公開日:2019.09.04 主婦・パート

専業主婦(夫)はカードローンの利用は可能なのか解説

専業主婦(夫)でもカードローンは利用できますが、利用できるカードローンが限られています。具体的には総量規制(詳細は後述)対象外のカードローンを利用する必要がある他、まったく収入がなければ配偶者貸付制度のあるカードローンを利用するといったことが必要になります。
 
収入がなければ返済能力がないとみられてしまうため、配偶者の収入で審査を受けられるカードローンを利用しなければ審査が通らないのです。
 
※専業主夫も同様。以下、表記は「専業主婦」で統一。
 

なぜ専業主婦は限られたカードローンしか利用できないの?

専業主婦が限られたカードローンしか利用できないのは、総量規制による影響を受けるからです。総量規制とは、多重債務を防ぐために作られた仕組みの一つで、借入残高が年収の3分の1を超える場合に新たな借入ができなくなるというものです。
 
収入がなければそもそも新規の借入ができないというのがポイントで、総量規制の対象となるカードローンの場合、専業主婦は利用できません。総量規制の対象となるのは消費者金融からの借入で、貸金業者からの借入に限定されます。
 
ただし、総量規制の対象外といっても、自主規制をしているところがほとんどですので注意ください。
 
また、カードローンとは別に、住宅ローン、カーローン、療養用の借入、ショッピングなどの信販会社のローンなども総量規制の対象外になります。
 

総量規制対象外のカードローンを利用

総量規制の対象外になるのは銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫の提供するカードローンです。店舗窓口で契約を行うことが多いですが、近年はネット銀行を中心にネット上で手続きができることも珍しくありません。
 
たとえば、楽天銀行のスーパーローンの場合、楽天銀行口座と楽天IDを持っていれば、会員情報の入力の手間を減らすことができます。
 
スマホで手続きをしてコンビニATMから借入をすることも可能で、一般的な消費者金融よりも低金利でお金を借りることができます。
 
住所、氏名、年齢、勤務先情報、年収、住居の区分、居住年数、配偶者の有り無し、他社の借入状況などの情報を入力し、審査に通ればカードが発行される仕組みです。
 
楽天銀行以外の銀行でも必要な情報はほとんどかわりません。ただし、身分証明証の提出は必須で、状況によって収入を証明する書類の提出も必要になるのがポイントです。身分証明書は運転免許証やパスポートなどの顔写真つきのものが中心で、用意できない場合は住所確認がとれる書類などと組み合せて提出することが必要になります。
 
銀行系のカードローンのメリットは低金利であることです。銀行や信用金庫などの金融機関のカードローンは消費者金融と比較して低金利であるケースが多く、利息の負担を抑えることができます。
デメリットは消費者金融と比べて審査が厳しく、審査に時間がかかる傾向があることです。
 
また、銀行系カードローンは保証人や担保が求められるケースが多いのも特徴です。本人の収入が少なくても担保があれば借入ができる可能性がありますが、債務の不履行があれば差し押さえのリスクなども高まることになります。
 
保証会社などを挟む場合もありますが、無担保で貸してくれることが少ないのが銀行系カードローンの特徴にもなっています。
 
楽天銀行スーパーローンの場合は専業主婦でも借入は可能ですが、上限額が50万円に制限されるなど貸し付け条件面での制限を受ける場合が多いのもポイントです。
 

配偶者貸付制度のあるカードローンを利用

配偶者貸付制度は、専業主婦(夫)の借入を補助するための制度です。生活などに必要なお金があっても、配偶者しかカードローンが組めないことが現実的ではないこともありえます。そのため、配偶者との収入を合算して年収を計算する制度があるのです。
 
配偶者の同意が必須になりますが、総量規制の例外的な措置を受けることが可能で、カードローンでの借入のハードルを大きくさげてくれます。
 
対象会社は中小の消費者金融が中心で、一部信販会社もサービスを提供しています。大手消費者金融は定期的な収入があることを前提にしていて、安定した収入のない専業主婦への貸付を行っていないのです。
 
配偶者貸付制度を利用できる企業が少ないため、利用したい場合はまず配偶者貸付を行っているかどうかということから調べる必要があります。申し込み手続きは、配偶者の収入証明書と同意書、勤め先の情報などが必要になること以外は、一般的なカードローンとかわりません。
 
注意点は、知名度の高い企業が少ないため調べるのに時間がかかる傾向にあることです。また、カードローンではなくクレジットカードを契約し、キャッシング機能をつけた方が面倒が少ないこともあります。
 
配偶者貸付を利用すると、連帯する配偶者の借入額にも影響を与えるのもポイントです。借入額が夫婦で合計されるため、二人で別々にカードを使っていると気がつかないうちに総量規制に引っかかってしまい、新たな借入ができなくなるケースもあります。
 
配偶者貸付を利用するメリットは、銀行系以外にもカードローンの選択肢を増やせることです。銀行系のカードローンは審査が厳しく、時間もかかる傾向があります。中小消費者金融であればまた違う審査基準になるため、審査時間も短縮できる可能性があります。
 
デメリットになるのが、大手消費者金融などと比べ、金利が高くなる場合があることです。また、夫婦間の合意が必須になるため、バレずに借りるといったことはほぼ不可能になります。
夫婦間で借入額の把握がしっかりできていなければ、総量規制の関係で借入ができないことや、その他の借入を考えた際に審査落ちに繋がることもありえます。
 

専業主婦がカードローンを利用する際に気になること

専業主婦がカードローンを利用する場合は、自分だけでなく家庭への影響を考える必要があります。特に夫との関係や、即日借りられるかどうか、パートなどの収入はあるか、は気がかりでしょう。
 
お金を借りることを想定して計画をたてて、実際に借りることができなかった時は痛手となります。また、金利が膨らむことや、利息の支払いが増えてしまう恐れもあります。
収入自体が限られる専業主婦は、事前に知っておくべきことは多いのです。
 
事例を見て考えてみましょう。
 

夫(配偶者)にバレたくない・・・どうしたらいいですか?

お金を借りるとなると夫にバレたくないと考える人もいます。しかし、配偶者貸付制度のあるカードローンは収入の証明と夫(配偶者)の同意が必要になります。基本的にはバレずに借りるということができない仕組みになっているのです。
 
銀行系のカードの場合は、専業主婦でも借りられるものもあり、条件によってはバレずに借りられることもできます。ただし、まったくの無収入である場合や担保にできる資産などがなければ追加の書類が求められることもあり、隠し切れないケースもでてきます。
 
夫(配偶者)にバレずにお金を借りることは難しいのです。バレずにお金を借りたい場合は、継続的に稼げる仕事を見つけて担保や保証人が必要ない状態を作るなど、工夫する必要があります。
 

即日で借りることは可能?

配偶者貸付制度で借入ができるカードローンは、主に銀行系のカードローンです。銀行系カードローンは審査に時間がかかるのが一般的で、即日の借入ができないのが特徴です。配偶者貸付制度を利用しても即日の借入が可能な消費者金融や信販会社のカードローンも存在しますが、数が少ないのが現実です。
 
中小の消費者金融の場合、即日の借入をするためには来店が必須になるケースなどもあり、かなり難しくなることも予想されます。不可能ではないものの制限が厳しいのです。
 

パートで収入がある場合は選択肢が広がりますか?

パートで収入がある場合は継続的な返済能力があると認められ、消費者金融を含むカードローンの利用が視野に入ります。総量規制の影響は受けるものの、小額であれば借入ができる可能性は十分にあるのです。
 
銀行系のカードローンと違い、消費者金融は即日の借入が出来る可能性があります。ただし、審査のために在籍確認などが必要となるのもポイントです。
 

収入が少しでもある方におすすめのカードローン

定期的な収入が少しでもある場合は、カードローンの選択肢が一気に広がります。金融機関によって金利や即日融資の可否など、サービスが大きく変わるため、事前に十分下調べをした上で選択しないとミスマッチが増えます。
 
これは消費者金融の場合でも同様で、慎重に比較をすることが大切です。
 

おすすめのカードローン

 

アイフル

消費者金融大手で、初回借入で一定の条件を満たすと無利息期間が貰えるのが特徴です。無人契約機の数が多く、ネット以外にも契約の選択肢が多いのが魅力になっています。
 

お申し込みはこちらから!

アイフル

アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
新規ご契約の方は最大30日間利息0円!

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%最短30分
担保・保証人自動審査お試し診断

 

SMBCモビット

SMBC系の消費者金融で、三井住友銀行のATM利用手数料が無料です。Web完結式の申し込みも可能になっています。
 

お申し込みはこちらから!

SMBCモビット

「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし!郵送物なし!
お申込から契約後の借入まで一切誰とも顔をあわせません!

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%10秒簡易審査
担保・保証人自動審査お試し診断

 

プロミス

30日間の無利息期間があります。モビットと同じくSMBC系の消費者金融で、スマホアプリを利用したカードローンがあるなど、利便性を追及しています。
 

お申し込みはこちらから!

プロミス

WEB契約なら!/最短1時間融資も可能!
借りられるか?3項目入力で3秒診断♪

融資上限額金利審査時間
最大500万円4.5%~17.8%最短30分
担保・保証人自動審査お試し診断

 

アコム

消費者金融大手で、無人契約機の数も豊富なのが特徴です。ネットからの契約も可能で、選ばれやすい消費者金融の一つでもあります。
 

お申し込みはこちらから!

アコム

最大30日間金利0(ゼロ)円サービス!

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%最短30分
担保・保証人自動審査お試し診断

 

楽天銀行

配偶者貸付制度も導入しています。即日の借入はできないものの、利息が低いのが長所です。
 

楽天銀行 スーパーローン

最短翌日のご融資も可能です!
限度額最大800万円まで対応!

融資上限額金利審査時間
最大800万円1.9%~14.5%
担保・保証人自動審査お試し診断

 

J.Score

AIを使い、複数の質問に答えるだけで借入能力をチェックするユニークなシステムが特徴です。全体的に金利が低いため、利息負担を抑えたい場合に視野に入ってきます。ただし、借入は振り込みのみです。休日等の借入は振り込みに時間がかかることがあるため注意が必要です。
 

お申し込みはこちらから!

J.Score

最短即日融資/WEB完結可能
AIによるスコアレンディングサービス!

融資上限額金利審査時間
最大1000万円0.8%~12.0%仮審査最短30秒
担保・保証人自動審査お試し診断

まとめ

専業主婦は収入がないことから、基本的には返済能力がないとみなされます。そのため、消費者金融からお金を借りることは難しく、配偶者貸付制度などを取り入れた企業か銀行を含む、貸金業以外のカードローンを利用することになり、選択肢が絞られてしまいます。
 
より自由に、配偶者にバレずにお金を借りたい場合は、パートなどで働き、安定した収入を得ることが必要になります。銀行系のカードローンであれば無収入であっても借りられる可能性はありますが、その分住宅などの資産を厳しく見られるため、メリットばかりではないのです。
 
また、即日融資は消費者金融以外では難しいとされていますので、実際にお金を借りるまでに時間がかかることが一般的であるということにも理解が必要です。
 

商品比較


▲PAGETOP