更新日: 2021.07.15 銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの審査に通るためには? ポイントや流れを解説

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

カードローンを利用するなら、大手銀行から借りたいとお考えではありませんか?
 
メガバンク・三井住友銀行カードローンは消費者金融系より上限金利が低く、東京証券取引所第一部に上場している三井住友フィナンシャルグループの一員であることから安心感があります。三井住友銀行カードローンの利用を検討している方の中には、「自分は審査に通るだろうか?」と気にされている方も多いことでしょう。
 
今回は三井住友銀行カードローンの申し込み条件など、審査のときにチェックされるポイントを解説します。審査の流れについても解説しますので、三井住友銀行カードローンの審査が気になっている方はぜひ参考にしてください。
 

公式サイトで申し込み

三井住友銀行カードローン

おすすめポイント

・スマホで 24時間、土日も申込OK
・審査回答・ご融資まで最短、翌営業日※1
・全国ATM手数料 0円
融資上限額 金利 審査時間
10~800万円 年1.5%~14.5% 最短翌営業日
融資まで 来店 収入証明書
公式サイト参照 不要 必要※2
※1 申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。 ※2 お申込金額が50万円を超える場合は「現在の収入が確認できる書類」のご提出が必要

三井住友銀行カードローンの申し込み条件

三井住友銀行カードローンには、申し込み資格があるかどうかチェックするための条件があります。ここでは申し込み条件や、審査に不安がある方にぴったりな「お借り入れ10秒診断」についてみていきましょう。

 

申し込み条件

三井住友銀行カードローンの申し込み条件は、次のとおりです。
 

●お申込時の年齢が、満20歳以上満69歳以下である
●原則、安定した収入がある
●三井住友銀行指定の保証会社、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる
●事業性資金ではない
●本人による申し込みである

 
これらは申し込むための条件であり、クリアした人はさらに審査を受ける必要があります。

 

不安な方は「お借り入れ10秒診断」を利用してみよう

審査に落ちるのではと心配している方は、いきなり申し込むのではなく「お借り入れ10秒診断」を利用するのがおすすめです。
 
年齢・年収・他社カードローンの借入金額といった3つの質問に答えるだけで、審査に通る可能性を調べられます。あくまで可能性のチェックであり、実際の審査結果と異なる場合がありますが目安として使えるので便利です。
 
参照:カードローンお借り入れ10秒診断|三井住友銀行
 

三井住友銀行カードローンの審査でみられるポイントは?

三井住友銀行カードローンの審査基準は、実際には公開されていません。しかし一般的にカードローンの審査でみられるポイントがあるため、審査への準備はできます。審査のポイントは次のとおりです。
 

●本人の属性
●他社からの借り入れ
●信用情報

 
これらの状況に応じてスコア付けされ、三井住友銀行カードローン独自の審査基準に照らし合わせて審査結果が決定されます。ではそれぞれのポイントについてみていきましょう。

 

審査のポイント(1)本人の属性

返済能力を調べるために、審査では本人の属性をチェックします。申し込み条件にもありますが、「20歳以上」「安定した収入がある」といった内容のことです。
 
一般的に、チェックされる本人の属性は次のとおりです。
 

●職業・勤務先
●雇用形態
●年収
●持ち家か借家かなど住居の状況
●同居する家族構成など

 

審査のポイント(2)他社からの借り入れ

貸金業法による「総量規制」をご存じでしょうか? これは「年収の3分の1を超える貸し付けをしてはならない」という規制のことです。年収600万円の人であれば借入先が1社・複数にかかわらず、総額200万円までしか借りられません。
 
銀行法が適用される三井住友銀行カードローンの場合、総量規制の対象外です。しかし各銀行も、借り手が返済困難になるほどの過度な融資を避けるために自主的な規制ラインを設けています。そのため、他社からすでに総量規制に抵触するほど借り入れしている場合は、審査に通るのは難しいといえるでしょう。

 

審査のポイント(3)信用情報

信用情報とは、ローンやクレジットカード契約や申し込みに関する客観的な取引事実を記録した履歴情報です。カードローンは無担保で貸し付けをするため、申込者本人の信用情報が重要視されます。三井住友銀行カードローンの審査担当者にとって、過去の取引履歴は重要な判断材料です。
 
そのため三井住友銀行カードローンの審査では、全国銀行個人信用情報センター・CIC・JICCといった個人信用情報機関に情報照会を実施します。過去に延滞などのトラブルを起こしていないか、確認するためです。

 

三井住友銀行カードローン審査の流れ

ここでは、三井住友銀行カードローンの申し込みから借り入れまでの流れをみていきましょう。
 
申し込み方法は次の3つです。
 

●パソコン・スマートフォンから24時間いつでも申し込み
 
●お近くのローン契約機から(原則土日・祝日も18:00まで申し込みできる)
 
●三井住友銀行カードローンプラザへ電話をして(12月31日~1月3日は除く毎日9:00~21:00受付 0120-923-923)

 
次に申し込みに必要な書類や、審査にかかる時間をみていきましょう。

 

三井住友銀行カードローン審査の必要書類

三井住友銀行カードローンの必要書類は「本人確認書類」と、50万円を超える申し込みの場合は「収入証明書類」となります。
 
本人確認書類とは、次のような書類のことです。
 

●運転免許証
●個人番号カード
●パスポート(必要に応じて現住所が確認できる書類も添付する)
●住民基本台帳カード(顔写真付き)

 
上記の本人確認書類が用意できず、各種健康保険証等を本人確認書類として使いたい場合は、三井住友銀行カードローンプラザへ電話し相談してみてください。
 
申し込みが完了したらWebから書類アップロードサービスで、あるいは郵送・ローン契約機のスキャナーを使って本人確認書類を提出しましょう。
 
なお三井住友銀行カードローンの申込金額が50万円を超える場合、次のような書類を提出して年収を証明する必要があります。
 

●源泉徴収票
●税額通知表
●所得証明書
●確定申告書
●給与明細書

 

三井住友銀行カードローン審査にかかる時間

三井住友銀行カードローン審査結果は、電話あるいは電子メールで通知されます。この正式な審査結果の連絡は、本人確認書類を提出した後です。つまり本人確認書類を提出しないと、審査は進まないため注意してください。
 
本人確認書類提出後、最短で翌営業日の9:00から21:00までの間(12月31日から1月3日を除く)に審査結果は通知されます。土日祝日をはさむ場合はさらに審査時間が延びるため、時間的に余裕をもって申し込むと良いでしょう。

 

三井住友銀行カードローンの審査に通るために準備できること

ここでは三井住友銀行カードローンの審査に備えて、申込者が準備できることをご紹介しましょう。

 

信用情報にダメージがないか確認する

信用情報の開示請求は、銀行だけの特権ではありません。自分自身の信用情報を取り寄せることが可能です。三井住友銀行カードローンに申し込む前に、申込者本人も信用情報を取り寄せて内容をチェックしてみると良いでしょう。
 
クレジットカードやローンの返済を滞納した場合以外にも、スマートフォンなど携帯電話端末代金の分割払いなどもクレジット契約として信用情報に登録されるため注意が必要です。クレジット情報は、契約期間中および契約終了後5年は登録されています。
 
万が一信用情報に事故情報がある場合は、事故情報が消えたことを確認してからカードローンに申し込むのも1つの方法です。

 

同時にいくつものカードローンに申し込まない

いくつものカードローンやクレジットカードに申し込みを重ねると、信用情報を閲覧した審査担当者にお金に困っているのでは? という悪い印象を与えがちです。
 
申し込み情報は、通常6ヶ月は信用情報に登録されています。カードローンを一度申し込んだら、半年以上後に申し込むと良いでしょう。

 

安定した収入とみなされるレベルにあげる

申し込み条件にもある、安定した収入とは一体いくらくらいでしょうか? 三井住友銀行には、「フリーローン(無担保型)」と呼ばれる商品があります。こちらは前年度税込年収が200万円以上(個人事業主の方は所得金額)と明記されているので、目安として参考にしてみてください。

 

在籍の電話確認に対応する

審査の過程で申込者が実際に勤務していることを証明するために、三井住友銀行カードローンプラザから在籍確認の電話がかかってきます。在籍確認が完了しないと、審査は完了しない点にも注意してください。
 
銀行名を出して電話がかかってきますので、勤務先への電話に不安を感じる方は事前に三井住友銀行カードローンプラザに電話で相談してみてください。

 

スムーズな審査に向けて準備をしてから申し込もう

三井住友銀行カードローンの審査は、申込者に「返済能力があるかどうか」銀行側が見極めるために実施されます。メガバンク・三井住友銀行カードローンの場合、消費者金融系カードローンと比べると審査に時間がかかります。
 
時間はかかるものの、消費者金融よりも上限金利が低い点は魅力的なので審査にぜひ通過したいですよね。即日融資は不可能ですので、時間的に余裕をもって申し込むようにしてください。審査がスムーズに進むように信用情報を事前に確認するほか、在籍確認の電話に対応するよう準備をしておきましょう。

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 

公式サイトで申し込み

三井住友銀行カードローン

おすすめポイント

・スマホで 24時間、土日も申込OK
・審査回答・ご融資まで最短、翌営業日※1
・全国ATM手数料 0円
融資上限額 金利 審査時間
10~800万円 年1.5%~14.5% 最短翌営業日
融資まで 来店 収入証明書
公式サイト参照 不要 必要※2
※1 申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。 ※2 お申込金額が50万円を超える場合は「現在の収入が確認できる書類」のご提出が必要
 

カードローン基礎知識

  • 審査
  • 即日
  • 借入
  • 返済
  • 金利
  • 申し込み
  • 借り換え
  • 初めて