最終更新日: 2021.03.01 公開日: 2021.02.28
消費者金融

プロミスで増額は可能?総量規制との関係とは?

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

急な出費でお金が入り用だったり、生活費がどうしても不足して困っているときに、心強い助けとなるのがキャッシング・カードローンです。数あるカード会社の中でも大手消費者金融のプロミス。三井住友フィナンシャルグループの子会社ということもあり、安心して利用できるのではないでしょうか。
 
ただ、「もう少し借りたい」というときに、プロミスで利用限度額を増額することはできるのでしょうか。今回は総量規制との関係を踏まえて、解説していきます。
 

公式サイトで申し込み

プロミス

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!
融資上限額 金利 審査時間
最大500万円 4.5%~17.8% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 即日融資

総量規制とは?

 
総量規制とは、貸金業者から借り入れできる金額に制限を設けることです。これは平成22年6月18日から実施されている規制です。
 
実際、「どうしても生活費が足らなくて、今月の残りをどうやってやりくりしていこうか」などと切羽詰まると、余裕を持ってたくさん借りたいと思うもの。
 
しかし、借りることに慣れてしまうと、返済しなければいけないことを忘れがちです。多重債務者として借金地獄に陥らないように、利用者を守る規制です。
 

総量規制の目的と貸し付けが年収の3分の1とされる理由

 
総量規制の目的は、返済しきれない程の過度の借り入れをしてしまわないように、利用者を保護することです。一時期、多重債務者が深刻な問題となりました。
 
こうした状況を解決するために、貸金業者が利用者の返済能力を超える貸し付けをすることは禁じられています。その基準とは「借入残高が年収の3分の1」であること。この基準を超えると返済能力がないとみなされます。
 
例えば、年収600万円の人は200万円まで借りられることになります。ただし、複数の会社から借り入れしている場合、合計金額が200万円を超えないように注意しなければなりません。
 
また、年収の3分の1以内の金額なら、必ず借り入れできるというわけではないので注意が必要です。審査を通過して初めて借りられることを、頭に入れておきましょう。
 
ちなみに、賃金業者はお金の貸し付けを業務としている消費者金融、クレジットカード会社などが該当します。銀行や信用金庫などは賃金業者に該当しませんので、総量規制は適用されません。
 

\最短即日融資も可能/

(公式)プロミス お申し込みはこちら

プロミスで利用限度額の増額は可能か?

今プロミスで借り入れをしているけれど、プロミスでもっとお金を借りたいと思ったとき、利用限度額を増額することはできるのでしょうか。そのポイントを解説していきます。
 

利用限度額内なら追加借り入れが可能

 
プロミスでもっとお金を借りたいと思ったとき、利用限度額を超えない範囲であれば、追加で借り入れすることができます。
 
全国のプロミスのATMや店頭窓口、提携ATMから出金することが可能です。あるいは、プロミス会員サービスの「瞬フリ」という振込キャッシング、プロミスコールにコンタクトを取り、銀行振り込みをしてもらえます。
 

利用限度額を超える借り入れを希望する場合は増額申請をする

 
利用限度額を超える借り入れを希望する場合は、まず増額申請をしましょう。インターネットでプロミスの会員サービスにログインして、「利用限度額の変更」を申請します。
 

ただし、以下の条件に当てはまる場合には収入証明書の提出が求められます。

●希望する利用限度額が50万円を超える場合
 
●希望する利用金額と他社から借り入れしている金額の合計が100万円を超える場合

収入証明書とは、次の中から1点提出すれば大丈夫です。ただし、最新のものを提出するようにしましょう。

●源泉徴収書
 
●確定申告書
 
●税額通知書
 
●所得(課税)証明書
 
●給与明細書(直近2ヶ月分)+賞与明細書(直近1年分)

賞与がない場合には、給与明細書のみでよいです。
 
書類が手元にない場合には、必ず準備してから申し込むようにしましょう。審査を通過すれば、追加で融資を受けることができます。
 

学生でも利用限度額の増額申請は可能か?

 
プロミスのキャッシング・カードローンは、学生であってもアルバイトなどの定期収入があれば、利用できます。総量規制に抵触しなければ、学生であっても増額は可能です。
 
例えば、学生で年収が90万円ある場合、借り入れできるのは30万円まで。この範囲内であれば、増額できます。
 
ただ、学生の収入には限度がありますから、その分、利用限度額も多くはありません。一度申し込む前にプロミスコールなどで相談するとよいでしょう。
     

\最短即日融資も可能/

(公式)プロミス お申し込みはこちら

総量規制の対象にならない貸し付けとは?

 
貸し付けのすべてについて、総量規制が適用されるわけではありません。総量規制の対象にならない貸し付けについて順に解説していきます。
 

除外貸付

 
総量規制が適用されない貸し付けの一つに除外貸付があります。借入金が借入残高に組み込まれないため、別件で借り入れするときに影響を与えるということはありません。
 
除外貸付に当たるものは以下の通り。

除外貸付

●住宅ローン
 
●自動車ローン
 
●高額療養費の貸し付け
 
●有価証券を担保とする貸し付け
 
●不動産を担保とする貸し付け
 
●売却予定の不動産の売却代金から返済される貸し付け

例外貸付

 
利用者の利益を保護することに影響を及ぼさない例外貸付も、総量規制の対象になりません。除外貸付と異なり、借入額が借入残高に組み込まれます。
 
したがって、総量規制の基準を上回ってしまうと、除外貸付や例外貸付以外の借り入れはできなくなりますので、注意しましょう。
例外貸付の例は以下の通り。

例外貸付

●利用者に一方的に有利となる借り換え
 
●借入残高を徐々に減少させるための借り換え
 
●利用者やその親族の緊急に必要な医療費を支払うための貸し付け
 
●個人事業者に対する貸し付け(事業計画・収支計画・資金計画などにより、返済能力を超えないと判断される場合)

 

おまとめローン

 
複数あるローンを一つにまとめるおまとめローン。おまとめローンは例外貸付に該当し、プロミスでも総量規制の基準を超えて借り入れできる場合があります。
 
一般的に、借入金額の大きい方は金利が低くなります。複数の貸金業者から借りているならば、一つにまとめた方が、金利も低くなります。返済方法については段階的に借入金額が減少していくことが要件とされています。
    

\最短即日融資も可能/

(公式)プロミス お申し込みはこちら

増額の審査に通過するポイント

 
プロミスで利用限度額を増額したい場合、審査に通過する必要があります。申請したからといって、誰でも増額できるわけではありません。ここでは、増額の審査を受ける際に心がけることを解説していきます。

 

プロミスで返済実績を作る

 
プロミスで増額申請をするとき、過去の借り入れできちんと返済をしたという実績を持っていることが大切です。
 
審査の担当者は、借入金を返済したことや引き落とし日を遅れずに返済したという実績から、利用者が返済能力のある者がどうかを判断します。つまり、こうした実績がプロミスの審査担当者から信用される要因になるといってよいでしょう。
 
また、他社で度々、返済を遅れた実績がある場合は要注意です。個人信用情報機関に記録が残るからです。当然、プロミスの審査担当者も確認するはずですから、気を付けましょう。
 

自分自身の収入をチェックする

 
増額する際には、自分の年収が契約したときよりも上がっているかどうかをチェックしましょう。一般的に、審査の担当者からは、年収が高い方が返済能力が高いとみなされ、増額審査に通りやすくなる可能性があります。
 

総量規制を超えないようにする

 
プロミスに限らず、多くの貸金業者は総量規制に基づいて貸し付けします。年収の3分の1を超えた金額は借り入れできないので、現在ギリギリいっぱいまで借りている場合は要注意です。
 
その際、他社で借り入れしている場合、その金額も含めて年収の3分の1を超えないようにしなければなりません。少しでも返済をして、限度額に余裕を持たせるようにしましょう。
 

\最短即日融資も可能/

(公式)プロミス お申し込みはこちら

プロミスで利用限度額の増額は可能

 
今回はプロミスで利用限度額を増額することについて、総量規制との関係を踏まえたうえで解説してきました。プロミスでは総量規制に抵触しない範囲内であれば、利用限度額を増額することは可能です。
 
しかし、いずれにしても、借り入れは緊急のときのみという認識を持つようにすることが大切です。キャッシング・ローンを受けたときには、1日も早く返済するように心がけましょう。
 
金融庁
貸金業法改正等の概要
プロミス公式HP
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 

関連記事

カードローンの審査に落ちてしまう人の3つの共通点
即日融資対応の審査が甘いカードローンとは?ポイントや注意点を解説
無審査で即日融資のカードローンってある?闇金を見分ける方法も解説

公式サイトで申し込み

プロミス

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!
融資上限額 金利 審査時間
最大500万円 4.5%~17.8% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 即日融資
 

カードローン基礎知識

  • 審査
  • 即日
  • 借入
  • 返済
  • 金利
  • 申し込み
  • 借り換え
  • 初めて