最終更新日: 2019.12.26 公開日: 2019.02.27
クレカ

海外旅行へ行くなら、外貨調達はクレジットカードのキャッシングがおすすめ!

執筆者 : 浦上登

皆さんが海外旅行に行くとき、現地で使う外貨をどう手に入れたらいいか、悩んだことはありませんか?
 
「使える場合はできるだけクレジットカードにしよう。でも、現金しか使えない場合に備えて、どこで日本円を両替したらいいだろうか?」こんな風に思ったことがあると思います。
 
どうしたら最も有利に、効率的に現地通貨を手に入れられるか。ムダなお金を使わずに、海外旅行に行くためのポイントのひとつですよね。そこで、役に立つアイデアをご紹介したいと思います。
 
 
浦上登

執筆者:

執筆者:浦上登(うらかみ のぼる)

サマーアロー・コンサルティング代表 CFP ファイナンシャルプランナー

東京の築地生まれ。魚市場や築地本願寺のある下町で育つ。
 
早稲田大学卒業後、大手メーカーに勤務、海外向けプラント輸出ビジネスに携わる。今までに訪れた国は35か国を超える。その後、保険代理店に勤め、ファイナンシャル・プランナーの資格を取得。
 
現在、サマーアロー・コンサルティングの代表、駒沢女子大学特別招聘講師。CFP資格認定者。証券外務員第一種。FPとして種々の相談業務を行うとともに、いくつかのセミナー、講演を行う。
 
趣味は、映画鑑賞、サッカー、旅行。映画鑑賞のジャンルは何でもありで、最近はアクションもの、推理ものに熱中している。

https://briansummer.wixsite.com/summerarrow

詳細はこちら
浦上登

執筆者:

執筆者:浦上登(うらかみ のぼる)

サマーアロー・コンサルティング代表 CFP ファイナンシャルプランナー

東京の築地生まれ。魚市場や築地本願寺のある下町で育つ。
 
早稲田大学卒業後、大手メーカーに勤務、海外向けプラント輸出ビジネスに携わる。今までに訪れた国は35か国を超える。その後、保険代理店に勤め、ファイナンシャル・プランナーの資格を取得。
 
現在、サマーアロー・コンサルティングの代表、駒沢女子大学特別招聘講師。CFP資格認定者。証券外務員第一種。FPとして種々の相談業務を行うとともに、いくつかのセミナー、講演を行う。
 
趣味は、映画鑑賞、サッカー、旅行。映画鑑賞のジャンルは何でもありで、最近はアクションもの、推理ものに熱中している。

https://briansummer.wixsite.com/summerarrow

詳細はこちら

日本の空港で両替するのが手っ取り早い?

「海外旅行に行く道すがら、羽田空港や成田空港の銀行や両替所で、円を現地通貨に両替して持って行ったら手っ取り早いよね」と思う方も、多いのではないでしょうか?
 
これがとんでもない!少しでも、外国為替の知識がある人なら、ギャッと驚くようなレートが表示されています。
 
2018年11月3日の羽田空港のアジア諸国通貨に関する両替所のレートを表にまとめました。
 

 
「売り」「買い」は両替所から見た動作を表しています。両替所が顧客に、現地通貨1単位を売るときにもらう日本円の金額を「売り」に表示し、両替所が顧客から、現地通貨1単位を買うときに支払う日本円の金額を「買い」に表示しています。
 
「仲値」はその中間値、これが本来の為替レートです。海外旅行へ行く場合は、現地通貨が欲しいので、「売り」のレートを見ればよいわけです。
 
台湾ドルを例に、ご説明します。台湾ドルの「売り」のレートは1台湾ドルあたり4.18円、仲値の3.68円から見て、14%も高いレートです。
 
為替取引で売り買いの差があるのは当然です。それは、通貨を両替する銀行や業者の手数料になります。それを極力小さくして、できるだけ仲値に近いレートで取引をしないと、メリットは出ません。
 

現地の空港で両替したら?

現地の台北松山空港の銀行で両替した場合のレートは次の通りです。1台湾ドル当たり3.756円。仲値の3.68円から見て+2.07%です。羽田より、だいぶ安くなっています。
 
空港では、もう1つの方法があります。ATMでキャッシングする方法です。つまり、クレジットカードを使って、カード会社から現地通貨でお金を借りることになります。
 
この場合、その日の為替レートにプラスして、借入日から返済日までの金利を支払えばOKです。金利は年18%程度になりますが、帰国後に一括で繰り上げ返済すれば、金利の支払いを最低限におさえられます。
 
例えば、7日間の旅行で帰国日の翌日に返済したとすると、18%×(7÷365)=0.345% これだけで、借り入れと返済が済んでしまいます。クレジットカード会社やATMでキャッシングすると、交換手数料を取られることもありますが、かかったとしても1回100~200円程度です。
 
ATMは空港だけでなく、ホテル、コンビニやショッピング・モールなど街中にあり、急に現地通貨が必要になった場合でも調達可能です。まず、空港で1万円くらいを両替して、タクシー代や電車賃を確保し、その後、ホテルや街中で必要なだけ調達することが可能になります。
 
今まで述べた方法を、台湾ドルを例にとって表にまとめました。レートは日時によって変化するので、大体の傾向を表すものとしてみてください(2018年11月3日のレートをもとに算出)。
 

 

現金はいくら調達したらいいか?

旅行資金として現地通貨はいくら必要でしょうか?これが難しいところです。
 
レストラン、ホテルなど、クレジットカードが使えるところは、クレジットカードで済ませる。土産物屋やタクシーなどで、現金が必要なところは現地通貨を用意する……といっても、実際にいくらで済むかよく分かりません。
 
余って羽田空港の両替所で日本円に替えたら「売り」では、1台湾ドル当たり4.18円も取ったのに、「買い」では3.18円しか戻してくれません。30%も損をしてしまいます。
 
現地通貨を多めに替えて、余った場合は、次の方法がおすすめです。余った現地通貨を、まず、ホテルの支払いに充当すればよいのです。そして、現地通貨で払いきれないホテル代を、クレジットカードで支払うことにすれば、効率よく現地通貨を使いきれます。
 

まとめ

海外旅行に行く際の、現地通貨調達方法のおすすめは、クレジットカードによるキャッシングと帰国後の一括返済です。これが、為替交換の手数料を最小にして、かつ、どこでも、いつでも調達できる、最も効率的な方法ではないでしょうか。
 
この方法は、米ドルやユーロも含め、基本的にどの国でも適用可能です。今度、海外旅行に行ったときに、試してみてはいかがでしょうか。
 
執筆者:浦上登(うらかみ のぼる)
サマーアロー・コンサルティング代表 CFP ファイナンシャルプランナー
 



▲PAGETOP