最終更新日: 2020.06.03 公開日: 2020.04.28
借入

プロミスの返済方法は何種類?返済方法・最低返済額・完済方法を解説

鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら

消費者金融大手のプロミスのカードローンは、大きく6つの返済方法が用意されており、自身の都合に合わせた返済方法を選べます。
 
返済日に確実に返済できる方法を選べば、支払い遅れのリスクを回避できるメリットがあります。
 
プロミスへの返済について詳しく解説しますので、疑問に思っていることを解消し、安心して利用しましょう。
 

公式サイトで申し込み

プロミス

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額金利審査時間
最大500万円4.5%~17.8%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間即日融資

 

プロミスの返済方法は何種類?

プロミスの返済方法は、ネット返済、口座振替、店頭窓口、プロミスATM、提携ATM、コンビニのマルチメディア端末から選べます。まずは下記の表にまとめましたのでご覧ください。
 

項目ネット返済口座振替店頭窓口プロミスATM提携ATMマルチメディア端末
利用可能時間24時間金融期間に準じる10:00~18:00(平日のみ)7:00~0:00コンビニでは24時間可能24時間
利用手数料無料無料無料無料必要無料
メリット最短1秒返済返済に行く手間なし相談可能年中無休近所の店で返済可能手数料が不要

 
それぞれの返済方法についてさらに詳しく見て行きましょう。
 

・インターネット返済

銀行に行って振り込むのとは違い、プロミスのホームページからログインして利用可能金融機関を設定して、サイト内から返済するというものです。
 
利用できる金融機関は約1100ありますが、インターネットバンキングが利用できるよう各金融機関での手続きが必要になります。
振込手数料が無料、24時間365日利用可能で、いつでもどこでも手続きができるので大変便利です。
 

・口座振替

ご自身の保有している銀行口座から、自動的に引き落としてくれるので、返済忘れが少なく、返済に行く手間が省けます。
 
利用には手数料がかからず、給料が振り込まれる口座と一緒にしておけば、お金を移す必要がありません。
 
仕事が忙しく、返済に行く時間がもったいないという方には特におすすめしたい方法です。
 

・店頭窓口

スタッフが常駐しているお客様サービスプラザでの返済も可能で、もちろん手数料が不要です。
 
土日祝日は休みとなりますが、利用中の疑問や相談があればその場で直接相談ができるメリットがあります。
 
全てにメリットがある訳ではなく、営業時間が平日10:00~18:00と限られており、仕事をしている方が利用することは難しいかもしれません。
 
そして、スタッフがいる店舗が全国に18しかなく、利用できる方はさらに限られてしまうでしょう。
 

・プロミスATM

全国各地に展開しているプロミスの自動契約コーナーには、ATMが設置されており、毎日7:00~0:00まで営業しています。
 
手数料が無料で、土日でも返済できるのがメリットです。自宅に近い場所にあるのでしたら、利用するメリットは十分にあるでしょう。
 

・提携ATM

プロミスと提携している金融機関のATMからの返済が可能で、大手銀行やゆうちょ銀行、地方銀行などの金融機関で返済ができます。
 
また、全国展開している大手コンビニ内に設置してあるATMでは24時間返済ができるので大変便利です。コンビニ以外の提携ATMの利用時間は、各金融機関の営業期間に準じていますが、コンビニATMなら365日利用できます。
 
しかし、提携ATMを利用する際に注意したいのが、利用手数料が必要な点です。
 
借入、返済ともに手数料が必要で、1万円以下の場合110円、1万円以上の取引で220円が支払金額から差し引かれます。便利な反面、返済金額が少なくなってしまうことになりますのでので、よく考えて利用するようにしましょう。
 

・マルチメディア端末

ローソンやミニストップ、ファミリーマート店舗内に設置してある端末から手続きをして、レジにて返済するという方法です。
 
マルチメディア端末は、ローソンやミニストップではロッピー、ファミリーマートはFamiポートが設置されています。
 
ローンカードを持参し、ロッピーでは「各種代金、利用料金お支払いクレジット等の支払い」Famiポートでは借入金の返済から入ってください。
 
あとは画面の指示に従って手続きを進めるだけで、発行されたレシートを持ってレジに行き支払いをしましょう。マルチメディア端末は24時間利用できて、手数料が不要な点がメリットです。
 

おすすめの返済方法はなんですか?

支払い遅れの可能性が少なく、確実に返済ができて、手数料が不要な点を考えれば、口座振替がおすすめです。
 
とにかく仕事が忙しく時間に余裕がない、わざわざ返済に出向くのが面倒という方にとっては大変ありがたい返済方法と言えるでしょう。
 
返済が遅れると、プロミスから携帯に電話が来たり、郵便物が自宅に届くことがあります。返済遅れは信用低下を招きますから、確実に返済日に返済するのがとにかく重要です。
 

返済を口座からの自動引き落としにしたい

プロミスでは、口座振替を「口フリ」という呼び方でサービスを行っています。何かと便利な口座振替にするには、公式ホームページの会員サービスで手続きが可能です。
 
金融機関の口座の設定は、以下の手順で行います。
 
1.公式ホームページの会員サービスログイン
(ローンカードの番号と暗証番号、Web-IDとパスワードの組み合わせのどちらかでログインできます。)
2.会員サービス内の借入・返済の手続きから、口フリの手続きを選択
3.利用したい金融機関を選ぶ
4.指定した金融機関にログイン後、口フリ申し込みをして設定完了
 
ちなみに、口フリの場合、指定した金融機関によって返済日が異なっているので注意が必要です。また、口フリに対応していない金融機関がありますから、公式ホームページで事前に確認しておきましょう。
 
返済日や手数料については下記の表を参考にしてください。
 

         

金融機関三井住友銀行・ジャパンネット銀行その他の金融機関
返済日5日、15日、25日、末日から選択毎月5日
手数料無料無料

 
ネット上で手続きができなかった金融機関があった場合、預金口座振替依頼書をプロミスへ送付することで手続きができます。
 

プロミスの返済方式について

プロミスでは、最後に借入をした時の借入残高によって、毎月の返済金額が変わる「残高スライド元利定額返済方式」を採用しています。しかし、厳密に言えば元利定率方式であり、借入残高に応じて一定の割合をかけて、返済金額を算出します。
 
この方法を採用しているのは、プロミスとアコムの2社です。
 
プロミスでは、以下のような計算式に借入後残高を当てはめれば、毎月の返済額を算出できます。
 

         

         

         

         

最終借入後残高返済金額の計算方法(1000円未満は切り上げ)
30万円以下借入後残高×3.61%
30万以上100万円以下借入後残高×2.53%
100万円以上借入後残高×1.99%

 
例えば、借入後残高が50万円だとすると、50万円×2.53%=12650円になりますから、毎月の返済は13000円です。
 
このほかに、アイフルが採用している元利定額返済方式があり、最後に借入をした後の借入残高に応じて返済額が決まります。
 
借入残高10万円単位で返済額が決められているのが特徴で、わざわざ計算するまでもありません。
 
比較すると、元利定額返済方式の方が次回の返済金額が明確化されているのでわかりやすいと言うこともできるかもしれません。
 
また、プロミスでは返済時に次回の返済金額が明細に印字されていることも頭に入れておいてください。
 

プロミスの返済日について

プロミスの返済日は、一部の口座振替利用の場合を除いて、毎月5日、15日、25日、末日から選択できます。選択肢が多くありますから、給料日の後に設定しておくと返済に困ることはないでしょう。
 
しかし、初めてプロミスを利用する方は、借入した日によって、初回の返済日が異なっています。
 

返済日借入日初回の返済日
5日1日~19日借入日の翌月の5日
5日20日~末日借入日の翌々月の5日
15日1日~末日借入日の翌月の15日
25日1日~9日借入日の同月の25日
25日10日~末日借入日の翌月の25日
末日1日~14日借入日の同月の末日
末日15日~末日借入日の翌月の末日

 
25日や末日を選択した場合、借入した日によっては、その月に返済しなければいけないので注意してください。
 

返済日は途中で変更可能?

勤務先が変わった、自身の都合でやっぱり返済日を変えたいなど、返済期日を変えたいことがあるかもしれません。プロミスでは、その辺りも柔軟に対応しているので助かります。
 
「転職したら、返済日が給料日よりも前になってしまった!」と焦る必要は全くないので、安心してください。返済日の変更方法は以下の通りです。
 
1.自動契約機または店頭窓口に出向いて手続きをする
2.書類を郵送して変更してもらう
3.公式ホームページの会員サービスで申し込む
 
この中では、いつでもどこでも手続きができる、ネットでの変更がおすすめです。
 
会員サービスにログインして、「ご返済日変更申込」からご希望の返済日を選びなおすと、手続きができます。場合よっては変更ができないことがあるようなので、その時は直接プロミスに電話を入れて聞いてみましょう。
 

公式サイトで申し込み

プロミス

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額金利審査時間
最大500万円4.5%~17.8%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間即日融資

 

プロミスの最低返済額はいくら?

プロミスの返済方式で解説しましたが、元利定率方式による計算のもと、毎月の返済金額が決まる仕組みになっています。
 
ですから、元利定額方式のように、今これだけ借りているから、毎回これだけ返済しなさいというような、最低返済額は決められていません。
 
強いて言えば、元利定率方式によって導き出された金額が、最低返済額に当たり、その額以上を返済すれば良いということになります。
 
計算方法については返済方式で解説しましたので、そちらを参照してください。今度は下記に借入金額のパターンを例示します。

①5万円借入の場合

5万円×3.61%=1805円ですから、切り上げて毎回2000円の返済となります。
 

②10万円借入の場合

10万円×3.61%=3610円ですから、切り上げて毎回4000円の返済となります。
 

③70万円借入の場合

70万円×2.53%=17710円ですから、切り上げて毎回18000円の返済となります。
 
このように簡単に求めることができますから、シミュレーションしてみると良いでしょう。
 

プロミスで借りたお金を完済(全額支払い)する方法

「臨時収入でプロミスの借入金額を完済する」ということも自由に行えます。その際、手数料は不要で、利用した日数分の利息を支払うだけで完済となります。
 
例えば、借入金額が30万円で、30日間借りたときの利息は、4389円になりますから、残金と合わせて304389円を返済すれば完済になります。完済時には端数の金額が発生しますが、プロミスATMや提携ATMでは小銭が使えません。
 
店頭窓口、インターネット返済、マルチメディア端末で返済すると、端数までキッチリ支払いができます。
 
借入金額が少ないほど、完済時の利息は少なくなりますから、お金に余裕がある時に返済をしておくことがおすすめです。
 

返済が遅れてしまった場合の対処法

「口座振替にしたものの、残高不足で返済できなかった」、「うっかり忘れていた」などの理由で返済が遅れたら大変です。
 
今後カードローンの利用ができない、強制解約、信用情報機関に記録が残るなどデメリットが多いので注意しましょう。
 
返済を放置していると、電話がかかってきたり、督促状が郵送され、最終的には裁判へ移行されることもあります。
 
どうしても返済が遅れそうな場合や支払えない時には、事前に電話を入れておくなど、誠意ある対応をとっておくようにしましょう。
 

Q&A

残高を確認する方法はありますか?

借入残高を確認する方法は以下の通りです。
 
1.公式アプリで確認する
スマホにアプリをダウンロードすると、アプリ内で確認ができます。
 
2.公式ホームページの会員サービス
会員サービスにログインして確認できます。
 
3.コールセンターに電話
0120-24-0365の自動応答で残高を聞くことができます。
 
4.ATM利用時の明細
借入、返済時には明細が発行され、残高も印字されています。
 

期日前の返済は可能になっており、返済月の返済なら特に問題ありません。例外としては口座振替の場合、毎月の引き落とし金額が決められていますから、期日前返済はできません。
 
インターネット返済やATMでの返済を利用しましょう。
 

まとめ

プロミスの返済方法は6つ用意されており、さらには返済期日の変更にも柔軟に対応してもらえます。
 
借り手にとって、使いやすさ・返済のしやすさは、カードローン選びの重要なポイントになる方も多いかと思います。
 
借り入れ後、返済に困ることが無いように、使い方には十分注意しましょう。
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

関連記事

申し込む前に確認しよう!プロミスでお金を借入する方法や仕組みを徹底解説!
こんな人は通らない!?プロミスの審査基準ポイント
利息を節約する為のポイント!プロミスの金利について徹底解説!
プロミスは即日融資可能?即日融資を受ける為のポイント解説
プロミスの審査に必要な書類と提出方法を解説
プロミスの「瞬フリ」ってどんなサービス?
【FPが解説】即日融資が可能なカードローン5選
【FPが解説】即日融資を受けるためのポイント
【FPが解説】カードローンの審査に落ちた人の特徴と改善方法
カードローンの審査基準とは?審査に落ちる原因と対策
 



▲PAGETOP