最終更新日: 2020.04.27 公開日: 2019.06.25
即日

アコムは即日融資可能?即日融資を受ける為のポイント解説

鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら

アコムで初めてお金を借りる場合に即日融資が可能か気になる人も多いはずです。クレジットカードや銀行などの金融機関のキャッシュカードは即日発行が難しいケースが多く、急にお金が必要になった際に困ってしまいがちです。
 
アコムは即日融資も可能な金融機関の一つで、審査などのスピーディーさが魅力になっています。ただし、どの申し込み方法でも即日融資が受けられるとは限らないため、内容を確認しながら手続きをすることも大切なのです。
 

公式サイトで申し込み

アコム

おすすめポイント

最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の ≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間最短1時間融資

 

アコムでは即日融資は可能なの?

アコムは即日融資が可能で、店頭での受付が可能な他むじんくん(無人契約機)を利用して契約することもできます。むじんくん(無人契約機)でカードを作れば、コンビニなどの提携ATMからお金を引き出すことも可能になります。
同業他社を含め、即日融資可能な方法を表にまとめました。
 

金融機関名電話店頭手続きWeb申込みローン契約機(自動契約機)
アコム
アイフル
SMBCモビット××

※△は別の手段との組み合わせが必要
 
アコムでは電話による即日融資も可能ですが、本人確認書類をFAXやWeb経由で送るなど組み合わせて考える必要があります。
 

申し込み方法で変わる即日融資

アコムでは即日融資が可能ですが、申し込み方法によって審査やカードの発行にかかる時間に変化が生じます。たとえば、書類をアコムから取り寄せて郵送で手続きをすることもできますが、郵送の時間がかかることからどうしても即日融資が不可能になってしまいます。
 
即日融資が可能なのは、店頭での申し込み、むじんくんを利用した申し込み、ネットを使った申し込み、電話とFAX(またはWeb)を組み合わせた申し込みになります。
 
申し込み方法で即日融資が可能な時間が変わってくるため、スピーディーに融資を受けたい場合はあらかじめどの程度時間がかかるかなどを確認した上で申し込む必要があります。
 

公式サイトで申し込み

アコム

おすすめポイント

最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の ≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間最短1時間融資

 

申し込み方別即日融資方法

1.店舗での申し込み

確実な手続き方法として好まれるのが店頭での手続きです。ネットや電話での申し込みが不安な人が利用することが多く、案内を受けながら手続きができるのが魅力です。
 
注意したいのは時間の管理です。店頭での手続きは確実な反面、待ち時間が発生します。実際に手続きを開始してから審査が終わるまでにも30分程度かかるのが一般的です。
 
「犯罪による収益の移転防止に関する法律」の改正に伴い本人確認する場合の書類は変更となりました。(更新日:2020年4月1日)
 
【A群】から2点、または、【A群】から1点と【B群】から1点をご用意いただく必要があるので注意しましょう。
 
【A群】
運転免許証
運転経歴証明書
旅券(パスポート)
住民基本台帳カード
個人番号カード(表のみ)
在留カード
特別永住者証明書
各種保険証
国民年金手帳
母子健康手帳
住民票
戸籍謄本
住民票記載事項証明書
 
【B群】
公共料金領収書(電気・ガス・水道・NHK・固定電話)
国税・地方税の領収書または納税証明書
 
※有効期限のない公的証明書については、発行日より6か月以内に作成されたものに限る。
※所持人記入欄の無い旅券(パスポート)については、【B群】より追加書類2点が必要です。
 
例:【A群】運転免許証(現住所)+【A群】各種保険証(現住所)
例:【A群】運転免許証(現住所)+【B群】電気料金領収書(現住所

 
また、融資希望額が50万円を越える場合と、他者からの借入額額の合計が100万円を超える場合は収入証明書(源泉徴収票または給与明細書など)が必要になります。
 
借入金額が大きいほど審査が厳しくなってしまうため、即日融資を受けたいのであれば小額の融資を希望するのが基本です。
 
店舗は土日祝日が休みになっているため、休日の契約ができない点にも注意が必要です。手続きが終了するとカードの発行を受けられるため、カードを使ってATMなどからお金を引き出すことができます。
 

2.むじんくん(無人契約機)の契約

専用のむじんくん(無人契約機)を利用すると、即日融資が可能なだけでなく即日カードの発行も受けられるのが魅力です。インターネットでの手続きを行った場合はカードが郵送されるまでに時間がかかり、カードが届くまでは振込み手続きが必要になります。
 
カードがあればアコムのATMだけでなく、提携ATMを利用して土日祝日、深夜の借入も可能になるため、より柔軟にお金の借入をしたい人場合は候補に入ります。むじんくん(無人契約機)で必要になる契約書類は『1.店舗での申し込み』と同じものになります。
 
手続きを進めると専用読み取り口から読み取りが可能になるため、読み取り口から書類を読み込ませます。書類の読み込み後備え付けの電話よりオペレーターから連絡が来るため、本人確認や借入目的などの確認が行われるのも特徴です。
 
確認後、最短30分で審査が終わりカードを受け取れます。カード発行後、近くのATMを利用すればお金を引き出すこともできます。注意点もあります。むじんくん(無人契約機)は土日祝日も営業していて、夜も営業しています。
 
しかし、夜遅くに手続きをしようとすると審査が翌日以降の手続きになってしまう恐れがあります。即日融資を目指すのであれば時間に余裕を持って申し込む必要があります。
 
できるだけ早くカードを受け取りたい場合は、契約機で手続きをする前にネットから申し込むのが便利です。ネットからの申し込みも審査があることには代わりませんが、移動時間中に審査がすすむため、手続きが済んですぐにカードを受け取ることも可能です。
 
ネットで契約をした場合は振込みも可能ですが、振込先金融機関が営業時間外であれば受け取れない可能性があります。土日祝日、夜間に即日融資を受け取りたい場合はネットとむじんくん(無人契約機)を組み合わせて利用するのも方法になります。
 

3.Web申し込み

Web申し込みはPCだけでなく、スマホから申し込めるのも特徴になっています。
 
公式サイトから住所、氏名、年齢、電話番号、メールアドレス、勤務先情報などを入力するとメールアドレス宛にメールが届きます。届いたメールに記載されたURLに本人確認書類の画像をアップロードするか、専用アプリ経由で画像をアップロードすると審査が行われる仕組みになっています。
 
Web申し込みの長所は、本人確認書類のアップロードが簡単なことです。必要書類は『1.店舗での申し込み』と同じで、運転免許証があると手続きが簡単になります。また、メールのやりとりだけで手続きが終了するケースもあります。必ず電話確認があるわけではないため、電話のやりとりが苦手な人でも使いやすくなっているのです。
 
本人確認書類の情報をFAXで送ることも可能です。
 
本人確認は最短30分で終了し、終了後はメールが届きます。審査が通った場合は銀行口座の情報を登録し、振り込み依頼をすることで即日融資を受けることができます。
 
注意点はカードを即日受け取るためには店頭にいくか、むじんくん(無人契約機)で手続きをする必要があることです。カードの郵送を依頼した場合はカードが届くまでに数日間時間がかかります。即日融資を目指す場合は振込みで行うか、カードを受け取りにいくか考える必要があるのです。
 
振込みはマイページからログインし、必要額を入力して依頼することになります。楽天銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行を除く金融機関は振込みの受付時間の制限が厳しいため、即日融資を受けたい場合は早めに行動する必要があります。
 
そのため、振込みを希望する銀行の営業時間が過ぎている場合や土日祝日はネットで手続きをして店頭やむじんくん(無人契約機)でカードを受け取るのが基本になってきます。
 

4.電話申し込み

アコムでは電話を使って即日融資を受けることも可能です。
 
ただし、18時以降の申し込みは翌日の手続きになる他、本人確認書類の確認のために店頭、むじんくん(無人契約機)、またはFAXの手続きを組み合わせる必要があります。
 
電話だけの手続きでは書類の確認が取れないため、何かを組み合わせなければならないのです。FAXを利用する場合は平日14時までに必要書類を揃えて送る必要があります。
 
必要な書類は『1.店舗での申し込み』と同様ですが、必要事項を記入した専用用紙を用意する必要があります。専用用紙はアコム公式サイトからダウンロードが可能ですが、印刷用のプリンターとFAXの両方が必要なため、ネットを使ってアップロードをした方が手間は少なくなりがちです。
 
ネットを使った手続きをする場合は携帯電話にURLつきのショートメッセージが送られてくるため、各種情報の登録や書類のアップロードが簡単にできる仕組みになっています。

公式サイトで申し込み

アコム

おすすめポイント

最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の ≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間最短1時間融資

 

アコムの即日融資が人気なワケ

・むじんくん(無人契約機)が多く土日祝日も稼動している
アコムの即日融資が人気になっている理由は、むじんくん(無人契約機)の多さにあります。
 
土日祝日など融資が受けにくいタイミングでもむじんくん(無人契約機)は稼動しているため即日カードを作ってコンビニを含むATMから借入をすることができます。全国各地に設置されている利便性が、利用者が多い理由になっています。

 

・Webで申し込みが完結できる
身近にむじんくん(無人契約機)がない場合もネット申し込みを行い、即日融資の振込みの依頼をすることも可能です。
 
中小の消費者金融はネットのみで即日融資の手続きができないことが多いため、大手消費者金融ならではのアドバンテージの一つになっています。電話連絡なしで手続きが完結する場合があることも魅力です。

 

・無利息期間がある
大手消費者金融は30日間の無利息期間を設けている場合が多く、アコムも例外ではなくなっています。無利息期間の有り無しは返済額に多きな影響を及ぼすため、すぐに返済する前提でアコムから借入をする人もいるのです。

 

・電話やネットで気軽にシミュレーションができる
アコムは公式サイトや電話問い合わせで、気軽に融資を受けられるかどうかをチェックできる仕組みがあります。簡易的な診断になるため確実に借りられるという断言はできないものの、審査落ちなどを避けたい場合に使いやすいのです。
 
たとえば公式サイトには年齢と年収、他の金融機関の借入額情報だけで融資が可能か簡単にチェックできます。チェックしてすぐにWeb経由で申し込むことも可能なため、一般的な消費者金融よりも問い合わせ時間を節約できるケースが多いのです。

 

アコムで即日で借り入れするためのポイント

・土日祝日も営業している銀行の口座を持っている場合はWeb申し込みが便利

土日祝日も営業している銀行口座を持っている場合は、Web申し込みが便利です。
 
振込み手数料が無料で、審査が通ったあとに振込み依頼をすれば最短1分で指定口座に振込みが行われます。
 
特に楽天銀行は相性が良く、曜日に関係なく0:10 ~ 23:49までの間で振り込み依頼を受付けています。三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行の場合に土日祝日は20時までの受付で、それ以降の申し込みは翌日9:30頃の振込みになります。
 
その他の金融機関は土日祝日の振込み自体を受けられないため、むじんくん(無人契約機)でのカードの受取を組み合わせるか、むじんくん(無人契約機)での手続きが視野に入ります。
 

・土日祝日や夕方以降はむじんくん(無人契約機)が使いやすい

土日祝日や夕方以降の即日融資を目指すのであればむじんくん(無人契約機)が便利です。ネットに詳しくなくても手続きができるだけでなく、発行されたカードを使えば提携ATMからの借入も可能になります。
免許証などの身分証を持っていれば出先であっても契約が可能で、Web申し込みよりもハードルを低く感じる人もいます。
 
注意点は無人機で手続きをしても審査時間はかかるため、ある程度時間を潰す必要があることです。ネットで先に審査までの手続きを行い、カードの受取だけにむじんくん(無人契約機)を利用する人もいます。
また、コンビニなどの提携ATMから借入を行う場合は手数料が発生します。手数料が気になる場合はアコムのATMから借入をするか、銀行振り込みを依頼することになります。
 

・申し込みの受付時間と審査の時間は別

ここで気にしないといけないポイントは「申し込みを行う時間」です。
 
アコムで即日融資を受ける場合は、申し込みの受付と審査の時間が別であるという認識が必要です。たとえばWeb受付や電話を使った受付は24時間、365日行っています。
 
しかし、アコムの審査は土日祝日を問わず、21時までになっています。21時を過ぎると翌日以降に手続きが持ちこされてしまうため、即日融資を目指すのであれば21時までに審査が終わるように早めに申し込む必要があります。
 
ギリギリに申し込んでも審査が通る可能性はありますが、書類の不備や同業他社からの借入額が多いなど問題があれば間に合わなくなる可能性も高くなるのです。FAXの場合は平日14時まで手続きをする必要があるなど、手続きによって即日融資が可能な時間に差が出るのもポイントになります。
 
店頭での手続きやFAXでの手続きは審査以外にかかる時間も考えなければならないため、慎重に考える必要があります。 アコム以外の金融機関の借入額が大きい場合などはあらかじめ時間がかかることを見込んで行動することも大切です。
 

公式サイトで申し込み

アコム

おすすめポイント

最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の ≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間最短1時間融資

 

まとめ

アコムは即日融資が可能で、ネットだけでなくむじんくん(無人契約機)で契約が可能です。むじんくん(無人契約機)が全国に配置しているだけでなく、申し込み手段が豊富なことも魅力です。平日であれば電話とFAXでも手続きが可能で、アナログな手段の方が安心できるという人でも使いやすくなっています。
 
ただし、土日祝日を含め審査時間は限られるため、余り遅くに手続きを開始してしまうと即日融資が難しくなります。
 
営業しているから手続きができるという意識ではなく、早めに手続きをする意識を持つとより即日融資の可能性が高くなるのです。
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

関連記事

こんな人は通らない!?アコムの審査基準ポイントをまとめてみた
申し込む前に確認しよう!アコムでお金を借入する方法を徹底解説
アコムの金利はどのくらい?申し込みから返済までを解説
アコムの審査基準とは?申し込み前に読んでおきたいポイント
アコムの返済方法は何種類?返済方法・最低返済額・完済方法を解説
アコムは電話で申し込みできる?アコムのお問い合わせ先について解説
アコムのATMと提携ATMでは操作方法が違う?ATMに関する疑問を徹底解説
アコムで増額・増枠申請する前に知っておきたい増額・増枠審査に落ちる理由
アコムで即日融資を受けるために知っておきたいタイムリミット
アコムの審査時間ってどのくらい?効率よく融資を受ける方法
 

カードローン基礎知識



▲PAGETOP