最終更新日: 2020.04.27 公開日: 2020.02.18
はじめて

お金を借りたいあなたにおすすめしたい方法

執筆者 : 新井智美

新井智美

執筆者:

執筆者:新井智美(あらい ともみ)

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

聞くのは耳ではなく心です。
あなたの潜在意識を読み取り、問題解決へと導きます。
https://marron-financial.com

詳細はこちら
新井智美

執筆者:

執筆者:新井智美(あらい ともみ)

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

聞くのは耳ではなく心です。
あなたの潜在意識を読み取り、問題解決へと導きます。
https://marron-financial.com

詳細はこちら

今すぐ、もしくは近いうちにまとまったお金が必要になったけれど、お金を工面できない。そのような状況に陥った際、みなさんならどうするでしょうか?
 
身近な人からお金を借りるという方法もあるでしょうが、出来ればあまり人に知られずに工面したいと多くの人が考えるでしょう。今回はそういった場合の一つの手段として「カードローン」を取り上げたいと思います。
 

公式サイトで申し込み

SMBCモビット

おすすめポイント

「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%10秒簡易審査
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで即日融資

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

カードローンという選択肢

もし、ご自身が銀行などの金融機関が発行したカードを持っているのであれば、それを利用してお金を借りる方法があります。それ以外にも消費者金融からお金を借りる方法もあります。いわゆるカードローンといわれるものです。カードローンの特徴としては以下の3つが挙げられます。
 
1.無担保・無保証人で借入が可能であること。
2.お金の使い道が原則自由であること。
3.借入回数に制限がないこと。

 
例えば住宅ローンなどであれば、資金の使い道は住宅資金に限定されます。しかしカードローンにはそうした制約はありません。そして、カードローンには銀行が発行するカードローンと消費者金融とで違いがあります。以下にその違いを詳しく解説します。
 

銀行カードローン

銀行カードローンは後述する総量規制の対象外となるため、年収による貸付額の制限はありません。制限がない分、審査については銀行独自の基準を設けてはいますが、企業に勤務しており安定した収入のある方であれば、利用できる可能性は高いでしょう。
 
もし初めてカードローンを利用するのであれば、消費者金融よりも借入金利が低く、利用限度額も高い銀行カードローンを利用することをおすすめします。
 

公式サイトで申し込み

楽天銀行 スーパーローン

おすすめポイント

・提携ATM手数料無料で借換えにもおすすめ
・ご入会&ご利用で楽天スーパーポイントプレゼント

融資上限額金利審査時間
最大800万円1.9%~14.5%
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで申込日の3日以内

 

消費者金融カードローン

消費者金融カードローンは、貸金業法の「総量規制」によって利用者の年収の3分の1を超える貸付を禁止されています。従って、消費者金融カードローンを利用する場合、年収の3分の1を超える融資を受けることは出来ません。
 
そして、消費者金融カードローンは銀行カードローンに比べ、金利が高く設定されています。銀行カードローンの審査に通らない可能性が高いと考えられる(例えば、現時点で金融系のカードローンを利用している)場合は、銀行カードローンよりも比較的に審査基準がやさしいとされる消費者金融カードローンを検討してみては如何でしょうか。
 
消費者金融カードローンでは、即日融資可能な商品が多く、中でも「アイフル」は審査が最短30分で完了することもあり、人気の商品となっています。
 
また、消費者金融カードローンでも低金利の商品としてJ.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングが昨今注目されています。満20歳以上70歳以下の人であれば申し込むことが可能となっており、借入額が最高1,000万円でありながら年0.8%~12.0%という超低金利が設定されている点は、かなり魅力といえるのではないでしょうか。
 

公式サイトで申し込み

SMBCモビット

おすすめポイント

「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%10秒簡易審査
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで即日融資

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

職業別、お金を借りる方法

お金を借りたいと思っている人には様々な職業の方がいます。企業に勤めている方もいれば、自営業の方もいるでしょう。パートやアルバイト、そして専業主婦など、その方の属性によっておすすめできるカードローンやお金を借りる方法も違ってきます。
 

パート・アルバイト

最近ではパートの方やアルバイトであっても銀行カードローン、そして消費者金融カードローンを利用できるようになってきています。ただし、審査の際にはその人の信頼性を評価するポイントが高いので、パートやアルバイトの場合、同じ勤務先に長く勤めていればいるほど有利になります。逆に勤務期間が短ければカードローンの審査に落ちる可能性も高くなる傾向となっています。
 

専業主婦

専業主婦の方については、消費者金融カードローンに申し込むことは出来ません。なぜなら、消費者金融カードローンの申し込み条件には「自分自身の収入があること」が前提となっているからです。従って、原則としては銀行カードローンに申し込むことが可能となっていますが、銀行カードローンへの申し込み基準として、配偶者の情報及び許可が必要となります。
 

無職

原則として「安定した収入」があることを要件しているカードローンにおいて、無職の方が申し込めるカードローンは存在しません。
 
ただ、例外として「年金受給者」の場合は申し込める可能性もありますので、ご自身の環境如何で判断しましょう。
 

学生・未成年

カードローンの申し込み対象として、「20歳以上」であることは最低限の要件となっています。従って未成年は申し込むことは不可能です。逆に20歳以上であれば、学生であってもカードローンに申し込むことは可能です。ただし学生の場合、それには「安定した収入」、つまりアルバイト収入があることが要件となります。
 
親からの仕送りなどは安定した収入の対象にはなりませんので注意してください。
 

お金を借りる際の注意点

冒頭でも述べたとおり、お金を借りる動機の一つには「今すぐに、もしくは近いうちにまとまったお金が必要」ということが挙げられます。それであれば、そのお金の使用目的はご自身できちんと把握しておくことが最大の注意点となります。「なぜ、そのお金が必要なのか」、そして「どういった目的で使用するのか」をきちんと認識し、決してそれ以外の目的では使用しないようにするべきでしょう。
 
「なんとなく今月の生活費が不安だから・・・」など、目的が明確でない理由では決して借りるべきではありません。なぜなら、そういった考えで一度お金を借りてしまうと、それが習慣になってしまう恐れがあるからです。そうなってしまうと自分でも気づかないうちに借入金額が大きくなり、収拾が付かなくなってしまうことにもなりかねません。
 
「お金を借りる」ということは「きちんと返す」ことが前提になっていなければなりません。当たり前の事ですが、それが自分できちんと守れるかどうか、借りる前に自身に問いかけてみることも大切です。
 

今すぐにお金を借りたい場合は、即日融資可能なカードローンを選ぼう

即日融資可能なカードローンは消費者金融カードローンに限られます。
 
2018年より、銀行カードローンは即日融資は不可となりました。その背景には、反社会的勢力への融資を防ぐという意味から、審査の際に警察庁のデータベースから反社会的勢力かどうかの照合を行うことが義務付けられたことが挙げられます。以下に即日融資可能なカードローンについて纏めてみましたので参考にしてください。
 

各社一覧最大融資額金利(実質年率)備考
アコム1~800万円年3.0%~18.0%・最短30分で審査回答
・振込融資
・自動契約機(むじんくん)でのカード発行
プロミス1~500万円年4.5%~17.8%・WEBなら最短60分で融資も可能
・振込融資
・三井住友銀行ローン契約機でのカード発行
SMBCモビット1~800万円年3.0%~18.0%・急ぎの場合はネットで申し込み後、フリーコールに電話
・振込融資
・ローン契約機でのカード発行
アイフル1~800万円年3.0%~18.0%・最短30分で審査回答
・振込融資

※各社公式サイトを基に筆者作成
 
また、上にあげた4社はいずれも土日融資可能となっている点も評価されるポイントです。
 

即日融資を受けたい場合の注意点は「時間」

上の表のとおり、審査時間については最短で30分となっている場合が多いです。しかし、あくまで最短であって、審査を短くするための対応も必要となってきます。
 
例えば、「申込み後の在籍確認をすぐに行える状態にしておく」ことや、当日ローンカードを発行してもらいたいのであれば、「申し込みを午前中の早い時間に済ませておく」こともポイントです。その他、審査を早めるポイントとして挙げられるのは
 
1.借入額をできるだけ少なくする。
2.Web申し込みを利用する。
3.申し込みに必要な書類を事前に用意しておく。
 
などが挙げられます。
 

公式サイトで申し込み

SMBCモビット

おすすめポイント

「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%10秒簡易審査
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで即日融資

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

まとめ

カードローンを申し込む際には、なぜ借りるのかという「目的」を明確にし、事前に返済計画を立てておくことが大切です。まずはご自身の属性において銀行カードローンか、それとも消費者金融カードローンのどちらが合っているのかを判断し、その上で各社が提供するサービスの内容を比較検討して、自分に合ったカードローンを選ぶとよいでしょう。
 
自身の返済能力を超えた借り入れは絶対に行ってはいけません。カードローンは使い方次第で自身にとって便利で有益なものになります。注意すべき点をきちんと守って有意義に活用するようにしましょう。
 
執筆者:新井智美
CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

関連記事

こんな人は通らない!?プロミスの審査基準ポイント
SMBCモビットは即日融資可能?即日融資を受ける為のポイント解説
こんな人は通らない!?J.Score(ジェイスコア)の審査基準のポイント解説
こんな人は通らない!?楽天銀行スーパーローンの審査基準のポイントまとめ
こんな人は通らない!?アイフルの審査基準のポイントをまとめてみた
アイフルで即日融資を受ける為の注意点とポイントを解説
収入証明書不要でカードローンって作れるの!?
SMBCモビットはコンビニで返済可能?注意点について
アイフルの金利について徹底解説!利息を節約する為のポイント
アコムでお金を借りた後の返済方法と返済利息を少なくする方法を解説
 



▲PAGETOP