CLOSE

キーワードで記事を検索

更新日: 2022.07.01 審査

こんな人は通らない?アコムの審査基準ポイントをまとめてみた

執筆者 : 鴨志田 大輔

こんな人は通らない?アコムの審査基準ポイントをまとめてみた
鴨志田 大輔

執筆者:鴨志田 大輔

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している

突然の出費で手持ちのお金がない!そんな時に便利なキャッシング。
 
でも初めてだとどうしたらよいのか分からない。自分でも審査に通るの?そんな不安がある人も多いのではないでしょうか。  
本記事では、アコムの審査基準のポイントを分かりやすく解説していきます。

 

公式サイトで申し込み

アコム

acom

おすすめポイント

最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付
融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで(※) 30日間 最短30分融資
(※)在籍確認が行われる場合がございます。

詳細

公式サイトで申し込み

※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願いいたします。

アコムの審査基準とは

残念ながら、アコムの審査基準は公表されていません。 ただし、アコムの公式ホームページには「3秒診断」という簡易診断があります。この簡易診断をするのに必要な情報は「年齢」「年収」「カードローン他社借入状況(クレジットカードでのショッピング、銀行ローンを除く)」となっていることから、この3点は審査基準として確認されている可能性が高いです。
 
ではそれぞれの項目についてなぜ重要かを見ていきます。

(1)年収

当然、収入がなくては返済ができないので、継続的に返済ができるかどうかという点を見られます。
 
また、年収の3分の1までしか貸し付けをしてはいけないという「貸金業法」の規定があります。この規定は「総量規制」と言われ、かつて多重債務で自己破産をしてしまうという事象が多発したことから、利用者を保護するためにつくられた規制です。カードローン会社はこの規制を超えて貸し付けないように、収入を確認する必要があります。   なお、「年収の3分の1」という基準ですが、すでにアコム以外の他社から借り入れがある場合は、それらも踏まえた合計の借入残高が年収の3分の1の金額を超えないという意味になります。   例えば、年収300万円の人なら、100万円まで借り入れできます。しかし、A社で20万円、B社で30万円借り入れしている場合、アコムで借り入れできるのは50万円までです。   また、カードローンを申し込みできるのは、安定した収入のある人のみなので、無職の人や専業主婦の人は借り入れできません。ただし、専業主婦の場合は金利の低い銀行系カードローンであれば、審査次第では借り入れできます。    

(2)年齢

アコムから借り入れができる年齢は成人~69歳が条件となっています(高校生を除く)。 これは(1)の通り、安定的な収入の有無が重要な要件になっているからです。公式ホームページのよくある質問にも以下のような記載があります。
 

「年金受給者でも契約はできますか?」

A「年金以外に安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方であればご契約いただけます。※例えば、年金を受給しながらアルバイトや自営業をされている方など。」
 
上記から、年金以外の収入があり返済能力があれば貸し付けを受けることができる可能性があることがわかります。
 

学生でも契約はできますか?

A アコムの貸付条件は「成人以上(高校生を除く)の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」と定められています。したがって、学生でも成人以上で定期的なアルバイト収入などがある人なら、アコムで審査を通過すれば、カードローンの契約はできます。   逆に、成人以上でも定期的な収入のない人や高校生は契約できません。もちろん、定期的収入があったとしても、成人未満の人は契約できないことになっています。これらの人は、審査の対象に含まれませんので、十分に注意するようにしましょう。  

(3)カードローン他社借入状況(クレジットカードでのショッピング、銀行ローンを除く)

他社での借入状況も基準のひとつです。これまでに支払いに遅れたり、自己破産していないかといった個人情報を確認します。当然、こうした事実があると、アコムの審査担当者から信用されにくくなってしまいます。   個人の借入状況やクレジットカードや各種ローンの支払い情報などは「指定信用情報機関」で共有するシステムになっています。この信用情報機関に、遅延や返済不可能になった情報が登録されることを「金融事故」といいます。「ブラックリストにのる」ということは、金融事故を起こした記録が登録されることを意味します。 自分の信用情報が不安な方は、信用情報機関に登録されている個人情報は開示請求をすることで、ご自分のこれまでの履歴に問題がないか確認できます。
 
また、総量規制により借り入れをする1社あたりの金額が年収の3分の1以下ではなく、借入金額の合計額が年収の3分の1以下であることが必要です。そのために指定信用情報機関を通じて情報を共有します。
 
複数社から借り入れをしていたり、短期間の間に複数のカードローンに申し込んでいたりする場合には、お金に困っていると見られる可能性もあります。一般的には3社以上から借り入れがある場合は審査に不利になるといわれています。  

ただし、クレジットカードでのショッピングと銀行によるローンは適用される法律が違うため、「総量規制」の対象にはなりません。おまとめローンも総量規制の対象外です。おまとめローンは2社以上の金融機関での借り入れを、1つの借入先にまとめることをいいます。おまとめローンは例外貸付に当てはまるため、「年収の3分の1」という基準からの影響を受けません。  

アコムの審査に落ちてしまう人、落ちない人の違い

ここまで審査のポイントを確認してきました。ではどのような人が落ちてしまうのでしょうか?
 

(1)申込情報に誤りがある

申込情報は正確にうそ偽りなく記載することが大切です。 もし、記憶が曖昧な部分がある場合は、いい加減な情報を記載せず、しっかりと過去の記録を調べてから、正確な情報を提示するようにしましょう。適当に書いた内容が事実と異なっていたことが判明すると、再審査になります。もしくは、最悪の場合は、審査に通過できなくなってしまいます。   もちろん、悪意を持って虚偽の名前や住所などを書くことは当然してはいけません。   アコムの場合、「3秒診断」というシステムがありますので、「年齢」「年収」「カードローン他社お借入状況」などの必要情報を記載して、審査前に試してみるのもよいでしょう。  

(2)年収に対して借入額が見合っていない

借入額が年収から見て返済可能な額かどうかも重要です。毎月収入より支出が多く赤字を埋めるためにカードローンを使うということは絶対にしてはいけません。ボーナスで返済できるから大丈夫と思っていても、ボーナスはいつなくなるか分かりません。  
返済可能ということであれば、借入金額が年収の3分の1以内であるかを確認しましょう。もし他の会社から借り入れをしている場合は、その額の合計が年収の3分の1以内に収まるかも確認が必要です。
 
また「貸金業法」の定めで、「1社から50万円以上」または「複数社から合計100万円以上」借りる場合は年収を証明するために収入証明書(源泉徴収票など)の提出が必要になる点は注意が必要です。
 

(3)信用情報に問題がある

過去に携帯代金の未納など思い当たる節のある人は自分の信用情報を確認してみるとよいかもしれません。現在「指定信用情報機関」は3社が内閣総理大臣から指定されており、アコムが直接加盟しているところは以下の2社です。
 
・「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」
 
・「株式会社日本信用情報機構(JICC)」
 
ただし、残りの1社とも情報共有がなされるようになっています。
 
・「全国銀行個人信用情報センター(JBA)」
(アドレスはいずれも個人情報開示請求ページ)
 

(4)返済状況に問題がある

返済などに関する情報は3社とも各種ローン契約終了後5年以内の期間で情報が保管されます。
 
特にJICCでは支払いの遅延情報は「約定返済日から61日以上、または3ヵ月以上の遅れ」が記録されると明示されており、他の信用情報機関でも同様と考えられます。
 
したがって、支払いが遅延しそうな場合は1ヶ月以内に返済をする。過去にその履歴がある場合は、5年以上経過するのを待つ必要があるでしょう。
 

(5)アコム関連会社との取引において延滞などがある

アコムはさまざまな会社との吸収合併を経て、三菱UFJフィナンシャル・グループの一員となっています。
 
過去に借金を滞納したことがあるけど信用情報からは消えているから大丈夫!と思っても、アコムの関連会社との取引だった場合、社内にデータが残っていて、それが問題となる可能性があります。
 
アコムは銀行ローンの保証業務も行っているので、アコムが保証をしている銀行ローンで滞納などをしていた場合、信用情報に記載がなくてもアコム社内にその情報があるかもしれません。
 
過去に滞納をしたことがある人はアコムの関連会社ではなかったかといった点の確認もしておくとより安心です。

 

アコムの審査って他社と比べて通りやすいの?

審査を受けるときに気になるのがその通過率。アコムは他のカードローン会社と比べて、審査通過率はどれくらいなのでしょうか?  

各社の審査通過率

アコムの審査通過率は、2021年3月期のデータブックによれば、最新の2021年3月で41.2%となっています。2019年3月で44.0%、2020年3月が43.6%と、若干の低下傾向が見られるものの、おおむね40~45%前後の通過率と言えます。その他のカードローン会社は以下のとおりです。  

カードローン会社 成約率
アコム 41.2%
プロミス 37.9%
レイクALSA 33.8%
アイフル 38.1%

※2021年3月度データ(2021年11月確認時点)   大手消費者金融で審査通過率が公表されている会社を比較してみましたが、直近で40%を超える通過率はアコムのみであることから、アコムは審査通過率が比較的に高いことが分かりました。 アコムは「はじめてのアコム」というように、一社目のカードローンに選ばれることが多いので審査通過率が高いようです。  
また、アコムでは申込者の年代別構成比も発表しています。
 

・29歳以下:62.4% ・30歳~39歳:15.4% ・40歳~49歳:11.4% ・50歳~59歳:7.6% ・60歳以上:3.2%

 
29歳以下が一番割合としては多く、初めてのカードローンとして使用されている可能性もデータから分かりますね。
※2021年3月度データを参考
アコム株式会社「2022年3月期 第1四半期決算」 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社「2022年3月期 第1四半期決算資料」 新生銀行「四半期データブック 2021年6月末」 アイフル株式会社「2021年3月期月次データ」  

アコム

acom

おすすめポイント

最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付
融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで(※) 30日間 最短30分融資
(※)在籍確認が行われる場合がございます。

詳細

公式サイトで申し込み

※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願いいたします。

 

アコムの申し込みから審査・借り入れまでの流れ

では、実際にアコムのカードローンに申し込む場合はどのような手順を踏めばよいのかについて、順に解説します。

アコムの申し込み方法は4種類用意されていて、郵送を除き、即日融資が可能です。

●インターネット
●店頭窓口、自動契約機(むじんくん)
●電話
●郵送

インターネットおよび電話による申し込みは24時間365日対応なので非常に使い勝手がよいようです。
 

(1)申し込み

即日融資を受けるためには、インターネットもしくは店頭窓口、自動契約機(むじんくん)に行く必要があります。申込書類記入および本人確認書類の準備をして送付などを実施します。

本人確認書類は運転免許証(表・裏)、保険証(表・裏)、パスポート(写真・住所記載部分)、マイナンバーカード(表面のみ)です。スマホアプリと来店申し込みの場合は、本人確認書類は1点のみ、Web(アップロード)・FAX・郵送で申し込む場合には、本人確認書類は2点必要です。   仮に上記の書類のうち、1点しかない場合には、住民票の写し、電気・ガス・水道・NHKなどの公共料金の領収書などを補足書類として提出することになります。   また、借入金額が50万円を超える場合や、他社を含めた借入総額が100万円を超える場合は収入証明書が必要になりますので、忘れずに準備してください。 収入証明書に該当するものは、以下のとおりです。

●源泉徴収表(最新年度のもの) ●市民税・県民税額決定通知書(現在発行されている最新年度のもの) ●所得証明書(現在発行されている最新年度のもの) ●確定申告書・青色申告書・収支内訳書(最新年度のもの) ●給与明細書(直近2ヶ月分、賞与がある人は直近1年分の賞与明細書も併せて提出する)

提出方法はWebの会員ページよりアップロード、スマートフォンアプリで提出、FAXで送信、店頭・自動契約機(むじんくん)に持参、専用封筒にて郵送、のいずれかになります。   即日融資を受けるには、申し込みのスピード感が重要です。インターネットで申し込みを済ませておいてから、店頭あるいは自動契約機に移動するようにすると、時間を効率的に使用できます。  

(2)審査

最短30分とありますが、さまざまな条件が整うことが必要です。在籍確認がすぐにできる、信用情報や提出書類に全く問題がない、現在の勤務先の勤続年数もある程度長いといった点です。これらがすべてうまく回れば30分で審査が終了し融資実行となります。そうでなかった場合にはもう少し時間がかかるでしょう。  

在籍確認は本人が書類に記載した職場に本当に在籍しているのかを確認するために行われます。土日休みの会社の場合、金曜日の夕方に申し込むと、在籍確認が翌営業日になる可能性が高いので注意しましょう。   また、安定した収入がなかったり、必要書類が不足していたり、記載事項に不備があったりすると、再提出を求められ、再審査することになりかねません。そのような場合、当然審査には時間を要することになります。  

(3)借り入れ

審査が無事通過すると融資金額が自分の金融機関に振り込まれます。振り込みにも時間がかかるのが一般的ですが、アコムの場合は楽天銀行に口座を持っていれば最短1分で振り込みになります。
 
その他の金融機関の場合でも、営業時間内もしくは振込可能時間帯であれば最短1分の振り込みになりますが、それ以外の時間だと翌営業日の9時半ごろ、早朝であれば当日の9時半ごろとなるので特に土日など銀行の休業日に資金が必要な場合は注意が必要です。
 

(4)返済

返済方法はカードローンの場合、店頭窓口、ATM、提携ATM、インターネットが選べます。インターネット返済では24時間、手数料無料で返済ができるので非常に有利です。また返済期日も35日ごと、指定期日、銀行振り込み(6日固定)から選べるので、自分の便利な方法で返済ができます。
 

アコムの審査に落ちないためのポイントとチェックリスト

アコムの申し込みは簡単にできるとはいえ、書類や必要事項の記入に時間がかかるため、審査はできる限り1回で通過したいでしょう。   この見出しでは、アコムの審査に落ちないための5つのポイントと、事前に確認しておきたいチェックリストを紹介します。ぜひ、申し込むときの参考にしてください。  

必要書類や必要事項は正確に書く

アコムに申し込みする前に、必要書類を準備しておきましょう。カードローンの審査には本人確認書類が必要なため、運転免許証や保険証・マイナンバーカードやパスポートのうちの2点をすぐに提出できる状態にしておいてください。   本人確認書類が1点しかない場合、住民票の写しか公共料金の領収書が補足書類として求められます。補足書類は発行日から6ヶ月以内のものになるため、申し込み前に準備しておきましょう。  

同時に複数社に申し込まない

カードローンは、同じタイミングで複数社申し込みすると、その情報がアコムにも知られてしまう可能性があります。審査に落ちたらどうしようという不安から、つい複数社に申し込みしたくなる気持ちはわかりますが、同時に何社も申し込むのは控えてください。   同時に何社も申し込みすると、「とてもお金に困っている」というイメージをアコムに与えてしまう可能性があります。   思ってもいなかったところで、マイナスなイメージを与えるのは審査によくありません。アコム以外の会社に申し込みをする場合は、アコムの審査結果が出てからにしましょう。  

転職してすぐに申し込まない

カードローン審査において、勤続年数の長さはとても重要なポイントの1つ。勤続年数が長ければ、それだけ安定した収入があるとみなされやすいからです。   転職してすぐにアコムに申し込みをすると、審査のときに不利になる可能性があります。そのため、転職後に申し込みする場合は、1年以上勤めてからにすると安心です。  

在籍確認できる時間に申し込むこと

アコムの審査は、在籍確認があります。在籍確認が取れないと、審査時間も長くなり、最悪の場合審査に落ちる可能性があります。審査をスムーズに行いたいのであれば、在籍確認ができるときに申し込みをしてください。   在籍確認は、本人が電話口に出る必要はありません。会社の同僚にカードローンの申し込みをしたことが知られたくない人は、クレジットカードの在籍確認の電話だと伝えておくとよいでしょう。   日雇いやアルバイトなどで、在籍確認に応じられない人は、あらかじめアコムに相談することをおすすめします。また、在籍確認は女性にしてほしいなどの要望がある場合も、事前に伝えておけば対応してくれます。   在籍確認は、申込者が申告した勤務先に本当に在籍しているかどうかを確かめる大切な電話です。スムーズに進められるように、しっかりと確認しておきましょう。  

「3秒診断」を利用しよう

アコムは、申し込み前に年齢・年収・他社お借入額の3項目の入力だけで、借り入れ可能かどうか診断できる「3秒診断」があります。もちろん、3秒診断の結果がよかったからといって、必ず審査に受かるものではありませんが、他社でお金を借りている人は事前に調べておくと安心です。   他社のお借入状況とは、銀行カードローンや住宅ローン、自動車ローンなどを除いた、キャッシングやカードローンの借入額になります。入力の際は間違えないようにしてください。  

アコムの審査に落ちないためのチェックリスト

どうしてもカードローンが必要という場合は以下のリストを見ながら問題がないか確認してみてください。

チェックリスト
年齢 成人~69歳か?(高校生は不可)
収入 収入が安定しているか? 勤続年数もある程度の期間あるか?
借入金額(50万円未満) 年収の3分の1以下か?
借入金額(50万円以上) 年収の3分の1以下で、収入証明書があるか?
信用情報 過去5年以内に2ヶ月以上の延滞などないか?
他社借入情報 3社以上の借り入れはないか? 合計が年収の3分の1以下か?
関連会社との取引 過去に問題になるような取引はないか?
急ぎの借り入れの場合 インターネット・店頭・無人申込機からの申し込みか? 記入した情報は正確か? 振り込まれる銀行の対応時間に間に合うか? 勤務先への在籍確認が可能な時間帯か?

アコムの審査に落ちたらどうすればよい?

事前に審査に落ちないように、しっかりとチェックしたにもかかわらず、審査に落ちてしまう人もいます。   アコムの審査に落ちてしまった場合、再申し込みのタイミングや他社の申し込みをどうすればいいかについて詳しく解説します。  

半年以上たってから再申し込みする

信用情報機関の審査の記録は、6ヶ月間は残るとされています。そのため、もしアコムの審査に落ちてしまったら、6ヶ月以上時間を空けてから再申し込みしてみましょう。   一度審査に落ちてしまったのだから、もう何回申し込みをしてもダメだと思う方も多いかもしれません。   しかし、6ヶ月たてば勤続年数も長くなりますし、そのあいだに年収もアップしているかもしれません。前回の申し込みのときよりも、状況がよくなっていれば審査にも通る可能性があります。   また、信用情報機関に情報がなくなったかどうか、確実に知りたい人は情報開示してもらいましょう。手数料がかかりますが、自分の信用情報機関の記録が確認できるので、カードローンの申し込みのときに役立ちます。  

他社に申し込む

アコムの審査に落ちたからといって、すべてのカードローンの申し込みができないわけではありません。カードローンの審査基準は、各会社によって異なるため、他社であれば受かる可能性があります。   しかし、アコムに申し込みするタイミングで複数他社に申し込みするのもよくありません。心証が悪くなる恐れがあるため、アコムの審査が終わってから、他社の申し込みを検討してください。  

まとめ

カードローンは上手に賢く使えば、どうしてもお金が一時的に必要な場合に強い味方になってくれます。
 
しかしあくまでお金を借りることなので審査が必要です。その審査に通るためには普段からお金に関してはきっちり期日までに遅れずに返済をするなど信用を積んでおく必要があるといえます。
 
このように、普段からお金を賢く管理することで、将来的にも余裕ができるでしょう。
  執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

 

公式サイトで申し込み

アコム

acom

おすすめポイント

最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付
融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで(※) 30日間 最短30分融資
(※)在籍確認が行われる場合がございます。

詳細

公式サイトで申し込み

※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願いいたします。