最終更新日: 2021.06.01 公開日: 2020.09.15
即日

中小消費者金融カードローンについてFPが解説! 即日融資やおまとめローンも

鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している

鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している

すでに借り入れがあり中小消費者金融を考えていて、大手との違いや特徴、おすすめ中小消費者金融などについて詳しく知りたい方は多いのではないでしょうか。
 
中小消費者金融カードローンはインターネット申し込みにも対応しています。金利や融資限度額、申し込みの流れなど、大手とそれほど大きな違いはありません。おまとめローンを利用すれば、現在よりも低金利で返済を1本化できます。
 
ここでは、中小消費者金融の特徴やメリット・デメリット、大手との違いなどについて詳しく解説します。
 

   カードローンホームページへ

中小消費者金融とは? メリット・デメリットを紹介

 
中小消費者金融とは、アイフルやアコム、SMBCモビット、プロミス、レイクALSAなどの大手消費者金融と比べて規模が小さい消費者金融のことです。アローやセントラル、フタバなど、多数の中小消費者金融があります。
 
中小は、大手よりも審査が甘い傾向にあるため利用しやすいのが最大の特徴です。一方で、無利息期間がないなどサービス面は大手より見劣りしてしまいます。
 
ここでは、中小消費者金融のメリット・デメリットについて見ていきましょう。
 

メリット

 
大手に比べて審査が甘い傾向にあると考えられるのが、中小消費者金融のメリットです。大手消費者金融で審査に落ちた人が、中小消費者金融の審査を通過することは少なくありません。
 
大手消費者金融カードローンは一定の基準を満たしていないと審査に落ちることが多いですが、中小消費者金融は独自の審査基準で総合的に判断し、融通を利かせてくれる場合もあります。
 
そのため、まずは大手消費者金融のカードローンに申し込みをして審査に落ちた場合に、中小消費者金融に申し込みをする人も多いです。
 

デメリット

 
中小消費者金融カードローンのデメリットは、大手消費者金融と比べてサービス面で見劣りする部分があります。例えば、中小消費者金融カードローンの多くは、借入・返済方法が銀行振込みのみです。大手のように銀行やコンビニATMを利用できません。
 
また、大手は初回利用時に30日程度の無利息期間が設けられていることがありますが、中小消費者金融の多くは無利息期間がないなど、サービス面に違いがあります。
 

カードローンにおいて中小消費者金融と大手消費者金融の違い

 
中小消費者金融と大手消費者金融カードローンの大きな違いは、審査基準と借入・返済方法です。中小消費者金融は大手消費者金融よりも審査は甘い傾向があるといわれており、借入・返済方法は口座振り込みのみの場合が多いです。金利や融資限度額は若干の違いはありますが、ほとんどの利用者には影響ありません。また、申し込みの流れはどちらもほぼ同じです。
 
ここでは、中小消費者金融と大手消費者金融のカードローンの違いについて見ていきましょう。
 

審査基準

 
一般的に、カードローンの審査基準は大手消費者金融より中小消費者金融のほうが甘い傾向があるといわれています。なぜなら、過去に滞納などのトラブルを起こしていたり大手消費者金融で審査に落ちたりした人が、中小消費者金融の審査に通るケースがあるからです。
 
また、中小消費者金融カードローンの中には、複数で借り入れをしている方を対象としている場合もあります。このように、大手消費者金融では審査通過が難しいケースでも中小消費者金融だと通る可能性があることから、審査が甘い傾向があるといわれているのです。
 
他にも、信用情報や他社借り入れ状況、職業、勤続年数、収入などの審査基準があります。カードローンの審査基準の詳細については、以下の記事を参考にしてみてください。
 
参考記事:カードローン審査における勤続年数について【おすすめのカードローン紹介】
 

金利

 
以下は、アイフルやアコムなど大手消費者金融カードローン金利と、アローやセントラルなど中小消費者金融カードローン金利です。
 

消費者金融名 金利
大手消費者金融 アイフル 年3.0%〜18.0%
アコム 年3.0%〜18.0%
プロミス 年4.5%〜17.8%
SMBCモビット 年3.0%〜18.0%
レイクALSA 年4.5%〜18.0%
中小消費者金融 アロー 年15.00%〜19.94%
セントラル 年4.80%〜18.0%
フタバ 年14.959%〜17.950%
いつも 年4.8%〜18.0%
フクホー 年7.3%〜20.0%
中央リテール 年10.95%〜13.0%

 
ご覧のとおり、大手・中小どちらも上限金利はほとんど同じです。下限金利は大手の方が低い傾向にありますが、初回利用時や少額融資の際は上限金利が適用されます。そのため、大手・中小どちらのカードローンを利用しても、金利負担にそれほど差はありません。
 
参考記事:カードローンの金利とは
 

融資限度額

 
大手消費者金融と中小消費者金融カードローンの融資限度額は、以下のとおりです。

消費者金融名 限度額
大手消費者金融 アイフル 最大800万円
アコム 最大800万円
プロミス 最大500万円
SMBCモビット 最大800万円
レイクALSA 最大500万円
中小消費者金融 アロー 最大200万円
セントラル 最大300万円
フタバ 最大50万円
いつも 最大500万円
フクホー 最大200万円
中央リテール 最大500万円

 
上記のとおり、最高限度額は大手消費者金融カードローンの方が高い傾向にあります。ただし、必ずしも限度額いっぱい借りられるわけではありません。消費者金融の審査のうえ、実際の限度額が決まります。
 
ほとんどの消費者金融は、年収の3分の1までしか借り入れできない総量規制の対象であるため、年収300万円の人は最大でも100万円までしか借りられません。そのため、500万円借りるには年収1500万円以上必要です。
 
最高限度額は大手消費者金融のほうが高いですが、実際の限度額とは違うため、ほとんどの人にとって大手と中小の限度額の差は影響がありません。

 

申し込みの流れ

 
大手消費者金融と中小消費者金融どちらも申し込みの流れはほぼ同じです。インターネットや電話、窓口などで申し込みを行い、審査を通過すれば運転免許証などの必要書類を提出し、契約手続きとカード受け取りが完了次第、借り入れができます。
 
基本的な進め方に大きな違いはありません。
 
参考記事:カードローン申し込み方法および必要なもの
 

借り入れ・返済方法

 
借り入れと返済方法は、大手消費者金融と中小消費者金融で違いがあります。大手消費者金融は、口座振込みや窓口(専用ATM)、コンビニATM、銀行ATMなどで借り入れや返済が可能です。
 
しかし、中小消費者金融カードローンの場合は、借入・返済方法はどちらも銀行振込みが主となります。なかにはATMに対応しているカードローンもありますが、多くは振り込みのみです。
 

中小消費者金融カードローン3選

 
おすすめの中小消費者金融カードローンには「アロー」「セントラル」「フタバ」があります。いずれのカードローンもインターネットから申し込みができ、最短即日融資を受けることが可能です。大手消費者金融と金利はほとんど変わらず、セントラルとフタバは初回利用時に無利息サービスが適用されます。
 
ここでは、おすすめ中小消費者金融カードローンについて見ていきましょう。
 

アロー

 
中小消費者金融アローは2000年に設立された株式会社アローが提供するカードローンです。無担保・無保証で使途は原則自由で、最短45分で審査が完了し、即日融資を受けられます。
 
専用アプリ「アローのWeb完結キャッシング」を使用すれば、申し込みから借り入れまでWeb上での完結が可能です。自宅への郵送物がないので誰にも知られずに利用でき、融資が決まると指定口座に振り込まれます。
 
返済日は5日・10日・15日・20日・25日・月末の6通りから選択でき、返済方法は振り込みです。返済状況は、Webサイトやスマホアプリの会員マイページ、または電話にていつでも確認できます。
 
アローのサイト上には年齢や年収、他社借入金額を入力するだけで融資可能か診断する「3秒診断」や毎月の返済額が試算できる「返済シミュレーション」があるため、初めてカードローンを利用する方でも安心です。
 

●金利:15.00%〜19.94%
●利用限度額:200万円
●返済期間・回数:残高スライドリボルビング 5年60回
         元利均等返済 最長15年2〜180回
●対象者:25歳以上65歳以下で審査基準を満たす方

 

セントラル

 
セントラルは、昭和48年創業の株式会社セントラルが運営するカードローンです。インターネットから24時間365日受付で、平日14時までに申し込みを済ませれば、即日融資を受けられます。1万円から1000円単位で借り入れできるため、無駄なく利用できます。
 
大手消費者金融カードローン同様、初めて利用する際は最大30日間無利息となる「30日間金利0円サービス」が適用されるため、期間中に完済をすれば金利負担がありません。
 
インターネットや自動契約機、窓口、郵送、コンビニで申し込みができ、セントラルATMやセブン銀行ATM、振り込みで借り入れ・返済ができます。セントラルのCカードが全国のセブン銀行ATMで使えるため外出先でお金が必要になったときでも安心です。
 
女性のためのカードローン「マイレディス」は女性スタッフが受付するため、女性の方でも気軽に問い合わせ・相談ができます。
 
3つの質問に答えるだけで借り入れ可能か診断する「3問診断」や返済シミュレーションがあるため、計画的な利用が可能です。
 

●金利:4.80%〜18.0%
●利用限度額:300万円
●返済期間・回数:残高スライドリボルビング 最長4年 1〜47回
●対象者:20歳以上で安定的な収入と返済能力を有する方

 

フタバ

 
中小消費者金融フタバを運営するのは昭和38年設立のフタバ株式会社です。フタバのカードローンはインターネットから24時間365日申し込みでき、平日16時までに審査が完了すれば即日融資を受けられます。資金使途は自由なため、旅行代金や買い物、支払い、ご祝儀などの出費にも利用できて便利です。
 
フタバを初めて利用する方は、契約日の翌日から30日間無利息になるため、期間中の返済額は全額元金に充当されます。
 
申し込みはインターネットで返済は指定口座への振り込みです。郵送物はフタバ名ではなく「FTサービスセンター」という別名になるため、家族や同居人にフタバのカードローン利用を知られずに済みます。フタバのサイト上では、借り入れ可能か即回答する「お借り入れ3問診断」や返済シミュレーションの利用が可能です。
 

●金利:14.959%〜17.950%
●利用限度額:50万円
●返済期間・回数:元利均等 最長6年 2〜72回
●対象者:20歳以上73歳以下の安定した収入と返済能力を有する方

 

おまとめローンが利用できる中小消費者金融カードローン

 
現在複数の借り入れがある場合は、おまとめローンが利用できる「いつも」や「フクホー」「中央リテール」などの中小消費者金融カードローンがおすすめです。24時間365日インターネットから申し込みができ、現在よりも低金利で返済を1本化することが可能です。
 
各カードローンのサイト上では返済シミュレーションができるため、事前にどのくらいお得になるのか確認できます。
 
ここでは、おまとめローンが利用できるおすすめの中小消費者金融カードローンについて見ていきましょう。
 

いつも

 
いつもは、株式会社K・ライズホールディングスが運営するカードローンです。インターネットから申し込みができ、パソコンやスマホ、いつもATM、電話にて借り入れができます。パソコンやスマホからであれば、24時間365日受付していて最短1分で振り込みが可能です。
 
返済はネットバンキングやいつもATM、銀行振込み、窓口にてできます。
 
女性スタッフが対応する女性専用ダイヤルが用意されているため「問い合わせや利用に抵抗がある」と感じる女性の方でも安心です。
 
無担保フリーローンでは、初めての利用で60万円以上契約している場合に最大60日間無利息になる「60日間無利息サービス」が適用されます。
 

●金利:4.8%〜18.0%
●利用限度額:500万円
●返済期間・回数:借入金額スライドリボルビング 最長5年 2〜60回
●対象者:20歳以上65歳以下で定期的な収入と返済能力を有する方

 

フクホー

 
中小消費者金融カードローンのフクホーは、昭和45年設立のフクホー株式会社が運営しています。フクホーのカードローンはインターネットや電話で24時間いつでも申し込みができます。セブン-イレブンのマルチコピー機から契約書類を出力して手続きすることが可能です。
 
おまとめローンの他に、女性専用申込ダイヤルが用意されていて働く女性を応援する「レディースキャッシング」もあります。
 
フクホーのサイトでは「お試しご融資診断」や返済シミュレーションができるため、初めての人でも安心です。
 

(フリーキャッシング)

●金利:7.3%〜20.0%
●利用限度額:200万円
●返済期間・回数:元金自由返済または元利均等返済 最長5年 2〜60回
●対象者:20歳以上で定期的な収入と返済能力を有する方

 

中央リテール

 
中央リテールのカードローンは、平成15年設立の中央リテール株式会社が運営しています。おまとめローンはインターネットから申し込みができ、最短2時間で審査が完了し、最短1日で融資を受けられます。利用限度額は500万円で総量規制の対象外となるため、年収の3分の1以上借り入れすることも可能です。
 
相談窓口の担当者は国家資格の貸金業務取扱主任者を取得していて、疑問点や困ったことに対して的確なアドバイスがもらえます。利用残高や返済状況については会員サービスからいつでも確認できるので安心です。
 
中央リテールのサイトでは、簡単な質問に答えるだけで融資可能か診断する「クイック診断」や返済の試算ができる返済シミュレーションも利用できます。
 

●金利:10.95%〜13.0% ※無担保おまとめローンの場合
●利用限度額:500万円
●返済期間・回数:元利均等 最長10年 120回

 
参考記事:おすすめのおまとめローン4選!メリット・デメリットと借金1本化の注意点
 

中小消費者金融と闇金を見分ける方法

 
中小消費者金融と闇金を見分けるためにも、貸金業者を金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」で調べてみましょう。ヒットすれば中小消費者金融で、業者名がなければ闇金の可能性があります。貸金業者は貸金業法に基づく登録を行っており、登録業者は名前を検索すればすべてヒットするからです。
 
闇金を利用しても何ら良いことはないため、初めて利用する中小消費者金融は念のため検索してみてください。
 

中小消費者金融で即日融資を受けるポイント

 
中小消費者金融で即日融資を受けるには、WEB完結のカードローンを選び、午前中に申し込みを終えることが大切です。WEB完結であれば窓口に行かなくても、スマホやパソコンから手軽に申し込みができます。
 
また、審査に不安がある方は金利が高いカードローンを選ぶのも1つの方法です。金利が高いカードローンは審査が甘い傾向があります。ただし、即日融資を受けたいからと虚偽申告をしては絶対にいけません。
 
ここでは、中小消費者金融で即日融資を受けるポイントについて見ていきましょう。
 

WEB完結のカードローンを選ぶ

 
中小消費者金融で即日融資を受けたい場合は、WEB完結のカードローンを選びましょう。中小消費者金融は店舗数が少ないため、窓口で手続きをするなら時間がかかってしまいます。WEB完結であれば近くに店舗がなくても申し込みや契約手続きをスピーディーに進めることができるため、即日融資を受けられる可能性が高くなります。
 

午前中に申し込みを済ませる

 
審査に時間がかかる場合もあるため、申し込みが遅い時間だと翌日以降の融資になります。また、中小消費者金融の多くは銀行振込みで融資をするため15時までに契約手続きを済ませる必要があります。
 
そのため、即日融資を受けたい場合はできるだけ午前中までに申し込みを済ませるようにしましょう。
 

申込時に虚偽の申告をしない

 
審査の際に申告内容が正しいかどうか調査されます。勤務先情報や収入、他社借り入れ情報など、虚偽の申告をしてもバレてしまいます。虚偽申告をすると審査が止まるだけでなく、心証が悪く審査に落ちる可能性が高いです。
 

希望借入額を必要最低限にする

 
同じ申込者であれば、希望借入額が多くなるほど審査通過のハードルは高くなります。消費者金融からすれば、融資額が増えるほど貸し倒れリスクが高くなるからです。
 
即日融資を受けたい場合は、希望借入額を必要最低限に抑えましょう。
 

カードローンの金利に注目する

 
一般的に、金利が低い方が審査は厳しくなるといわれています。そのため、審査に不安があり即日融資を希望している場合は、金利が高い消費者金融カードローンを選ぶといいでしょう。
 
ただし、金利が高い消費者金融を選ぶ際は、以下のように利息制限法で貸付金額に応じて上限金利が定められていることを考慮しておく必要があります。
 

貸付金額 上限金利(年)
10万円未満 20.0%
10万円以上100万円未満 18.0%
100万円以上 15.0%

 

審査が甘くても借りすぎに注意して計画的に利用しよう

 
中小消費者金融は大手消費者金融に比べると審査が甘い傾向にあります。アコムやプロミスなどの大手消費者金融の審査に落ちた場合でも、アローやフタバなどの中小消費者金融であれば審査通過の可能性があります。
 
ただし、審査に通りやすいからといって借りすぎはいけません。事前に返済シミュレーションを行い、計画的に利用するようにしてください。
 
審査に不安がある方は、まずは各消費者金融サイト上にある借入診断をしてみましょう。
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー
 

関連記事

カードローンの審査に落ちてしまう人の3つの共通点
即日融資対応の審査が甘いカードローンとは?ポイントや注意点を解説
無審査で即日融資のカードローンってある?闇金を見分ける方法も解説

 

カードローン基礎知識

  • 審査
  • 即日
  • 借入
  • 返済
  • 金利
  • 申し込み
  • 借り換え
  • 初めて

【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット
【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット