2018.07.06 カードローン

はじめてのカードローン 知っておきたいカードローンの基礎知識

「カードローン」と聞いて、良いイメージを持つ方もいれば、悪いイメージを持つ方もいるかと思います。
 
その理由は、カードローンは使い方次第で利用者の明暗を分けるからです。お金が足りないからといって、安易な気持ちでカードローンを利用すると、より悪い状況に追い込まれることも考えられます。
 
しかし、その一方で気を付けるべきところに注意し、計画的に利用すれば心強い味方にすることもできるのです。
 
よく知らないままに、「カードローンは怖い」というイメージだけを持つことは、早計かもしれません。
 
まずはカードローンの情報を集め、仕組みを理解しましょう。デメリットやリスクなどを踏まえた上で、自分に必要かどうかを判断することが大切です。
 
今回は「カードローンとは何か」という基本的な部分を紹介します。カードローンを提供する機関にどのような違いがあるのか、カードローンのメリット・デメリットなど、様々な角度から詳しく見ていきましょう。
 

カードローンとは

カードローンとは、個人向けの「無担保融資」のことです。カードを使って、現金自動支払機から借り入れをすることが可能です。
 
通常のローンは追加融資を受ける場合、再度申し込みをしなければなりません。しかし、カードローンは契約期間内であれば、あらかじめ決められた借入限度額まで、何度でも借り入れすることができます。
 
これは、カードローンの大きな特徴です。
 
カードローンの提供先は、主に「消費者金融」と「銀行」の2つです。消費者金融のカードローンを利用する場合、「総量規制」という法律が適用されます。
 
「総量規制」は借り入れの合計金額が年収の3分の1を超えないように規制する決まりです(複数の会社から借り入れをしている場合は、借り入れの合計額で判断されます)。
 
この決まりがあるため、消費者金融のカードローンを利用する際は、年収の3分の1以上の借り入れは出来ません。
 
それに対して、銀行のカードローンは「総量規制」が適用されず、銀行法が適用されます。銀行のカードローンは年収の3分の1以上の借り入れも可能なので、大口の借り入れを希望する人におすすめです。
(※2017年度の過剰融資問題を受け、各銀行で自主規制が行われております)
 
カードローンの借入限度額は、この「総量規制」を踏まえたうえで、個人の状況や希望など、様々な要素から決定します。
 
また、通常お金の借り入れには担保(持ち家や車など)や保証人が必要です。
 
しかし、カードローンは、お金を借りる人に対して信頼できるかを基準としているため、担保や保証人は必要ありません。
 
保証人をめぐるトラブルが後を絶たないことを考えると、他のローンよりも気楽に利用できると言えます。一方で、担保や保証人がないことで金利が高めになるというデメリットもあります。
 
ローンの利用目的が制限されないことも、カードローンの特徴です。住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどはそれぞれの利用目的が決まっていますが、カードローンの場合、何に使うかはその人次第です。
 
借入限度額内であれば自由に使えるという点も、カードローンのメリットです。
 

クレジットカードとカードローンの違い

クレジットカードとカードローンは、メインの利用目的が大きく異なります。どちらもカードを使いますが、クレジットカードは「ショッピング機能」をメインとする一方で、カードローンは「ローン機能」をメインとします。
 
クレジットカードをショッピングで利用する場合、購入したい物の代金をカード会社が立て替えます。カードさえあれば、現金払いする必要がありません。
 
ショッピング機能がメインのクレジットカードですが、ものによっては借り入れも可能です。その場合は、キャッシング(ローン)機能の付いたクレジットカードを選ぶ必要があります。
 
ただし、クレジットカードのキャッシング(ローン)枠はショッピング枠の限度額内に含まれるため、高額な借入はできません。また、金利もカードローンより高い傾向なので、注意が必要です。
 
一方、カードローンは、ショッピングの際にカードを使って直接的に何かを購入することはできません。
 
ショッピングでカードローンを利用する場合は、ATMなどでお金を借り入れ、そのお金で購入したい物の代金を支払うという流れになります。
 
ショッピングの際は少し面倒に感じるカードローンですが、現金で借り入れできるため、利用目的が制限されません。ショッピングに限らず、自由に使うことができる点は便利です。
 
そもそも、クレジットカードとカードローンでは、適用される法律が異なります。クレジットカードには「銀行法」が適用され、カードローンには「賃金業法」が適用されます。
 
消費者金融のカードローンを利用する場合、賃金業法の「総量規制」が適用されるため、年収の3分の1までしか借り入れができません。
 
それに対して、クレジットカードは総量規制が適用されず、利用金額の制限はありません。
 
ただし、クレジットカードの借り入れ限度額は低く、最大でも100万円程度。「総量規制」があるとしても、カードローンを利用した方が多く借り入れられる場合があります。
 
総括すると、ショッピング目的でない場合は「カードローン」がおすすめです。
 
クレジットカードはあくまでもショッピング利用がメインとなっているので、キャッシング(ローン)枠で借り入れられる金額は少なく、金利も高い傾向です。
 
逆に、ローン目的ではなく、ショッピング利用が目的の場合は「クレジットカード」がよいでしょう。
 
多くのクレジットカードには保険や、割引などの付帯サービスが付いています。これは、カードローンには無い特典です。利用額に応じてポイントが貯まるものもあるので、1枚持っておいて損はありません。
 

カードローンのメリットとデメリット

カードローンの一番のメリットは手軽さです。無担保・無保証人で契約することができるため、保証人をめぐる問題や、担保の心配をする必要がありません。
 
また、住宅ローンや自動車ローンなどと違い、使用目的に制限が無いところも利点です。
 
申し込みに関しては機関にもよりますが、他のローンと比べて簡単かつ短期間で完了できると言われています。
 
また、コンビニのATMで借り入れや返済ができる点も魅力。コンビニATMだと手数料が無料になるカードローンもあります。
 
また、商品の選択肢が多いのもメリットのひとつ。カードローンを取り扱っている機関は、大きく分けて「銀行」と「消費者金融」の2つです。その中にもたくさんの機関があり、各機関で様々な特徴があります。
 
多くの選択肢の中から、自分に適切な商品を選ぶことができるのも、カードローンの良いところです。
 
次に、カードローンのデメリットを紹介します。カードローンのデメリットの一つは、利息が積み重なるリスクがあることです。
 
カードローンは他の融資手段よりも金利が高く、利息が日割りで発生します。返済期間が長くなると利息がかさみ、いつの間にか返済総額が膨大になってしまう危険性も。このような場合は、繰り上げ返済を利用するのも1つの策です。
 
また、カードローンを利用していると、他のローン審査に悪影響を与えてしまう可能性があります。一度に複数社とローン契約をしている状況は、「経済能力が無い」と捉えられることも。
 
その場合、ローン審査に通りにくくなるので気を付けましょう。カードローンから借り入れたお金を全て返済した後でも、利用枠が残っていれば、また借りる可能性があると考えられてしまいます。
 
もう利用しないカードローンに関しては、解約するようにしましょう。
 
カードローンにはメリットとデメリットがあります。メリットばかりに注目すると、思わぬ事態に遭遇することも。
 
例えば、カードローンの月々の返済額は少額であるため、返済へのプレッシャーが小さくなる傾向があります。
 
その結果、カードローンをずるずると使って、抜け出せなくなる人もいます。メリットだけでなく、デメリットも理解したうえでカードローンを利用しましょう。
 

カードローン返済の注意点と返済方式

カードローンはネットで申し込みができる、コンビニATMから借り入れできる、利用目的が制限されないなど、他のローンよりも手軽に利用できる点が人気です。
 
しかし、軽い気持ちで手を出すと返済が困難になり、多重債務に陥ることも。カードローンを利用する前には、返済についてきちんと考えておくことが大切です。
 
カードローンの利用目的は、返済において大きな影響を及ぼします。カードローンを「イベントのために一度だけ使う」ならともかく、「生活費に使う」という状況は大変危険です。
 
生活費が足りないからとカードローンを利用すると、返済額によって支出が増え、さらにお金を借りなければならない状況に陥ります。
 
この負の連鎖が続くと、返済額が膨れ上がり、借金が借金を呼ぶことに。カードローン利用の際は、その目的をしっかりと考えましょう。
 
また、カードローンの借り入れを上手に返済していくコツは、利息を考えて返済することです。「毎月〇円返済する」とひとまとめにせず、その内の元金がいくらか、利息がいくらかということをきちんと把握することが大事です。
 
カードローンの返済方式は数種類あり、「元本均等返済方式」「元利均等返済」「リボルビング方式」「低率方式」「定額方式」「残高スライド方式」「借入時残高スライド返済方式」などがあります。
 
「元本均等返済方式」は毎月の返済額のうち元金部分を均等額とし、ここに利息を足して支払う方式です。この方式では当初の返済負担が大きくなりますが、返済期間を短くできる傾向にあります。
 
「元利均等返済」は元金と利息を調節することで、毎月の返済額を一定にする方式です。返済当初の返済額の負担を少なくすることができますが、返済総額が大きくなる傾向にあります。
 
「リボルビング方式」は借入限度額内であればいくら借り入れても、毎月決まった額を返済していくという方式です。
 
これは毎月の返済額を低く抑えられるというメリットがある一方で返済期間は伸び、利息も大きくなります。
 
「定率方式」は借入残高の決まった割合を、「定額方式」は毎月同じ返済額を返済していく方法です。
 
「残高スライド方式」とは毎月の返済額が、毎月締め日の借入残高にあわせて変動する返済方式のことです。
 
「借入時残高スライド返済方式」は、最終借入時点における借入残高を基準に返済額が変動する方式です。
 
このように、返済方式に関してもたくさんの選択肢があります。きちんと理解して、自分にあった返済方式を選びましょう。
 

「銀行カードローン」と「消費者金融カードローン」の違い

カードローンを提供する機関は多数ありますが、その提供先は大きく分けて「銀行」と「消費者金融」の2つです。
 
「銀行カードローン」「消費者金融カードローン」には多くの違いがありますが、ここでは主な3つの違いを紹介します。
 
1つ目は「総量規制」が適用されるか・適用されないかという点です。「総量規制」とは、2010年に施工された賃金業法で定められた法律のこと。
 
借入額を年収の3分の1までに制限する決まりです。当時、多重債務者の増加が社会問題となったため、抑止を目的に施工されました。
 
「総量規制」は消費者金融カードローンにのみに適用されます。銀行カードローンには銀行法が適用されるため、業法上は総量規制の影響を受けません。
 
ただし、前述した通り、2017年度の過剰融資の問題を受け銀行カードローンも貸し付け条件に対する自主規制を行っております。
 
消費者金融同様の年収の3分の1という基準を引いている事を公表した銀行もありますし、公表してなくとも年収からの借入限度額の基準は各銀行にあるため、借り入れする際には年収の3分の1までという認識で借り入れを検討する必要があります。
 
2つ目は、金利です。銀行カードローンは消費者金融カードローンに比べて金利が低めに設定されています。
 
具体的には、銀行カードローンの上限金利が14.5%程であるのに対して、消費者金融カードローンは18.0%程と高めです。金利の違いは返済額に大きな影響を与えます。
 
そのため、長期にわたってカードローンを利用する際には、銀行カードローンがおすすめです。
 
3つ目は審査の厳しさです。一般的には消費者金融カードローンよりも銀行カードローンの方が、審査が厳しいと言われています。
 
ただし、各カードローン会社によって審査のポイントが違うことや、申込者それぞれの状況が異なることから、一概にそうとは言い切れません。
 
また、審査にかかる期間は、一般的に消費者金融カードローンの方が短いようです。
 
このように、銀行カードローンと消費者金融カードローンにはいくつかの違いがあります。これらの特徴を踏まえた上で、自分に適切な機関を選びましょう。
 

カードローン審査と契約完了までの流れ

カードローンを利用するには審査に通る必要があります。カードローン審査の多くは「仮審査」と「本審査」の二段階です。
 
仮審査では、「満20歳以上69歳以下(銀行によっては66歳以下が基準となることもある)で安定した定期収入がある人」という申し込み条件を満たしていない場合、自動的に落とされる仕組みです。
 
ただし、最近では専業主婦でも配偶者の状況によって利用できるカードローンや、学生でもアルバイト状況に応じて対応できるカードローンがあります。
 
そのようなカードローンは、申込条件が一般的なカードローンと異なる場合もあるので確認してみましょう。
 
仮審査通過後は本審査が行われ、担当者が審査します。その際、本人確認書類と収入証明書類が、主な審査材料となります。
 
本人確認書類は、運転免許証、運転経歴証明書、パスポート(写真および住所のページ)、各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)、印鑑証明書、住民票、住民基本台帳カード在留カード、特別永住者証明書のうちいずれか1点のコピーが必要です。なお、運転免許書、運転経歴証明書、住民基本台帳カード在留カード、特別永住者証明書に変更事項がある方については、両面の用意が必要です。
 
運転経歴証明書で2012年3月31日以前に発行されたものは、本人確認書類としての取り扱いはできません。また、印鑑証明書、住民票は発行後3ヵ月以内のものでなければなりません。
 
外国籍の人の場合、外国人登録証明書は一定期間、在留カード、特別永住者証明書とみなされます。本人確認書類はどれであっても氏名、住所、および生年月日が記載されているものに限られます。
 
また、50万円超の借入限度額を希望の場合、自身の収入証明書が必要です。
 
源泉徴収票か住民税決定通知書、課税証明書、納税証明書(その1・その2)のうち1つのコピー必要となります。なお、個人事業主、会社経営者の方は課税証明書か納税証明書に限られます。
 
これらの書類をもとに年収や家族構成、持ち家の有無などから審査を行います。本審査後、多くの機関は勤務先へ電話をかけ確認を行います。それらをすべて終えると、契約完了となります。
 
この一連の審査期間は利用する機関や個人の状況によって異なり、最速では3日程、長くて数週間かかる場合があります。
 
最近ではインターネットや無人契約機を利用することで、従来の窓口や電話申し込みよりもスピーディーな契約が可能になりました。
 

カードローンを比較するときのポイント

カードローン選びにおけるポイントは借入限度額、金利、融資にかかるスピード、審査通過率、借入返済における利便性が主となります。
 

借入限度額

借入限度額に関しては、最大限度額は消費者金融、銀行どちらに関しても、生活費程度の100万円ほどは最低でも借り入れできるようになっています。
 
重要なことは、必要な融資額があっても必ずしもその金額で契約できるわけではなく、審査後の限度額が変わってしまう場合もあります。
 
また、高額な借入を行う場合は出来るだけ金利をおさえる必要があり、少しの金利の差が膨大な返済額の差となってしまいます。
 

金利

重要な点は、借入限度額と借入期間です。借入限度額が上がれば金利は下がる傾向にあります。
 
また、借入期間が長くなるようなら金利ができるだけ低い機関を利用しなければ利息が膨れ上がってしまいます。
 
一方で、契約金利が高くても短期間融資であれば利息は抑えられるという観点もあります。一般的には銀行カードローンの金利は低く、消費者金融カードローンの金利は高いといわれています。
 
また、消費者金融では一定の期間だけ無利息キャンペーンなどを行っている会社もあるため、要チェックです。
 

融資スピード

消費者金融カードローンにおいて融資までにかかる時間は比較的短く、それに比べて銀行は審査に時間がかかると言われています。
 
また、申し込み方法は会社によって様々で、融資スピードの速さを強みとしている機関では最短30分で審査できるというところもあります。ネット申し込みを利用すると、比較的短時間で融資までたどり着くことができます。
 

審査通過率

審査に関しては、 個人の状況によりかなり差がありますが銀行カードローンに比べて 消費者カードローンの方が比較的通りやすく、審査期間も短いと言われています。
 
審査はその人の返済能力を判断するものであるため、 大企業に長く務める会社員や公務員などは良い評価を得やすいです 。
 
また、住居形態も審査に重要なポイントとなり、 持ち家がある場合にはそれだけの経済力があると判断され、 良い印象を与える傾向にあります。他には可処分所得も審査基準となります。
 
可処分所得とは所得のうち、税金・社会保険料などを除き、 個人が自由に処分できる部分のことです。
 
可処分所得は家族構成に影響され、 自由に使えるお金の多い独身の人や、 一家全体の収入がより増える共働きの夫婦、 親と同居していて生活費が少なく済む人、子供がすでに独立している夫婦などは可処分所得が多いと見なされ ます。しかし、 明確な基準がなく各機関によりそれぞれの項目のバランスも異なるため、審査の厳しさを1つ1つの機関で見ていくのは難しいです。
 
各カードローン会社が発表している審査通過率や成約率、 新規貸与率は参考になるかもしれません。
 

借入返済における利便性

借入、返済の利便性も重要なチェックポイントで、この点が不便だと返済が滞ってしまう危険性もあります。
 
借入、借入ができるコンビニなどの提携ATMがどこかなど、自分の生活圏の中での便利さの重要性に、利用が始まると気付くでしょう。
 
また、月々の返済日程もきちんと確認しておく必要があります。収入が入る日程と返済日程の兼ね合いを考えるべきでしょう。
 
返済のことを考えると、借入金額に対する月々の最低返済額はいくらかを見ておくことも、申し込みする際の借入限度額を決定する際の参考になります。
 

まとめ

「カードローンは何か?」という基本的な情報をはじめとして、カードローンのメリット・デメリット、審査の流れなどをご紹介しました。
 
カードローンを上手く使うために大切なことは、お金を借りる際に、利息を含めた返済まで考えておくことです。
 
ローン返済は、借入額に加えて利息がつきます。元金のみに着目していると、いつの間にか返済額が膨れ上がっていたという状況になりかねません。
 
カードローンは、数パーセントの金利の違いが、返済額に大きな差を作ります。各機関の金利を比較することや、適切な返済方法を選ぶことが大事です。
 
また、「利用目的」にも注意が必要です。安易な気持ちで生活費に充てるなどすると、返済に行き詰まり、多重債務へ繋がる可能性があります。
 
複数社のカードローンに契約をしている状況は金銭的に困るだけでなく、新しくローン審査を受ける際にも影響します。利用していないカードローンがあれば、すぐに解約しましょう。
 
カードローンの利用が長期的になる場合は、カードローンを考える前に生活を見直すことが必要かもしれません。
 
カードローンは利用者の使い方次第で、とても頼もしい味方になります。深夜でも手数料無料でお金を引き出すことができたり、使途が制限されなかったりと、多くのメリットがあります。
 
カードローンの利用を考えている場合は、まず利用目的を考え、どのくらいの期間カードローンを利用したいのか、どのくらいなら返済できるかという目途を立てましょう。
 

ファイナンシャルフィールドとは?