最終更新日: 2020.11.04 公開日: 2019.06.25
審査

こんな人は通らない!?プロミスの審査基準ポイント

鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら

最近では「アプリローン」などスマホ一つで手軽に申し込めるサービスを提供している『プロミス』。SMFGグループで消費者金融業のSMBCコンシューマファイナンス株式会社のサービスブランドであることはご存知のとおりです。
 
「始めて利用する方は30日間利息0円」など魅力的なサービスもあり、幅広い年齢層に利用されています。
 
さて、この『プロミス』。利用にあたってどのような審査基準をクリアしないといけないのか?そのポイントを以下に述べていきたいと思います。

公式サイトで申し込み

プロミス

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額金利審査時間
最大500万円4.5%~17.8%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間即日融資

 

プロミスの審査基準のポイント

1.安定した収入があること

申込者本人に安定した収入がなければ、審査に通ることは不可能です。
 
何故なら、プロミスは前述のとおり消費者金融業者であるため、総量規制の対象となり、収入のない人にはお金を貸すことはできません。
 

2.勤続年数が長いこと

勤続年数も申込者本人の信用に繋がります。そのため、勤続年数が極端に少ないと審査に落ちる可能性があると思ってください。
 

3.本人の収入と申込額の対比

希望限度額が本人の収入に比べて高すぎると審査に通りにくいといわれています。そもそも総量規制の関係で年収の3分の1を超えて借りることは不可能ですが、3分の1ギリギリまで借りるようなことは避けるようにしましょう。
 

4.他社での借り入れがどのくらいあるか

一般的な判断基準は、他社での借り入れが3~4社ある場合です。そのような場合は「他社での借り入れが多すぎる」と判断され、審査に通らなくなります。
 

5.申請内容の信憑性

申込時の内容に嘘があった場合。その場合は確実に審査に落ちることとなります。内容が悪質であればなおさらです。
 
プロミス側も申込内容に不審な点があった場合、時間をかけてきっちりと調査を行います。その結果嘘をついていたことが判明すると、それが信用情報に傷として残りますので、申し込みが出来なくなります。そのためにも絶対に嘘の記述はしないようにしましょう。
 

6.本人の信用情報の内容

プロミスをはじめ、各消費者金融会社は審査の際に信用情報機関に本人の信用情報を照会します。その際に過去に自己破産などの債務整理の事実があったり、返済遅延があったりすると審査に通らない可能性が高いです。
 
信用情報は本人の鏡です。絶対に傷をつけないように普段から心がけるようにしましょう。
 

7.過去のプロミス内でのトラブル履歴

過去にプロミスでトラブルを起こし、金銭的な被害をプロミス側に与えていた場合はほぼ審査に落ちるようです。
 
過去に起こしたトラブル情報についてはプロミス内で共有情報として保存されています。なので、黙って申し込んだとしても絶対に見つかると思ってください。
 

8.短期間でのプロミス以外への申し込みの存在

プロミスに申し込みをするよりも前に、短期間に複数他社に申し込みしていた場合。これも審査に落ちる対象となります。
 
なぜなら、プロミス側としても貸し倒れのリスクはできるだけ避けなければなりません。信用情報機関では申し込み情報については6か月保管が義務付けられていますので、申し込み前後6か月は他社での申し込みは避けるようにしましょう。
 

公式サイトで申し込み

プロミス

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額金利審査時間
最大500万円4.5%~17.8%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間即日融資

 

プロミスの審査に落ちる人、落ちない人のワケ

基本的に「20歳以上69歳以下で安定収入のある方」であれば誰でも申し込みが可能というのがプロミスの審査基準です。では、なぜそこで審査に落ちる人が出てくるのか?その理由を以下に述べていきたいと思います。
 

1.信用情報機関に事故情報が登録されている人

審査の際、必ず信用情報機関に事故情報がないかどうか確認を行います。なので、過去に信用事故を起こしていた人はほぼ審査に落ちると言っていいでしょう。審査情報には長期延滞や債務整理などがありますが、それぞれの記録保存期間があります。例えば長期延滞は1~5。債務整理では5~10年間は事故情報が残ると言われています。
 
他にも強制解約や代位弁済については5年間の保存期間があります。したがって、そのような事故歴がある人は、その保存期間を過ぎてから申し込みを行うといいでしょう。
 

2.他の消費者金融などから年収3分の1以上の借入れがある人

消費者金融会社は総量規制により「個人の年収の3分の1を超える額を貸付けてはならない。」と定めています。従って他の消費者金融会社、クレジットカード会社で年収の3分の1以上を既に借りている人は審査に通ることが出来ません。
 
審査に通るためには、現在の借入れをなくす、もしくは3分の1以下にすることが条件となります。
 

3.他の消費者金融からの借入れが4件以上ある人

この4件というのは一般的な基準ですが、やはり他社からの借入れがある場合は審査に落ちることがあります。なので、他社から借り入れがある場合はせめて1社にまとめるか、全て完済してから申し込むようにしましょう。
 

4.1週間以内に他の消費者金融機関に申し込みを行い、かつ審査に落ちた人

1週間という短い期間に他の消費者金融機関に申し込みを行うという行動は、その人がそれだけお金に困っているということを表すことになります。信用情報には申し込みを行ったという記録も残るので、黙っていても知られてしまいます。
 
他の消費者金融機関に申し込んで審査に落ちた人は、6か月は間をあけて申し込むようにするといいでしょう。
 

5.安定した収入がない人。

ここでいう収入には「年金」「失業保険」などの社会保障は含まれません。審査においては『安定かつ継続した収入があること』を重視します。従って、それに当てはまらない人は審査に通るのは難しいということです。
 

6.過去にプロミスで30日以上の延滞歴がある人。また、7日以上の延滞を繰り返したことがある人。

このような事故歴を起こしたことがある人の情報はプロミスの社内にて共有され、しかも消えることはありません。従ってこのような事故歴のある人はプロミスの審査には今後も通ることはないと思ってください。
 

7.嘘の申請を行った人。

これは人としても素質を問われる行動ですが、申し込みの際に嘘の内容を書く人は多いようです。
 
例えば
・「勤務先情報」欄に以前勤めていた会社の情報を記入した。
・他人のなりすまし

などです。
 
審査において、社内の調査や信用情報機関の調査を避けて通ることはできませんので、その際に虚偽記載が発覚されることになります。悪質なものは、審査に落ちるばかりか警察に通報されることにもなりますので、申し込みの際は必ず正確な情報を記載するようにしてください。
 

8.在籍確認が取れない人。

審査において、在籍確認は必須です。申込者の勤務先に「実際に在籍しているか?」の問い合わせがあります。本人が確認できるか、出来なくても職場の方から「席を外しています」という回答があれば在籍確認ができたということになります。
 
電話での在籍確認が難しい場合はプロミスの担当者に相談してみることをお勧めします。何らかの対策を取ってもらえるかもしれません。逆に言えば、プロミスの担当者に連絡がないまま電話での在籍確認が取れなかった場合は審査に落ちることになりますので、注意してください。
 

9.職業による制限。

反社会的勢力はもちろんの事、タクシー運転手や作家、芸能人、フリーランスなどの方は審査に落ちる可能性が高いと言われています。
 
やはり安定した収入があるかどうかが見極め箇所だと思いますので、過去の収入歴や今後の仕事のスケジュールなどを話して検討してもらうのもいいかもしれません。

公式サイトで申し込み

プロミス

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額金利審査時間
最大500万円4.5%~17.8%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間即日融資

 

プロミスの審査は他社と比べて通りやすい?

まず、消費者金融会社大手3社と言われる、アコム、プロミス、アイフルの審査通過率を見てみましょう。
 

アコム:46.8%
プロミス:42.9%
アイフル:43.6%
※最新情報は各社のIR情報からご確認ください。

 
こう見ると3社の中で一番審査に通りやすいのはアコム。
 
次いでアイフル、プロミスの順になっています。つまり、この中でいうと、プロミスの審査は他社と比べると若干通りにくいと言えるでしょう。
 
ただ、審査基準には各社独自の特徴がありますので、自分の現在置かれている状況に対してプロミスの審査が一番通りやすいということも当然あり得ます。
 
まずはプロミスの審査基準をきちんと理解してから申し込むようにしましょう。
 

プロミスの申し込みから審査・借入までの流れ

プロミスの申し込みですが基本的にインターネットにて行います。方法は「カンタン入力」という少ない項目を入力し、後は電話で手続きを行うものと、「フル入力」という審査項目全てに入力して申し込むものと2つを選ぶことができます。
 
カンタン入力は入力項目数が少ないので、ネットを使うのが煩わしいという方に向いています。しかし最近はインターネットを利用する世代も幅広くなっていますので、ほとんどの方が「フル入力」で申し込み方法を選択しているようです。
 
ですので、ここでは「フル入力」での申し込みの流れを説明していきたいと思います。
 

1.申し込み

インターネットから申し込み(24時間365日受付可能)
 

2.審査開始

 

スコアリング審査
スコアリング調査とはプロミスに提供された個人情報を元にして 過去の取引情報も参考にしながら申込者の属性をスコア化していくものです。プロミスでは一定以上のスコアを持っている人を貸付の対象として次の本審査に移ります。

 

外部審査(信用情報機関)
スコアリング審査に合格したら、外部審査となります。外部審査とはプロミスが指定している信用情報機関に本人の信用照会を行うことです。その照会結果を元に、最終的な審査通過判断を行うこととなります。

 
ちなみにプロミスが加盟している信用情報機関は「CIC」と「JICC(日本信用情報機構)」の2つです。
 
これらの信用情報機関に問い合わせを行い、与信判断に多大な影響を及ぼす情報があるかないかを調べるのです。もし、重大な影響を及ぼすような情報があった場合、その際は審査に通ることはありません。いくらスコアリング審査に通ったとしても、この段階で審査落ちになることもあり得ます。
 
信用情報機関は銀行や消費者金融会社のほとんどが利用しています。信憑性の高さからも、この外部審査は審査の中でも重要なものであるといえます。
 

在籍確認
在籍確認の目的は、申込時に申告された収入が間違いないかどうかを本人の職場に電話し、確認することです。この在籍確認は前述の外部審査(信用照会)と同じくらい重要です。プロミスでは原則として申込者の職場に電話をかけて確認を行います。タイミングとしてはこの在籍確認は審査最終段階と考えていいでしょう。

             

3.本人確認書類の提出

上記審査に通過することが出来たら、プロミスより本人確認書類の提出を求められます。
 
プロミスの審査で使用する本人確認書類については、「プロミスの審査に必要な書類と提出方法を解説」で詳しく紹介しております。参考にしてみてください。

 

4.結果報告

本人確認が出来たら、プロミスより貸付金額などの通知が届きます。
 

5.返済方法の選択

「フル入力」で申し込みされた方は、口座振替で返済する方法を選択します。その際の利用可能な金融機関が公式サイトに掲載されていますので、その中から選ぶことになります。
 

プロミスの審査に落ちないようにするための対策

 申し込む前のチェックリスト
  • 申込書の記載内容に漏れ、虚偽記載はないか?
  • 過去に信用事故がないかどうか?
  • 他の消費者金融会社から年収の3分の1以上の借入れはないか?
  • 他の消費者金融会社の借入れがないか?
  • 1週間以内に審査に落ちた消費者金融会社が存在するか?
  • 自分に安定した収入があるか?(年金や失業保険などの社会保障は除く)
  • 過去にプロミスを利用したことがある場合、30日以上の滞納がないか?または7日以上の滞納を繰り返していないか?
  • フリーランスなど審査に不利な職種についていないか?
  • 在籍確認をいつでも受け取れる状態にしておく。

公式サイトで申し込み

プロミス

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額金利審査時間
最大500万円4.5%~17.8%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間即日融資

 

Q&A

審査にどれくらいの時間かかりますか?

審査時間は最短30分となっていますが、混雑具合によってはそれ以上時間がかかることがあります。
 
また、申し込み時間帯によっては、翌日以降の審査になりますから、早く契約したい場合は、早めに申し込みしましょう。
 

審査対応時間は24時間ですか?

申し込みによっては24時間受け付けているものの、審査対応時間はまた別になります。店頭窓口を除き、9:00~21:00の間で審査をしてもらえます。
 
例えば、9;00以前に申し込めば、9:00以降の審査となり、20:30以降の申し込み時には翌営業日の9:00以降の審査となります。
 
店頭窓口の場合、営業時間が平日の10:00~18:00ですから、その間なら審査が可能です。
 

土日でも審査してくれるの?

店頭窓口は土日祝日が休みですから、審査はできませんが、その他の申し込み方法なら審査してもらえます。審査対応時間も、平日と同じく9:00~21:00になります。
 

まとめ

今回はプロミスの審査について審査基準のポイント、そして審査に通るための対策について述べてきました。やはり、プロミスも消費者金融会社では大手に位置しますので、審査についてもかなりオーソドックスなやり方を取っています。
 
従って、審査に通るためには自分の属性がどうであるかをきちんと見極めたうえで申し込む必要があると言えるでしょう。
 
プロミスも最近はアプリを使った申し込み方法も取り入れていますが、申し込み方法が変わろうと審査基準が変わることはありません。
 
また、借りるということはきちんと返すということです。借りることができるかどうか、審査に通るかどうかばかりを考えるのではなく、審査に通った後にどのように返済していくのか。その方法についてもきちんと最初から頭に入れておくことが大切です。一度ついた信用に関する事故情報はなかなか消えるものではありません。
 
借りるのであればきちんと返す。このことを肝に銘じておく必要があると言えるでしょう。
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

関連記事

申し込む前に確認しよう!プロミスでお金を借入する方法や仕組みを徹底解説!
利息を節約する為のポイント!プロミスの金利について徹底解説!
プロミスでお金を借りた後の返済方法と返済利息を少なくする方法を解説
プロミスは即日融資可能?即日融資を受ける為のポイント解説
プロミスの「瞬フリ」ってどんなサービス?
プロミスおまとめローンで借り換えも安心!メリット・デメリットも紹介
プロミスに申し込む前に読んでおきたい即日融資のポイント
カードローンの審査基準とは?審査に落ちる原因と対策
今すぐにお金を借りたい時に!即日融資のカードローンについて解説
カードローンとは?キャッシングとの違い・特徴を解説
 

カードローン基礎知識



▲PAGETOP