2018.07.24 カードローン

カードローンの即日ってその日のうちに借りられるの?

「すぐにお金が借りられたらいいのに」と思った経験はないでしょうか。
 
突然家電が壊れてしまい、新しいものに買い替えなければならない時。急な誘いが集中し、交際費が膨大な金額となってしまった時。冠婚葬祭で急に大きなお金が必要になった時など…。思い当たる節があるかと思います。
 
これらは事前に予測を立てることが難しく、かつ全ての人に起こり得ることです。私たちは急にお金が必要になった時のために、対処法を考えておく必要があります。
 
今回ご紹介するのは「即日で利用できるカードローン」です。
 
カードローンの即日融資とは何か、即日融資カードローン の提供会社、利用する際の注意点などについて見ていきましょう。
 

即日融資可能なカードローン会社とは

カードローン には多くの提供会社がありますが、主に「消費者金融」と「銀行」の二つに分けることができます。
 
2018年から、銀行でのカードローン審査が厳格化されました。反社会的勢力との取引を断つため、審査の過程に警察庁データベースへの照会が加えられるようになったのです。
 
利用者に問題が無いかを、警察庁と各行が調査します。遅くとも数日で審査は完了するようですが、これにより銀行カードローンの即日融資は見込めなくなりました。即日で融資を受けたい場合は、消費者金融のカードローンを利用しましょう。
 
消費者金融カードローンはこれまで通り、カードローン会社で審査が行われます。WEB完結のものや、自動契約機を利用できるものであれば、審査はスピーディです。
 
ただし、全ての消費者金融カードローンが即日融資に対応しているわけではありません。それぞれのカードローン をよく確認しましょう。銀行カードローンと消費者金融カードローンには、それぞれメリットとデメリットがあります。
 
よく比較して、自分が融資までにどれくらいの日数待つことができるか、などを踏まえたうえで選択しましょう。
 

カードローンで即日融資を受けるための手順

即日融資を行うための申込の流れは大きく3つです。

1.無人契約機で申込から契約まで行い、カード発行後利用
2.インターネットから申込を行い、審査後契約手続きを無人契約機で行い、カード発行後利用
3.インターネットや電話から申込を行い、必要書類を撮影したデータを申し込んだ会社のホームページやアプリ上でアップロードを行い、振込み融資を依頼

 
無人契約機の申込の流れは・・
来店後、ナビゲーションに従い申込の手順を進めていきましょう。

注意点は、契約必要書類をきちんと持参しましょう。

又、一般的な無人契約機の営業終了時刻は 21時です。お申込み時間によっては、審査・ご融資が翌日になる場合もありますので時間には注意が必要です。
 
インターネットでの申込及び契約の流れは

1.該当金融機関のホームページより、申込フォームへ入力。
※入力フォームの内容は急いで間違えないようにしましょう
※電話の場合はコールセンターに電話し、必要な情報を伝えましょう
 
2.本人確認書類、収入証明書などの必要書類の撮影データを、ホームページやアプリ上でアップロード
 
3.電話かメールで審査結果の連絡
※金融機関によっては最短30分
 
4.契約内容を確認と同意
 
5.電話かホームページから振込融資の依頼
 
6.指定の口座に振込
※カードは後日届きます
 
ここでのポイントは「申込み時間」です。
 
銀行振り込みの関係上、平日14時までの申込みで来店不要で即日融資が可能となっています。
※ただし振込み先銀行により14時より前ではないといけない事もございますので、実際は各業者へ問い合わせをして見ましょう
 
無人契約機であってもインターネットであっても、即日融資を考えるのであれば、出来る限り早い時間帯に余裕を持って、即日融資を受ける為のポイントともいえます。
 

カードローンで即日融資を受けるために必要な書類

即日融資のカードローン に申し込む際も、一般的なカードローン審査と同じように、必要書類の提出が求められます。
 
必要書類は大きく分けて「本人確認をするための書類」と「収入を証明するための書類」の2つです。
 
本人確認書類として、
運転免許書、
運転経歴証明書、
パスポート(写真および住所のページ)、
各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)、
印鑑証明書、
住民票、
住民基本台帳カード在留カード、
特別永住者証明書

上記のうちいずれか1点のコピーが必要です。
 
なお、

運転免許書、
運転経歴証明書、
住民基本台帳カード在留カード、
特別永住者証明書

に変更事項がある方については、両面の用意が必要です。
 
運転経歴証明書で2012年3月31日以前に発行されたものは本人確認書類としての取り扱いはできません。
 
また、印鑑証明書、住民票は発行後3ヵ月以内のものでなければなりません。外国籍の人の場合、外国人登録証明書は一定期間、在留カード、特別永住者証明書とみなされます。
 
本人確認書類はどれであっても氏名、住所、および生年月日が記載されているものに限られます。
 
50万円以上の借り入れを行う場合は、収入証明書類が必要です。自身の収入証明書として、源泉徴収票か住民税決定通知書、課税証明書、納税証明書(その1・その2)のうち1つのコピー必要となります。
 
なお、個人事業主、会社経営者の方は課税証明書か納税証明書に限られます。インターネット上で申し込みをする場合、これらの書類をアップロードすることになります。
 

即日融資は土曜日、日曜日、祝日でも可能?

お金が入り用となった時に、必ずしもカードローン会社が営業しているとは限りません。
 
通常、カードローン会社の営業日は平日ですが、土曜日、日曜日、祝日でも即日融資を受けることはできるのでしょうか。結論から言うと、可能なカードローン会社もあります。
 
その際には、無人契約機やインターネットを利用するのが一般的です。即日融資が可能かどうかは、各カードローン提供会社で異なるので、公式サイトなどで確認しましょう。土日祝日の即日融資が可能な場合でも、時間に制限があります。
 
無人契約機の場合、稼働時間内に審査を終わらせなければ、即日融資を受けることができません。
 
稼働時間は9時から22時、9時から21時と、カードローン会社によって異なります。また、大抵のカードローン審査では、電話による会社への在籍確認が行われますが、土日祝日では在籍確認ができない場合があります。
 
そのような時は、在籍確認を後に回してもらうことになります。土日祝日に即日融資を受ける際は、特定の銀行しか振り込みができないなどの制限もあるので、注意しましょう。
 

即日融資カードローン における消費者金融と銀行の違い

銀行と消費者金融のカードローンには、大きな違いが見られます。銀行カードローンは即日融資に対応していません。
 
その理由は、金融庁から銀行に指示が入り、2018年1月を境に銀行カードローンの審査が厳格化されたためです。利用者に問題がないかを確認するため、審査の際に警察庁データベースへの照会が行われるようになりました。
 
厳格化の目的は、暴力団員などの反社会的勢力との取引を排除すること、審査を消費者金融に任せている現状を見直すことなどです。

過剰な貸し出しを制限し、多重債務に苦しむ人を増やさないようにという流れがみられます。
 
一方で、消費者金融にはこのような制限がありません。今まで通り、各カードローン会社内で審査が行われるため、即日融資が可能です。
 
しかし、即日融資のカードローン に申し込めば、必ずしもその日のうちに融資が受けられるとは限りません。時間帯や曜日によっては即日融資に間に合わないこともあるため、注意が必要です。
 
このように、即日融資においては便利な消費者金融カードローンですが、金利が高いという難点があります。金利に関しては、銀行カードローンの方が比較的低いと言われています。審査が厳格化された銀行カードローンですが、遅くとも数日で審査は完了するようです。
 
いつまでにお金が必要か、借り入れ金額は大きいかどうかなどに応じて、どちらを利用するか検討してみてください。
 

即日融資カードローン の注意点

急な出費に対応できる「即日カードローン」はとても便利です。しかし、気をつけなければならないことがあります。主に3つの注意点についてお話します。
 
1つ目は、信用できるカードローン会社を選ぶことです。

カードローン の提供会社には、「審査にすぐ通る」ということを大きくアピールし、法外な金利を設けているものがあります。いわゆる「闇金」です。即日カードローンに限らず全てのカードローンに言えることですが、利用する前にそのカードローン会社が信用できるかどうかを見極める必要があります。
 
「お金が今すぐ必要」となると切羽詰まってしまい、冷静な判断ができないかもしれません。しかし、利用する前にそのカードローン会社が信用できるのかを調べる事ぐらいはできると思います。
 
銀行グループや上場企業のような信用のできるカードローン 会社を選択しましょう。
 
2つ目は、金利についてです。

金利はその数字を見ただけでは返済のイメージが想像しにくいものですが、毎月の返済額や総返済額でみると、数パーセントの金利の差が大きな差となることが分かります。

特に、即日でカードローンを利用できる消費者金融のカードローンは、銀行カードローンに比べて金利が高く設定されている傾向です。ただし、消費者金融の金利設定は高いですが、中にはキャンペーンを行っているカードローンもあります。
 
初回30日無利息などのキャンペーンもあり、急な資金需要で短期期間の借り入れにおいては、利息の面で銀行よりもお得です。
 
どんな目的で資金が必要なのか、それが短期間なのか長期間なのか判断する事が重要です。
 
3つ目は返済方法についてです。

返済方法にはいくつか種類があり、どの方法を選ぶかで返済期間や利息が大きく変わります。利息を抑えるには、できるだけ短期間で返済できる方法を選ぶことをお勧めします。
 
これらの注意点をふまえて、即日カードローンを上手に利用しましょう。
 

ファイナンシャルフィールドとは?