公開日: 2021.03.15 借り換え

アイフルは借り換えに強い?かりかえMAXとおまとめMAXのサービス内容

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

「アイフルって借り換え用の商品を用意しているの?」、「アイフルで借り換えたときの金利はどれくらい?」などが気になっていませんか。再び審査を受けて借り換えるのであれば、少しでもメリットを感じられるようにしたいですよね。
 
結論から述べると、アイフルは借り換える方がメリットを感じられる2つの商品を用意しています。これらの概要と利用条件、利用の流れなどを紹介するので参考にしてください。さらに、借り換えのメリットもお教えいたします。以下の情報を参考にすれば、借り換えの必要性やアイフルの魅力などがわかるはずです。検討中の方は、参考にしてください。
 

公式サイトで申し込み

アイフル

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
※融資まで 30日間 即日融資

※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。

アイフルで借り換える前に理解しておきたいポイント

一般的にいわれている「借り換え」は、他社1社での借り入れをアイフルでの借り入れに変更する借り換えと複数社での借り入れを1社にまとめるおまとめにわかれます。両者にはどのような違いがあるのでしょうか。アイフルの借り換え用商品を紹介する前に、借り換えとおまとめの違いを解説いたします。
 

借入先を変更する借り換え

借り換えとは、カードローンの借入先を変更することです。他社で借り入れていた方が、借入先をアイフルに変更するなどが該当します。この場合、アイフルの融資で他社の借り入れを完済し、アイフルに返済していくことになります。借入先が変わるだけですが、メリットはあるのでしょうか。
 

借り換えのメリット:金利負担を減らせる

借り換えのメリットは、金利負担を減らせることです。借り入れしているカードローンよりも金利が低いカードローンへ借り換えることにより、毎月の返済額と返済総額を減らせます。ただし、借り換えには審査が必要です。また、返済額の減少により、返済期間が長くなることもあります。これらのデメリットには注意しましょう。
 

複数の借入先を1社にまとめるおまとめ

おまとめとは、複数の借入先で契約しているカードローンを1社にまとめることです。例えば、A社とB社で借り入れしていた方が、借入先をアイフルにまとめるなどが該当します。この場合、アイフルの融資で、A社とB社の借り入れを完済し、アイフルに返済していくことになります。借り入れを1社にまとめることで、どのようなメリットを得られるのでしょうか。
 

おまとめのメリット:金利負担を減らせる

おまとめのメリットも、金利負担を減らせることです。借り換えと同じく、借り入れしているカードローン各社よりも金利が低いところへおまとめをすれば、金利負担を減らせます。当然ながら、これにより毎月の返済額、返済総額も減ります。
 
そもそも、カードローンの上限金利は、利息制限法で以下のように定められています。
 

●元本が10万円未満の場合は年20.00%
●元本が10万円以上100万円未満の場合は年18.00%
●元本が100万円以上の場合は年15.00%

 
そのため、バラバラだった借り入れをまとめて1社に集約することで元本の額が上がれば、金利が下がる可能性が高いです。
 
例えば、A社から金利17.00%で40万円、B社から金利18.00%で30万円、C社から金利17.50%で30万円借り入れている方が、借入を1社にまとめれば、元本が100万円となるため適用される金利の上限は15.00%になります。現在の借入額、金利によっては、おまとめで金利負担を大幅に減らせる可能性があるのです。
 

おまとめのメリット:返済の手間を減らせる

返済の手間を減らせる点も、おまとめのメリットといえます。複数のカードローンを利用していると、返済先も複数になります。毎月の返済日も複数になることが多いでしょう。このような状態では、お金の管理が非常に大変です。返済をうっかり忘れてしまうなどのトラブルも起こりやすくなります。
 
おまとめで借入先を1つにまとめれば、返済先はもちろん毎月の返済日も1つになります。返済の手間を減らして、お金の管理を簡単にできる点もおまとめの魅力です。
 

アイフルは「かりかえMAX」と「おまとめMAX」を用意

アイフルは、借り換えとおまとめに対応した「かりかえMAX」と「おまとめMAX」を用意しています。これらのカードローンには、どのような特徴があるのでしょうか。
 

\最短即日融資も可能/

(公式)アイフル お申し込みはこちら

アイフルの「かりかえMAX」・「おまとめMAX」の特徴

 
かりかえMAXとおまとめMAXは、他社の借り入れをアイフルに借り換えるときに利用できるカードローンです。それぞれの違い、特徴は以下の通りです。
 

「かりかえMAX」と「おまとめMAX]の違い

かりかえMAXとおまとめMAXでは、申し込みできる方が異なります。
 

●かりかえMAXを申し込みできる方:他社に借り入れがあってアイフルを初めて利用する方
●おまとめMAXを申し込みできる方:アイフルを含む複数社に借り入れがある方

 
つまり、アイフルを初めて利用する方は借り換えであってもおまとめであってもかりかえMAXの対象、すでにアイフルを利用している方はおまとめMAXの対象になります。商品名は異なりますが、その他の条件は基本的に同じです。
 

貸し付け対象者は安定した収入がある人

かりかえMAXとおまとめMAXの貸し付け対象者は、満20歳以上で定期的な収入と返済能力がありアイフルが定める基準を満たす方です。基準を満たせば、パートやアルバイト、派遣社員、契約社員であっても契約することはできます。残念ながら、アイフルが定める基準は公開されていません。
 

貸付利率はやや低めの3.0~17.5%

かりかえMAXとおまとめMAXの貸付利率は3.00~17.50%です。アイフルが提供している通常のカードローンの貸付利率は3.00~18.00%なので、かりかえMAXとおまとめMAXの貸付利率はやや低いといえます。アイフルですでに借り入れをしている方であっても、おまとめMAXを利用することで貸付利率を下げられる可能性があります。
 

元利定額返済方式なので返済額が一定

かりかえMAXとおまとめMAXは、返済方式に元利定額返済方式を採用しています。元利定額返済方式とは、毎月の返済額が変動しない返済方式(元金と利息の割合が変動する返済方式)です。毎月の返済額が同じなので、お金の管理が簡単になります。
 

銀行ローンなども借り換え、おまとめの対象

かりかえMAX、おまとめMAXが借り換え・おまとめの対象としているのは、貸金業者の借り入れだけではありません。銀行ローン、クレジットカードのリボルビング払いも対象としています。例えば、借り換えやおまとめで、クレジットカードの利用枠をあけることもできます。
 

かりかえMAX・おまとめMAXは総量規制の対象外

かりかえMAXとおまとめMAXは、総量規制の対象外です。総量規制とは、貸金業者の貸し付けを対象に、年収の3分の1を超える貸し付けを原則禁止とした貸金業法に基づく取り決めです。かりかえMAXとおまとめMAXは、総量規制の例外貸付に分類されるため、総量規制中であったとしても申し込むことができます。
 

借り換えには審査が必要

かりかえMAX、おまとめMAXを利用するには、審査に通る必要があります。すでに、アイフルのカードローンを利用中の方であっても同じです。審査で返済能力がないと判断されると、かりかえMAX、おまとめMAXを利用できません。希望が必ず通るわけではない点に注意が必要です。
 

\最短即日融資も可能/

(公式)アイフル お申し込みはこちら

アイフルの「かりかえMAX」・「おまとめMAX」を利用する流れ

借り換えで金利を下げたいと考えている方は、アイフルのかりかえMAX、おまとめMAXを利用するとよいでしょう。利用の流れは以下の通りです。
 

ステップ1:アイフル公式サイトで申し込み

WEBサイト、電話受付、店頭窓口のいずれかで申し込みを行います。WEBサイトから申し込む場合、以下の情報などが必要です。
 

●希望金額
●氏名
●生年月日
●会社名
●会社電話番号
●年収
●他社借入状況

 
WEBサイトは、24時間365日、申し込みを受け付けています。
 

ステップ2:審査に通ったら契約手続き

申し込み後、簡易審査が行われます。簡易審査の次に行われるのが本審査です。本審査では、入力した情報、提出した書類などをもとに、情報に誤りがないかなどが確かめられます。本審査に通れば、契約手続きへと進みます。契約手続きは、WEBサイトやアプリなどから行うこと可能です。
 

必要書類

かりかえMAXとおまとめMAXでは、本審査の前に本人確認書類と収入証明書の提出が求められます。本人確認書類は、顔写真付きと顔写真なしにわかれます。
 

【顔写真付き本人確認書類】

●運転免許証
●パスポート
●住民基本台帳カード
●特別永住者証明書
●在留カード
●公的証明書類
●個人番号カード

 

【顔写真なし本人確認書類(1)】

●健康保険証
●年金手帳
●母子健康手帳

 

【顔写真なし本人確認書類(2)】

●戸籍謄本(戸籍抄本)
●住民票
●住民票記載事項証明書など

 
WEBまたは電話で申し込む場合は、以上の中からいずれか2点または以上の中からいずれか1点と補完書類が必要です。
 
顔写真付き本人確認書類がない場合は、【顔写真なし本人確認書類(1)】から2点または【顔写真なし本人確認書類(1)】から1点と【顔写真なし本人確認書類(2)】から1点などが必要です。あるいは、【顔写真なし本人確認書類(2)】から1点とアイフルからの簡易書留送付でも構いません。(※補完書類とは公共料金領収書、官公庁発行書類で氏名・住所・生年月日が記載されているものなど)
 
提出できる収入証明書は以下の通りです。
 

●源泉徴収票
●住民税決定通知書
●給料明細書(直近2ヶ月分、住民税の記載がある場合は直近1ヶ月分。賞与が支給されている方は1年以内の賞与明細書も必要)
●確定申告書
●所得証明書

 
以上のほか、アイフルから他社借入条件などを確認できる書類の提出を求められることもあります。
 

ステップ3:他社借入の返済とアイフルへの返済

契約締結後、アイフルの融資で他社借入をまとめて返済します。その後は、アイフルへ返済を続けます。以上の流れで、他社借入をアイフルに借り換えることができます。
 

\最短即日融資も可能/

(公式)アイフル お申し込みはこちら

アイフルは借り換えしやすい商品を用意しています

借り換えは、借入先を変更する借り換えと複数の借入先を1社にまとめるおまとめにわかれます。アイフルは、どちらにも対応できるかりかえMAXとおまとめMAXを用意しています。
 
両者の違いは、申し込み対象者です。かりかえMAXはアイフルをはじめて利用する方、おまとめMAXはアイフルを含む複数社に借り入れがある方を対象にしています。
 
いずれを選んでも、金利が下がる、お金の管理が簡単になるなどのメリットがあります。また、総量規制中の方であっても申し込むことは可能です。ただし、利用にあたっては、審査が必要です。希望が必ず通るわけではない点に注意してください。
 
検討中の方は、アイフル公式サイトなどから申し込みを進めるとよいでしょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 

関連記事

こんな人は通らない!?アイフルの審査基準のポイントをまとめてみた
アイフルの在籍確認について知っておきたいポイント
アイフルに電話して申し込みできる?アイフルのお問い合わせ先について

公式サイトで申し込み

アイフル

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
※融資まで 30日間 即日融資

※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。

 

カードローン基礎知識

  • 審査
  • 即日
  • 借入
  • 返済
  • 金利
  • 申し込み
  • 借り換え
  • 初めて