最終更新日: 2021.01.15 公開日: 2020.12.18
金利

カードローンの金利が高い理由とは?低金利で借り入れる方法について

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

カードローンの利用を検討しているときに金利が高いと感じたことはありませんか?一般的に自動車ローンや住宅ローンに比べて金利が高く設定されているので、なぜこんなに高いのか、もっと安くならないのか疑問に思っている人もいるでしょう。
 
そこで本記事では、カードローンの金利が高い理由と低金利で借り入れる方法についてご紹介します。
 

   カードローンホームページへ

カードローンの金利はなぜ高い?

カードローンの金利が高いのにはきちんとした理由があります。金利の決まり方と住宅ローンや自動車ローンなどの目的別ローンより高いわけを見ていきましょう。
 

カードローンの金利の決まり方

カードローンの金利は消費者金融や銀行によってさまざまですが、上限は利息制限法で決められています。上限となる金利は以下の通りです。
 

元金 金利
10万円未満 20%
10万円~100万円未満 18%
100万円以上 15%

 
元金が増えるほど金利が下がる仕組みです。
 
そして、消費者金融や銀行では手数料や保証料などの諸費用を加えた金利を実質年率(年利)として表記しています。
 

目的別ローンに比べて金利が高い理由

カードローンは基本的に、住宅ローンや自動車ローンなど目的別ローンより金利が高いです。これはカードローンが目的別ローンに比べて審査が簡単、担保や保証人不要で借りられる、借入額が少額などの理由があるためです。
 
目的別ローンの審査では、使い道や金額を証明する書類の提出が求められることがあります。しかし、カードローンは使い道が自由なのでそれらの証明書類はいりません。
 
また、担保や保証人不要で借りられるローンは、貸し倒れリスクがあります。消費者金融や銀行は貸し倒れリスクを背負うことになるため、高い金利を設定しているのです。
 
さらに、カードローンは目的別ローンよりも少額の借入を行う人が多いです。1回当たりの利用金額が少ないので、どうしても金利を高めに設定せざるをえなくなります。
 

フリーローンとの違い

使い道が自由なローンには「フリーローン」もあります。フリーローンはカードローンより低金利で借りられるのがメリットです。しかし、追加借入ができないため、最初に契約した金額のみの借入になります。留学や転職、旅行など借入の目的と金額があらかじめ決まっている人にぴったりです。
 
一方、カードローンは利用限度額内であれば何度でも追加借入ができます。日常生活で急な出費が重なったときに繰り返し借り入れできるため、使い勝手を重視する人に向いています。どちらが自分に合っているか見極めたうえで選択するといいでしょう。
 

金利で分かる!カードローンの利息計算

できるだけ利息を抑えるためには、低金利で借りることが大切です。では、金利が変わると利息はどのように変わるのでしょうか。金利と利息の仕組みをご紹介します。
 

金利と利息の関係

利息とはお金を借りるときに支払う料金のことです。カードローンは消費者金融や銀行が利益を得るための商品なので、お金を借りるときは料金を支払わなくてはいけません。
 
金利は利息を計算するときに使う割合のことです。カードローンの金利は実質年率(年利)として%(パーセント)で表記されています。例えば10万円を年利18%で1年間借りた場合、10万円×18%=1万8000円の利息が発生します。
 

カードローンの利息計算方法

カードローンの金利は実質年率(年利)と表記されていても、計算するときは日割りです。
 
そのため、10万円を年利18%で180日間借りた場合、利息は次の通りです。
10万円×18%×180日÷365日=8,876円
 
上の項目で計算した1年借り入れた場合と比較すると、利息が安くなっています。カードローンは日割り計算なので、早く返済できたほうが利息を抑えられるのです。
 
仮に、10万円を年利15%で1年間借りた場合の利息は以下の通りです。
10万円×15%×365日÷365日=1万5000円
 
金利が低くても返済期間が長引けば利息が高くなります。そのため、低金利で契約することも大切ですが、早く返すことも大事だと覚えておきましょう。
 
(※1円未満は切り捨てで計算しています)
 

金利以外にも注意したい!カードローンのデメリット

カードローンは金利の高さだけではなく、他にも注意したいことがあります。
 

返済期間が長くなると返済総額が増える

カードローンでお金を借りたら、月々の返済額を設定して毎月返済していきます。月々の返済額を低く設定してしまうと借入残高の減りが遅くなり、返済期間が長引きます。結果として返済総額が増え、思った以上の支出になってしまうかもしれません。
 
カードローンは返済計画を事前に立てておくことが重要です。無理なく返せる額を設定し、できるだけ早めに完済できる計画を立ててから借り入れを行いましょう。さらにゆとりがあるときは、繰り上げ返済も考えてください。

 

他のローンの審査に影響を及ぼす

カードローンを利用していると、他のローン審査に影響を及ぼすことがあります。他のローン審査のときは、借入状況や返済履歴などの信用情報をチェックされます。何回も繰り返し借りている、一度に複数社のカードローンに申し込んでいる、返済を滞納している状態だとお金に困っている人と判断されて、審査落ちしてしまうかもしれません。
 
カードローンの利用額が少ない、きちんと返済している状況であれば悪影響を及ぼすことはないでしょう。他のローンの審査への影響を抑えるために、カードローンは必要最低限で利用し、滞納しないよう気をつけてください。

 

借りすぎには要注意

カードローンは利用限度額内であれば何度も追加借入できるので、借りすぎてしまう恐れがあります。
 
住宅ローンや自動車ローンなどの目的別ローン、フリーローンは追加借入をするときは再審査が必要なので借りすぎを防止できます。しかし、カードローンは利用限度額内なら審査なしで追加借入できますし、コンビニATMなどで手軽に引き出せるので借りているという意識を忘れてしまうことがあります。
 
カードローンはあくまで借金です。返済計画を立ててから慎重に利用してください。

     

低金利でカードローンを利用するには

カードローンを利用するときはできるだけ低金利で借りたいですよね。ここからは低金利で利用する方法をご紹介します。
 

無利息サービスを利用する

消費者金融や銀行では、独自の無利息サービスを行っています。無利息サービスとは初めての人に限り、一定期間無利息で借りられるサービスです。30日や60日など期間が設定されており、期間内に返せば利息がつきません。
 
無利息サービスを行っている主な消費者金融と無利息期間は以下の通りです。
 

消費者金融 無利息期間
プロミス 30日
アコム 30日
アイフル 30日
レイクALSA 60日

 
なお、期間が過ぎれば利息が発生してしまうので、あらかじめ注意してください。
 

借り換えをする

すでに高い金利のカードローンを契約している人は、低金利のカードローンへの借り換えを検討しましょう。低金利のカードローンに借り換えれば利息を抑えることができ、月々の返済額も減らせるでしょう。
 
借り換えをするときは、新しく契約するカードローンで審査が必要になります。また、返済期間が延びることで返済総額が増えないかシミュレーションしてみることも重要です。
 
カードローン会社の公式サイトでは返済シミュレーションができるところが多いので、現在の金利が高いと感じている人は、一度他社のサイトでシミュレーションして比較してみてください。
 

カードローンの増額申請をする

多くのカードローン会社では利用限度額が上がるほど低金利で借りられます。利用限度額の増額ができれば、低い金利で借りられるようになるでしょう。
 
増額したいときはカードローン会社に増額申請をします。増額申請時は審査が必要になり、通過すれば増額ができます。審査でチェックされるのは、収入や利用実績、返済状況などです。
 
収入が上がった、雇用形態が変わったなどで経済力がアップしていれば審査に有利です。新規申込したばかりでの増額申請は難しいので、利用実績は半年以上あるといいでしょう。返済状況では、返済遅延がないかを確認されます。増額できる見込みがある人は、ぜひ検討してください。
      

カードローンの金利が高いのには理由がある

カードローンの金利は以下の理由により住宅ローンや自動車ローンよりも高く設定されています。
 

・住宅ローンや自動車ローンに比べて審査が簡単
・担保や保証人不要で借りられる
・借入額が少額

 
使い道が自由なローンにはフリーローンもありますが、追加借入ができません。多少金利が高くても使い勝手を重視するならカードローンが向いています。
 
ただし、カードローンには返済期間が長くなると返済総額が増える、他のローンの審査に影響を及ぼす、つい借りすぎてしまうというデメリットもあります。計画的な利用を心がけ、そのうえで無利息サービス、借り換え、利用限度額の増額申請など低金利で借りられる方法を検討してください。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 
※レイクALSAに関して
※Web以外の無人店舗やお電話で申込むと、お借入額全額30日間無利息またはお借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。
※60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。
※30日間無利息、60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。
※初回契約翌日から無利息
※無利息開始日はご契約日の翌日からとなります。
※無利息期間経過後は通常金利適用。
貸付条件
ご融資額 :1万円~500万円
貸付利率(実質年率): 4.5%~18.0% ※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。
ご利用対象 :満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)
遅延損害金(年率): 20.0%
ご返済方式 :残高スライドリボルビング方式/元利定額リボルビング方式
ご返済期間・回数: 最長8年・最大96回(ただしカードローンは最長5年・1回~60回)  ※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。
必要書類 :運転免許証等  ※収入証明(契約額に応じて、レイクALSAが必要とする場合)
担保・保証人: 不要
商号・名称:(新生フィナンシャル株式会社)
貸金業者の登録番号:(関東財務局長(9) 第01024号)

 

関連記事

カードローンの審査に落ちてしまう人の3つの共通点
即日融資対応の審査が甘いカードローンとは?ポイントや注意点を解説
無審査で即日融資のカードローンってある?闇金を見分ける方法も解説

 

カードローン基礎知識

  • 審査
  • 即日
  • 借入
  • 返済
  • 金利
  • 申し込み
  • 借り換え
  • 初めて

【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット
【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット