CLOSE

キーワードで記事を検索

更新日: 2021.08.18 即日融資

【即日融資可能】おすすめカードローン比較!最短で審査通過するためにできること

執筆者 : 鴨志田 大輔

【即日融資可能】おすすめカードローン比較!最短で審査通過するためにできること
鴨志田 大輔

執筆者:鴨志田 大輔

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している

「すぐにお金が借りられたらいいのに」と思った経験はないでしょうか。
 
突然家電が壊れてしまい、新しいものに買い替えなければならないとき。急な誘いが集中し、交際費が膨大な金額となってしまったとき。冠婚葬祭で急に大きなお金が必要になったときなど…。思い当たる節があるかと思います。
 
これらは事前に予測を立てることが難しく、かつ全ての人に起こり得ることです。私たちは急にお金が必要になったときのために、対処法を考えておく必要があります。
 
有効な対処法のひとつに「即日で利用できるカードローン」を利用する、という手があります。
 
カードローンの即日融資とは何か、即日融資カードローンの提供会社、利用する際の注意点などについて見ていきましょう。
 

面倒な審査なし!即日で借りられるカードローン比較

カードローンには多くの提供会社がありますが、主に「消費者金融」と「銀行」の二つに分けることができます。
 
2018年から、銀行でのカードローン審査が厳格化されました。反社会的勢力との取引を断つため、審査の過程に警察庁データベースへの照会が加えられるようになったのです。
 
利用者に問題がないかを、警察庁と各行が調査します。遅くとも数日で審査は完了するようですが、これにより銀行カードローンの即日融資は見込めなくなりました。即日で融資を受けたい場合は、消費者金融のカードローンを利用することになります。
 
消費者金融カードローンはこれまで通り、カードローン会社で審査が行われます。WEB完結のものや、自動契約機を利用できるものであれば、審査はスピーディーです。
 
ただし、全ての消費者金融カードローンが即日融資に対応しているわけではありません。即日融資に対応している消費者金融カードローンを、詳しく紹介していきます。それぞれのカードローンを確認してみてください。
 

アイフル

アイフルは1967年に創業した、消費者金融の老舗です。即日審査、即日融資をホームページでも謳っており、特に融資までは最短25分というスピーディーさが特徴です。WEBからの申し込みは24時間365日受け付けているので、急にお金が必要になったときにも対応してもらうことも可能です。
 
契約にあたってアイフルカードというカードを発行・郵送してもらいますが、こちらはカードレスでも契約を結ぶことができます。カードレスであれば郵送物が一切ないので、家族や周囲の人に知られずに融資をしてもらうことが可能です。
 
参考記事:アイフル キャッシングローン(特徴、金利、審査、限度額など)
 

アコム

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融で、業界で初めて無人自動契約機を設置した消費者金融でもあります。こちらも最短30分で審査の回答が出て、即日融資も可能です。電話・WEBでの申し込みは24時間365日受け付けています。
 
初めて利用する方であれば、30日間は金利が0円というのもうれしいサービスです。利息は30日間を過ぎてからの日数分だけ発生するので、早く返済すれば返済金額も低く抑えることができます。
 
事前申し込みで契約までが早くなる、というのも大きな特徴です。店舗や無人自動契約機に行く前にインターネットで申し込みをしておくと審査から契約までの工程を短くでき、その分スピーディーに借り入れをすることができます。
 
出典:キャッシングのアコム|カードローン、キャッシングならアコム
参考記事:アコム カードローン(特徴、金利、審査、限度額など)
 

プロミス

プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスが運営する消費者金融で、SMBCグループ、つまり三井住友ファイナンスの一員です。こちらも即日審査、即日融資が可能で、アコムと同様に最初の30日間は金利が一切かかりません。
 
プロミスには、主婦や学生でも借り入れ可能な「レディースキャッシング」という商品があります。こちらは専用ダイヤルを設けてある上にオペレーターも全て女性で、女性が利用しやすいようにと考えられたカードローンになっています。WEBで申し込みから契約まで完結でき、カードレスでの契約も可能です。
 
出典:プロミス公式サイト│キャッシング新規お申込み
参考:プロミス カードローン フリーキャッシング(特徴、金利、審査、限度額など)
 

SMBCモビット

SMBCモビットはプロミスと同様にSMBCグループの一員で、消費者金融です。こちらも即日審査、即日融資(※)が可能で、申し込みにはWEB完結型とカード申し込み型があります。どちらもインターネット上から申し込みをしたあとでコールセンターへ連絡することで、最速で審査をしてもらうことができます。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
 
SMBCモビットのWEB完結型申し込みは、次のような条件があります。
 
・三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行いずれかに自分名義の口座があること
・社会保険証、または組合保険証を持っていること

 
この2つを満たしていれば、電話・郵送物なしで契約から融資まで進むことができます。条件を満たしているなら、WEB完結型申し込みを利用すると便利ですね。
 
出典:カード申込:カードローン、キャッシング、ローンはSMBCグループのSMBCモビット
参考記事:SMBCモビット カードローン(特徴、金利、審査、限度額など)
 

j.Score(ジェイスコア)

j.Scoreは、みずほ銀行とソフトバンクが共同出資で設立した無店舗型の消費者金融です。j.Scoreは、借りたい人の「AIスコア」を算出し、そのスコアが高ければ高いほど低金利で、高い金額を融資するという特徴的な審査をしています。
 
AIスコアはチャット形式で質問に答えていき、その内容によってスコアが表示されます。
 
最初に表示されたスコアが低くても、追加でライフスタイルなどの情報を提供したり、Yahoo!JAPANやソフトバンク、ワイモバイル、みずほ銀行の情報と連携させたりするとスコアが上がります。また、運動や学習、睡眠などの記録を提供し、良い行動を取っているとスコアが上がることもあるのです。
 
これらで算出されたAIスコアを元に審査が行われ、融資可能かどうか決まります。AIスコアの算出自体は非常に早く、申し込みもWEBのみなので必要書類さえあれば即日融資を受けられます。
 

カードローンで即日融資を受けるポイント

カードローンで即日融資を受けたい場合には、いくつかポイントがあります。まずは、即日融資を受ける流れを押さえておきましょう。カードローンで即日融資を受けるための流れは、大きく3つにわかれます。
 
1.無人契約機で申込から契約まで行い、カード発行後利用
2.インターネットから申込を行い、審査後契約手続きを無人契約機で行い、カード発行後利用
3.インターネットや電話から申込を行い、必要書類を撮影したデータを申し込んだ会社のホームページやアプリ上でアップロードを行い、振り込み融資を依頼

 
無人契約機の申込については、無人契約機来店後に契約機のナビゲーションに従い、申し込みの手続きを進めていきます。無人契約機であっても契約必要書類が省略されることはありませんので、きちんと持参しましょう。
 
インターネットでの申し込み及び契約の流れは、以下のとおりです。
 

  • 1.該当金融機関のホームページより、申込フォームへ入力。
  • 2.本人確認書類、収入証明書などの必要書類の撮影データを、ホームページやアプリ上でアップロード
  • 3.電話かメールで審査結果の連絡
  • 4.契約内容を確認と同意
  • 5.電話かホームページから振込融資の依頼
  • 6.指定の口座に振込

 
この流れを押さえた上で、注意点を説明していきます。
 

即日融資と即日審査の違いを理解しよう

融資を受ける会社を探すときに気をつけなければいけないのが、即日融資と即日審査は違う、ということです。消費者金融で融資を受ける場合、前述したように「申し込み→審査→契約→融資」という順番で進みます。
 
即日融資と宣伝しているカードローンであれば、審査に通りさえすれば即日融資を受けられる可能性が高いです。しかし、即日審査とだけ宣伝しているところでは即日融資を受けられるかどうかわかりません。あくまで審査が即日終わる、ということだけしか宣伝していないからです。
 
審査が即日で終わっても、営業時間が終わってしまえば契約も結べませんし、融資を受けることができません。急ぎの場合には即日審査だけでなく、即日融資と明記してあるところを選ぶようにしてください。

 

できるだけ早い時間帯に申し込む

即日融資を受けたいときは、できるだけ早い時間帯に申し込むことが必要です。審査が終わっても契約がありますし、融資をどのように受けるかというのも考慮に入れる必要があるからです。
 
融資を受けるときは、急ぎの場合だと自分の持つ銀行口座に振り込んでもらうことが多いのではないでしょうか。15時30分までに振り込み作業を行わないと、当日着金できない銀行もあります。そのため、できる限り早い時間帯に申し込まなければいけません。
 
また無人自動契約機で融資を受ける場合も、無人自動契約機の営業時間を考慮に入れる必要があります。21時までで終わってしまう無人自動契約機だと、20時半に申し込みをしても契約まで間に合わない可能性が高いです。
 
このように、即日融資を受けるにはできる限り早い時間帯に申し込む必要があります。申し込みは余裕を持って行うようにしてください。

 

申込をウェブで完結する

申し込みをWEBで完結させるというのも、即日融資を受けるための重要なポイントです。店舗や無人自動契約機までの移動時間を省略でき、必要書類の提出もスマホだけでできることが多いからです。
 
多くの消費者金融で、アプリやホームページを使ったWEB完結の申し込みを採用しています。カードレスで契約をすれば郵送物も一切ないので、オンラインで契約までできたらすぐに融資を受けられます。
 
ただしこの場合も、カードレスで契約するとカードがないので振り込みで融資を受けることになります。銀行の振り込み可能時間によっては即日融資を受けられなくなるので、できる限り早く申し込みましょう。

 

電話に応対できるように準備しておく

電話に応対できるようにしておくのも、重要なポイントです。消費者金融によっては、WEB完結の申し込みであっても電話でのやりとりが必要な場合があります。電話がかかってきたときに気づかなかったり折り返しが遅れたりすると、消費者金融が必要な事項を確認できずに融資が遅れる可能性があります。
 
営業時間ギリギリだったり、銀行の振り込み可能時間ギリギリだったりすると即日融資を受けられなくなるかもしれません。申し込みをしてからしばらくは、電話がかかってくる可能性を考えて予定をあけておくようにしましょう。

 
参考:【FPが解説】カードローンで即日融資を受けるためのポイント
 

収入証明書不要!最短でカードローンを利用する方法

カードローンで融資を受けるには、当然ながら審査があります。特に希望融資額が高くなると、金額によっては必要書類として収入証明書が必要です。収入証明書が必要な条件で融資を申し込んでしまうと、書類を取りに行く時間が余分にかかってしまうことになります。最短でカードローンを利用するために、収入証明書が不要な方法で借り入れすると良いでしょう。
 
収入証明書が不要な借り入れ条件を、詳しく解説していきます。

 

借入額を50万円以下にする

まず1つ目の条件は、申込先からの借入額を50万円以下にすることです。多くの消費者金融では、50万円を超える借入額の場合に収入証明書の提出を要求されます。50万円以下であれば収入証明書は不要ですので、借入額は50万円以下にしておきましょう。
 
どうしても50万円以上の融資が必要という場合、収入証明書のいずれかを用意する必要があります。給与明細や源泉徴収票以外のものは役所に取りに行かなければいけないので、事前に用意しておくと準備がスムーズです。普段から給与明細や源泉徴収票は、家に置いておくようにすると良いでしょう。

 

他社を含めた借入額を100万円以下にする

2つ目の条件は、他社を含めた借入額を100万円以下にすることです。例えば他社の借入額が60万円だった場合は、今回申し込む借入額を40万円以内にします。他社を含めた借入額が100万円を超えた場合も、収入証明書の提出が必要なる消費者金融が多くあります。
 
気をつけなければいけないのは「申込先からの借入額を50万円以下にすること」と「他社を含めた借入額を100万円以下にすること」の2つの条件は、同時に満たす必要があるということです。
 
申込先からの借入希望額は60万円だけど、他社の借り入れが1円もないから収入証明書は不要、ということにはなりません。どちらか1つでも条件を超えてしまったら収入証明書は必要となるので、注意しましょう。
 
参考:今すぐお金を借りる方法について解説
 

即日融資に必要な書類一覧

説明してきたとおり、カードローンの利用は「申し込み→審査→契約→借り入れ」という流れで進みます。この流れの中でも特に申し込みから審査までをスムーズに進ませることが、即日融資を受けるときには重要になってきます。
 
そこで覚えておきたいのが、必要書類です。これをすぐに用意できるかどうかで、申し込みから審査までの流れがスムーズに行くかどうかが決まります。そのため、どんな必要書類があるのかをしっかり確認しておく必要があるのです。
 
ここでは、即日融資を受けるために覚えておきたい必要書類一覧を解説します。
 

身分証明書

まずどんな場合でも絶対に必要なのが、本人確認書類です。以下のリストをご覧ください。
 

【A群】

運転免許証
運転経歴証明書
パスポート(所持人記入欄の記載があるもの)
住民基本台帳カード
個人番号カード(表のみ)
在留カード
特別永住者証明書
各種保険証
国民年金手帳
母子健康手帳
住民票
戸籍謄本
住民票記載事項証明書

 

【B群】

公共料金領収書(電気・ガス・水道・NHK・固定電話)
国税・地方税の領収書または納税証明書

 
A群に記載されているのが本人確認書類、B群に記載されているのが補助書類です。
 
アイフルを例にとって説明します。アイフルの場合、顔写真付きの本人確認書類があり、記載住所が現住所の場合はその本人確認書類だけで問題ありません。本人確認書類が旧住所の場合は、A群またはB群から現住所の記載のあるものが補助書類として1つ必要です。
 
所持人記入欄のないパスポートも住所の記載がないので、A群またはB群から現住所の記載のあるものが必要です。顔写真付き本人確認書類がない場合は、A群の書類2枚か、A群から1枚とB群から1枚が必要で、いずれかに現住所の記載がなければいけません。
 
アコムの場合はスマホアプリから申し込みの場合に限り「免許証・保険証・パスポート(所持人記入欄の記載があるもの)・個人番号カード(表のみ)」のどれか1枚で良く、スマホアプリ以外での申し込みの場合はB群の補助書類が追加で1枚必要です。
 
このように消費者金融によって微妙に必要書類が変わってきます。基本的には現住所記載の免許証があれば問題はありませんが、アコムのように申し込み方法によって必要書類が増える場合もあります。事前にどんな必要書類があるのか、しっかり確認しておきましょう。
 

収入証明書(50万円を超える借り入れの場合のみ)

前述したように、申込先からの借入限度額が50万円を超えるか、または他社と合わせて100万円を超える場合には収入証明書が必要となります。収入証明書として認められるものは、一般的には次のとおりです。
 

収入証明書
  • 給与明細
  • 納税証明書
  • 源泉徴収票
  • 課税証明書(収入証明書、あるいは所得証明書)
  • 確定申告書
  • 支払調書

 
特に給与明細は1ヶ月分だけでは不可とされることもあり、2ヶ月分や3ヶ月分必要となる場合があります。上記にあげた書類は自宅に保管されていたり、自分で役所に取りに行かなければならなかったりと常に持ち歩いているものではありません。
 
できる限り、収入証明書が必要ない条件で借り入れをするようにしましょう。どうしても必要となってしまう場合は、役所に取りに行く時間も考慮に入れて早めに申し込みをするようにしてください。

 

即日で審査を通すなら低額の借入額がポイント

即日審査、即日融資を受けたい場合について説明をしてきました。即日で審査を通したい場合のポイントは「借入額を低くし、収入証明書を不要にする」です。本人確認書類はどんな場合でも絶対に必要なので、しかたない部分があります。しかし収入証明書は、融資の金額によっては不要にできます。
 
将来のことを考えてちょっと高めの借り入れにしようと考えると、書類が余分に必要になってしまい取りに行く時間もかかります。できる限り低額で、必要なだけの借入額にするようにしてみてください。
 
参考: 暮らしとお金を考える
 
※2021/1/28 内容を一部修正させていただきました。
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー


 

【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット
【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット