最終更新日:2019.05.15 公開日:2019.03.07
借入

徹底解剖!カードローンをコンビニで借入れ、返済する方法

給料日まで手持ちのお金が足りなくなった時、気軽にコンビニで借入れ出来ると嬉しいですね。
 
今回は、コンビニで借入れ~返済ができるカードローン会社・手順を紹介します。
 

コンビニでの借入れ、返済可能な会社はどこ?

コンビニで借入れ・返済の両方を完結するには、各ATMと提携しているカードローン会社を選ぶ必要があります。
 
ATMの種類
コンビニATMには100種類以上存在し、その大半を占めるのが次の3種類です。
 
・ローソンATM
・セブン銀行ATM
・E-net(イーネット)
…ファミリーマート・ポプラ・ミニストップ含む各地のコンビニやスーパーに設置
 
ほかにもイオン銀行ATM・バンクタイムがあり、なかにはゆうちょ銀行ATMを設定している店舗もあります。各会社のコンビニ利用可否を調べる際は「どの種類のATMで使えるか」を確認しましょう。
 

カードローン会社のATM対応表

カードローン会社ごとに、ローソン・セブンイレブン・E-net ATMの対応状況を紹介します。

 

 

 

会社ローソンATMセブン銀行ATME-net
アコム借入・返済共に可借入・返済共に可借入・返済共に可
プロミス借入・返済共に可借入・返済共に可借入・返済共に可
アイフル借入・返済共に可借入・返済共に可借入・返済共に可
SMBCモビット借入・返済共に可借入・返済共に可借入・返済共に可
レイクALSA借入・返済共に可借入・返済共に可借入・返済共に可
三菱UFJバンクイック借入・返済ともに可借入・返済ともに可借入・返済ともに可
みずほ銀行カードローン借入・返済ともに可借入・返済ともに可借入・返済ともに可
三井住友銀行カードローン借入・返済ともに可借入・返済ともに可借入・返済ともに可
セブン銀行カードローン利用不可借入・返済ともに可利用不可
楽天銀行カードローン800万円借入・返済ともに可借入・返済ともに可
住信SBI銀行カードローン800万円借入・返済ともに可借入・返済ともに可
じぶん銀行カードローン800万円借入・返済ともに可借入・返済ともに可

カードローンの審査スピード、融資までの期間の違いと理由

コンビニでの借入れを受ける手順

コンビニでキャッシングする場合、必ずカードローン」が必要※です。
プロミスのみ、カードなし・スマホのみでコンビニキャッシング可能です。詳しい手順はこの後紹介します。
 
手順1:カードローン申込
電話もしくは郵送・インターネット・無人契約機のいずれかから申し込みます。
なるべく早くコンビニで借入れしたい場合、カードローン発行の速さを重視して申し込み方法を選びましょう。カードが受け取れるまでの期間は次の通りです。
 
電話・郵送・Web申込:1~2週間(自宅で郵送による受け取り)
無人契約機:原則として当日中にその場で発行
 
・ネット銀行の場合
すでに預金口座がある場合、審査完了時に振込キャッシング申込・入金が確認出来たらコンビニで引き出すという手段が利用できます。
 
プロミスならカードがなくてもコンビニ借入可能
プロミスなら「アプリローン」が利用できます。申込みはWeb完結・最短1時間で審査結果が分かり、審査通過後すぐにスマホを利用してコンビニで現金キャッシングできます。
 
申込みは専用アプリ(iOS/Android)から行います。
 
手順2:コンビニでキャッシング
キャッシングの際は、銀行のキャッシュカードでお金をおろすときと同様に「引出」操作をします。
 
プロミスのカードレス出金の操作方法(セブン銀行のみ)
プロミスのアプリローン(iOS/Android)をダウンロードし、ログイン後「スマホATM取引」を選択します。セブン銀行ATMに「スマートフォンでの取引」メニューがあるので、ここから操作を始めます。
 
ATMに表示されたQRコードをスマホで読み取り、アプリに従ってATMに企業番号・ワンタイム暗証番号・借入希望金額を入力すると、カードなしでキャッシングできます。
 

コンビニで借入れを受ける時の注意点

コンビニATMでキャッシングする際、次の2点に要注意です。
 
・ATM利用手数料
・コンビニATMの出金上限
 
注意点①ATM利用手数料
コンビニで借入れをすると、借入金額にATM利用手数料を加えた額が「借入残高(返済すべき金額)」となります。
 

各コンビニATMの利用手数料料金
ローソンATM1万以下:108円,1万超:216円
セブン銀行ATM1万以下:108円,1万超:216円
E-net1万以下:108円,1万超:216円

カードローンの審査スピード、融資までの期間の違いと理由
※2019年2月22日現在
 
例:ローソンATMからアコムで10万円借りた場合
20万円+ATM利用手数料216円=借入残高200,216円
 
カードローン会社によって、ATM利用手数料が無料になる場合もあります。

有料無料
アコムレイクALSA
プロミス三菱UFJバンクイック
アイフルト三井住友銀行カードローン
SMBCモビットセブン銀行カードローン
みずほ銀行カードローン楽天銀行カードローン
住信SBI銀行カードローン
じぶん銀行カードローン

※2019年2月22日現在
 
注意点②借入れできる上限額
コンビニATMには、出金上限額が決められています。
 
ローソン・E-net ATM:1度の出金で20万円まで
セブン銀行ATM:1度の出金で50万円まで
 
これ以上のまとまった金額を借りたい場合、カードローン会社の店舗ATM・提携銀行ATMを利用しましょう。
 

コンビニで返済する手順

借入れの際と同様に、プロミス以外は必ずカードローンが必要です。
プロミスのカードレス返済は、借入時と同様に操作します。
 
手順1:当月返済額の確認
原則として、コンビニATMでは当月返済額を確認できません。事前にネットのマイページ等で、返済額を調べておきましょう。
 
手順2:コンビニATMの操作
銀行のキャッシュカードの預金操作と同様に、返済時はカードローンをATMに挿入し預金メニューから行います。
 
明細に
・借入残高
・今回の返済額
 
が印字されるため、大切に保管しましょう。
 

コンビニで返済する時に気をつけたい手順

コンビニATMから返済する前に、前項手順1の「当月返済額の確認」が最も重要になります。
 
多めに返済(繰り上げ返済)する場合は問題ありません。カードローン会社で定められている最低返済額よりも少なく返済してしまうと「延滞」扱いになります。
この時
 
・督促の電話がかかってくる
・遅延損害金の加算される
 
ばかりでなく、信用情報に傷がつく(通称ブラックリスト入り)場合もあります。
 
ATM利用手数料
コンビニから返済する際は、入金額からATM利用手数料を差し引いた額が「返済額」となります。数日~数週間の間に何度も借入・返済を繰り返す場合は、手数料無料の提携銀行ATMでまとめて取引することをおすすめします。
 

まとめ

大手消費者金融・銀行系カードローンの大半がコンビニATMと提携済みですが、利用の際は以下の3点に注意が必要です。
 
・ATM利用手数料
…有料の場合は1万円以下108円・1万円超216円(共通)
 
・1度にまとまった額はキャッシングできない
…20万円以上キャッシングする場合は店舗ATM・提携銀行ATMの利用をおすすめします。
 
・返済時は必要な金額を事前に確かめておく
…コンビニATMの操作画面では、原則として返済額を確かめることが出来ません。事前にPCやスマホで返済額を確かめておきましょう。
 
関連記事
■カードローンの即日融資ってその日のうちに借りられるの?
■無利息カードローンと低金利カードローンどちらが良いの?
■カードローンの審査スピード、融資までの期間の違いと理由
■ポイントは「信用」カードローンのブラックってどうやって決まるのか
■主婦・パートでも借りられるカードローンはあるのか?



▲PAGETOP