CLOSE

キーワードで記事を検索

更新日: 2021.10.04 審査

カードローンを審査なしで利用できる?審査が通りやすくなるポイントを解説

執筆者 : 鴨志田 大輔

カードローンを審査なしで利用できる?審査が通りやすくなるポイントを解説
鴨志田 大輔

執筆者:鴨志田 大輔

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している

急な出費が続いたり、余裕のお金が少なくなってきたりした時に役立つカードローン。1枚持っておくと、いざという時にも安心です。最近ではインターネットやスマートフォンなどで手軽に申し込みができる点も魅力といえますです。
 
しかしカードローンの審査については分からないことが多く、不安な点も多いはずです。できれば審査なしでスムーズにカードローンを利用したいと考える人もいるでしょう。カードローンは審査なしでも利用できるのか、審査に通りやすくなるポイントなどもあわせて解説します。審査に関する知識を深めて、カードローンを申し込む時の参考にしてください。
 

審査がないカードローンは存在しない

結論からいうと、審査なしのカードローンは存在しません。カードローンを新しく作りたい人のなかには次のような事情があり、審査を避けたいと考える人もいるでしょう。
 

●過去に金融事故を起こしたことがある
 
●自分の信用情報を見られると困る
 
●多額の借り入れがある

 
しかし残念ながら、どのような事情があっても審査は避けられません。カードローンサービスを提供する会社には「銀行」「消費者金融」「信販会社」などがありますが、どの会社でも審査を実施しています。
 
どの提供会社もビジネスでお金を貸しており、貸したお金が回収できないと会社の利益に関わります。そのために借入金額に見合った返済能力があるかどうかを審査によって判断するのです。
 

「審査なし」は闇金の可能性がある

インターネットやSNSで見かける「審査なしでも即日融資可能」などの広告を出している金融業者は、危険な闇金業者の可能性があります。闇金とは貸金業法で定められている都道府県知事への登録を行わず違法に営業している業者などを指します。
 
闇金は主に審査に不安がある人などをターゲットにしており、甘い言葉で借り入れをさせて利益をあげようとします。審査がないからといって闇金を利用すると法外な金利を請求され、利息の支払いに追われて元金がなかなか返せなくなります。
 
また、少しでも返済が遅れると執拗な取り立てに遭う可能性があるため危険です。電話で返済の要求をしつこく行ったり、自宅や勤務先にまで押しかけてきたりします。借りた本人だけでなく、家族や勤務先にも迷惑をかける結果になってしまうのです。
 
闇金業者のなかには、法律に則って営業しているとうたっている業者があり分かりにくい時があります。借り入れをする前には、日本貸金業協会に登録されているかを確認しましょう。日本貸金業協会の公式ホームページにある「協会員検索」から、事業者名や住所、電話番号などを入力すると確認ができます。
 
参考サイト:貸金業法 第三条
 

カードローンに審査がある理由

カードローンを提供する信販会社や消費者金融は、貸金業法にもとづいて運営をしています。貸金業法では貸し付けを行う前に、利用者の収入や信用、借り入れの状況などの調査をしなければならないと明文化しており、審査が義務付けられています。そのため、審査なしで貸し付けをすると、貸金業法違反になってしまうのです。
 
前述したように、金融業者は審査を実施することで貸付金を確実に回収できるかを判断します。カードローンの多くが無担保である点も大きな要因です。有担保ローンであれば、利用者が返済できなくなった場合、担保によって損失を補填できます。
 
しかし無担保の場合は、金融業者が損失をこうむるリスクが高まります。そのため利用者の返済能力や信用を見極める審査が必要なのです。
 
また、カードローンの審査は利用者側の借りすぎを防ぐ性質も持っています。すでに他社から多額の借入金があったり、収入に見合わない額の借り入れをしたりすると、返済が難しくなります。月々の返済で生活を圧迫してしまうことになりかねません。無理のない返済のためにも審査は必要なのです。

 

カードローン審査に通りやすい人の特徴

カードローンを利用するためには、審査に通ることが不可欠です。カードローンの審査に通るにはどんな条件が必要なのか、審査に通りやすい人の特徴をあげて解説していきます。

 

毎月安定した収入がある

毎月、安定した収入があると審査に有利に働きます。滞りなく毎月の返済ができるとみなされるためです。注意したいのは、継続的な収入があることです。たとえ年収が高くても収入がある期間が一時的であったり不定期だったりする場合、審査に通らない可能性があります。
 
また、月ごとの収入に変動がなく、安定していることが大切です。安定した収入があれば正社員に限らず、派遣社員やアルバイト、パートなどでも申し込みができます。
 
その他、勤続年数の長さも審査に影響します。勤続年数が長いほど有利といえます。いずれの雇用形態でも勤続年数が短い場合は「仕事が長続きしない」とマイナスなイメージを持たれることがあるため注意しましょう。

 

信用情報機関にネガティブな情報が記録されていない

信用情報機関に登録されている信用情報は、審査の重要なポイントです。信用情報機関には、クレジットカードやカードローンの利用状況や返済状況などが記録されています。そのなかで、長期間に及ぶ返済の遅れや自己破産、債務整理などがネガティブな情報に該当します。これらの情報がない人は、審査に通りやすいといえるでしょう。
 
日本には次の3つの信用情報機関があり、相互に情報を共有しています。
 

●(株)シー・アイ・シー(CIC)
 
●全国銀行個人信用情報センター
 
●(株)日本信用情報機構(JICC)

 
金融業者は、それぞれが加盟している信用情報機関に利用者の信用情報を照会して審査の判断材料とするのです。そのため過去に金融事故などの記録がある人は、審査に通らない可能性があります。
 
その他に申込件数にも注意が必要です。一度に複数社のカードローンに申し込みをすると、審査に悪影響を及ぼすことがあります。よほどお金に困っているのでは?とみなされ、返済するのが難しいと判断されるためです。
 
審査に通るかどうか不安だからといって、複数社に申し込みはせず、一社に絞り込んで審査結果を待ちましょう。
 
自分の信用情報に不安がある人は、信用情報機関に情報の開示を請求するのも良いでしょう。開示方法は信用情報機関によって異なりますが、郵送やインターネットなどで受付をしています。

 

他社からの借入件数や借入金額が少ない

他社からの借入金額や借入件数が少ない人は、審査に通りやすい傾向があります。審査では他社のカードローンの利用状況もポイントになるためです。これには次のような目的があります。
 

●利用者がお金を借りすぎて多重債務者になるのを防ぐ
 
●貸付金が回収不能になるのを防ぐ

 
他社からの借入金額が多額であったり、複数社からの借り入れがあったりすると、毎月の返済が大きな負担になります。結果的に返済ができないこともあり得るため、他社の借入状況も重要視されるのです。

 

正確な情報を申告している

カードローンを申し込む時には、住所や勤務先、年収などあらゆる個人情報を申告します。たとえ審査に不利とされる情報であっても正確な情報を申告すると、信用度が増して審査に有利に働く可能性があります。申込時には正確な情報を提供しましょう。

 

要望別!おすすめカードローン3選

カードローンは提供している金融業者によって特徴が異なります。自分の要望に合ったカードローンを選ぶと、より便利に利用ができます。おすすめのカードローンをご紹介していきます。

 

即日融資を希望する人は「アコム」

すぐにお金が必要な人におすすめのアコム。申し込みから審査、契約、借り入れまでが最短60分とスピーディーに進みます。さらに即日融資も可能です。
 
インターネットや電話での申し込みは24時間365日受付をしており、最短30分でメールにて審査結果が届きます。ただし夜間に申し込むと審査の回答が翌日になる場合があるため、注意が必要です。
 
審査通過後はインターネット上で契約の手続きを完了させれば、振り込みによる融資が利用できます。振り込みを希望する金融機関によっては、融資までに時間がかかる場合があります。時間に余裕をもって申し込みをするようにしましょう。
 
借入可能額は1万円~800万円、実質年率は3.0%~18.0%です。

 

アコム

acom

おすすめポイント

最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付
融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで(※) 30日間 最短即日融資
(※)在籍確認が行われる場合がございます。

 

無利息期間を利用したい人は「アイフル」

お得な最大30日間利息0円サービスを提供しているアイフル。初めてアイフルを利用する人を対象に、契約日の翌日から30日間は金利が無料になるサービスです。
 
次のお給料日までの間に、生活費が足りなくなったり、大きな出費があって手持ちのお金では足りなくなったりした時に便利です。いったん、カードローンでお金を借りてまかない、契約日の翌日から30日以内に返済すれば、文字通り無利息で完済できます。
 
30日をすぎてから返済したとしても、最初の30日間の利息はかからないため、支払う利息を節約できるのです。
 
借入可能額は1万円~800万円、実質年率は3.0%~18.0%です。

 
参考記事:アイフル キャッシングローン(特徴、金利、審査、限度額など)
出典:キャッシングのアイフル
 
 

公式サイトで申し込み

アイフル

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 1秒診断(※)
WEB完結 無利息期間 融資スピード
※融資まで 30日間 最短25分

※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
※診断結果は、入力いただいた情報に基づく簡易なものとなります。
 実際の審査では、当社規定によりご希望にそえない場合もあります。

 

電話連絡なしを希望する人は「SMBCモビット」

自宅や勤務先への電話連絡なしを希望する人にはSMBCモビットがおすすめです。パソコンやスマートフォンから申し込みをするWEB完結を選択すれば、電話連絡や郵送物がないため、家族や勤務先に知られずにカードローンを利用できます。WEB完結が可能な条件は次の通りです。
 

●三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかに口座を保有しており、その口座を振込貸付や返済のための口座振替に利用する
 
●運転免許証やパスポートなどの本人確認書類を提出する
 
●源泉徴収票や納税証明書などの所得を証明できる書類を提出する
 
●勤務先を証明する書類として健康保険証と直近1ヶ月分の給与明細書の写しを提出する

 
これらの条件を満たせば、申し込みから融資まですべてWEBで完結します。ただし返済日に口座振替ができなかった場合には、SMBCモビットから電話連絡があるため、注意しましょう。

 
参考記事:SMBCモビット カードローン(特徴、金利、審査、限度額など)
出典:カードローン、キャッシング、ローンはSMBCグループのSMBCモビット
 

公式サイトで申し込み

SMBCモビット

おすすめポイント


「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 10秒簡易審査
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 即日融資

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

カードローン審査に通るポイント

カードローンを利用するためには、まずは審査に通らなくてはなりません。各金融業者は審査基準を明確にしていませんが、審査に通りやすくなるポイントがあります。お金が必要で確実に審査に通りたい人は、ポイントをきちんと理解しておきましょう。それぞれのポイントについて、詳しく解説していきます。

 

クレジットカードの支払いや携帯電話利用料金の支払い遅れに注意

カードローンの審査時には、利用者の信用情報が重要視されます。信用情報に傷がつかないよう、クレジットカードや携帯電話料金の支払いは遅れないように注意しましょう。
 
スマートフォンの機種代金を分割で毎月支払っている人は、クレジット契約を結んでいます。クレジットカードの支払いと同様に延滞があると信用情報に記録されるため、支払日に遅れないようにしましょう。

 

借入希望金額を少なめにする

カードローンを申し込む時には、必ず借入希望額を申請します。最初は少なめに申請する方が審査に通りやすくなります。いきなり100万円単位で申し込んでも、返済能力を不安視されるだけです。本当に必要な金額だけを希望するようにしましょう。
 
取引状況が良好であれば、後から利用限度額の増額もできる場合があります。

 

他社に借り入れがあれば完済させておく

他社のカードローンで借り入れがある場合は、できるだけ完済しておきましょう。完済した記録は信用情報に良い履歴として残ります。借りたお金をきちんと返せる能力があるとみなされ、審査に通る可能性が確実に高まります。

 

申し込み内容に間違いがないようにする

カードローンに申し込む時は、内容に間違いがないようにしましょう。正確な情報を申告していれば、信用度が増して審査もスムーズに進みます。審査に通りたいばかりに年収や勤続年数を多めにしたり、無職なのに勤務先を申告したりしても後々ばれてしまい、申し込み自体ができなくなる可能性があります。
 
その他、虚偽の申告をするつもりはなくても、入力や記入間違いにも注意したいものです。他社からの借入金額など、申し込み前にきちんと把握しておきましょう。

 

カードローン審査が通らない?こんな時は申し込みを控えるべき

カードローンの審査では、利用者の情報をあらゆる観点からみて判断していきます。次のような状態にある場合、審査に通らない可能性が非常に高くなります。
 

●他社の審査に落ちたばかり
●転職したばかり
●ブラックリストに掲載されている
●他でお金を借りている
●総量規制に引っかかっている

 
いずれかに該当する時は、カードローンの申し込みを控えておいた方が良いでしょう。

 

他社の審査に落ちたばかり

他社のカードローンの審査に落ちたばかりの時は、別の金融業者で申し込みをしても審査に通らない可能性が高くなります。カードローンの審査を受けた記録が信用情報として残り、返済能力を不安視されるためです。
 
別の金融業者に申し込むなら、少なくとも半年程度の期間をあけましょう。

 

転職したばかり

転職したばかりの人は収入の安定性に欠けることから、審査に通りにくい傾向があります。たとえ転職したことで年収がアップする場合でも同様です。まだ収入が安定していないとみなされるのです。
 
転職後にある程度の勤続期間を経て実績を積んでから、あらためて申し込みをしましょう。

 

ブラックリストに掲載されている

過去に長期の延滞や自己破産、債務整理などをしている人は、信用情報機関に事故情報が記録されています。俗にいうブラックリストに掲載されている状態となり、審査に通ることはありません。いくら年収が高い人でも、ブラックリストに載っている=貸付金を返済してもらえない相手と判断されるためです。
 
事故情報の記録は、5年~10年残るといわれています。過去にクレジットカードや携帯電話料金の延滞などがあり信用情報が不安な場合は、信用情報機関で情報開示をしてみましょう。ブラック扱いになっている場合は、カードローンの申し込みは控えましょう。

 

他でお金を借りている

他の金融業者でお金を借りている場合も審査に通りにくい傾向にあります。他社でお金を借りていると当然月々の返済が発生します。つまりお給料のうち自由に使える可処分所得が減るのです。
 
金融業者側からみれば、可処分所得が少ないほど返済不能になるリスクが高くなります。当然、審査にマイナスになるのです。審査に通るためには、他社からの借り入れを少しでも減らして可処分所得を増やしておきましょう。

 

総量規制に引っかかっている

貸金業法では総量規制というルールがあります。総量規制とは、借入金額が年収の3分の1を超える場合、新規の借り入れはできないという規制で、利用者の借りすぎを防ぐ目的で設けられています。
 
例えば、年収300万円の場合、3分の1にあたる100万円以上の借り入れはできません。すでに他社からの借入総額が100万円に達している人は、新たに借り入れができないのです。総量規制に引っかかっているにもかかわらず貸し付けを行った場合、金融業者側が罰せられるため、審査に通ることはありません。
 
カードローンに申し込む時は他社の借入金額を考慮するようにしましょう。まずは他社の借入金額を減らすことが大切です。

 

カードローンには必ず審査がある!しっかり審査に備えよう

誰でも気軽に申し込みができるイメージのあるカードローンですが、審査は必ずあります。「審査が甘い」「審査がゆるい」とうたっている金融業者は、危険な闇金業者の可能性があるため注意が必要です。審査に不安があるからといってだまされないよう気をつけましょう。
 
お金を借りるのですから、厳格な審査があるのは当然のことなのです。しかし審査に通りやすくなるポイントをおさえておけば、しっかりと事前準備ができます。信用情報に不安がある人も良い実績を積み重ねていけば、審査に通る可能性は高くなります。カードローンの審査のための準備を進めていきましょう。
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー


 

【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット
【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット