公開日: 2020.09.15 借入

キャッシングとは手軽に使える無担保無保証の金融サービス

鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら

公式サイトで申し込み

SMBCモビット

おすすめポイント

「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%10秒簡易審査
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで即日融資

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 
キャッシングとは何か。お金を借りることですが、お金を借りる方法はキャッシングだけではありません。お金が必要になったとき、キャッシングを使うかどうかの判断をするためには、メリット・デメリットも含めてキャッシングを知ることが必要です。

キャッシングとは簡単な手順でお金を借りるサービス

キャッシング専用サービス

キャッシングという言葉が正確にいつから使われ出したかは定かではありませんが、サラ金地獄や借金という言葉の響きがよくないことから、イメージアップのために使われた面があることはたしかでしょう。サラリーマン金融は消費者金融に、借金はキャッシングと変わりました。
 
広義には担保や保証人のある借入もキャッシングと呼ぶことがありますが、一般的には無担保無保証で手軽に使えるのがキャッシングです。現在ではキャッシング専用サービスとして、消費者金融のキャッシングローンや銀行のカードローンが普及しています。

クレジットカードのキャッシングサービス

消費者金融でも銀行でもキャッシング用にカードを発行するのが一般的です。同じようにキャッシングサービスを使えるカードとしてクレジットカードがあります。
 
ただし、クレジットカードの本来の役割は代金決済です。しかし、現在ではキャッシング可能なカードが多数あります。とはいえ、キャッシング枠は一部のカードを除いて希望しなければ設定されません。
 
カード自体の役割に違いはあっても、キャッシングサービスの中身はほとんど同じです。また、クレジットカードとは逆にクレジット機能つきキャッシングカードと呼べるタイプも出現しています。

キャッシングの基本的なサービス内容

キャッシングサービスの申し込み

キャッシングサービスの基本的なサービス内容は、小口の資金をスピーディーに貸出しことです。そのため、申し込みも簡単にできます。WEBや郵送、自動契約機に店頭と申し込み手段も充実しています。必要な書類は基本的に申込書と本人確認書類だけです。50万円を超えて申し込む場合は収入証明書を求められます。
 
スピード面では、長年にわたり個人の小口融資を取り扱ってきた消費者金融が勝っています。基本的に店頭申し込みの場合、その場で審査が行われ、問題がなければすぐに利用可能です。自動契約機でも即日利用可能となっています。

キャッシングの利用限度額と利用方法

キャッシングには利用限度額が設定されます。極度額契約です。限度額の範囲内であれば何度でも繰り返し利用できます。利用限度額は審査によって決定されますが、消費者金融などの貸金業者の場合は総量規制も影響します。
 
原則として、1人について、貸金業者すべてを合わせて年収の1/3以下しか貸せません。銀行などの金融機関に総量規制は関係ありませんが、消費者金融でも銀行でも初回契約は最高でも50万円と考えておけばよいでしょう。もちろん、状況によっては50万円を超えることもあります。
 
キャッシングの利用方法では、カードを使ってATMから引き出すのが一般的です。その他には電話やWEBで必要な金額を伝えて振り込みを受ける方法や、店頭で直接お金を受け取る方法もあります。

返済方法と利息について

返済も同様で、ATMでの支払いや振り込み払い、店頭払いがあります。返済方法には一括で払うのか分割で払うのかという意味もあり、利息を考えればどこで払うかより重要です。
 
返済期間と返済回数によってトータルの返済額が変わります。短期間で一括返済すれば利息負担は小さくて済みますが、長期の分割払いではかなりの利息が必要です。毎月の返済額を小さく抑えるリボ払いを選択すると、利息の負担はより大きなものとなります。

公式サイトで申し込み

楽天銀行 スーパーローン

おすすめポイント

・提携ATM手数料無料で借換えにもおすすめ
・ご入会&ご利用で楽天スーパーポイントプレゼント

融資上限額金利審査時間
最大800万円1.9%~14.5%
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで申込日の3日以内

 

キャッシングを使う前に知っておきたい注意点

審査と信用情報機関の関係

キャッシングは信用取引です。この人にお金を貸してよいか、いくらなら貸せるかを見極めるために審査が行われます。このときに利用されるのが信用情報機関です。日本には3つの信用情報機関があります。貸金業系のJICCと流通信販系のCIC、それに銀行が主体となるKSCです。
 
信用情報機関には個人のキャッシングやローン、クレジットに関する情報が登録されています。この情報を照会することで、返済能力や危険性判断の要素としているのです。
 
返済が遅れたり、返せなくなったりすればその事実が一定期間にわたり登録されます。俗にブラックリストと呼ばれる事故情報、異動情報です。これが登録されていれば、キャッシングは断られるでしょう。
 
つまり、安易なキャッシングで問題を起こしていれば、住宅ローンなどの審査にも悪影響を及ぼすということです。

計画的な利用が求められる

信用情報を汚さないためには計画的な利用が重要です。ところが、計画を立ててはみたものの計画通りに運ばないというケースは珍しくありません。突然会社が倒産したとか、急病にかかって収入が激減したといった理由なら仕方ない部分もあります。そこまで念頭に置いた計画を立てるのは難しいでしょう。
 
しかし、現実にはそもそも計画が甘すぎたとか、計画後の行動が酷かったといったケースが多く見られます。現実を見据えた計画を立て、実行に向けて努力することが大切です。

リボ払いはメリットとデメリットを理解して利用する

返済のところでも触れたように、リボ払いは完済を遅らせて利息の負担を大きくするデメリットがあります。
 
一方で、急に大きな出費をしたときでも、毎月の返済額を無理のない範囲に抑えられるメリットも捨てきれません。メリットとデメリットをよく理解したうえで、返済に困ることがないよう計画的に利用しましょう。

公式サイトで申し込み

プロミス

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額金利審査時間
最大500万円4.5%~17.8%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間即日融資

 

まとめ

キャッシングとは、まとまったお金がなくて困ったときや、出費にあたって手元のお金を残しておきたいときには便利なシステムです。しかし、多くが無担保無保証であることから、貸し倒れリスクに備えた高金利となっています。
 
利息制限法で元本10万円以上100万円未満の年利は18%が上限です。年利18%で50万円を借りると、1年後には9万円もの利息になります。もちろん、借りっぱなしということはないでしょうが、利息だけ払う状況なら同じです。キャッシングを利用するなら、急場しのぎの一時的な利用に限るなど、賢く使いたいものです。
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

関連記事

キャッシングとは?カードローンとの違いやキャッシングに向いている人はこんな人
どうしても今月きびしい……。お金を借りる際の注意とは?
即日でお金を借りる為のキャッシング知識を解説



▲PAGETOP