最終更新日:2019.08.01 公開日:2019.07.31
審査

こんなことで?カードローン審査を通りやすくする方法

鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 

詳細はこちら
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 

詳細はこちら

カードローンを申し込む時に一番不安なことと言えば、無事に審査を通過出来るのか?ということでしょう。
 
審査では氏名、住所、勤務先以外にも、クレジットカードやカードローンの利用履歴、申し込み履歴、支払い状況をチェックしますから、ここで問題があると高確率で審査落ちとなり、残念ながらカードは発行してもらえません。
 
審査を通りやすくするためには、カードローンやクレジットカードを計画的に利用していくことが一番大切ですが、この他にも方法はあります。
 

おすすめのカードローン

アイフル

アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
新規ご契約の方は最大30日間利息0円!

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%最短30分
担保・保証人自動審査お試し診断

審査を通りやすくするための準備

カードローンの審査を無事に通過するには、しっかりと下準備をしてから申し込む必要があります。
 
カードローンの審査がどのような流れで行われるのかを知ることで、カードローンの申し込みをするまでの間に何をやるべきなのか見えてくるはずです。
 

カードローン審査の順序について

カード会社によって異なる部分はあるかと思いますが、基本的には以下のような流れで行われています。
 

1.カード会社へ申し込み

カードローンを申し込むには、スタッフが常駐している店舗や無人店舗以外にも、電話、スマホやパソコンを利用してネットで申し込む方法があります。
 
いずれの方法でも審査する内容は同じであり、審査の難易度が変化することはありません。
 

2.仮審査

この仮審査は人が行うのではなく、コンピューターによって審査をします。
 
スコアリングという方法を用いて、申し込んだ人の個人情報に点数を付け、点数が高いほど審査に通りやすくなるということになります。
 
また、ここでの評価が悪かった場合には、残念ながらカードローンを作ることが出来ません。
 

3.本審査

仮審査に通過出来たとしても、まだまだ安心出来ることはなく、ここからは審査を担当する人にバトンタッチします。
 
本人確認書類や、信用情報機関から得た情報をもとにして、申し込み内容と照合してウソの申告をしていないかチェックをします。
 
また、職業や収入といった属性の審査、信用情報にネガティブな記載が無いか細かく見られます。それと同時に、申告した勤務先で本当に働いているのかを確認するために、勤務先へ在籍確認の電話をする流れになります。
 
ここまでが審査の一連の流れになります。審査が完了するまでの時間は最短で30分となっている会社もあり、即日融資を希望する人にとっては嬉しいですね。
 

カードローンを申し込む前に簡易審査を利用してみよう!

消費者金融各社のホームページには、カードローンを利用出来るのか診断をしてくれるコーナーがあります。
 
各社により質問内容は異なっていますが、基本的には生年月日や年収、他社からの借り入れ金額と件数を入力するだけで利用可能なのか判断をしてくれます。細かい個人情報の入力は不要ですから、申し込みの仮審査や本審査には全く影響は無いものの、ここで利用可能と判断されても、実際に申し込んでみると否決されることがあります。
 
実際の審査は人が行いますし、各社には審査基準があり、それがどのようなものなのかは公表されていません。しかし、目安を知るために事前に簡易審査を利用しておきましょう。
 

審査内容で重要視しているポイントはここだ

カードローンの審査について簡単に解説しましたが、この流れの中でよく出てくるのが属性と信用情報です。
 
この2点は審査の中でも特に重要視されており、審査落ちする原因の多くがここにあると言えます。
 

属性は個人情報を指す

属性とは、申し込みをした人の個人情報のことであり、細かくチェックされます。属性で見られる項目は以下のようになります。

項目

◆氏名
◆最短1時間の借入可能性あり
◆年齢
◆住所
◆年収
◆勤務先、勤務年数、雇用形態
◆居住形態、居住年数
◆家族構成
◆健康保険の種類

 
これらをチェックして、申し込み内容に虚偽記載が無いか、返済能力があるのかを見極めることになりますが、特に重要なのはやはり年収になります。
 
お金を貸したからには返してもらわなければいけませんから、どのような形態で雇用されて、どれくらいの収入があるのかをカード会社は知りたいのです。居住先の情報については、住宅ローンや家賃の負担がどれくらいなのかも重要視されますが、居住形態が持ち家なのか、または賃貸かでも評価が変わってきます。
 
自己名義の持ち家の場合では、そのまま定住することが多いですから、もしもの時にも逃げられる可能性は低いと見られるので審査では高く評価される可能性があります。
 

延滞と借り過ぎは信用情報でまる見え

カードローンの審査でさらに重要になるのが信用情報です。
 
信用情報はカードローンやクレジットカードを利用している人の個人情報、利用状況、支払い履歴、申し込み履歴、延滞などの金融事故情報で、信用情報機関に登録されています。信用情報機関には銀行、消費者金融、クレジットカード会社が加盟しており、各業者は与信判断をする際に照会しています。
 
これらの情報は各社で共有されますから、他社への支払い延滞もすぐにわかるようになっています。
 
過去に長期間支払いが遅れたことがあったり、自己破産や債務整理をしたりしたことが一定期間は記録が残りますから、これらの情報が消えるまでは新たにクレジットカードを作ったり、ローンを組むことが出来ません。
 
カードローンを申し込む際には、他社への借入金額や借入件数を申告する必要があるのですが、ウソの内容を記載しても一発でバレてしまうので、さらに信用を失うことになりかねません。
 

3つのタイプから見る、審査に与える印象は?

これまでの流れをもとに、審査に与える印象について3つの例を見ていきましょう。
 
審査に通りやすい人、通りにくい人、中途半端な人ではどう違うのでしょうか?
 

審査に通りやすい人

審査に通りやすい人の特徴として、勤続年数が長く、勤務先が大手の企業や公務員であったり、他社での借入が無い、住宅ローンの残高が無いといったことが挙げられます。
 
このようなことは、審査をする方から見ると経済力が高く、金銭感覚があって信用出来るという印象を受けますから、審査に通りやすくなるのです。
 
しかし、これらの特徴に全て当てはまる必要は無く、過去に金融事故を起こしさえしていなければ、信用出来る人だと見なされる可能性は大いにあります。どうしても審査に通りたいがために、背伸びをして年収を多めに申告してもバレてしまいますから、ありのままを伝えるようにしましょう。
 

審査に通りにくい人

逆に審査で落とされてしまう人の特徴には、年収が少ない、勤務年数が1年に満たない、他社での借入金額や借入件数が多い、過去に返済遅れなどの金融事故を起こしたことがある、ということが挙げられます。
 
お金を貸す側から見ると、仕事も続かない、お金にルーズ、信用出来ないとなればリスクがあり過ぎるとなってしまい、審査に落とされてしまうのです。
 

中途半端な人

審査に通りそうだけど、実際に申し込んでもみると審査落ちしてしまうという中途半端な人も中にはいます。
 
上場企業で働いていて、勤務年数も長く、年収も申し分ないという人は簡単に審査に通りそうなイメージがありますが、審査に通りにくい人の例でも挙げた、他社からの借入金額と件数が多い、信用情報に延滞情報があるとなれば、審査落ちしてしまう可能性はあがります。
 
せっかく収入が多くても、借入金額が多いと、将来的に返済出来なくなるのでは?
 
とみなされてしまうため、審査に落ちてしまうこともあるのです。このように自分では問題ないだろうと思っていても、審査する側から見るとお金を貸すにはリスクがあるという印象があります。
 

おすすめのカードローン

アイフル

アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
新規ご契約の方は最大30日間利息0円!

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%最短30分
担保・保証人自動審査お試し診断

審査に落ちないようにするにはどうしたらいい?

これからカードローンを申し込むという場合には、審査に与えるマイナスな部分を改善しておく必要があります。
 
属性の部分についてはなかなか難しいところではありますが、信用情報を改善することは可能です。現在クレジットカードや他社のカードローンを利用している場合には、返済日にしっかりと返すことで信用実績を積み上げることが出来ます。
 
過去に長期間延滞したり、債務整理をしたりした場合には、信用情報機関に記録が残ってしまいますが、永久に残る訳ではありません。
 
借入金額を全額返済してから5年経過すると、記録は消去されるシステムになっており、もしもここに該当する場合には、5年経過してから申し込んでください。そして、カードローンを申し込む際には、同時に何社も申し込むのも実はやってはいけないことなのです。
 
信用情報機関には、クレジットカードやカードローンを申し込んだことも記録されますから、一度に複数申し込むと、かなりお金に困っているのでは?と思われてしまいます。
 
審査に通る信用力があるにもかかわらず、もしもの場合に備えて複数申し込んでしまい、これが原因で審査落ちということもありえますから、十分注意してください。
ちなみに、申し込みをした記録は、申し込んだ日から6ヶ月経過後に消えますので、もしも審査落ちした場合には、それ以降に再チャレンジしましょう。
 

まとめ

カードローンの審査のポイントは属性と信用情報ではありますが、そう簡単に変えられるものではないというのが正直なところです。しかし、信用情報は良い利用実績を積み重ねることで、審査に通りやすくすることが可能になります。
 
個人間でも、業者からお金を借りた場合でもしっかりと返すというのが鉄則です。
 
審査に不安な場合には、まずカードローン各社のホームページにある簡易診断を受けてみることをおすすめします。
 

おすすめのカードローン

アイフル

アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
新規ご契約の方は最大30日間利息0円!

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%最短30分
担保・保証人自動審査お試し診断

SMBCモビット

「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし!郵送物なし!
お申込から契約後の借入まで一切誰とも顔をあわせません!

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%10秒簡易審査
担保・保証人自動審査お試し診断

プロミス

WEB契約なら!/最短1時間融資も可能!
借りられるか?3項目入力で3秒診断♪

融資上限額金利審査時間
最大500万円4.5%~17.8%最短30分
担保・保証人自動審査お試し診断
商品比較


▲PAGETOP