最終更新日:2018.08.28 公開日:2018.07.06
主婦・パート

主婦・パートでも借りられるカードローンはあるのか?

主婦・パートでもカードローンに申し込めるの?

カードローン は各機関と個人間のお金の貸し借りである以上、信用が成り立っている必要があります。正社員であっても、年収や勤務先、信用情報によっては審査に落ちてしまうことが少なくありません。
 
そのため、収入の少ない主婦やパートが審査に通るのは難しいと言われています。
 
しかし、カードローン の中には、収入の少ない主婦・パートの人でも借りられるものがあります。主婦・パート向けのカードローンは、配偶者の年収などを含めた情報が判断材料の一つです。
 
また、借り入れできる限度額も一般的なカードローンに比べて低いため、審査に通りやすくなっています。これらが、一般的なカードローンと主婦・パートの人のカードローンにおける違いです。
 
ただし、主婦が利用できるカードローンが少ないという所に目をつけた違法の闇金や詐欺なども発生しています。主婦やパートの人は、安心できる機関と契約することが大切です。
 

主婦・パートだと審査は厳しい?

カードローン を利用するには、会社員・自営業者・主婦問わず、審査を受けなければなりません。お金の貸し借りには信用が必要です。
 
ここでの信用は、その人に返済能力があるかどうかということ。カードローン会社は、申し込み者の返済能力を判断するため、審査を行います。
 
カードローン の審査では年収や勤務先、勤務期間や住宅形態などが判断材料となります。一般的にアルバイト、パートの人は、正社員よりも収入が少ないので、審査に通るのは容易ではありません。
 
専業主婦のように自身の収入が無い場合には、利用できないカードローンもあります。基本的に、消費者金融のカードローンは、専業主婦に対して融資行っていません。
 
しかし、銀行カードローンの中には専業主婦に融資を行っているものもあります。このような場合、配偶者の年収などが判断材料になります。
 
銀行カードローンは、消費者金融のカードローンよりも金利が低く、負担が少ない点も魅力です。
 
審査に通るためには、自分の現状を見極めた上で、適切な機関で審査を受けることが大事です。
 
また、カードローンの審査が緩い機関は違法な貸金業者の可能性もあるため、審査の緩さに流されてしまうことは危険です。注意しましょう。
 

主婦・パート向けカードローンの審査ポイント

カードローン審査の具体的な基準は、不正を防ぐために、全ての機関において公表されていません。また、各機関で基準は異なると言われています。
 
ただし、主婦・パートの人の返済能力に直接関係してくる、配偶者の年収や勤務先、勤務期間については当然審査されるでしょう。
 
この審査に関しては一般的なカードローン審査と同様に、「大手企業に勤めている」「勤続年数長い」といった人の方が、評価が高くなるようです。
 
一般的に審査に通りにくくなる例としては、一度に複数社のローンに申し込んでいる状態が挙げられます。
 
複数社への申し込みは、お金に相当困っているという印象を与え、貸す側にとってリスクが高いと判断されてしまいます。それぞれの機関で他社の契約情報が確認できるため、複数社への申し込みは隠すことができません。
 
また、信用情報に問題がある場合も、審査に通ることが難しくなります。信用情報とは過去のローン返済の延滞、自己破産などの記録のことです。これらの記録は一定期間残ります。
 

主婦・パート向けカードローンの限度額

自身の収入が少ない主婦や、収入が全くない専業主婦にとって、どれくらいまでならお金を借りることができるのかというのは、気になる点だと思います。限度額について、銀行と消費者金融に分けて見ていきましょう。
 
銀行では、収入のない専業主婦でも借りられるカードローンがあります。
 
ただし、配偶者に安定した収入があることが前提条件になり、借り入れ限度額は低く設定されております。
 
各銀行により異なりますが、限度額は専業主婦で30-50万円程度。自身に収入のある主婦の場合は、審査次第で限度額が変わります。
 
消費者金融の場合は、総量規制がカギとなります。
 
基本的に総量規制の影響で、専業主婦は消費者金融のカードローンを利用することができません。
 
しかし、収入のある主婦の場合は、最大で年収の3分の1までの金額を借り入れることができます。具体的な限度額は審査次第で変わります。
 
借り入れ限度額を増やしていくには、取引実績を積み、信用を得ることが大事です。
 
カードローン は信用によって成り立つため、「返済額の滞納を一度もしていない」「他社からの借り入れがない」などが限度額を増やすための条件となります。
 

主婦・パート向けカードローンの申し込みと必要書類

選択肢の限られる主婦・パートにとって、どの機関のカードローン を申し込むかはとても大切です。申し込む前に情報を得た上で、自分に合ったカードローン を見極める必要があります。
 
カードローン は多くの場合、WEB上から申し込むことができます。申し込み後、2日から数週間が審査期間です。審査のために必要な書類は、どの機関を利用するかによって異なります。
 
銀行カードローンの場合、配偶者の同意書や収入証明書は必要ありません。必要ないとは旦那さんと相談してからでもいいかもしれませんね。
 
自身の身分証明書として、運転免許書、運転経歴証明書、パスポート(写真および住所のページ)、各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)、印鑑証明書、住民票、住民基本台帳カード在留カード、特別永住者証明書のうちいずれか1点のコピーを用意しましょう。
 
総量規制の例外である「配偶者貸付」を利用できる機関もあります。「配偶者貸付」とは、配偶者と併せた年収の3分の1までの貸付が可能になる制度です。
 
「配偶者貸付」を利用する場合は、身分証明書・住民票・婚姻証明書・配偶者の同意書・収入証明書などが必要となります。
 
収入証明書は、源泉徴収票か住民税決定通知書、課税証明書、納税証明書(その1・その2)のうち1つを用意しましょう。
 

主婦・パート向けカードローンの融資までの流れ

融資までの流れは、主婦・パート向けのカードローンと一般的なカードローンで特に違いはありません。
 
融資までに仮審査と本審査があります。仮審査で聞かれる項目は住所や電話番号、配偶者の勤務先や勤務期間、世帯収入などです。
 
基本的に消費者金融カードローンでは専業主婦に融資しないため、申し込んだ場合は仮審査で自動的に落とされます。
 
専業主婦やパートでも申し込み可能なカードローンに申し込んだ場合、仮審査に通れば本審査が行われます。仮審査は自動的に行われますが、本審査は担当者が審査することが多いようです。
 
この本審査は日数を要し、機関によって2日から数週間かかります。その際、本人確認書類と収入証明書類が主な審査材料となります。
 
一般的なカードローンの場合、本審査が終わると勤務先へ確認の電話がかけられます。
 
しかし、主婦向けのカードローンでは、配偶者の勤務先に電話がかけられることはありません。本審査が終了すると、申し込み者本人へ居住確認の電話があり、確認が取れれば契約完了という流れになっています。
 
最近は、申し込みから融資まで、インターネットや無人契約機で完了することができる機関も増えてきました。
 
このようなカードローンでは、郵送などの手間がかからないので、審査期間を短縮できる場合もあります。
 
また、契約後に店頭やATMでカードを受け取ることができる機関もあります。「カードが自宅に送られて家族に知られる」という心配がないので、誰にも知られたくないという方にもおすすめです。
 

主婦・パート向けカードローンを家族に知られずに利用する

当サイトではあまり推奨は致しておりませんが、家族に知られずにカードローンを利用することは可能です。
 
しかし、家族に知られないためには、本人確認の電話や申し込みの際の配偶者の収入証明が必要なのかが重要となるケースがあります。知られずにどうしても利用したい人は確認しましょう。
 
しかし、夫に知られずに利用することをおすすめは出来ません。
 
毎日の家計を守っている主婦・パートにとって「お金を借りる」という事を後ろめたい事をしているように感じてしまう方もいるかもしれません。
 
それでも、正直に相談をしてから利用する事が大事です。嘘がばれた時のトラブルをしっかりと考えて利用することをオススメします。
 
お金のトラブルは非常にやっかいな問題でしっかりと考えて利用するか、しないかを考えましょう。
 

主婦・パート向けカードローン「銀行」と「消費者金融」の違い

カードローン を提供している機関は、大きく分けて「消費者金融」と「銀行」の二つがあります。
 
収入が全くない専業主婦の場合は、銀行のカードローンしか利用できません。銀行のカードローンは審査が厳しいことで有名ですが、申し込みの際に配偶者の同意書や収入証明書が必要ないなどのメリットがあります。
 
特に金利の低さは、収入が少ない主婦や専業主婦、パートの人にとって大きな魅力といえます。
 
専業主婦が消費者金融カードローンを利用できない理由は、「総量規制」が適用されるからです。
 
「総量規制」とは貸付額を年収の3分の1に制限する法律のこと。総量規制では、収入のない専業主婦へ融資することは認められていません。
 
しかし、専業主婦にも消費者金融での貸付が認められることがあります。それは、「配偶者貸付」を利用した場合です。
 
「配偶者貸付」とは配偶者と併せた年収の3分の1までなら、貸付可能であるというシステムです。「配偶者貸付」でカードローンを利用する場合には、配偶者の同意書が必要です。
 

主婦・パート向けカードローンを選ぶ前に知っておくポイント

主婦・パートであってもカードローンを利用することは不可能ではありません。しかし、正社員に比べて安定した収入がない、あるいは収入が全くない主婦・パートの人が利用できるカードローンは、少ないのが現状です。
 
貸し出す側にとって最も大切な「返済能力」が審査されるカードローン においては仕方のないことかもしれません。
 
選べるカードローンが少ないからこそ、主婦・パートの人は自分でも審査に通りそうな機関を見つけることが大切です。
 
主婦・パートの人は大きく分けて3つのパターンに分けられます。
 
1つ目は、「自身の収入は全く無い。それに加えて配偶者に知られたくない人」。
2つ目は、「自身の収入は全く無い。ただし配偶者の同意を得られる人」。
3つ目は、「自身の収入がある人」です。
 
 
1つ目の場合、配偶者に知られたくないとのことなので、「配偶者貸付」は利用できません。そのため、銀行カードローンの一択になります。
 
2つ目の場合、銀行カードローンを利用するか、「配偶者貸付」で消費者金融カードローンを使うかの2択になります。
 
3つ目の場合、自分名義で利用することができるため、主婦やパートの申し込みを受け付けているカードローンであれば、どんなものでも選択することができます。
 
一口に主婦・パートと言っても、一人ひとり状況は違います。自分の状況を踏まえたうえで、最適なカードローン を選びましょう。
 

\ この記事を共有しよう!/



▲PAGETOP