公開日: 2020.09.15 初めて

カードローンとは?審査や金利に関わる知っておくべき情報をご紹介!

鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら

公式サイトで申し込み

アイフル

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
※融資まで30日間即日融資

※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。

「お金を調達したいけれど、カードローンって安心?」
「カードローンって審査が難しそう…金利も高くない?」
 
この記事では、そうした疑問を抱いている方に、カードローンの特徴やカードローンを利用する上で知っておきたい法律を分かりやすくご紹介します。
 

   カードローンホームページへ

今さら聞けない「カードローン」とは?

そもそもカードローンって一体何?

カードローンとは、カード会社や金融機関が提供しており、担保や保証人不要で借入ができる個人向け融資のこと。他の融資とは異なり、借り入れや返済は金融機関やATMなどで行える手軽さが特徴です。
 
入会時に審査が必要であり、審査によって利用限度額や金利が設定されます。限度額内であれば何度でも借り入れできるのも特徴のひとつです。
 

カードローンとキャッシングの違いは?

カードローンのようにお金を借りられるサービスには、クレジットカードに付帯されているキャッシングというサービスがあります。
 
キャッシングはクレジットカードを持っていれば利用でき、借り入れサービスとしてはカードローンとほぼ同じと考えて問題ありません。借り入れのみのサービスであるカードローンと比べると、クレジットカードは、1枚持っていれば買い物もキャッシングも両方できる利便性の高さが特徴です。
 
ただし、キャッシングでの借り入れは、カードローンに比べて金利が高いという特徴もあります。そのため、買い物と借り入れどちらも利用したい場合や、短期間での借り入れを考えている場合はキャッシングを。長期間での借り入れを考えている場合はカードローンを利用すると良いでしょう。
 

公式サイトで申し込み

SMBCモビット

おすすめポイント

「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%10秒簡易審査
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで即日融資

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

カードローンの特徴

使用目的・用途は自由

住宅ローンや教育ローンなど、目的が定まっているローンとは異なり、カードローンで借り入れしたお金は自由に利用できます。そのため、欲しいものを購入したいけれど余裕がない場合や、家具や家電が壊れて急な出費が必要だけれど調達できないときに便利です。
 

即日融資に対応している会社が多い

急な出費が重なり、どうしてもすぐにお金が必要な場面もあるでしょう。アコムやレイク、SMBCモビットなど、CMなどでも見かける大手カードローンは即日融資に対応しているため、急ぎの場合はそちらを利用してみてください。
 

限度額内なら何度でも借入できる

カードローンでは、利用限度額内なら何度でも借り入れが可能です。例えば利用限度額が30万円に設定されている場合に、20万円を借り入れしたとします。20万円を借入しているうちは、残り10万円分しか借り入れできません。
 
しかし20万円のうちの5万円を返済した場合、また15万円の借り入れが可能になります。こうして利用限度額のなかで返済した分だけまた借り入れができるシステムとなっています。
 

担保不要で借りられる

最初にも説明した通り、カードローンは無担保での借り入れが可能です。そのため、他の融資よりも借り入れしやすいのは事実ですが、どのカードローン会社も入会前に審査があり、収入や他社からの借り入れ状況などを調査されることは頭に入れておきましょう。
 

カードローンを利用する上で知っておきたい「貸金業法」

貸金業法とは?なぜ知っておくべきなのか?

カードローンを利用するにあたって知っておきたい「貸金業法」という法律があります貸金業法は、貸金業者からの借り入れについて定めた法律です。この法律は2006年に抜本改正され、その内容がカードローンの利用にも大きく関わる内容になっています。審査や返済に影響する法律なため、カードローンの利用を検討しているなら知っておきましょう。
 

貸金業者とはどの会社を指すの?

貸金業法の指す「貸金業者」とは、財務局や都道府県に登録しているカードローン会社やクレジットカード会社、消費者金融のことを指します。
 
そして意外と間違えやすいのが、同じカードローンでも銀行のカードローンは、貸金業法が適用されません。銀行は「銀行法」という別の法律が定められているためです。他にも信用金庫や信用組合、労働金庫も貸金業者には含まれません。
 

実は借りられる金額は決まってる?総量規制とは

カードローンを利用するときには、審査が必要です。審査では現在の収入や、他社の借り入れ状況を調査されます。その上で利用限度額が決定されますが、そのような審査がされるのは貸金業法の中に「総量規制」という規制があるからです。
 
総量規制とは、年収の3分の1を超える借り入れができない規制のことを指します。そしてこれは貸金業者すべてが対象となります。例えば年収300万円でカードローンA社で50万円、B社で50万円の借り入れをしている場合、すでに年収の3分の1を満たしているため、C社であらたな借り入れはできません。こうした規制があるため、借り入れの際に年収と他社の借入状況をチェックされるわけです。
 
カードローンを利用する際には、この総量規制はあらかじめ知っておくと、限度額や審査について理解が深まります。カードローンの利用を念頭に置いている方は、ぜひ覚えておきましょう。
 

公式サイトで申し込み

アコム

おすすめポイント

最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の ≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間即日融資

 

まとめ

カードローンとは一体どんなものなのか、そしてカードローンを利用する上で知っておきたい総量規制についてご紹介しました。無担保で即日融資にも対応してくれるカードローンは、急な出費のとき手軽に利用できて便利です。
 
その手軽さゆえ、つい簡単にお金を借りてしまいがちですが、金利もかかってくるため利用は計画的に行いましょう。
 
そして貸金業法の中で定められた総量規制は、カードローン利用者に直接関わる法律であり、審査や限度額の決定などにも影響します。そのためカードローンの利用を検討している方は頭に入れておくといいでしょう。
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

関連記事

はじめてのカードローン 知っておきたいカードローンの基礎知識
カードローン審査時に行う「在籍確認」とは?回避は可能?何が聞かれる?
カードローンの審査に落ちてしまう人の3つの共通点
 

カードローン基礎知識



▲PAGETOP