最終更新日: 2021.02.25 公開日: 2019.07.31
審査

カードローンの審査が不安な方へ!審査を通りやすくするポイントと対策

鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している

鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している

カードローンを利用するために必ず通過しなければならない関門が「審査」です。しかし、審査といっても何を審査されるのか分からず、申し込むことに不安を感じている方も多いでしょう。
 
実は、カードローンの審査で重視されるポイントはある程度決まっており、できるだけマイナス要素をなくしておくことで、審査に通る可能性を上げることができます。
 
ここでは、カードローンの審査に不安を抱く方のために、カードローンの審査の流れや申告内容のなかで重要とされるポイント、審査のための対策を解説します。おすすめのカードローンも紹介していますので、申込の際の参考にしてください。
 

公式サイトで申し込み

SMBCモビット

おすすめポイント

「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 10秒簡易審査
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 即日融資

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

   カードローンホームページへ

カードローン審査の内容とは

カードローンを申し込むと必ず、融資の可否を決定するための審査が行われます。審査の内容は主に次の3つです。
 

1.申込者の本人確認

なりすましや詐欺の被害を防ぐために、申込者が本人かどうかを確認します。

 

2.返済能力の有無の確認

勤務先・勤務形態・年収などの情報をもとに、安定して継続的に返済ができる見込みがあるかどうか、負担のない範囲で返済できる金額はどの程度かなどを判断します。

 

3.総量規制に抵触しないかどうかの確認

総量規制とは、返済能力を超える貸付を防ぐためにカード会社などの貸金業者に課せられた「原則として年収の3分の1を超える貸付をしてはならない」という決まりです。カード会社は後に説明する「信用情報」を照会し、総量規制を超える貸付にあたらないかを確認します。

 
それでは、これらの情報についてどのような手順で審査が行われるのか、流れをみていきましょう。
 

審査の流れ

一般的なカードローン審査の流れは、次のとおりです。
 

  • 1.カードローンへ申込
  • 2.仮審査(コンピューターによる審査)
  • 3.申込内容の確認と本人確認
  • 4.本審査
  • 5.職場へ在籍確認
  • 6.審査完了後申込者へ結果を連絡

 
仮審査はコンピューターで行われ、提出された個人情報について点数を付けて信用度を評価します。個人情報の確認とあわせて、信用情報機関への照会もここで行われます。基準を満たしていなければ審査終了となり、カードの発行はできません。
 
仮審査に通過すると本審査に移り、今度は人による審査となります。人の目によって、申込内容の相違や虚偽がないかを確認し、内容に問題がなければ職場へ在籍確認をして審査完了です。
 
在籍確認は電話で行われることが多いですが、書類の提出で完了する場合もあります。また、在籍確認がないカードローンもあるため、在籍確認によって職場に借入がバレることが不安な場合は、在籍確認がない金融機関を選択するとよいでしょう。

 

必要書類

カードローンの審査で必要な書類は、大きく分けると「本人確認書類」「収入証明書類」の2種類です。具体的には、それぞれ次のような書類が該当します。
 

■本人確認書類

●運転免許証
●個人番号カード(マイナンバーカード)
●健康保険証
●パスポート
●住民票の写し
●在留カード

など

 

■収入証明書類

●源泉徴収票
●確定申告書
●課税証明書
●納税通知書
●給与明細

など

 
このうち本人確認書類はどのようなケースでも提出する必要があります。しかし、収入証明書類は、次の場合のみ必須です。
 
・借入希望金額が50万円以上の場合
・借入希望額と他社からの借入金額のトータルが100万円以上の場合

 
ただし、金融機関の判断により、金額の要件に該当しない場合も提出を求められることがあります。
 
また、金融機関によって認められる書類の種類や必要な点数、発効時期の要件などに差があるため、確認して書類をそろえる必要があります。例えば消費者金融大手のプロミス、アイフルでは、次の書類の提出を求められます。
 
●プロミス

本人確認書類/いずれか1点でよいもの ・運転免許証
・パスポート(2020年2月3日以前申請・発行のもので住所欄の記載があるもの)
・個人番号カード
など
本人確認書類/2点必要なもの ・健康保険証+住民票の写し
・公共料金の領収書
など
本人確認書類/書類記載の住所と現住所が異なる場合 ・発行日から6ヶ月以内の公共料金の領収書
・住民票の写し
・社会保険料の領収書
・国税・地方税の領収書
などをあわせて提出
収入証明書類 ・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・税額通知書(最新のもの)
・所得(課税)証明書(最新のもので「収入額」「所得額」が記載されているもの)
・直近2ヶ月の給与明細書+直近1年の賞与明細書
などのいずれか

※申込方法などにより異なります
 

公式サイトで申し込み

アコム

おすすめポイント

最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の ≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 即日融資

 
●アイフル

本人確認書類 (1)
・運転免許証
・パスポート(※所持人記入欄があるもの)
・住民基本台帳カード
・個人番号カード
・保険証
・国民年金手帳
・母子健康手帳
・住民票
など
 
(2)
・公共料金領収書
・国税・地方税の領収書
・納税証明書
 
(1)から2点または(1)と(2)から1点ずつ+アイフルからの簡易書留受け取り
収入証明書類 ・源泉徴収票(最新のもの)
・住民税決定通知書(最新のもの)
・直近2ヶ月の給料明細書
・確定申告書(最新のもの)
・所得証明書(最新のもの)
などのいずれか

※申込方法などにより異なります

公式サイトで申し込み

アイフル

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
※融資まで 30日間 即日融資

※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。

 

カードローン審査の判断基準!重要な4つのポイント

申込時に記入した必要事項や本人確認書類をもとに、融資の可否やいくらまで貸せるかを決めるための審査が行われます。そのなかでも特に重要視されるのは、「信用情報」「家族・住居」「職業」「他社の借入状況」の4つです。いずれかのポイントに問題があると、審査に通りにくくなると考えてよいでしょう。
 
それぞれの項目についてどのような観点から判断されるのか、詳しくみていきましょう。

 

ポイント1.信用情報

信用情報とは、個人のクレジットやローンの利用状況に関する情報のことで、信用情報機関と呼ばれる第三者機関(CIC、JICC、全国銀行個人信用情報センター)に登録されています。信用情報機関には多くのクレジットカード会社や消費者金融業者などが加盟しており、各業者間で情報が共有されるシステムです。
 
信用情報機関には、主に次のような情報が登録されています。
 

●クレジットやローンの申込状況
●クレジットやローンの契約内容
●クレジットやローンの支払い状況と残高

 
カードローンを申し込むと、金融機関は必ず信用情報機関に登録情報の照会を行います。たとえ他社からの借入であっても、過去に延滞や滞納があれば、返済能力に問題があると判断される可能性があるため、注意しなければなりません。
 
また、債務整理などの履歴がある場合にも、審査では大きなマイナスになるでしょう。反対に過去に借入があり滞りなく完済している場合には、審査で有利になることもあります。

 

ポイント2.家族・住居

家族構成から判断されるのは主に、収入に対する家計負担の大きさです。同じ収入でも、夫婦共働きかどうかや扶養家族の数などによって、無理なく返済できる金額に差があります。本人の年収から家計に充てる割合が高そうだと判断されれば、返済能力が低いとみなされることがあるでしょう。
 
一方で、既婚者や子どもがいる方は借金を踏み倒して逃げる可能性が単身者より低い、と判断され、有利に働く場合もあるようです。
 
住まいについては、賃貸よりも持ち家の方が有利です。なぜなら、賃貸住宅の場合は毎月の家賃支出が返済能力に影響すると判断されるためです。ただし、持ち家でも住宅ローンがある場合は、月々の支払いがあるためマイナスと判断される可能性があります。
 
また、居住年数が長いほど転居して行方が分からなくなるといったリスクが低いとみなされ、審査では有利になるといわれています。

 

ポイント3.職業について

職業の情報では、年収、会社自体の安定度、収入や雇用の安定度などをチェックされます。安定的、継続的な返済が見込めるかどうかに関わるため、ローン会社にとって重要な情報です。
 
審査において有利なのは、雇用や収入が安定している正規雇用の公務員や会社員です。また、零細企業と東証一部上場企業では、後者のほうが安定しているとみなされるでしょう。
 
ただし、自営業者や正規雇用ではない契約社員、パートタイマー、アルバイトなどの方も、収入があれば審査に通ることは不可能ではありません。全く収入がない場合は、審査を通過するのは困難です。
 
また、勤続年数は長いほど今後も勤務先が変わらない可能性が高い=安定していると判断される傾向にあります。

 

ポイント4.他社の借入状況

多数の金融機関から借入をしている、借入残高が多い、といったケースでは、返済能力が低いとみなされ、審査に通りにくくなります。
 
特に借入残高は総量規制にも関わるため、重要なポイントです。総量規制の枠を超えるような借入を申し込んだ場合、貸付はできないと判断されるでしょう。

 

不安を減らす!カードローン審査のための対策

カードローン商品を提供している主な消費者金融や銀行では、カードローンの借入診断サービスを実施しています。多くは、webサイト上のフォームに年収や他社借入額を入力することで、借入が可能かどうかを瞬時に判定してくれるものです。
 
借入診断はあくまでも簡易的な診断であるため、借入可能と判定されたからといって必ず審査に通るわけではありません。しかし、診断で不可と判断されれば審査には申し込まない、という切り分けをすることはできるため、審査落ちが不安な方は事前に試してみるとよいでしょう。

 

信用情報の確認

信用情報機関に登録されている情報は、「情報開示(本人開示)」の手続きをとることで、自分でも確認できます。情報開示をすることで現在のクレジットやローンの利用状況や返済の状況、債務整理などの法的手続きの有無などが、どのように登録されているのかを知ることが可能です。
 
情報開示の方法は難しくありません。本人確認書類と手数料、申込用紙を用意して郵送、窓口で手続きする方法のほか、スマートフォン・パソコンでも手続きができます。
 
信用情報に問題があると、カードローンの審査に通るのは困難です。信用情報機関に登録された情報は、一定の期間(申込:6ヶ月、契約・返済状況:契約終了から5年以内など)を過ぎると消されます。そのため、信用情報に不安がある場合は期間の経過を待って申し込むなどの対策を採るとよいでしょう。

 

申込内容は正直に書く

カードローンの申込で審査に有利になるように、申告内容をごまかそうと考える方もいるかもしれません。しかし、虚偽の申告をすると、申告内容の確認が進まずに審査が滞り、申込自体がキャンセルになってしまう場合もあります。
 
また、虚偽の内容を申告しても、信用情報の照会や在籍確認などのステップを踏めば、重大なうそは必ずバレます。うそをついたことで信用を失くし審査で不利になるよりも、正直に申告して公正に審査を受けるほうが無難だといえるでしょう。

 

他社の借入があれば返済を

他社からの借入が多すぎる場合や、返済の延滞などがある場合には、問題を解消することで、審査でのマイナス要素を減らすことができます。延滞がある場合は、申込前に返済して延滞を解消してください。
 
また、完済できる借入は完済をするなどして借入件数や借入総額を減らすと、審査において有利に働きます。完済が難しい場合には、おまとめローンなどを利用して借入先の数を減らすだけでも、審査への対策になるでしょう。

 

複数のカードローン社へ申し込まない

一度に複数のカードローンを申し込むことは避けましょう。もしも審査に落ちたらどうしようという不安から、保険をかけておきたい気持ちは分からなくもありません。1社ずつ結果を待つよりも待ち時間が短くてすむため、効率的な方法にみえることも確かです。
 
しかし、信用情報機関には申込をしたことも記録されます。短期間に複数のカードローンを申し込んだ履歴があるとかなりお金に困っているのでは?と思われてしまい、審査に不利になる可能性があるのです。

 

カードローンの借入診断の利用

カードローン商品を提供している主な消費者金融や銀行では、カードローンの借入診断サービスを実施しています。多くは、webサイト上のフォームに年収や他社借入額を入力することで、借入が可能かどうかを瞬時に判定してくれるものです。
 
借入診断はあくまでも簡易的な診断であるため、借入可能と判定されたからといって必ず審査に通るわけではありません。しかし、少なくとも審査に落ちる可能性が非常に高い状態で申込をすることは避けられるため、審査落ちが不安な方は事前に試してみるとよいでしょう。

 

審査が通らない方におすすめのカードローン【3選】

カードローンの審査に通らない場合、手当たり次第に申し込むのは得策ではありません。信用情報の開示や他社借入の整理などの対策を採ったうえで、改めて1社を選んで応募しましょう。
 
ここでは、借入診断をしてから申し込むことができ、申込のステップも簡単なおすすめのカードローン「アイフル」「アコム」「プロミス」を紹介します。

 

アイフル

アイフルの公式ホームページには、事前に融資可能か診断できる「1秒診断」があり、申し込む前に借入の可否を簡易的に知ることができます。
 
また、申込から借入までスマートフォンで完結でき、審査の結果は最短30分で分かるなど、申込手続きがスピーディーな点も魅力です。また、限度額が800万円までと高額なので、大きな出費に備えたい方にも向いています。
 
アイフルでは、初めて利用する方や女性の方には専用ダイヤルやチャットで問い合わせや申込を受け付けています。そのため、分からないことをその場で質問することもできて安心です。

 
参考:アイフル
参照:アイフル公式サイト
 

公式サイトで申し込み

アイフル

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
※融資まで 30日間 即日融資

※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。

 

アコム

アコムは、公式ホームページで借入の可否を事前に診断できる「3秒診断」を実施しています。
 
申込から契約まではインターネットで完結でき、最短で即日の融資が可能です。また、初めての利用の場合は最大30日間金利0円でお金を借りることができます。
 
大きな特徴は、カードに消費者金融でもここだけというクレジット機能を搭載できることです。即時のカード発行ができるため、クレジットカードを急いで作りたい場合にも向いています。

 
参考:アコム
参照:アコム公式サイト

公式サイトで申し込み

アコム

おすすめポイント

最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の ≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 最短1時間融資

 

プロミス

プロミスでは、3項目の入力で借入が可能かどうかを即座に診断する「お借入シミュレーション」を提供しています。また、希望額と返済期間から毎月の返済金額を算出する「ご返済金額シミュレーション」も用意されており、返済能力を超えた借入を予防することも可能です。
 
web契約が可能で最短即日融資をうたっているため、急な出費にも対応できます。また、初めての借入の場合は、30日間利息0円で利用可能です。三井住友VISAプリペイドに直接チャージしてクレジットカードのように利用できる点も特徴です。

 
参考:プロミス
参照:プロミス公式サイト

 

公式サイトで申し込み

プロミス

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額 金利 審査時間
最大500万円 4.5%~17.8% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 即日融資

 

カードローン審査のポイントを押さえて臨もう

カードローンを利用するためには、どの金融機関に申し込んでも必ず審査を通過しなければなりません。審査に通るだろうか……と不安に思われる方も多いでしょう。しかし、審査のポイントを押さえて適切な対策をとることで、審査に落ちるリスクを下げることができます。
 
「信用情報に問題になりそうな点がないか」「住居や職業の状況に不利な点はないか」「他社から借入が多すぎないか」などのポイントをチェックし、問題があればできるだけ解消してから審査に臨むことで、不安を減らせるでしょう。

 
※2021/2/17 内容を一部修正させていただきました。
 

執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

関連記事

カードローンの審査基準とは?審査に落ちる原因と対策
こんな人は通らない!?アイフルの審査基準のポイントをまとめてみた
アイフルの在籍確認について知っておきたいポイント
SMBCモビットで審査落ち・・原因と審査に落ちないための準備
こんな人は通らない!?プロミスの審査基準ポイント
プロミスの審査に必要な書類と提出方法を解説
こんな人は通らない!?アコムの審査基準ポイントをまとめてみた
アコムの審査時間ってどのくらい?効率よく融資を受ける方法
アコムで審査落ち・・原因と審査に落ちないための準備
アコムの審査基準とは?申し込み前に読んでおきたいポイント
 

 

カードローン基礎知識

  • 審査
  • 即日
  • 借入
  • 返済
  • 金利
  • 申し込み
  • 借り換え
  • 初めて


▲PAGETOP

【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット