最終更新日: 2021.02.18 公開日: 2020.04.21
審査

アコムの審査基準とは?申し込み前に読んでおきたいポイント

鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している

鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している

アコムを利用したいけれど、審査に通るかどうか不安と思っている人もいるでしょう。アコムの審査基準とはいったいどのようなものなのか、そして、審査に通るためにはどのようなことに気をつけておけばいいのか。今回はアコムの審査の特徴やその基準についてお伝えします。

公式サイトで申し込み

アコム

おすすめポイント

最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の ≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付
融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 即日融資

アコムの審査で見られているポイント

アコムでは公式サイト上で「3秒診断」を用意しています。もちろん、申し込みの際の目安として使うもので、必須ではありません。ただ、3秒診断を利用した際の結果については、審査の基準の一つとして使われています。
 
3秒診断では次のような項目を入力します。

●年齢
●年収(総支給額)
●他社のカードローンの借入額

入力後、借入可能なら「お借入できる可能性が高いです」とメッセージとともに「今すぐお申し込み」とインターネットで申し込みができるリンクが貼られています。
 
初めての審査が不安な人は「3秒診断」を受けてみましょう。
 
申し込みを行った際は、まず仮審査を行います。その際に用いられるのが、その人の属性を点数化した、いわゆる「スコアリング」と呼ばれるものです。アコムはスコアリングの点数や内容について公開していません。
 
ただ、総合的に言えるのは、
・パートタイマーやアルバイトの方より正社員の方のほうが有利である
・同じ正社員でもベンチャー会社より一部上場会社のほうが有利である

ということです。
 
申し込みの条件として「安定した収入があること」と明記されていることからも、このスコアリングの点数評価は納得できると言えるでしょう。仮審査では、「スコアリング」以外にも「信用情報機関への照会」が重要視されます。
 
今までに信用事故を起こしていないかということは、どのカードローン会社にとっても審査における重要項目となっています。
 
したがって申し込みを行う際に、自分の信用情報が大丈夫かどうかについて不安がある場合は、できれば信用情報機関に情報開示請求を行って、問題がないかどうか確認することをおすすめします。仮審査を通過すると、本審査に移ることになります。
 
本審査でも最重要項目は「在籍確認」です。申込時に申告した勤務先にきちんと在籍しているか、電話で確認を行います。この在籍確認がとれない以上、審査に通過することは難しいと思ってください。

収入

アコムの申し込み条件には「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社の基準を満たす方」と明記されています。つまり、安定した収入がない人は、アコムの審査を通過することは難しいということになります。
 
ここでいう安定した収入というのは、「安定かつ継続した収入」ということです。いくら安定した収入があっても、その収入が3ヶ月に一度など時間があいてしまう人は、「安定かつ継続した収入」という枠に当てはまりません。
 
同様に年金や生活保護など、いわゆる給付金は収入とはみなされませんので注意が必要です。学生の場合の「親からの仕送り」についても、当然ながら収入とはみなされません。

雇用形態

「安定した収入」という面では、雇用形態についても重要な審査ポイントとなります。当然ながらパート・アルバイトよりも正社員の方が有利になりますし、正社員の勤務先の信用度も審査の対象となります。
 
そうはいっても、学生であっても同じ場所で長期間にわたってアルバイトをして収入を得ている場合であれば、審査に通る可能性は十分にあります。
 
逆に、いくら安定した収入があるとはいえ、自営業者や個人事業主の方は審査に通りづらい傾向があります。その他、フリーターや専業主婦の方は「安定した収入がない」とみなされますので、審査に通ることは難しいと思ってください。

\最短即日融資も可能/

(公式)アコム お申し込みはこちら

アコムの審査に落ちる人の特徴

アコムの審査に落ちる人には共通した特徴があります。いったいどんな特徴なのか、以下に挙げていきます。

1.信用情報に傷がある。
2.過去にアコムを利用し、信用事故を起こしている。
3.希望借入額が総量規制に引っかかっている。
4.他社での借入件数、借入額が多すぎる。
5.審査の必要書類に不備がある。もしくは申告内容に虚偽が発見される。
6.在籍確認がとれない。
7.短期間で複数の金融業者に申し込みをしている。

信用情報に傷がある

カードローンの審査では、申込者の信用情報を加盟している信用情報機関に照会します。信用情報とはカードローンやクレジットカードの取引状況や借入残高など、過去の利用状況に関するさまざまな情報のことを指します。
 
この信用情報に傷がついている状態では、審査に通過することは難しいでしょう。
 
例えば、過去にローンの延滞を繰り返したり、債務整理をしていたりする状態が該当します。
 
信用情報機関には、一定期間、信用情報が登録されています。過去にローン延滞などの経験のある人は、登録が削除されるまでは審査に通りません。自分の信用情報の内容を知りたい場合は、各信用情報機関に情報開示の申し込みをしてみましょう。信用情報がクリアになれば、審査に通る可能性も出てきます。
 

過去にアコムを利用し、信用事故を起こしている

アコムで過去に信用事故を起こした場合は「社内ブラック」と呼ばれ、まず審査に通ることはありません。「社内ブラック」は通常のブラックよりも厳しく判断されます。希望借入額が総量規制に引っかかっている
 
アコムのカードローンの利用限度額は、1万円~800万円です。しかし申込時に300万円の借入を希望しても、総量規制で希望通りの限度額にならないことがあります。
 
総量規制とは、借入額が年収の3分の1を超える場合、新規の借入ができないという法律です。カードローン利用者の借りすぎを防ぐために、貸金業法で定められています。
 
例えば年収が600万円の場合、その3分の1にあたる200万円を超える金額は借入できないのです。
 

他社での借入件数、借入額が多すぎる

総量規制には他の貸金業者のカードローンの借入残高も合算されます。そのため、既に他社で総量規制で定められている年収の3分の1を超える借入がある人は、アコムでは審査に通りません。
 
また総量規制に引っかかっていなくても、複数社で借入をしている場合は、返済能力を不安視され、審査が厳しくなる可能性があります。
 

審査の必要書類に不備があるか、申告内容に虚偽が発見される

アコムの審査には本人確認書類が必要です。また次に該当する場合、収入証明書も提出が必要になります。

●アコムで50万円を超える契約を行う
●他社を含めた借入総額が100万円を超える

これらの必要書類に不備があったり、申込時に申告した内容に虚偽があったりすると、審査に通るのが厳しくなります。必要書類の不備は、書類を再提出することで解決できますが、問題は虚偽の申告が判明した場合です。
 
例えば他社からの借入額を少なく申告していても、前述した信用情報機関への照会で虚偽だと判明します。アコムでの信用を失くすだけでなく、信用情報機関にも虚偽申告をしたことが登録されるため、他社のカードローンの審査も通らなくなります。
 
申込時には正確な情報を申告し、記入ミスや入力ミスにも気をつけましょう。
 

在籍確認がとれない

アコムでは審査時に電話による在籍確認を行っています。勤務先などに電話があります。この在籍確認ができないと審査には通りません。
 
きちんと在籍確認がとれるように、勤務先の電話番号は正確に記入しましょう。派遣社員の人は、派遣元の電話番号を申告します。
 

短期間で複数の金融業者に申し込みをしている

信用情報機関には他社で借入の申し込みをした履歴が残ります。あまりにも短期間に複数の金融業者に申し込みをしている場合、信用情報の照会で判明して、審査に悪影響を及ぼします。
 
「他社で借入を断られたため、いろいろな金融業者に申し込んでいる」とみなされてしまうのです。このような状態は「申し込みブラック」と呼ばれ、審査に通らないこともあります。
 
アコムで借入の申し込みをするなら、アコム1社にしぼって審査を受けましょう。
 

\最短即日融資も可能/

(公式)アコム お申し込みはこちら

アコムの審査って甘いの?厳しいの?

「アコムの審査が甘いか、厳しいか」という問いに対する答えに関しては、「決して甘くはない」と言えます。参考までに、消費者金融系のカードローン大手3社の審査通過率を見てみましょう。

      

カードローン会社 審査通過率
アイフル 39.2%
アコム 41.5%
プロミス 37.8%

(2021年2月時点のデータ)
※各社公式サイトデータより抜粋のうえ筆者作成。
 
この表を見ても、半分以上の方が審査に落ちていることが分かります。ひと昔前であれば、中小の消費者金融会社が違法な金利で審査もせずに簡単に融資を行っていたこともありますが、貸金業法が改正された今では、審査が甘いカードローンは存在しないと認識しておくことが大切です。
 

\最短即日融資も可能/

(公式)アコム お申し込みはこちら

アコムの審査に通りやすくするための方法

では、アコムの審査に通過するためにはどのようなことに気をつければいいのでしょうか。以下にそのポイントを紹介します。
 

1.利用限度額を高く設定しない。

利用限度額を低めに設定することで、「借りすぎという印象を与えない」ことや「計画的に借り入れしている」ことを印象付けられます。
 

2.他社へ借り入れをしない。

審査の際、他社への申込情報も信用情報機関への照会によって明らかになります。
 
もし、1ヶ月以内に他社への借り入れ申し込みを行っていたとすれば、「アコム以外にも申し込みしないとお金を借りることができないのではないか」と思われますし、もし、他社での申し込みで審査に通らなかった場合は、アコムでも借り入れることは不可能です。
 
したがって、同時期に複数社へ申し込むことはしないように、できれば半年から1年間はあけるようにすることが大切です。
 

3.申し込みの際の情報は正確に、提出書類についても不備のないように準備しておく。

申込時の情報に記載ミスや入力漏れがあったり、提出書類に不備があったりすると、審査時間が長くなるばかりでなく、「虚偽の申告」とみなされてしまう可能性もあります。そういった誤解を招くことのないように、申込情報や必要書類は正確なものを提出するようにしましょう。

 

\最短即日融資も可能/

(公式)アコム お申し込みはこちら

アコムに申し込む前に確認したいチェックシート

アコムに申し込む前に以下の内容をクリアしているかどうか、チェックしてみましょう。

1.利用条件を満たしているか
2.現在他社からの借入をしていないか
3.同時に複数社に審査を申し込んでいないか
4.過去に悪質と判断されるような延滞事故を起こしていないか
5.審査の申込内容に虚偽がないか
6.在籍確認はできるか

\最短即日融資も可能/

(公式)アコム お申し込みはこちら

Q&A

審査はどのくらいの時間がかかりますか?

アコムの審査は最短30分で完了します。ただし、あくまで最短ですので、スコアリングや信用情報機関への照会結果によってはそれ以上の時間がかかることもあると思ってください。
 

審査結果はどのように伝えられますか?

インターネットや電話、郵送で申し込みをした場合は、メールか電話で審査結果の連絡があります。店頭窓口や自動契約機で申し込みをした場合は、その場で直接結果が伝えられます。
 

審査対応時間は24時間ですか?

アコムの審査対応時間は土日祝日を含む9時から21時となっています。しかし、営業時間がそれよりも短い店舗窓口や電話では、平日の限られた時間しか対応してもらえません。
 
したがって、審査を早く済ませたいのであれば、インターネットもしくはアコムの無人契約機を利用して申し込みを済ませるようにしましょう。
 

土日でも審査してくれるの?

上述のとおり、審査は土日でも対応可能です。
 

急にまとまったお金が必要になりました。最短で借入できる方法はありますか?

インターネット、または電話(0120-07-1000)での申し込みは24時間365日可能です。審査回答後はインターネットで「振込による融資」を利用すると、即日借入が可能になります。
 

\最短即日融資も可能/

(公式)アコム お申し込みはこちら

アコムの審査基準のポイントを押さえておこう

アコムの審査基準のポイントを紹介しました。審査に通過する基準として最も重要なのは「安定した収入があること」、そして「信用情報に傷がないこと」です。
 
収入面で審査の基準をクリアしていても、信用情報に傷があると審査には通りません。その場合は、信用情報の登録が削除されるのを待って申し込みましょう。
 
総量規制の問題も意外と見落としがちです。他社のカードローンも利用している人は、借入残高をきちんと確認しておきましょう。年収の3分の1がいくらになるかを把握しておくことが必要です。
 
その他、借入残高を把握できておらず、誤った金額を申告しても虚偽申告とみなされます。総量規制に引っかからなくても、審査に通らない可能性があるため、注意したいポイントです。
 
無事、アコムの審査に通っても、計画的な利用をしなければ返済が滞ってカードローンが利用停止になります。自分の収入で返済できる、本当に必要な金額だけを借り入れするように心がけましょう。収入と支出をきちんと把握して、計画的に利用することで、カードローンは便利に利用できます。
 
(参考)・アコム公式サイト
 
※2021/2/18 内容を一部修正させていただきました。
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

関連記事

こんな人は通らない!?アコムの審査基準ポイントをまとめてみた
アコムは即日融資可能?即日融資を受ける為のポイント解説
アコムの金利について徹底解説!利息を節約する為のポイント
アコムでお金を借りた後の返済方法と返済利息を少なくする方法を解説
アコムの返済方法は何種類?返済方法・最低返済額・完済方法を解説
アコムは電話で申し込みできる?アコムのお問い合わせ先について解説
アコムのATMと提携ATMでは操作方法が違う?ATMに関する疑問を徹底解説
アコムで増額・増枠申請する前に知っておきたい増額・増枠審査に落ちる理由
アコムで即日融資を受けるために知っておきたいタイムリミット
アコムの審査時間ってどのくらい?効率よく融資を受ける方法
 

公式サイトで申し込み

アコム

おすすめポイント

最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の ≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付
融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 即日融資
 

カードローン基礎知識

  • 審査
  • 即日
  • 借入
  • 返済
  • 金利
  • 申し込み
  • 借り換え
  • 初めて


▲PAGETOP