更新日: 2021.06.29 銀行カードローン

バンクイックの保証会社って? 審査においてどんな影響がある?

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

三菱UFJ銀行が提供するカードローン「バンクイック」は、保証会社を別に設けています。提供する会社と保証会社が異なることで、契約に必要な審査にどんな影響があるのでしょうか? この記事では「バンクイック」の保証会社がどこなのか、保証会社がほかにどんな提携先と契約しているのか、審査における注意点などについて説明します。
 

公式サイトで申し込み

三菱UFJ銀行のカードローン

おすすめポイント

・銀行ならではの低金利でご利用いただける
・ATMから1,000円単位で借入も可能
融資上限額 金利 審査時間
500万円 1.8%~14.6% 公式サイト参照
融資まで 来店 収入証明書
公式サイト参照 不要 必要

バンクイックの保証会社とは

「バンクイック」とは、三菱UFJ銀行が提供しているカードローンのことです。三菱UFJ銀行の口座を持っていなくても申し込むことができ、インターネットを利用すれば24時間申し込み可能。利用できる金額は10~500万円です。
 
カードローン「バンクイック」の保証会社は三菱UFJ銀行ではなく、アコム株式会社がつとめています。金融機関のカードローンに消費者金融の名が並ぶと驚く人がいるかもしれません。なぜアコムが保証会社をつとめているのか詳しく見ていきましょう。
 

保証会社の役割

保証会社の役割は融資を受けた人が返済できなくなった場合、返済を本人の代わりに行うことにあります。銀行や貸金業者は、保証会社をつけておくことで融資したお金が返ってこなくなるリスクを負う必要がありません。融資を受けた人の返済能力を保証することにもなります。
 
保証会社による保証は「機関保証」と呼ばれており、連帯保証人が必要となる「人的保証」とは異なる保証の仕方です。保証会社がつくことで連帯保証人が不要になると考えることもできますが、すべてのローンでどちらか一方の保証があれば良いわけではありません。
 
商品によっては保証会社と連帯保証人の両方の保証が必要となる場合がありますので、契約する商品はどうなのかチェックしておきましょう。
 
また、保証会社がついていて、万が一の場合は返済を肩代わりしてくれるからといって返済しなくて良いわけではありません。申込者が三菱UFJ銀行に対して返済しないと、保証会社のアコムに返済する義務を負うことになります。
 
ここで注意する必要があるのは、代位弁済が行われてしまった場合のリスクです。代位弁済とは万が一申込者が返済できなくなった場合に、保証会社が返済を肩代わりし、弁済者に債権が移行することです。
 
代位弁済が行われると分割返済ができなくなってしまいます。一括返済を求められるため、返済額が高額であればあるほど負担が大きく、返済も困難に。カードローンも解約されるため、新たな借り入れはできません。
 
さらに保証会社による代位弁済が行われると、その記録が信用情報機関に残ります。一度登録されてしまった記録は一定期間残るため、別で審査を受ける時に照会されると審査に影響を与えます。
 
一定期間経過すると情報は抹消されることになっていますが、滞納を何度も繰り返す、長期の遅延を起こすなど、悪質と判断された場合にはこの限りではありません。永久に情報が抹消されない可能性もありますので注意してください。
 

アコム株式会社とは

アコムグループでは信用保証事業として、提携している金融機関のローン商品の利用者の債務保証を行うビジネスをアコムと連結子会社のエム・ユー信用保証株式会社の2社で展開。ローン事業でアコムが行ってきた与信や審査、債権管理回収のノウハウを活用しています。
 
金融機関のローン商品に申し込むと、金融機関がアコムに保証審査を依頼します。アコムが受け付けた後に実際に保証審査がなされ、審査結果が金融機関に伝えられます。審査に通過するとローンの契約やカード発行を行うことができます。
 
明確な審査基準は示されていませんが、金融機関とアコム(保証会社)の両方の基準をクリアしなくては契約できません。
 

アコムが保証会社をしている金融機関

アコムが保証会社をつとめている金融機関は、カードローン「バンクイック」を提供する三菱UFJ銀行だけではありません。2001年5月に株式会社北海道銀行と保証業務提携をスタートさせたのを皮切りに、複数の有力地方銀行および流通系・ネット銀行の金融商品の保証業務の受託をしています。
 
実際にどんな銀行の保証会社をつとめているのか詳しく見ていきましょう。
 

アコムの保証提携先一覧

アコムが保証提携を行っている金融機関を一覧にしてご紹介します。
  

北海道銀行 広島銀行 スルガ銀行 十六銀行 青森銀行
八十二銀行 西日本シティ銀行 長崎銀行 南都銀行 北陸銀行
常陽銀行 群馬銀行 岩手銀行 三菱UFJ銀行 山形銀行
じぶん銀行 セブン銀行 伊予銀行 三十三銀行 百十四銀行
宮崎銀行 武蔵野銀行 中京銀行 足利銀行 鳥取銀行
大分銀行 四国銀行 ソニー銀行 琉球銀行 山梨中央銀行

 
出典:https://www.acom.co.jp/corp/about-us/businessoutline/guarantee/guarantee.pdf
 

審査における注意点

審査を受けるとカードローン「バンクイック」を提供している三菱UFJ銀行と保証会社であるアコムの審査基準をクリアする必要があります。提供する金融機関と保証会社の2つが契約に関わってくる「バンクイック」の審査を受ける時に注意するポイントはあるのでしょうか。審査に落ちる可能性の高い状況などを詳しく見ていきましょう。
 

審査の基準

クレジットカード会社や消費者金融は貸金業法に基づいてローン審査を行っています。貸金業法は返済しきれない多額の借金を抱えてしまう「多重債務者」が過去に社会問題となった背景から定められた法律です。
 
借入残高が年収の3分の1を超えると新規借り入れができない「裁量規制」、法律上の上限金利29.2%が借入金に応じて15~20%に引き下げられた「上限金利の引下げ」などがあります。
 
保証会社はこの貸金業法に基づいて、申込者の返済能力を見極め、さまざまな条件から審査を行わなければなりません。この貸金業法は銀行には該当しませんが、カードローンの審査を貸金業法に匹敵する審査基準で行っているケースも増えているようです。
 

アコムが保証会社になっているカードローンで審査落ちやトラブルがあると落ちる可能性が高い

カードローン「バンクイック」の保証会社はアコムがつとめています。そのため過去にアコム、もしくはアコムが保証会社をつとめる「バンクイック」以外の銀行カードローンで審査落ちやトラブルがあった場合、審査に落ちる可能性があることを考えておきましょう。
 
カードローン審査の多くは信用情報機関の情報をもとになされます。アコムに限らず何らかの保証会社とトラブルを起こす、もしくは返済が滞ったなどの情報がこの信用情報機関に記載されていると当然審査は通りにくくなります。
 
しかしこの情報は一定期間経過すると原則抹消されますので、抹消された後の審査通過は十分あり得るでしょう。そういったトラブルがないのに審査に落ちてしまったのであれば、アコムの審査基準を満たしていない可能性もあります。
 
アコムの審査基準は公にはされていませんが、収入や就労状況などで審査に落ちてしまうことも。一度落ちてもしまってもそれらに変化があれば審査に通る可能性はあります。変化のない場合は審査に再び落ちてしまう可能性が高いと考えておきましょう。
 

過去アコムに通過したといって通るとは限らない

過去にアコムやアコムが保証会社をつとめる銀行のカードローンの審査に通ったことがある人もいることでしょう。過去、審査に通ったからといって、次も必ず通るとは限りません。
 
前回審査に通った時より収入や就労状況に変化があると落ちてしまう可能性があります。保証会社であるアコムの審査基準は満たしていたとしても、カードローンを扱っている金融機関の基準を満たしている可能性も捨てきれません。
 
いずれにしても申し込んでみないと審査に通るかどうかは分かりませんので、まずは申し込んでみましょう。
 

アコムと提携したバンクイックにはメリットあり

三菱UFJ銀行が提供するカードローン「バンクイック」の保証会社は、消費者金融のアコムがつとめています。保証会社を設けることで、申込者の返済が滞った場合に申込者と銀行の両方にメリットがあります。
 
保証会社であるアコムはローン審査も行います。審査に通るかどうかは、過去にアコムや他の保証会社との間にトラブルがあったかどうかが影響を及ぼします。実際に審査に通るかどうかは受けてみないと分かりませんので、まずは申し込んでみましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 

公式サイトで申し込み

三菱UFJ銀行のカードローン

おすすめポイント

・銀行ならではの低金利でご利用いただける
・ATMから1,000円単位で借入も可能
融資上限額 金利 審査時間
500万円 1.8%~14.6% 公式サイト参照
融資まで 来店 収入証明書
公式サイト参照 不要 必要
 

カードローン基礎知識

  • 審査
  • 即日
  • 借入
  • 返済
  • 金利
  • 申し込み
  • 借り換え
  • 初めて