公開日: 2020.09.15 銀行カードローン

銀行カードローンの中で低金利なのはどれ?おすすめの商品を紹介

鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら

公式サイトで申し込み

楽天銀行 スーパーローン

おすすめポイント

・提携ATM手数料無料で借換えにもおすすめ
・ご入会&ご利用で楽天スーパーポイントプレゼント

融資上限額金利審査時間
最大800万円1.9%~14.5%
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで申込日の3日以内

 
「銀行カードローンの中で、自分に合った商品を探したい」
 
こちらの記事では、そんな方のために銀行カードローンの選び方を解説していきます。
銀行カードローンは一見同じように見えますが、実は銀行によって商品内容が異なり、選び方がかなり大切です。
 

銀行カードローンを利用するメリット・デメリットは?

まずは銀行カードローンを利用するメリットとデメリットについて解説していきます。
 
銀行カードローンは金利が低いなどのメリットがありますが、一方で審査に時間がかかるというデメリットもあります。
 
メリット・デメリットをしっかり把握して、銀行カードローンを使うべきかまずは考えましょう。
 

消費者金融に比べると金利が低い

カードローンには主に銀行カードローンと消費者金融の2つがあります。銀行カードローンを使う最大のメリットとしては、消費者金融に比べて金利が低い点。
 
たとえばみずほ銀行カードローンは100万円未満の借入であれば年利14.0%ですが、消費者金融のアコムは年利7.7~18.0%です。
 
アコムの年利には幅がありますが、実際は最大の金利が適用されることが多いので、銀行カードローンの方が金利は安くなることが多いです。
 

審査に時間がかかる点が銀行カードローンのデメリット

金利が低い銀行カードローンですが、審査に時間がかかる点がデメリットです。消費者金融の場合即日借入が可能で、審査も最短30分で回答可能など非常にスピーディです。
 
一方銀行カードローンの場合は最短でも翌日融資で、即日の借り入れはできません。すぐに借り入れをしたい方は、銀行カードローンより消費者金融を選んだ方がいいでしょう。
 

銀行カードローンには無利息サービスがない

また銀行カードローンには、無利息サービスがありません。
 
消費者金融をはじめて利用される方には30日間無利息サービスなど、利用者にメリットがあるサービスがあります。そのため30日以内に返済できるのであれば、金利が高くても消費者金融の方がお得ということになります。
 
まとめると銀行カードローンに向いている方は「即日借入でなくてもよく、かつ長期間お金を借りたい」ということになります。 
 

公式サイトで申し込み

楽天銀行 スーパーローン

おすすめポイント

・提携ATM手数料無料で借換えにもおすすめ
・ご入会&ご利用で楽天スーパーポイントプレゼント

融資上限額金利審査時間
最大800万円1.9%~14.5%
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで申込日の3日以内

 

おすすめの銀行カードローン

続いては実際に銀行カードローンを申し込むと決めた方に向けて、おすすめの銀行カードローンを紹介します。
 
自分に合った銀行カードローンを見つけて、賢くカードローンを使いましょう。
 

三井住友銀行カードローン|審査が早く手続きも簡単

「できるだけ早くお金を借りたい」
そう考えている方には、三井住友銀行カードローンがおすすめです。
 
最短翌営業日に審査回答に対応しており、申し込みもインターネットやローン契約機などで可能です。
 
返済方法はコンビニATM・自動振替・銀行振り込みの3つから、返済日は毎月5日・15日・25日・末日の4つから選べます。
 
審査が早くて手続きも簡単なので、スピード重視の方には三井住友銀行カードローンがおすすめです。
 

みずほ銀行カードローン|金利が安い

「できるだけ金利を安くしたい」
そんな方にはみずほ銀行カードローンがおすすめです。
 
みずほ銀行カードローンの金利は2.0%~14.0%と、他のカードローンと比べて安い点が特徴です。
 
さらにみずほ銀行で住宅ローンを利用すると金利が0.5%引き下げられるので、金利がさらに安くなります。
 
金利重視でカードローンを選びたい方には、みずほ銀行カードローンがおすすめです。
 

オリックス銀行カードローン|1,000円単位で借入が可能

「少額だけど借り入れをしたい」
そんな方にはオリックス銀行カードローンがおすすめです。
 
オリックス銀行カードローンは1,000円から借り入れができるので、少額の借り入れに向いているカードローンです。
 
借り入れは1,000円単位で可能なので、必要な分だけ借り入れが可能。
 
計画的にカードローンを利用したい方には、オリックス銀行カードローンがおすすめです。
 

銀行カードローンを申し込む前に気をつけること

最後に銀行カードローンを申し込む前に気をつけることを紹介していきます。
 
銀行カードローンに申し込みを決めた方は、申し込み前にしっかり内容を確認しましょう。
 

複数のカードローンを同時に申し込むことはNG

カードローンの審査が不安でも、複数のカードローンに申し込んではいけません。
 
カードローン会社は他のカードローンの申込情報を確認でき、複数社に申し込みをしている場合審査に落ちる可能性が高くなります。複数社に申し込みをしているイコール、お金に困っていて返済できなくなる可能性があると判断されることが理由です。
 
カードローンを利用するときは、自分に合ったカードローン1社に申し込みを絞りましょう。
 

申し込みに必要な書類はあらかじめ用意しておく

カードローンを申し込むときには、身分証明書が必要です。
 
また50万円以上の借り入れを希望する場合、収入証明書も提出しなければなりません。これらの必要書類はあらかじめ用意しておくと、手続きがスムーズです。
 
申し込みに必要な書類は、申し込み前にあらかじめ用意しておきましょう。
 

在籍確認の準備をしておく

カードローンの審査では、勤務先に在籍確認がおこなわれます。
 
在籍確認は勤務先に電話がかかってくるので、電話がかかってきたら自分につながるよう準備をしておきましょう。
 
在籍確認がとれなければ審査に落ちる可能性があるので、しっかり準備しておきましょう。 
 

公式サイトで申し込み

アイフル

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
※融資まで30日間即日融資

※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。

まとめ

ここまで銀行カードローンについて解説してきました。
 
銀行カードローンにはメリット・デメリットがあるので、まず銀行カードローンを選ぶべきなのか、そして自分に銀行カードローンはどれなのか選ぶことが大切です。銀行カードローンは商品によって金利や借入額が異なるので、商品をしっかりチェックしておきましょう。
 
自分に合った銀行カードローンを選んで、今後の生活をよりよくしていきましょう。
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

関連記事

銀行カードローンの金利が低い謎を徹底解説
はじめてのカードローン 知っておきたいカードローンの基礎知識
カードローンの審査に落ちてしまう人の3つの共通点
 



▲PAGETOP