CLOSE

キーワードで記事を検索

更新日: 2021.09.10 審査

審査落ちする理由とは?カードローン審査基準と再申請のコツ

執筆者 : 鴨志田 大輔

審査落ちする理由とは?カードローン審査基準と再申請のコツ
鴨志田 大輔

執筆者:鴨志田 大輔

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している

カードローンの審査に落ちてしまうときってどんな理由か気になりますよね。
 
仮に理由を聞いても「当社の基準で」としか答えてくれません。そこでこの記事では、カードローン審査に落ちる理由や、どのような点に注意すれば審査落ちを回避できるのかご紹介します。
 
今までに審査落ちした経験からカードローンの借入を諦めていた人は、当記事の審査通過率を上げるコツや、収入証明書なしでも申請できるカードローンを参考に再申請してみてください。
 

カードローン審査に落ちる理由

カードローン審査に通らない理由は、カードローン会社が貸し付けしたくない理由があるからです。信用情報機関に申込者の信用情報を照会した結果、過去に返済が滞った履歴があれば、審査担当者に与える心証が悪くなります。
 
信用情報機関とは、加盟する金融会社から登録される金融信用情報を、お互いに照会して、消費者と金融会社の健全な取引関係を築く機関です。
 
多重債務は借り手にとっても貸し手にとっても不幸なことです。他社での借入や返済の情報を知ることによって、適切な契約ができるのです。審査の際には、以下が照会されます。
 

借入状況が悪い人

・他社での借入状況
借入状況とは、簡単にいえば申し込み時点で借入総額がどれくらいあるか、ということです。消費者金融など貸金業者は、借り手の収入・借入状況などを基に審査を実施し、返済能力があるかどうか判断しています。
 
収入に対して多額の融資をすることは、自社の貸し倒れのリスクを上げます。安定した継続的な返済をカードローン会社は求めるので、それが不安視されるほどの借入金額だと融資できません。
 
また、収入の3分の1以上の融資はできないという貸金業法の「総量規制」が消費者金融にはあるので、それを超えた融資はできません。
 
総量規制は過剰貸付を防止し、多重債務者をうまない目的で導入されました。そのためカードローン会社は法律にのっとり、借り手が総量規制に該当するかどうか審査を実施しなくてはなりません。
 
そのため保証人がいる個人でも、貸金業者からは年収の3分の1を超えての融資は受けられないのです。
 
すでに複数のカードローン会社から年収の3分の1近くまで借り入れているのに、新規で申し込もうとすると支払いに困っているとみなされる場合があります。
 
なお貸金業者からの借入残高のデータは、「指定信用情報機関」に集められているため、借入総額を隠すことはできないので注意が必要です。
 

ブラックリストに入っている人

・金融事故情報
一般的に言われているブラックリストに入っていないかを調べます。消費者金融の元社員によると、その会社では、いくらスコアリングの点数が高くても、ブラックリストに入っていれば審査落ちになる仕組みだったそうです。
 
信用情報機関には、クレヒスと呼ばれるクレジットカードやローンの履歴が残されており、実際にはブラックリストと呼ばれるリストは存在しません。
 
この履歴は契約期間中および契約終了後5年以内は保存され、カードローンやクレジットカードの審査に大きく影響するためブラックリストと呼ばれることがあるのです。
 
一方、各カードローン会社はブラックリストに相当する「問題を起こした借り手」の独自リストを持っていても不思議ではありません。借入は基本的に信用を元に実施されるため、特に連絡もなしに返済が滞ると心証を悪くするのは当然のことです。
 
返済の意思がない人、とみなされると同じカードローン会社から借り入れるのは難しいでしょう。黙っていれば大丈夫かな、といった軽い気持ちでいると借り入れができない状態になるので注意が必要です。
 

他社カードローンでの延滞がある人

・他カードローンでの延滞
長期延滞(返済日より61日以上または3ヶ月以上)をしているということは、自社でも返済が滞る可能性が高いので審査に通らない可能性が高いです。
 
他社でカードローンを延滞してしまったので、別のカードローン会社で借り入れしようという考えは通りません。なぜなら信用情報機関には「お支払状況に関する情報」が詳しく記録されているからです。
 
これはクレヒスとも呼ばれ、日本では3つの信用情報機関に登録されています。クレジットカードやローンを利用したことがあれば、いずれかの機関に必ず取引履歴が必ず記録されているので隠し通すことはできません。
 
この3つの信用情報機関とは、CIC、JICC、全国銀行個人信用情報センターのことです。これらは「CRIN(クリン/Credit Information Network) 」と呼ばれる信用情報交流ネットワークで結ばれています。これは過剰貸付や多重債務者の発生を防止することを目的としています。
 
延滞・保証履行・破産などの金融事故は「異動」として記録され、信用情報機関の間で情報共有されることを知っておきましょう。
 

債務整理をしたことがある人

・債務整理
法的な手続きで借金を少なくしたり、ゼロにしたりすれば、金融事故情報として登録されます。任意整理・個人再生・自己破産などがその内容です。
 
債務整理とは、簡単にいえば返済が滞った場合に支払いをラクにする方法で、カードローン会社の視点からみると最悪のケースといえます。
 
債務整理は「異動」として記録され、借り手の信用情報に傷がつくため、カードローン会社から借入を成功させるのは難しいといえるでしょう。CICに登録されている信用情報は、一定期間登録され、その期間が過ぎると自動的に抹消されます。
 
実際に抹消されたかどうかは、情報開示の申し込みをして確認するといいでしょう。
 

クレジットカード・分割販売での延滞

クレジットカードで商品を購入したものの、支払うことができなかった場合です。割賦販売とは聞きなれない言葉かもしれませんが、携帯電話の分割販売がこれにあたります。
 
今は携帯電話も通話料金だけではない支払いのため、うっかり携帯料金のみの延滞のつもりが携帯電話の商品そのものの延滞となり履歴が残ってしまう可能性があるので注意しましょう。
 
「個人の信用で物を買う」という意味で、クレジットカードと同じだからです。具体的にはCICという信用情報機関に登録されます。
 
そのため支払いの延滞があれば同じように共有されるため、カードローン審査に通過するのは難しいといえるでしょう。
 

申込情報の不備、虚偽

■申込情報の不備
項目によっては「名義貸し」の可能性があるということで、審査に落ちる可能性が高いです。具体的には、ありえない間違いをすることです。
 
・自分の名前
・自分の生年月日

 
登録情報を入力する際に、絶対に間違えられないポイントです。
 
■申込情報の虚偽
自分では軽いうそのつもりでも、百戦錬磨のカードローン会社はお見通しです。「誠実ではない」ということで審査に落ちる可能性があります。
 

・年収
年収が高いほうがカードローンの審査に通りやすいと思い、実際には年収200万円なのに、300万円と書くケースです。勤務している会社と勤続年数が分かればカードローン会社はおおよその年収の見当がつくのです。審査にマイナスに働く可能性が高いです。

 

・勤続年数
これも、カードローン会社の膨大なデータの蓄積でうそがばれます。年齢と勤続年数との矛盾や、年収との矛盾が分かってしまうのです。

 
上記は、うそをつかなければ難しい問題ではありません。正直に申し込みすることが大事です。
 

カードローン審査基準・7つのポイント

ここではカードローン会社における社内審査の仕組みの理解を深めるために、カードローン審査基準の7つのポイントを解説します。
 

カードローンの審査基準は一般に公開されていません。また、審査基準は各カードローンによって異なります。
 
しかし、消費者金融に勤めていた方に聞くと、カードローンの審査で重視するのはどこも以下のポイントなのです。
 

年収
住居
家族構成
勤続年数
年齢
融資希望額

 
それぞれの項目を点数化して融資額が決める仕組みになっているとのことです。
 
これを属性スコアリングと呼びます。合計点数が大きいほど信用が高く、融資限度額が大きくなるのです。具体的に見ていきましょう。
 

各属性についてどう判断されるかも聞いてみました。実際にはコンピューターで判断されることが多いとのことですが、考え方は以下のようになっているそうです。
 

・年収

年収が高いほうが点数は高くなります。同じ点数場合は公務員、会社員、自営業、の順に点数が高くなります。会社員でも、東証一部上場企業に勤めているほうが零細企業に勤めているより高くなります。「収入の安定度」「会社の安定度」「雇用の安定度」が図られるのです。
 

・住居

賃貸よりも持ち家の方が点数は高くなります。持ち家は返済が滞ったときに、売却して現金化することができますが、賃貸はそれができないからです。賃貸の中でも社宅や借り上げ社宅の場合は点数が上がります。家賃が比較的低く抑えられているからです。また、社宅を用意するということは、長く働いてほしいという会社の姿勢であり、雇用の安定が見込まれるからです。
 

・家族構成

独身より既婚者の方が点数は高くなります。子どもがいないより、いる方が点数は上がります。どういうことかというと「借金を踏み倒して逃げないか」を基準にしているとのことです。独身だと失うものが少ないので、多重債務に陥ると踏み倒す確率が高いと言われています。
 
しかしながら、家族がいると、家族を捨ててまで逃げるということは少なくなるのです。カードローン会社にとって一番のリスクは回収不能なので、家族構成が審査の項目に入っているのです。
 

・勤続年数

「安定した収入」を客観的に示すのが勤続年数です。勤続年数を重ねれば重ねるほど給料は上がっていきます。会社での地位も上がっていきます。そうすると、よほどのことがない限り自分から辞める可能性は低いのです。行方不明になる確率も非常に低くなります。
 

・年齢

若いうちは、万が一会社を辞めても次の勤務先が見つかりやすいのである程度の点数は見込めます。40代や50代になって、新卒からずっと同じ会社で働いているとなると、高い点数が見込まれます。逆に40代や50代で勤続年数が1年や2年の場合は、転職した事情により点数は変わります。
 
ただし基本的にはヘッドハンティングであっても勤続数十年の会社員にはかなわないそうです。ヘッドハンティングする会社は、成果が出ないとすぐ解雇しやすいからです。
 

・融資希望額

年収に対してあまり多額の金額を記入していると、お金に相当困っており踏み倒しのリスクがあります。自社で希望金額を融資しなくても、他社で借入をする可能性があります。よって点数は低くなります。返済能力に見合った融資希望額であれば点数は高くなります。
 

・借りたお金の使い道

生活費より、一時的な娯楽費や慶弔費の方が点数は高くなります。生活費は毎月お金が足りていないということで、いずれ返済が行き詰まるリスクがあるからです。
 

カードローン各社・審査基準の違い

カードローン審査に落ちてしまい、「審査が厳しくないカードローン会社を見つけたい」という思いを抱いている人も多いことでしょう。カードローン会社は、豊富な貸付のノウハウを持っています。
 
そのため年齢、年収、他社からの借入金額の審査基準は、カードローン会社によって異なっていることを知っておきましょう。
 

審査の甘いカードローンは存在しない?

銀行カードローンの場合は、保証会社が審査を銀行に代わって行います。例えば、三菱UFJ銀行カードローンの場合はアコム、三井住友銀行カードローンの場合はプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)が保証会社です。
 
カードローンのノウハウを豊富に持っている消費者金融を保証会社につけることによって、貸し倒れのリスクを減らしているのです。
 
万が一貸し倒れた場合は、保証会社が銀行にその債務を一括返済します。
 
これを代位弁済と呼びます。いくら消費者金融が無担保融資に長けているとはいえ、銀行カードローンを踏み倒した人から債権を回収するのは簡単ではありません。
 
よって、保証会社であっても、自社で貸し出すのと同じように厳しく審査します。項目は先ほど挙げたものと同じです。ただし、細かい審査基準や最終決定権が銀行にあるのが、自社融資と違うところです。
 

カードローン会社ごとの審査基準に違いがあるかどうかを見極める方法のひとつとして、簡易審査を試してみるといいでしょう。 プロミスなら「お借入シミュレーション」、アコムなら「3秒診断」といった簡易審査を提供しています。
 
個人を特定する情報を入力する必要がなく、年齢、年収、他社からの借入金額だけで診断結果を得られるのがポイントです。本審査の結果とは異なる場合がありますが、気軽に融資の可能性を探ることができるため試す価値があるといえるでしょう。
 

審査通過率に注目

各社のIR情報をみると新規成約率が公開されています。2020年9月時点の情報を比較するとアイフル40.3%、SMBCコンシューマーファイナンス38.4%、レイクALSAは29.5%です。
 
この新規成約率をみれば、審査の通りやすさ、あるいは審査落ちの可能性がみえてきます。審査基準の目安として新規成約率に注目し、融資落ちの可能性が低いカードローン会社に申し込むのもひとつの方法です。
 

審査通過率を上げるコツ

ここで紹介するのは、カードローンの審査落ちを避けるために実践したい5つのコツです。これを読めば、カードローン会社が審査時にどのような点を重視しているのか、よく理解できるでしょう。
 
審査はロボットではなく担当者によって実施されるため、悪い心証を与えないよう5つのコツを実践してみてください。
 

少額で申請してみる

カードローン会社は、返済能力の有無を審査でチェックします。毎月継続的に返済できるかどうかが、カードローン会社が融資を決定するポイントです。
 
高額の借入も少額の借入も審査方法は同様なため、借入金額が低くても審査が甘くなることはありません。ただし50万円以下の借入の場合は、収入証明書類を提出しなくてもいい場合があります。
 
貸金業法第13条「返済能力の調査」によると、収入証明書類の提出が必要なケースは次のとおりです。
 

● 当該カードローン会社の借入限度額が50万円を超える場合
● 当該カードローン会社の借入限度額と他社の借入総額の合計が100万を超える場合

 
消費者金融系のカードローン会社は、このルールにのっとっています。50万円以下なら収入証明書類なしで申し込めるということは、少額とみなされていると解釈できます。そこでまずは50万円以下で申し込んでみましょう。
 

複数のカードローン会社に申請しない

信用情報機関には、申込情報が照会日から6ヶ月間保存されています。つまり申込者の支払能力を調査するため、クレジットやカードローン会社が照会した事実が記録されているのです。
 
短期間に複数のカードローン会社に融資を申し込むと、その事実がすべて記録されていることは知っておきましょう。資金繰りに困っている印象をカードローン会社に与えてしまうため、あちらこちらへ融資を申し込むのは控えた方が得策です。
 

いつでも電話に出られるように準備しておく

カードローン審査がはじまると、勤務先への在籍確認の電話のほかにも審査状況によって不明点や追加書類を求める電話がかかってくることがあります。審査結果の連絡手段もメール以外に電話が選ばれることがあるので注意が必要です。
 
定休日をうっかり忘れて申し込み、在籍確認の電話に職場の誰もが応答できないと審査が滞ってしまいます。このように電話確認がうまくいかないと、正式な契約手続きに進むことができません。
 
カードローンは無担保で貸付を行う消費者金融サービスです。そのため借り手側に返済能力はもちろん、人としての「信用」が求められます。審査担当者からの口頭での確認事項に、きちんと回答することがとても重要です。
 
回答の様子が不誠実だと、契約内容を理解できていない、ごまかそうとしているという印象を持たれてしまいます。心証を悪くして融資のチャンスをなくすのは避けたいもの。
 
審査のスムーズな進行に協力するためにも、いつでも電話に応答しきちんと回答できるように準備しておくといいでしょう。
 

記入ミスに気をつけよう

カードローンを申し込むときには、個人情報・収入状況・勤務先などの情報などをカードローン会社に申告します。 これは借り手が申告した情報を元に、カードローン会社や保証会社がローン契約を進めるかどうかを判断するからです。
 
借り手としては単純な記入ミスだったとしても、何らかの虚偽や不備があったとみなされることがあります。記入ミスの結果、この借り手はふさわしくないと判断されると審査に落ちるという結果になりかねません。
 
金融犯罪の手口は巧妙化し、悪質な詐欺の手口が横行しています。そのためカードローン会社は常に警戒していることも忘れないようにしましょう。名義貸しに巻き込まれているのではないか、と疑われてしまうと審査は進みません。
 
記入ミスで自ら問題の原因を作らないように、じゅうぶん配慮して申し込みすることが大切です。
 

借りるお金の使い道は明確にする

カードローンは事業資金以外なら、自由に融資を受けたお金を使えるのが特徴であり、選ばれている理由のひとつです。用途は自由ですが、申込時に借入の目的を聞かれます。自由とはいえ、あいまいなお金の使い道だと心証を悪くするかもしれません。
 
ここではどのような理由でカードローンが利用されているのか紹介しますので、実際の申し込みの際に役立ててください。
 
● 急にまとまった現金が必要になった
冠婚葬祭、携帯電話の支払い、医療費、納税など
 
● レジャー・旅行
● 借り換え
複数のローン利用残高をまとめたい場合など
 
突然の出費はともかく、日常的に生活費が足らない、借金の返済にあてるという使い方は多重債務に陥る可能性があるためリスクがともないます。ギャンブルを目的にしたカードローンの借入自体は禁止されていないものの、つい熱くなる人は借り過ぎに注意しましょう。
 
借入の理由はもちろん、カードローンの申し込みでは虚偽の申告は避けるべきです。虚偽の申告が発覚すると、審査はストップし申し込みがキャンセルとなる場合もあります。すでに会員であっても、会員資格を喪失することもあるため注意しましょう。
 

収入証明書がなくても申請できるカードローン

ここでは収入証明書類の提出なしでカードローンを申し込める、「SMBCモビット」「プロミス」「アコム」の特徴を紹介します。勤務先に電話確認なしでカードローンの借り入れしたい人は、SMBCモビットに注目しましょう。
※SMBCモビットは収入証明を提出していただく場合があります。
 
他社より上限金利の低いプロミスや、ネットに接続できて楽天銀行の口座があれば、原則24時間・最短1分の振込に対応しているプロミスもぜひチェックしてみてください。
 

SMBCモビット

SMBCモビットはSMBCコンシューマーファイナンスの完全子会社です。消費者金融系カードローンの中ではめずらしく、無利息期間を設定していません。それでもSMBCモビットが人気を誇る理由は、電話をなしにできる「Web完結」申し込みを提供しているからでしょう。
 
電話なしを可能にする「Web完結」申し込みの条件は次のとおりです。 
 
● お勤めをしていて社会保険証や組合保険証を持っている
● 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかに口座を持っている貸付は当該口座へ振り込み、返済は口座引落しに同意する
 
勤務先に電話がかかってきて、同僚に借入を詮索されたくない人にぴったりなカードローンです。しかも「Web完結」ならモビットカード なしで借り入れできるので、財布の中にあるカードから借入がばれることはありません。
 
会員になったら、振込キャッシングを会員専用サービス「Myモビ」から申し込めます。SMBCモビットの振込キャッシングは、最短3分で口座に反映されるのがポイントです。
 
モビットカード不要だという人は、モビットアプリをダウンロードするのもひとつの方法です。アプリがあれば、セブン銀行ATMからカードレス取引できるようになります。
 
一方、いつでもどこでも気軽にキャッシングできるモビットカードは便利な存在です。必要な人は三井住友銀行内に設置されているローン契約機で申し込みましょう。
 
ただし、三井住友銀行のローン契約機の営業時間は9:00~21:00(※営業時間は店舗により異なります。)ですので、、仕事帰りの利用を考えているなら営業時間の確認が必要です。SMBCモビットはTポイントカードと提携しています。返済の度にポイントを獲得できるのもうれしいサービスです。
 

公式サイトで申し込み

SMBCモビット

おすすめポイント


「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 10秒簡易審査
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 即日融資

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

プロミス

プロミスの特徴といえば、やはり上限金利の低さでしょう。2007年以来、プロミスの上限金利は17.8%です。三井住友銀行提携ATMの取引手数料がいつでも無料なのも見逃せません。
 
プロミスはSMBCモビットと異なり、初めて申し込む人には30日間の無利息期間が適用されます。しかも「初回ご利用の翌日」から30日間無利息なのがポイントです。「お勤めの確認」と呼ばれる在籍確認の電話もかかってきますので、SMBCモビットと混同しないようにしましょう。
 
プロミスの公式アプリ「アプリローン」を使えば、新規申し込みから借入まで簡単に手配できます。セブン銀行ATMと一部のローソン銀行ATMでカードレス取引が可能になるため、カードを持ち歩く必要はありません。
 
生体認証機能つきなので、「指紋」「顔」「声」で、ログイン可能になりとても便利です。
 
自動契約機は、プロミス自動契約コーナーのほか、三井住友銀行内のローン契約コーナーが利用できます。Web契約なら誰にも会わずに即日融資も可能です。契約後はスマートフォンやパソコンでプロミスインターネット会員サービスにログインし、簡単に「瞬フリ」(振込キャッシング)できます。
 
この「瞬フリ」とは名前のとおり、最短10秒程度で指定の口座に振り込まれる画期的なサービス。プロミスなら、振込手数料は0円で原則24時間365日「瞬フリ」を利用できます。給料日前にありがちな口座振替の残高不足にも対応できるので便利です。
 
おトクな割引特典を受けられる、会員向け優待サービスも充実しています。
 

公式サイトで申し込み

プロミス

image

おすすめポイント


WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額 金利 審査時間
最大500万円 4.5%~17.8% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 即日融資

 

アコム

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の小会社が運営する会社です。インターネットほか、最寄りの店頭窓口・自動契約機(むじんくん)・電話で手続きできます。
 
電話は、インターネット同様に24時間365日対応しているのが特徴です。インターネットもしくは電話で申し込みすると、自動契約機(むじんくん)や来店での契約手続き時間を短縮できます。自動契約機(むじんくん)は、年末年始を除いて年中無休、9:00~21:00まで営業しているので便利です。
 
アコムなら公式サイトから借入可能かどうか「3秒診断」を受けられます。「年齢」「年収(総支給額)」「カードローン他社お借入状況」を入力するだけで簡易診断を受けられるので、借入の可能性を知るために試してみましょう。
 
初めて申し込む人には30日間の無利息期間が適用されるのは、プロミスなど他のカードローン会社同様です。「ご契約日の翌日」から無利息期間が適用されます。「借入日の翌日」ではないため注意しましょう。
 
アコムはインターネット環境と楽天銀行の口座があれば、原則24時間・最短1分の振込キャッシングに対応しています。プロミスの「瞬フリ」の10秒には及びませんが、じゅうぶんに便利といえるでしょう。他の金融機関口座の振込反映時間についても、公式サイトで分かりやすく解説されています。
 
カードなしで借入したい人は、電話からでも「振込」を選べるのがポイント。担当者受付は18時までですが、アコムプッシュホンサービス(音声自動応答)は、ほぼ24時間営業で振込口座の登録もできます。
 

公式サイトで申し込み

アコム

image

おすすめポイント


最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の ≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 最短即日融資

 

まとめ・ 審査落ちから再申請まで

以上、カードローンの審査について解説しました。
 
単純に年収○○万円だから●●万円貸せる、という風にはできていないのです。
 
ただし、審査項目についてはある程度決まっているので即日審査が可能なのです。どうしてもカードローンやクレジットカードの契約ができない方は、どこかの基準で大幅に信用を落としている可能性があります。
 
よくあるのが、信用情報の間違いでブラックリストに入っていることなので、金融事故を起こした心当たりがなければ、一度信用情報機関に自分の情報を開示請求することができます。
 
一度、試してみるのもありかもしれませんね。
 
審査落ちの経験がある人も、今回ご紹介した審査に通りやすくするコツを参考に再申請してみましょう。大型バイクの免許取得など、何かチャレンジしたいことが見つかったとき、お金が理由で諦めることがあるかもしれません。
 
カードローンで契約できれば、もっと充実した人生経験を積むことができるでしょう。もちろんきちんと返済しなければ信用を失い、重たい債務で自分自身を苦しめることになります。返済シミュレーションなどのツールを使って、計画的に利用するようにしましょう。
 
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー


 

【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット
【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット