公開日: 2021.03.15 金利

SMBCモビットの金利を下げる方法|借入限度額を増やすことが重要

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

「SMBCモビットで借り入れをしたいものの、金利が高いのでどうにかしたい」、「SMBCモビットの金利を下げる方法を教えてほしい」と考えていませんか。金利は毎月の返済額や総返済額に大きな影響を与えるポイントなので、できるだけ金利を下げたうえで借り入れしたいですよね。
 
結論から述べると、2つの方法でSMBCモビットの金利を下げることは可能です(※必ず下げられるわけではありません)。
 
お困りの方のために、SMBCモビットの金利を下げる方法を紹介いたします。さらに、金利を下げられないときに、返済総額を減らす方法も紹介します。SMBCモビットで借り入れ予定の方、借り入れ中の方は、参考にしてください。
 

公式サイトで申し込み

SMBCモビット

おすすめポイント

「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能
融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 10秒簡易審査
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで - 即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットの金利はどれくらい?

SMBCモビットの金利を下げたい方は、最初にSMBCモビットの金利について理解を深めておきましょう。他社と比べて高いのでしょうか。
 

実質年率(金利)は3.00~18.00%

SMBCモビットの金利は、実質年率3.00~18.00%です。実質年率とは、借入金額に対する利息に諸経費を加えて算出した「実質上の金利」です。利息に手数料や保証料などを加えて算出した金利と考えればよいでしょう。実質年率の便利な点は、実際に返済する利息を求められることです。
 

SMBCモビットの金利を他社と比較すると

SMBCモビットの金利を他社と比較すると高いのでしょうか。消費者金融系カードローン会社の金利と比べると以下のようになります。
 

会社名 金利
SMBCモビット 3.00~18.00%
アコム 3.00~18.00%
プロミス 4.50~17.80%
レイクALSA 4.50~18.00%

 
銀行系カードローン会社の金利と比べると以下のようになります。
 

会社名 金利
SMBCモビット 3.00~18.00%
みずほ銀行 2.00~14.00%
三菱UFJ銀行 1.80~14.60%
三井住友銀行 4.00~14.50%

 
消費者金融系カードローンの金利と比べると同水準、銀行系カードローンの金利と比べるとやや高い水準といえます。金利だけを比べると銀行系カードローンの方がお得ですが、銀行系カードローンには審査が厳しい、審査に時間がかかるといったデメリットがあります。
 

実際の金利は契約ごとに決まる

SMBCモビットの金利は3.00~18.00%なので、大きな幅があるといえます。3.00%が適用された場合と18.00%が適用された場合とでは、返済総額にも大きな差が生じます。実際に適用される金利は、この範囲内で契約ごとに決まります。
 
具体的には、審査で適用される金利が決まるのです。自身に適用されるSMBCモビットの金利は、審査を受けてみるまでわからないといえるでしょう。
 

借入利息の算出方法

SMBCモビットの金利とあわせて押さえておきたいのが、借入利息の算出方法です。借入利息は、以下の計算式で求められます。
 
・借入残高×実質年率÷365日×返済期日までの利用日数
(※うるう年の場合は366日を用いる)
 
例えば、実質年率18.00%で15万円を30日間借り入れた場合の借入利息は、以下のようになります。
 
・15万円×18.00%÷365日×30日=2219円
 
返済計画を立てるため、SMBCモビットの借入利息の算出方法もあわせて押さえておきましょう。
 

\最短即日融資も可能/

(公式)SMBCモビット お申し込みはこちら

SMBCモビットの金利を下げる方法

SMBCモビットの金利は、以下の方法で下げられる可能性があります。
 

●借入限度額を大きくする
●金利引き下げ交渉をする

 
それぞれについて、詳しく解説いたします。
 

方法1:借入限度額を大きくする

SMBCモビットに限らずカードローンの金利は、借入限度額を大きくすることで下がる可能性があります。利息制限法で、カードローンの上限金利は以下のように定められているからです。
 

●元本の額が10万円未満の場合は年20.00%
●元本の額が10万円以上100万円未満の場合は年18.00%
●元本の額が100万円以上の場合は年15.00%

 
元本の額が100万円以上になると、金利の上限は15.00%になります。また、各カードローン会社が設定している金利は、借入限度額が大きくなるほど下がる傾向があります。だから、借入限度額が大きくなると金利は下がるのです。
 
ただし、貸金業法で定められた総量規制により、貸金業者から借り入れできる金額は総額で年収の3分の1までとなっています。年収400万円の方は総額で120万円までしか借り入れできません。他社で30万円の借り入れをしていると、SMBCモビットから借り入れできる金額は90万円となります。借入限度額を大きくしたい場合は、総量規制に注意が必要です。
 
借入限度額は増額審査で大きくすることもできますが、借入時の審査と同じく希望が必ず通るわけではありません。審査の結果、借入限度額が下がって金利が高くなることもあるので注意してください。
 

方法2:金利引き下げ交渉をする

SMBCモビットの金利は、交渉で下げられることもあります。カードローンの金利は、「完済まで据置」と決められているわけではないからです。交渉により見直しを促し、下げてもらうこともできます。
 
ただし、誰でも下げてもらえるわけではありません。一般的に、カードローン会社にとっての優良顧客は、金利引き下げ交渉を成立させやすいといわれています。優良顧客の定義は、カードローン会社で異なります。気になる方は、以下のポイントを意識するとよいでしょう。
 

\最短即日融資も可能/

(公式)SMBCモビット お申し込みはこちら

金利引き下げを成功させるポイント

続いて、SMBCモビットの金利引き下げを成功させるポイントを紹介します。

 

取引期間を長くする

金利を下げたい場合、取引期間を長くして信用を積み重ねることが重要です。具体的な期間は明示されていませんが、一般的には1年以上の取引期間が必要といわれています。SMBCモビットの金利を下げたい場合は、1年以上返済を続けてから増額審査を受ける、あるいは金利引き下げ交渉を行うとよいかもしれません。
 

延滞なく返済する

ただし、取引期間さえ長ければよいというわけではありません。1年以上の返済実績があっても、その間に延滞などのトラブルを起こしていると信用は失われます。返済期日を守りつつ、取引期間を長くすることが重要です。
 

他社の延滞にも注意する

SMBCモビット以外の借り入れがある場合は、他社の延滞などにも注意しましょう。延滞などのトラブルを起こすと、その事実が個人信用情報機関に登録されるからです。SMBCモビットを含むカードローン会社は、審査のときに個人信用情報を照会します。他社で延滞などのトラブルを起こしている場合も、信用は失われます。
 

安定した収入を維持する

以上のほかでは、安定した収入を維持することも重要です。安定した収入がないと、返済できないリスクが高まるため、金利の引き下げは難しくなります。増額の申し込みや金利引き下げの交渉は、安定した収入があるときに行いましょう。
 

\最短即日融資も可能/

(公式)SMBCモビット お申し込みはこちら

SMBCモビットの利息を少なくする方法|金利を下げられない時にチェック

SMBCモビットの金利を下げられないときは、利息を少なくする方法を検討するとよいかもしれません。どのように利息を少なくすればよいのでしょうか。
 

追加返済を利用して元金を減らす

SMBCモビットの利息は、毎月支払う返済とは別に追加で返済を行うことで減らせます。追加返済で利息を減らせる理由は、返済額のすべてが元金返済に充てられるからです。カードローンの利息は、元金をもとに算出されます。
 
だから、追加返済で元金を減らせば、利息を減らせるのです。利息が減れば、返済総額も減ります。ちなみに、毎月の返済額は、元金と利息で構成されます。毎月の返済だけで、元金を大きく減らすことはできません。
 
ただし、追加返済をするときは、次回の返済に気をつけましょう。追加返済と毎月の返済は別ものなので、追加返済をしても次回の返済は必要です。前払いしたつもりになっていると、延滞する恐れがあるので注意してください。
 

\最短即日融資も可能/

(公式)SMBCモビット お申し込みはこちら

SMBCモビットの金利を下げたいときは借入限度額を増やす

SMBCモビットの金利は、3.00~18.00%です。同業他社と比べると、平均的な水準といえます。金利を下げたいときは、借入限度額を大きくするとよいでしょう。
 
利息制限法で上限金利が定められているため、借入金額が100万円以上になると金利は15.00%以下になります。あるいは、利用実績を積み重ねてSMBCモビットに金利引き下げ交渉を行うこともできます。交渉を成功させるポイントは、延滞なく返済を続けておくことです。
 
金利引き下げが難しい場合は、追加返済で元金を減らすこともひとつの手です。利息は元金をもとに算出するため、元金を減らせば利息も減ります。
 
SMBCモビットの金利が気になる方は、以上を参考にするとよいでしょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 

関連記事

SMBCモビットから電話がかかってくる理由は?電話がくる理由と電話でできることを紹介
SMBCモビットは即日融資可能?即日融資を受ける為のポイント解説
SMBCモビットはコンビニで返済可能?注意点について

公式サイトで申し込み

SMBCモビット

おすすめポイント

「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能
融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 10秒簡易審査
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで - 即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
 

カードローン基礎知識

  • 審査
  • 即日
  • 借入
  • 返済
  • 金利
  • 申し込み
  • 借り換え
  • 初めて

【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット
【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット