ローン
住宅ローンや自動車ローンなど抵当権を設定したローンは申告する必要なし
 
● 奨学金
借入時に保証人を設定しているため奨学金は申告する必要なし
 
● クレジットカードのショッピング枠利用分
「立替」にあたるクレジット契約になるため申告の必要なし
 
● 家電品や携帯電話の分割払い
「立替」にあたるクレジット契約になるため申告の必要なし
 
● 友人や親族からの個人的な借り入れ
 
基本的に無担保で借り入れているローンの残高を申告します。
 

カードローン審査が通らない場合

カードローン審査になかなか通らない、審査なしで利用する方法はないのかとお悩みの人もいることでしょう。ここではカードローン審査が存在する理由について、理解を深めるための3つのポイントを解説します。理解を深めると、カードローン審査に通るための糸口が見えてくるはずです。
 

審査なしで利用できるのか

カードローン審査は厳しい印象があり、審査なしで利用できる会社があるかどうか知りたいと思う人もいるでしょう。しかし実際には、カードローン審査は必ず実施されます。カードローンに審査が必要な理由は、①申込者の返済能力があるかどうか②総量規制に該当するかどうかの確認です。
 
この総量規制は貸金業法の一部で、銀行は貸金業者にあたらないため、総量規制の適用は受けません。貸金業者とは、お金を貸し付ける業務を行う、財務局または都道府県に登録をしている業者のことです。消費者金融・業資金を貸し付ける事業者金融・クレジットカード会社などが貸金業者にあたります。
 
総量規制が導入された背景には、多重債務に苦しむ人たちを救済する必要性が高まったためです。総量規制は、2006年12月に抜本改正され、2010年6月に完全施行されました。総量規制で貸金業者による過剰貸付を規制して起きた変化(2007年2月から2011年4月)は次のとおりです。
 
● 5社以上の貸金業者から借り入れをしている多重債務者は約100万人減少
● 個人破産は2003年のピーク時からほぼ半減

 
このように総量規制は、多重債務者を生まないために一定の効果をあげています。カードローン利用者の支払い能力を超えて貸し付けてしまうと、結果として返済が滞り、貸金業者と利用者どちらにとっても不利益です。
 
カードローン申込者も返済できる一定の収入を確保したり、現在の借入金額の実態を知る努力をしたりすることが求められています。
 
参考記事:カードローンの審査基準とは?審査に落ちる原因と対策
 

審査が甘いカードローンはない

不正を防ぐ目的もあり、審査基準・審査内容については公表されていません。公表されているのは、「20歳以上70歳未満の定期的な収入と返済能力を有する方(年齢の上限はカードローン会社によってバラツキあり)」という申込条件のみです。
 
明記されている「定期的な収入と返済能力を有する方」は、多くのカード会社で重要なポイントとなっています。どのような企業に勤めているか、勤続年数はどのくらいか、持ち家があるか、可処分所得がどのくらいかは、基準の一部となるでしょう。
 
また、利用目的がギャンブルや投資、借金の返済などであれば、信用が低いと判断されてしまうこともあります。利用目的にも注意が必要です。
 
他にも、信用情報に問題がある場合、審査に通ることが難しくなります。信用情報に問題がある例としては、延滞などの事故情報が残っている、奨学金の返済延滞がある、自己破産したことがある、などが挙げられます。
 
また、それぞれの機関で他社の契約情報などを確認することができるため、一度に複数社のローンに申し込んでいると、お金に相当困っているという印象を与えてしまいます。その点も気をつけましょう。
 
重視するポイントは、各会社によって異なると言われています。審査が心配な方は、しっかり情報を収集して、比較的審査通過しやすいカードローンを選びましょう。
 
審査に落ちた後の再申込の注意点
審査に落ちてしまった場合、すぐに次の会社に申し込みたくなってしまいますよね。
 
しかし、一度に複数のカードローンに申し込むと、お金に困っているという印象を強く与えてしまいます。信用を失ってしまう可能性があるので気をつけましょう。
 
各カードローン会社によって基準は異なる上、公表されているわけではありませんが、一般的に1ヶ月に3件以上の申し込みをしていると、いわゆる「申込ブラック」と見られてしまう恐れがあります。
 
この場合、審査に通りにくくなるだけでなく、審査に通ったとしても利用限度額を低く設定されたり、金利が高くなってしまう可能性があります。
 
各カードローン会社の申込情報は半年で消えます。複数のカードローン会社に申し込んで審査に落ちてしまった際は、半年後に申し込むことをおすすめします。
 
また、延滞や自己破産が記入された信用情報の登録期間は、内容によって5年や10年などの期限が決まっています。
 
そのため、信用情報に問題があるからといって一生審査に通らないというわけではありません。そのような人は、一定期間が過ぎた後、再度挑戦してみてください。
 

収入証明書類なしでの審査

本人確認書類は運転免許証やパスポートを提出するだけなので、かんたんに用意できます。一方で、収入証明書は最新バージョンを用意する必要があり、準備するのに手間がかかると感じている人も多いことでしょう。
 
収入証明書とは次のような書類を指します。
 

収入証明書

● 源泉徴収票
● 確定申告書
● 税額通知書
● 所得(課税)証明書
● 給与明細書+賞与明細書

 
消費者金融系のカードローンの場合、条件つきで収入証明書類なしで審査を受けられる場合があります。その条件とは50万円を超えて借り入れを希望するかしないか、という点です。
 
貸金業法第13条「返済能力の調査」によると、収入証明書類の提出が必要なケースは次のとおりです。
 
● 当該カードローン会社の借入限度額が50万円を超える場合
● 当該カードローン会社の借入限度額と他社の借入総額の合計が100万を超える場合

 
このように50万円以下の借り入れであれば、収入証明書類なしで申し込みできます。それでもカードローン会社が求める場合は提出することになります。
 
銀行系のカードローンの場合、基本的には収入証明書類の提出が必要です。ただし独自のルールが設けられている場合があるため、個々のケースを確認するようにしましょう。
 
参考記事:収入証明書不要でカードローンって作れるの!?
 

収入証明書類不要のカードローン

カードローンは大きく分けて、「銀行カードローン」 と「消費者金融カードローン」の2つがあります。 「銀行カードローン」 の上限金利が14.5%程であるのに比べて、「消費者金融カードローン」の上限金利は18.0%程と高め。
 
審査に関しては「消費者金融カードローン」の方が比較的通りやすく、審査期間も短いと言われています。
 
このように、銀行カードローンと消費者金融カードローンにはそれぞれ一長一短があります。利用額や自分の状況、リスクなどを考えた上で、最適な契約先を決めることが大切です。
 
ここでは収入証明書類不要のカードローンを提供している、消費者金融系のプロミス、アコムやSMBCモビットの特徴を紹介します。
 
※SMBCモビットは収入証明を提出していただく場合があります。
 

プロミス

2020年オリコン顧客満足度調査において、ノンバンクカードローン第1位に輝いたプロミス。「借入条件」「借入サポート」「金利」「返済サポート」の4つの項目で高い評価を受けました。プロミスの特徴といえば、やはり上限金利の低さでしょう。2007年以来、プロミスの上限金利は17.8%です。
 
プロミスは「SMBCコンシューマーファイナンス」が運営する消費者金融なので、三井住友銀行提携ATMの取引手数料がいつでも無料なのも見逃せません。50万円以下の金額を借りるときは、基本的に「本人確認書類」だけで申し込みできます。
 
融資額は500万円まで、返済方式は残高スライド元利定額返済方式のみ、年齢20歳以上、69歳以下の人が申し込めます。初めて申し込む人には30日間の無利息期間が適用され、しかも「初回ご利用の翌日」から30日間無利息なのがポイント。
 
プロミスの公式アプリ「アプリローン」を使えば、セブン銀行ATMと一部のローソン銀行ATMでカードレス取引が可能になるため、とても便利です。
 
申込方法は「Web完結」「プロミスコール」「来店」「郵送」「自動契約機」の5種類。契約後はスマートフォンやパソコンでプロミスインターネット会員サービスにログインし、かんたんに「瞬フリ」(振込キャッシング)できます。
 
この「瞬フリ」とは、最短10秒程度で指定の口座に振り込まれるというスグレモノ。プロミスなら振込手数料は0円で原則24時間365日「瞬フリ」を利用できるため、給料日前にありがちな口座振替の残高不足にも対応できるので安心です。
 

公式サイトで申し込み

プロミス

image

おすすめポイント


WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額 金利 審査時間
最大500万円 4.5%~17.8% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 即日融資

 

アコム

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの小会社が運営する会社です。
 
50万円以下の金額を借りるときは、基本的に「本人確認書類」だけで申し込みできます(※)。インターネットほか、最寄りの店頭窓口・自動契約機(むじんくん)、電話で手続きしましょう。
 
この電話は、アコムが他社よりも注力しているサービスです。なんと24時間365日対応可能。外出先からの申込や、急ぎでお金を用立てたい人におすすめの方法です。電話申込でも即日融資に対応しています。
 
自動契約機(むじんくん)は、年末年始を除いて年中無休、9:00~21:00まで営業しているので便利です。
 
アコムなら公式サイトから借り入れ可能かどうか「3秒診断」を受けられます。「年齢」「年収(総支給額)」「カードローン他社お借入状況」を入力するだけで簡易診断を受けられるのがポイント。
 
融資額の上限は800万円まで、実質年率は3.0%~18.0%で、契約極度額100万円以上の場合、3.00%~15.00%が適用されます。返済方式は定率リボルビング方式です。アコムの審査基準を満たす、20歳以上69歳以下の安定した収入と返済能力がある人なら申し込みができます。
 
初めて申し込む人には「ご契約日の翌日」から30日間の無利息期間が適用されます。「借入日の翌日」ではないため注意が必要です。
 
アコムはインターネット環境と楽天銀行の口座があれば、原則24時間・最短1分の振込キャッシングに対応しています。他の金融機関口座の振込反映時間についても公式サイトで分かりやすく解説されているので、ぜひお役立てください。
 
(※)お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要
 

公式サイトで申し込み

アコム

image

おすすめポイント


最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の ≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで(※) 30日間 最短即日融資

※在籍確認が行われる場合がございます。

 

SMBCモビット

2020年オリコン顧客満足度調査において、ノンバンクカードローン第6位に輝いたSMBCモビット。SMBCモビットはSMBCコンシューマーファイナンスの完全子会社で、50万円以下の金額を借りるときは、基本的に「本人確認書類」だけで申込み可能です。
※SMBCモビットは収入証明を提出していただく場合があります。
 
融資額の上限は800万円まで、実質年率は3.00%~18.00%が適用されます。返済方式は「残高スライド元利定額返済方式」。SMBCモビットの審査基準を満たす、満年齢20歳から69歳の安定した収入のある人が対象です。
 
消費者金融系のなかではめずらしく、SMBCモビットは無利息期間を設定していません。それでも人気がある理由は、WEB完結なら電話連絡なしで借り入れできるからでしょう。
 
SMBCモビットの最大の特徴は、お勤めをしていて社会保険証や組合保険証を持っている人なら電話での連絡がなしになる「Web完結」申込。職場への電話連絡がイヤだと思う人にぴったりです。
 
ただし三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかに口座を持っている必要があります。さらに貸付は当該口座へ振込み、返済は口座引落しに同意すれば、という条件つきです。
 
この条件を満たしていない人は「カード申込」から申し込みます。「カード申込」なら、少ない入力項目で簡易診断結果が表示されるのがポイント。モビットカードの申込に便利なローン契約機は、三井住友銀行内に設置されているので、営業時間に注意が必要です。
 
モビットカード不要だという人は、モビットアプリをダウンロードすればセブン銀行ATMからカードレス取引可能に。さらにSMBCモビットはTポイントカードと提携しており、返済の度にポイントを獲得できます。
 
振込キャッシングは会員専用サービス「Myモビ」から申し込むと、最短3分で口座に反映されるのが特徴です。
 

公式サイトで申し込み

SMBCモビット

おすすめポイント


「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 10秒簡易審査
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 即日融資

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

アイフル

2020年オリコン顧客満足度調査において、ノンバンクカードローン第8位に輝いたアイフル。大手銀行の傘下にある他の消費者金融と異なりアイフルは独立系で、50万円以下の金額を借りるときは、基本的に「本人確認書類」だけで申込み可能です。
 
融資額の上限は800万円まで、実質年率は3.00%~18.00%が適用されます。返済方式は「借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式」。アイフルの審査基準を満たす、満年齢20歳以上の安定した収入のある人が対象で、取引期間中に満70歳になると新たな借り入れはできなくなります。
 
申込方法は、Web、スマホ、電話、無人店舗、店頭窓口の5種類です。公式サイトには「1秒診断」が用意されているので簡易診断を試せます。電話の受付時間は9:00~18:00と短く、受付・審査はできるものの契約手続きは店舗・無人契約機、あるいは郵送での手続きとなるので注意しましょう。
 
初めてアイフルと無担保キャッシングローンを利用する場合には、無利息期間が最大30日間適用されます。
 
アイフルのスマホアプリをダウンロードすると、セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMで1000円単位で借り入れできます。給料日前に少額だけ借り入れたい、といった使い方にもぴったりです。即日融資を希望するなら、WEB申込後にフリーダイヤルへ電話しましょう。優先順位が上がるため、審査時間を短縮できます。
 

公式サイトで申し込み

アイフル

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 1秒診断(※)
WEB完結 無利息期間 融資スピード
※融資まで 30日間 最短25分

※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
※診断結果は、入力いただいた情報に基づく簡易なものとなります。
 実際の審査では、当社規定によりご希望にそえない場合もあります。

 

レイクALSA

新生銀行グループの新生フィナンシャルが運営するレイクALSA。50万円以下の金額を借りるときは、基本的に「本人確認書類」だけで申込み可能です。レイクALSAの最大の特徴といえば、初めての借入時に適用される「選べる無利息期間」。
 
30日間は他社でも提供していますが、Webから申し込みをすれば60日間の無利息期間を選べるのがポイント。借入額のうち5万円まで180日間無利息になるプランもあるため、「どっちがおトク?シミュレーション」を使ってどちらが自分にとってよりメリットがあるのか調べてみましょう。
 
融資額の上限は500万円まで、実質年率は4.5%~18.0%が適用され、満20歳から70歳の人が対象です。返済方式は①残高スライドリボルビング方式②元利定額リボルビング方式から選択しましょう。
 
レイクアルサはWebの他に、新生銀行内に設置されたカードローン自動契約コーナーや電話でも申し込みできます。自動契約機は平日・土曜・祝日は22時まで、Webや電話は24時間受付可能です。
 
電話の場合、審査結果のお知らせ時間は通常9時~21時、日曜9時~19時、Web申込の場合、通常8時10分~21時50分、第3日曜日8時10分~19時ですので即日融資を希望する人は注意しましょう。
 
なおWebで審査時間内に申込み手続きを完了すると、次の画面で審査結果が最短15秒で表示されるのがポイント。そのためはっきりしない審査結果を、不安な気持ちで待つ必要はありません。しかも21時(日曜日は18時)までに契約手続きを完了させれば、申込から振込融資まで最短60分もありえます。
 
レイクアルサ公式アプリ「e-アルサ」をダウンロードすれば、新規申込から会員サービスまでかんたんです。セブン銀行ATMが近くにあれば、カードレスで取引可能です。生体認証機能つきなので、面倒なログイン情報の入力も必要ありません。
 

 

まとめ:カードローン審査の内容を把握しよう

急な出費に役立つカードローン。今回はカードローンの審査とは一体どういうものなのか、カードローン審査の具体的な内容・流れも合わせて詳しく解説しました。カードローンの審査がうまく通らないと悩んでいる人に向けて、カードローンの審査に通りやすくなるコツも紹介しましたのでぜひ役立ててください。
 
カードローンの審査は、カードローン会社も申込者双方にとってメリットの多いものです。カードローン審査の内容をよく把握して、審査に通るように工夫しましょう。
 
※2021/1/18 内容を一部修正させていただきました。
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー


 

【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット
【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット