最終更新日: 2020.07.29 公開日: 2020.06.12
はじめて

アコムを解約する手順と注意点を解説

鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら

「アコムのカードローンの返済がようやく終わったし、カードを処分しよう」というだけでは、解約となりません。借入残高が0円になっても契約は終了されておらず、また借り入れが可能な状態になっています。
 
完済したからもう使うことはないという方は、解約まで済ませてもよいでしょう。アコムの解約方法、そのメリットやデメリットについても併せて解説します。
 

アコムを解約する際の3種類の方法

アコムのカードローンを解約する方法は以下の3つです。
 

解約方法
  • 1.電話
  • 2自動契約機(むじんくん)
  • 3.店頭窓口

 
この中から選んで手続きをしてください。いずれの方法でも、ローンカードが必要なので忘れないように準備しておきましょうまた、当たり前のことですが借入残高があれば解約することができませんので、必ず完済してから手続きを行ってください。
 

電話

電話で解約する場合には、アコム総合カードローンデスク0120-629-215まで連絡をします。受付時間は平日のみで、9:00~18:00の間で解約の手続きが可能です。
 
電話をする前に、手元にローンカードを用意しておきましょう。
 
電話で解約する方法

  • 1.アコム総合カードローンデスク0120-629-215に電話をする
  • 2.音声ガイダンスに従って、オペレーターにつなぐ方法を選択
  • 3.オペレーターが出たら、カードローンの解約を伝える
  • 4.ローンカード記載のカード番号をオペレーターに伝える
  • 5.氏名、生年月日の確認
  • 6.解約証明書の発行を伝える
  • 7.手続き完了

 
手続きが完了したら、ローンカードは不要になりますが、そのままの状態で放置または処分するのは危険です。
もしも他人に拾われたりすると、悪用される可能性がありますから、ハサミを使って特に磁気ストライプの部分を細かく切り刻んでください。
 
その後はゴミとして処分して構いません。
 

自動契約機(むじんくん)

全国各地に展開している無人店舗内にある、自動契約機むじんくんを使って解約することができます。むじんくんは、9:00~21:00に土・日・祝日もご利用いただけます。※営業時間は一部異なる場合もございます
 
自動契約機むじんくんで解約する方法

  • 1.近所にある無人店舗に向かう
  • 2.契約ルームに入り、自動契約機のタッチパネルを操作、お問い合わせ、ご相談を選択
  • 3.室内備え付けの電話でオペレーターと話すことができるので、解約を伝える。
  • 4.ローンカードのカード番号を伝える
  • 5.氏名、生年月日の確認
  • 6.解約証明書の発行を伝える
  • 7.手続き完了

 
手続きの内容としては、電話で解約する場合とあまり違いがありません。また、ローンカードの処分も自分で行う必要があります。
 
わざわざ店舗まで出かけなければならないほどのメリットがある訳でもないので、どうしてもという方は利用すると良いでしょう。
 

店頭窓口

アコムのスタッフが常駐している店舗が全国にあり、店頭窓口でスタッフと話をしながら手続きを進めることができます。
店頭窓口は平日のみの営業で、9:30~18:00までなら解約手続きが可能です。
 
注意点として、店頭窓口で解約手続きする場合には、ローンカード以外にも、運転免許証など本人確認できる書類が必要となります。
 
店頭窓口で解約する方法

  • 1.営業時間内にアコムの店頭窓口まで出かける
  • 2.スタッフに解約することを伝える
  • 3.本人確認書類の提示、ローンカードを返却する
  • 4.解約証明書発行を依頼
  • 5.手続き完了

 
電話、自動契約機と異なり、ローンカードの処分はアコム側にお願いできます。
 
自動契約機で手続きするよりも店舗が少なく、全国に22店舗しかないので、お住いの地域に店頭窓口が無い可能性があるので、アコムの公式ホームページで店舗がどこにあるのか確認してください。
 
土日祝日は休みなので、利用の際にはお間違いのないようにしましょう。
 

解約に伴い書類が自宅に郵送されるので要注意!

解約したから郵便物が一切こないわけではありません。解約手続き完了数週間後に解約証明書と同封した郵便物が届きます。
差出人名は「ACセンター」と書かれていますが、同居している家族に借金していたことを知られてしまう可能性があります。
 
ただ、解約証明書は必ず必要という訳ではありません。その理由については後で解説しましょう。
 

アコムを解約する理由を明確にするべき理由

カードローンの解約する意味がイマイチわからない方のために、メリットとデメリットを比較してみます。

解約するメリット解約した時のデメリット
・各種ローンの審査に通りやすくなる
・カードローンに頼らない生活ができる
・急にお金が必要な時に頼れなくなる
・また利用する時には、改めて審査を受ける必要がある

 
今までカードローンがあったおかげで、さまざまなシーンで役立っていたかと思いますが、解約するとそれが利用できなくなってしまいますが、カードでお金を借りるのが癖になってしまっている人にとっては、そこから抜け出せるチャンスと捉えてもよいかもしれません。
 

カードローンを解約するメリット

上述したように、解約するメリットは2つあり、これまでのカードローンに頼った生活から抜け出すことができます。今まで返済に充てていた金額が浮いてくるので、生活も楽になるはずです。
 

各種ローンの審査に通りやすくなる

カードローンが足かせになって、今まで利用できなかったローンでも審査に通る可能性が出てきます。
住宅ローンや自動車ローンなど、高額なローンを組む際には審査が行われますが、借り入れが無い状態の方が審査に良い影響を与えます。
 
ただ、審査で評価を上げるためには、カードローンを解約しておくことが非常に重要となります。
 
たとえ借入残高がゼロになったとしても、契約が残ったままだとまた借金する可能性があると判断されかねません。
もしも、今まで使っていたアコムのカードローンの借り入れ限度額が30万円だった場合、契約が残っていればいつでも利用可能な状態です。
 
そう思われないようにするには、解約してきれいさっぱりと断ち切っておく必要があります。
 

カードローンに頼らない生活ができる

カードローンを利用しているとそれが当たり前のようになり、ATMで借り入れする時には、自分の銀行口座からお金を引き出す感覚に陥っているかもしれません。
 
借り入れと引き出しの感覚がおかしくなる=金銭感覚が狂うということですが、その癖を修正するには解約が効果的です。
繰り返しでカードローンを利用していたのができなくなる訳ですから、お金の使い方も慎重になります。
 
カードローンの返済に回していた分のお金を生活費や貯蓄に回せる余裕も生まれますから、これまでの生活が一変することでしょう。
 

カードローンを解約した時のデメリット

解約するとローンカードが使えなくなるので、いざという時のお金を貯めておきましょう。
 

急にお金が必要な時に頼れなくなる

例えば急な飲み会の時にカードローンがあると借り入れて凌ぐことができましたが、解約後はできなくなります。カードがあると便利なのですが、完済をきっかけにお金のやり繰りを改めるのも良いですね。
 
急な出費に対応できるように、返済に回していたお金は貯蓄に回しましょう。
 

また利用する時には改めて審査を受ける必要がある

「アコムのカードローンを解約したものの、ちょっと大きな金額が必要になった」
このような場合、またアコムを利用することはできますが、契約が残っていないので初めて申し込んだ時と同じように審査が必要になります。
 
審査に通れば、また契約してもらえますが場合によっては借り入れ限度額が少なくなる可能性もあるでしょう。
限度額は審査結果によって決められるので、収入が少なくなっていたりすると希望通りとは行かなくなる可能性もあるので注意しましょう。
 

公式サイトで申し込み

アコム

おすすめポイント

最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の ≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間即日融資

 

Q&A

解約証明書ってどんな時に必要ですか?

普段あまり耳にすることのない解約証明書は、新たにクレジットカードを申し込む時や、ローンを契約する時に必要な場合があります。
 
住宅ローンを組む際に解約証明書の提出ができないと、まだ契約が残っていると判断されます。今後このような予定がある方は、完済ついでに解約証明書を発行してもらうようにしましょう。
 
解約証明書を発行してもらう一番良いタイミングは、解約手続きをする時です。必要になった時よりも、先に発行してもらっておけば手間が省けます。
 
解約証明書の発行は、解約手続きの方法でも触れましたが、電話、自動契約機、店頭窓口でお願いできます。
 
店頭窓口ではその場で発行してもらえますが、他の方法では後ほど自宅へ郵送される形をとってもらうことになります。
 

1000円以下の残高も清算するべきですか?

解約するには、完済が前提となります。
借入残高が1000円を下回ると、返済日も設定されず、利息も発生しないのでそのまま放置しても良いと考えてしまいますが、契約は残ったままです。
 
アコムのATMやコンビニATMで完済しようとすれば、小銭を使うことができないので、このような状態が起こります。
借入残高をゼロにするには、銀行振込、またはアコムの店頭窓口で返済してください。
 
銀行振込の場合は振込手数料が発生するので、もったいないという方は店頭窓口を利用しましょう。
 

まとめ

アコムのカードローンを完済しただけでは、契約完了とはならず、解約手続きをしない限りいつでも使える状態にあります。
完済後利用する予定が全く無い時には、解約手続きをしてローンカードを使えなくしてもらいましょう。
 
解約後に住宅ローンなどを申し込んだ時には、解約証明書の提出を求められることがあるので、予定のある方は解約時に請求しておくとよいでしょう。
 
契約が無いことを証明するための書類ですから、もう借り入れが無いという証拠として使用できます。解約はアコムの店頭窓口、電話、自動契約機むじんくんで手続きが可能です。
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

関連記事

アコムで増額・増枠申請する前に知っておきたい増額・増枠審査に落ちる理由
アコムのATMと提携ATMでは操作方法が違う?ATMに関する疑問を徹底解説
アコムでお金を借りた後の返済方法と返済利息を少なくする方法を解説
こんな人は通らない!?アコムの審査基準ポイントをまとめてみた
アコムの金利について徹底解説!利息を節約する為のポイント
 



▲PAGETOP