CLOSE

キーワードで記事を検索

更新日: 2021.08.18 即日融資

即日融資で無審査のカードローンってある? 最短即日融資のカードローンを紹介

執筆者 : 鴨志田 大輔

即日融資で無審査のカードローンってある? 最短即日融資のカードローンを紹介
鴨志田 大輔

執筆者:鴨志田 大輔

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している

急な出費でお金を借りたいとき、無審査で即日融資のカードローンがあればいいのにと思いますよね。しかし、基本的に無審査のカードローンはありません。それを知らずに無審査で借りられるところからお金を借りてしまうと、闇金に関わってしまう恐れがあります。
 
審査はあっても即日融資が可能なカードローンはあるので、安全なところからお金を借りましょう。
 
今回は、無審査のカードローンがない理由や審査が通りやすい会社、闇金を利用するリスクについて解説します。
 

即日融資は受けられても無審査のカードローンはない

 
即日融資のカードローンはありますが、無審査で借りられるカードローンはありません。無審査をうたっているところは闇金の可能性があるため、手を出さないのが無難です。
 
一方で、審査はあっても審査基準が甘い傾向にあるカードローンもあります。審査通過できるか不安な方は通過しやすいカードローンを申し込むと良いでしょう。
 

無審査の融資がないのはなぜか

 
無審査のカードローンがない理由は、貸し倒れのリスクを避けるためです。カードローンを取り扱っている銀行や消費者金融は、万一カードローン利用者が返済できなくなると、お金を回収できずに損をしてしまいます。そこで、カードローンの申し込みがあったときは、必ず審査をして返済能力を確かめているのです。
 
審査なしで即日融資をしている会社は、闇金の可能性があります。高金利でお金を貸して利益をむさぼり取ろうとしているため、甘い言葉で顧客を募っているのです。
 
即日融資を希望していても甘い言葉に惑わされず、融資を申し込む先を慎重に決めましょう。
     

審査に通りやすいのは中小消費者金融

 
無審査ではありませんが、比較的審査が甘いのが中小消費者金融です。審査の融通が利きやすいので、大手消費者金融より審査に通りやすい傾向にあります。即日融資を希望していて時間の猶予があまりない場合、中小消費者金融に絞って申し込みをすると良いでしょう。
 
ただし、ATMでの借り入れや返済に対応していない中小消費者金融もあります。店舗での手続きが必須の場合、時間帯によっては翌営業日まで待つことになるかもしれません。
 
大手消費者金融に比べてサービスが劣るケースは他にもあるので、中小消費者金融に申し込む際は、具体的なサービス内容を確認するのがおすすめです。
 

即日融資可能なカードローン

 
急ぎでお金を借りたいときは、即日融資できるカードローンを検討しましょう。おすすめのカードローンは以下の4社です。
 

●アイフル
●アコム
●プロミス
●SMBCモビット

 
どのような特徴があるのかご紹介します。
 

アイフル

 
融資まで最短25分というスピーディーな融資ができるアイフル。初めて利用する方は最大30日間無利息です。WEBから審査申し込みができるので、来店せずにお金が借りられます。最高限度額は800万円、金利は3.0%~18.0%です。
 
急いで融資を受けたいときは、WEB申し込み後、フリーダイヤルに電話すると優先的に審査してくれます。
 
参考記事:アイフルで即日融資を受けるための注意点とポイントを解説
出典:キャッシングのアイフル
 

公式サイトで申し込み

アイフル

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 1秒診断(※)
WEB完結 無利息期間 融資スピード
※融資まで 30日間 最短25分

※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
※診断結果は、入力いただいた情報に基づく簡易なものとなります。
 実際の審査では、当社規定によりご希望にそえない場合もあります。

 

アコム

 
審査時間は最短30分。公式サイトでは融資可能かが分かる3秒診断をしています。初めての方は最大30日間無利息で借りられ、金利は3.0%~18.0%、最高限度額は800万円です。即日振込が可能で、急ぎの方はフリーダイヤルにかけるとすぐに対応してくれます。
 
自動契約機(むじんくん)は9:00~21:00まで申し込みでき、その場でカード発行可能です(※)。
※年中無休(年末年始は除く)
 
参考記事:アコムで即日融資を受けるために知っておきたいタイムリミット
出典:キャッシングのアコム
 

公式サイトで申し込み

アコム

image

おすすめポイント


最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の ≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで(※) 30日間 最短即日融資

※在籍確認が行われる場合がございます。

 

プロミス

 
WEBから24時間いつでも申し込みでき、仮審査回答は最短15秒、最短30分で融資を受けられます。Web-IDとパスワードで振り込み依頼ができ、カードレスなので郵送物から家族にバレる恐れがありません。初めての方は30日間無利息で、金利は4.5%~17.8%、最高限度額は500万円です。
 
参考記事:プロミスは即日融資可能?即日融資を受けるためのポイント解説
出典:プロミス
 

公式サイトで申し込み

プロミス

image

おすすめポイント


WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額 金利 審査時間
最大500万円 4.5%~17.8% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 即日融資

 

SMBCモビット

 
公式サイトから10秒で簡易審査結果を表示。申し込みから借り入れまでWEBで手続きが完結し、24時間いつでも申し込みや借り入れ、返済ができます。振込融資は最短3分。申し込み手続き完了後、スマホやパソコンから銀行口座へ振り込み依頼が可能です。金利は3.0%~18.0%、最高限度額は800万円です。
 
参考記事:SMBCモビットは即日融資可能?即日融資を受ける為のポイント解説
出典:SMBCモビット
 

公式サイトで申し込み

SMBCモビット

おすすめポイント


「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 10秒簡易審査
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 即日融資

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

消費者金融で即日融資を受ける方法

 
消費者金融で即日融資を受けるには、コツがあります。申込期限までに手続きをすることと必要書類を用意しておくことです。消費者金融では夜遅い時間にWEB申し込みをしたり、店舗の営業時間終了直前に来店したりすると翌日融資になってしまうことがあります。
 
また、審査に必要な書類の提出が遅れると、即日融資は厳しいです。具体的に気を付けたいポイントをご紹介します。
 

14時までに審査の申し込みを済ませる

 
消費者金融によって異なりますが、即日融資を受けるための期限は決まっていることが多いです。申込期限を14時までとしている消費者金融が複数あるため、できるだけ14時までに申し込みましょう。
 
特に来店必須の消費者金融の場合、営業時間終了直前だと即日融資を受けるのは難しいかもしれません。具体的な申込期限を消費者金融ごとに確認しておくと安心です。
 
来店する場合は店舗までのアクセスも事前に確認しておきましょう。店舗が見つけにくい場所にある場合、即日融資の申込期限に間に合わなくなるケースもあります。
 
なお、最近はWEBで申し込みが完結できる消費者金融も増えてきました。WEB申し込み可能な消費者金融なら近くに店舗がなくてもすぐに手続きができます。
 

必要書類を事前にそろえておく

 
申し込みや審査をよりスムーズに進めるために必要書類を事前にそろえておくと良いでしょう。一般的に必要となる書類は、本人確認書類や収入証明書などです。消費者金融によっては収入証明書の提出不要で借りられるケースもあります。
 
SMBCモビットは以下の条件に該当する場合のみ、収入証明書が必要です。
 

●希望の借入額が50万円を超える
●他社借り入れとの合計額が100万円を超える

※SMBCモビットは収入証明を提出していただく場合があります。
 
収入証明書をすぐに用意できない場合は、少額の借り入れを検討すると良いでしょう。
 
アコム、アイフル、プロミスは上記の条件の他に、前回の収入証明書類提出から3年以上たった場合にも提出を求めています。
 
必要書類に関しては、消費者金融の公式サイトで詳しく指定されているため、事前に確認してください。
 
また、審査の際の在籍確認がうまくいかないと、即日融資を受けられないことがあります。自分が対応できないケースも考えて、在籍確認を問題なく済ませられるように同僚や担当部署に伝えておくのもおすすめです。
 
その他、即日融資を受けるためのポイントは以下の記事で解説しています。あわせて参考にしてください。
 
参考記事:カードローンの即日融資は可能?即日融資を受けられるところ&受けられるコツを紹介!
 

即日融資&無審査でも闇金融は避けるべき理由

 
どうしてもお金に困っているときは「1回くらい闇金を利用しても問題ないのでは…?」と思うかもしれません。特に審査通過するか不安な方は、無審査と言われると魅力的に感じてしまいます。
 
しかし、たった1回でも闇金に手を出してしまうと、後々トラブルに発展することがあります。闇金だけは絶対に利用しないようにしましょう。
 

闇金との関係が断てなくなる

 
いくらお金に困っていて無審査で即日融資を受けられる場合でも、闇金に手を出してはいけません。貸金業者として正式に登録をしていなかったり、違法な金利を請求したりするリスクがあるのが闇金です。
 
闇金を利用するデメリットのひとつが、闇金との関係を断てなくなることです。融資を受けたのが少額だとしても、完済できないように業者が画策することがあります。
 
お金は用意できているのに完済できないと、利息が発生し続けます。他の業者と結託して融資を受けた人を借金まみれにすることがある点も大きなリスクです。
 

取り立てに悩まされる

 
無審査で即日融資を受けられたとしても、闇金を利用すると取り立てに悩まされる恐れがあります。借りたお金を返済できないと分かると、取り立ての電話をしつこくかけてくるでしょう。家を訪問して、お金を返さないとどうなるか脅迫することもあります。
 
取り立てても返済が確認できない場合、融資を受けた方の家族や勤務先に連絡がいくこともあり、注意が必要です。担当者が勤務先を訪問した結果、上司や同僚に迷惑がおよび、仕事にも支障が出るかもしれません。
 

闇金を見分ける具体的な方法

 
お金を借りようとしている先が、闇金かどうか分からないときもありますよね。そんなとき、どのように確認すれば良いのでしょうか。着目したい点は、業者が法律を守っているかどうかと、日本貸金業協会に登録されているかです。
 
闇金は法律を守らず違法な貸し付けをしていることがあります。また、法律を守っているように見えても実は闇金というケースがあるので、日本貸金業協会への登録を調べると安心です。
 
ここでは、確認方法を具体的にご紹介します。
 

法律を守っているかを確認

 
即日融資を申し込む予定の金融会社が闇金かどうかを確認するために、まずは法律を守って事業を行っているかを確認しましょう。
 
例えば、融資額が法律の定める範囲内かどうかは重要なポイントです。貸金業法が定める融資額は、年収の3分の1までと決められています。複数の金融会社から融資を受けている場合、トータルで年収の3分の1までしか借りられません。
 
ただし、銀行や信用金庫などの金融機関は貸金業者ではないため年収の3分の1を超える借り入れが可能です。銀行や信用金庫などの金融機関ではないのに、年収の3分の1を超える借り入れができる貸金業者は注意してください。
 
また、融資を受ける際の金利にも着目しましょう。貸金業法が定める上限金利の範囲は年15%~20%です。融資を受ける額によって、上限金利は以下のように変わります。
 

●元本の金額が10万円未満:年20%
●元本の金額が10万円以上100万円未満:年18%
●元本の金額が100万円以上:年15%

 
上限を超える金利で貸し付けを行った場合、貸金業者は行政処分の対象になります。
 
しかし、闇金は法律を無視して上限金利を超える額での貸し付けを行っており、10日で4割「トヨン」や10日で5割「トゴ」も珍しくありません。年利に置き換えると10日で4割は年1,460%、10日で5割は年1,825%という高金利です。1日1割(年3,650%)で融資をしている闇金もあるので注意してください。
 

日本貸金業協会に登録されているかを確認

 
なかには法律にのっとったサービス内容をうたっている闇金もあり、問題ないように見えることもあります。その場合は、日本貸金業協会に登録されているかを確認しましょう。
 
日本貸金業協会では、公式サイトから協会に登録している貸金業者を検索できます。都道府県から検索する他、業者名や住所、電話番号などの条件を入力して検索することも可能です。
 
業者名や住所は一致しても、電話番号が一致しない場合は要注意です。闇金が正規の業者の情報を一部利用して事業を行っているケースがあります。
 
日本貸金業協会は一般の方向けに貸金業相談窓口を設けているため、電話やFAX、郵送、などで相談も可能です。
 
即日融資を受けたい場合でも、落ち着いて闇金かどうかを確認しましょう。
 

無職ならその他の融資を検討

 
カードローンが利用できるのは、安定した収入がある方です。無職の場合、銀行や消費者金融からは返済能力がないと判断され、審査に通らない可能性が高いです。パートやアルバイトなど、収入がある方は審査通過する可能性があるため、仕事を始めてから申し込むか、他の融資を検討しましょう。
 
新型コロナウイルス感染症の影響で、失業した方や仕事が減った方で生活に困窮している場合は、総合支援資金という制度を活用できます。生活の立て直しまでの期間として、3ヶ月間の生活費の融資が可能です。
 
2人以上世帯なら月20万円以内、単身世帯なら月15万円以内を上限として借りられます。無利子で保証人は不要です。お住まいの市区町村の社会福祉協議会で申請手続きができます。自営業者やフリーランス、個人事業主も利用可能です。
 
また、給与明細などの確認書類を用意する必要はなく、「収入の減少状況に関する申立書」に記載することで新型コロナウイルス感染症の影響を受けたことと収入減を証明できます。
 
生命保険に加入している方は、契約者貸付制度の利用も可能です。契約者貸付制度とは、生命保険の解約返戻金のうち、一定金額内で貸し付けを受けることができる制度を言います。保険の種類によっては利用できない場合もありますが、保険契約を確認し、貸し付けを希望する方は保険会社に問い合わせてみましょう。
 
貸し付けを受けている間も保険の保障は継続され、配当金を受ける権利もあります。
 
貸し付けには利息が付き、金利は保険会社や契約時期によって異なります。一般的に2~8%ほどで、カードローンより低金利です。返済は毎月決まった日ではなく、返せるタイミングで返済できます。
 
ただし、利息は毎年元金に含まれるため、返せないまま時間が経過すると元利金が増えてしまいます。あくまでお金を借りているわけなので、早めに返すよう心がけましょう。借入残高が解約返戻金を超えると、生命保険会社から通知が届き、期日までに所定の金額を返済できないと保険契約が失効します。
 
借りたお金を返せないまま満期を迎えたり、被保険者が死亡したりした場合には、生命保険の満期保険金や死亡保険金から元金と利息が差し引かれる仕組みです。
 

即日融資に関するQ&A

 
即日融資を受けたいと思っても、申し込んだ日が土曜日や日曜日だった場合は、翌営業日まで待たされるのかどうか心配ですよね。
 
土日・祝日でも即日融資可能なカードローンとそうでないカードローンがあるので、土日に申し込みたい方は気を付けましょう。
 
また、未成年であっても急な出費が重なるとカードローンの必要性を感じますよね。しかし、未成年者は働いている方でも、利用を断られるのが一般的です。ここでは即日融資に関する質問にお答えします。
 

土曜、日曜でも即日融資は可能ですか?

土日や祝日も即日融資に対応しているカードローンであれば可能です。
 
大手消費者金融なら土日・祝日にも審査や融資を行っている会社が多く、本記事でご紹介したアイフル(※)、アコム、プロミス、SMBCモビットも土日対応をしています。審査時間は最短30分で、急いでいるときも融資可能です。
 
一方、銀行系カードローンは消費者金融カードローンより審査が厳しく、審査に時間がかかり、即日融資は難しいです。銀行では審査時に警察庁データベースに照会する決まりがあり、審査は最短でも申し込み後2日ほどかかります。
 
土日に即日融資を受けたい方は、土日も対応している消費者金融カードローンを検討しましょう。
 
(※)アイフルは融資可能か1秒で診断が可能です。
ただし、診断結果は、入力いただいた情報に基づく簡易なものとなります。実際の審査では、アイフルの規定によりご希望にそえない場合もあります

 

未成年ですが無審査で即日融資は受けたいです。可能ですか?

カードローンの年齢制限は、一般的に満20歳以上65~69歳までです。条件を満たしていないと利用を断られるので、未成年でのカードローン利用は原則できません。
 
高校卒業後、18歳、19歳で就職して安定的な収入があっても20歳未満は断られてしまいます。民法上「法律行為を単独で行えるのは20歳から」とされているため、多くのカードローンでは20歳以上という年齢制限を設けています。
 
未成年でお金を借りたい方は、学生ローンやクレジットカードのキャシングを検討しましょう。学生ローンは18歳以上の学生(大学生や大学院生、専門学校生)が利用できるローンです。本来、定期的な収入がないとローンを組めませんが、学生ローンは学生証などの証明があれば借りられることがあります。
 
また、クレジットカードに付帯されたキャッシング機能では、現金を借りることが可能です。クレジットカードはショッピング枠とは別に、キャッシング枠を設定できます。
 
未成年者保護規定により、未成年はキャッシング機能付きのクレジットカードの発行が原則できません。
 

無審査でも闇金は避けて安全に借り入れよう

 
即日融資可能なカードローンはありますが、無審査のカードローンはありません。銀行や消費者金融は貸し倒れのリスクを避けるため、申込時は必ず審査をします。即日融資や無審査をうたう金融会社は闇金の可能性があるので、手を出さないのが賢明です。
 
大手消費者金融なら審査はあっても、即日融資に対応しているところがたくさんあります。審査時間は最短30分で、土日や祝日にも対応している業者が複数あり、急にお金が必要になったときに便利です。即日融資を受けたい方は、消費者金融カードローンを検討してみてください。
 
参考記事:即日融資
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー
 

【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット
【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット