最終更新日: 2021.04.07 公開日: 2021.02.28
クレカ

アメックスグリーンの年会費は高い? 特典や審査の基準も紹介!

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

【PR】入会後3ヶ月以内の利用で、最大「18,000ポイント」獲得可能

アメリカン・エキスプレス・カード

おすすめポイント

入会後3ヶ月以内のカード利用で、合計18,000ポイント獲得可能!
充実の付帯保険や各種サービスは、年会費以上の価値あり!
付帯サービスのラウンジサービスやプロテクションサービス、旅行傷害保険など
年会費(税抜) 発行期間 ポイント還元率
12,000円 2週間程度 0.166%~1.0%
ETC(税抜) 移行可能マイル 電子マネー
年会費無料※1 ANAマイル、JALマイル、スカイマイル ApplePay、楽天Edy、Suica
※1 手数料850円(税別)

アメックスグリーンとはどんなカード? 年会費は?

アメックスグリーンは、企業であるアメリカン・エキスプレス(American Express Company)が発行するクレジットカードのひとつです。複数種類カードを発行しているアメリカン・エキスプレスの中で最も基本的なグレードなのがアメックスグリーンです。カードの券面の色が緑色であることから、アメックスグリーンとよばれています。世界中の「AMEX」加盟店で使用できる他、日本ではJCBの加盟店でも使用できます。

 

アメックスグリーンの年会費や入会特典

アメックスグリーンの年会費は税込1万3200円、家族カードは税込6600円です。アメックスグリーンには入会特典があり、入会後3ヶ月以内に使用することで利用額に応じて最大1万8000ポイントが取得可能です。利用額に応じた獲得ポイントは下記を参照ください。

●入会後3ヶ月以内に1万円以上の利用…1,000ポイント
 
●入会後3ヶ月以内に20万円以上の利用…3,000ポイント
 
●入会後3ヶ月以内に40万円以上の利用…1万ポイント
 
●合計40万円以上の利用(期限なし)…4,000ポイント

 

グリーン以外のアメックスカード

アメックスには、グリーンの他にもゴールドやプラチナといった上位カードが存在します。アメックスゴールドは年会費税込3万1900円で家族カードは1枚無料、2枚以降は年会費税込1万3200円です。アメックスプラチナは年会費税込14万3000円で家族カードは4枚まで無料で作れます。
 
また、アメックスにはセンチュリオンカードという最上位のカードも存在しますが、希望者が自ら申し込めない招待制のため、その多くが謎に包まれています。

 

アメックスグリーンのメリットは?

基本的なグレードのカードは年会費無料なことが多いクレジットカードですが、アメックスグリーンは1万3200円と高めの年会費が設定されています。アメックスグリーンを持った場合、その高い年会費に見合ったメリットがあるのでしょうか。こちらでは、アメックスグリーンのメリットについて紹介します。

 

ポイントプログラム利用でお得にポイントが貯まる

アメックスカードを所有した際には、自動的にアメックスのポイントプログラムである「メンバーシップ・リワード」が利用できるようになっています。アメックスグリーンで100円の利用ごとに1ポイントが自動的に貯まります。
 
しかし、公共料金やNHK受信料など一部の加盟店での利用は200円につき1ポイントです。また、ポイントの有効期限は3年間ですが、ポイント交換を行うことで無期限になります。主なポイント交換・移行先には下記があります。

ポイント交換・移行先

●ANAマイルやJALマイルといった航空系ポイント
 
●ヒルトン・オナーズやMarriott Bonvoyといったホテル系ポイント
 
●楽天ポイントやTポイントといった他社ポイント

ポイントはその他、アメックスのホームページでクーポン券や商品、旅行などと交換したり、支払いに充てたりもできます。ポイント還元率は0.166%から1.0%。そして、メンバーシップ・リワードには優良の上位プログラム、「メンバーシップ・リワード・プラス」も用意されています。
 
メンバーシップ・リワード・プラスは年会費税込3300円でポイント移行時の還元率がアップするプログラム。例えば通常2000ポイントにつき1000マイルの移行となるANAマイルが、1000ポイントで1000マイルになったりと、お得にポイントを利用したい人におすすめのプログラムです。

 

海外旅行に特化したサービスが充実している

また、アメックスは海外旅行や海外出張に利用できる便利なサービスが充実していることもポイントです。アメックスグリーンが海外旅行に特化している点としてまず、年会費通常99米ドルする「プライオリティパス・メンバーシップ」に無料登録ができることがあげられます。
 
プライオリティパス・メンバーシップは全世界1200ヶ所以上の空港で特別待遇をうけられるサービス。空港のVIPラウンジの使用が同伴者1名と共に無料で可能なことなどが特徴です。
 
また、海外旅行の出発・帰国両方で空港自宅間のスーツケース1個分の配送が無料になったり、海外旅行先で不安なことを相談できる24時間ホットラインサービスが用意されていたり、といったメリットもあります。
 
そして、アメックスグリーンには旅行傷害保険(国内・国外対応)が付帯しています。アメックスグリーンで該当旅行の支払いをしておく必要がありますが、死亡・後遺傷害で最大5000万円の補償が受けられるのです。

 

安心してショッピングができる補償制度も用意されている

アメックスグリーンにはプロテクション・サービスという補償制度も付帯しています。プロテクション・サービスによって、アメックスグリーンを使用して購入した商品の返品が受け付けられなかった際、購入日から90日以内にアメックスへ商品を送ることで商品代金が返済されます。
 
また、アメックスグリーンで購入した商品のほぼ全てを、破損や盗難などがあった場合に年間500万円分まで補償してもらえるありがたいサービスも。
アメックスグリーンには、安心してショッピングができる制度が用意されているのです。

 

アメックスグリーンは実質ゴールドカード? 年会費が近いカードと比較

アメックスグリーンにはさまざまなサービスが充実していることがわかりました。それでは、他社が発行している、アメックスグリーンと年会費が同程度のカードはどうでしょうか。こちらで、アメックスグリーンと、年会費の近い他社のカードを比較してみます。

 

アメックスグリーン

●年会費:税込1万3200円
 
●ポイント有効期限:3年(メンバーシップ・リワード・プラス加入で無期限)
 
●付帯保険最高補償額:5000万円
空港サービス:世界1200ヶ所以上の空港ラウンジを同伴者1名と共に無料利用可

 

JCBゴールドカード

●年会費:税込1万1000円
 
●ポイント有効期限:3年
 
●付帯保険最高補償額:1億円
空港サービス:「ラウンジ・キー」世界1100ヶ所以上の空港ラウンジを32米ドルで利用可(同伴者も32米ドルで利用可)

 

三井住友カードゴールド

●年会費:通常税込1万1000円(初年度年会費無料・条件に応じて翌年度以降税込4400円になることも)
 
●ポイント有効期限:3年
 
●付帯保険最高補償額:5000万円
空港サービス:日本全国28ヶ所のラウンジ利用可

 

dカードゴールド

●年会費:税込1万1000円
 
●ポイント有効期限:2年(一部例外あり)
 
●付帯保険最高補償額:1億円
空港サービス:日本国内とハワイの空港33ヶ所のラウンジ利用可(同伴者は有料で利用可)

 

楽天プレミアムカード

●年会費:税込1万1000円
 
●ポイント有効期限:無期限(条件により有効期限のあるポイントがつくことも)
 
●付帯保険最高補償額:5000万円
空港サービス:プライオリティ・パス発行、世界1300ヶ所以上の空港サービス無料利用可、同伴者は3300円で利用可

 
以上、主な年会費の近いカードを比べてみました。その多くがゴールドカードに該当しています。アメックスグリーンはアメックスのなかで基本的なグレードですが、年会費やサービス内容は、他社のゴールドカードに相当するものだといっても過言ではありません。
 
また、アメックスグリーンはその中でも空港サービスが同伴者1名まで無料で利用できます。海外旅行時のスーツケース無料配送サービスも、他のカードにはないものです。

 

アメックスの年会費が無料? アメックスビジネスグリーンとは

年会費が高いだけあって、サービスが充実しているアメックスグリーンですが、そんなアメックスグリーンと同じ待遇を受けながらも、初年度の年会費を無料にできるカードがあることをご存じでしょうか。それは、アメックスビジネスグリーンです。
 
アメックスビジネスグリーンは個人事業主や法人代表など、企業している人しか作れないカードですが、初年度年会費無料な上に、通常のアメックスグリーンにはないビジネスに特化したサービスも充実しています。ビジネスに特化したサービスは下記の通りです。

●利用状況をクラウド会計ソフト「freee」へ連携できる
 
●社員用の追加カード作成可能
 
●ビジネス目的のカード利用を希望分だけリボ払いにできる
 
●ビジネス情報データサービス「ジー・サーチ」の年会費無料
 
●国内外20万ヶ所で利用できる福利厚生プログラム「クラブオフ」の年間登録料無料

アメックスビジネスグリーンは、通常のアメックスグリーンで利用できるメリットの他に、ビジネスに特化したサービスがついて初年度の年会費が無料というとてもお得なカードです。海外利用が多く、作成条件を満たしていれば必ず持っておきたいカードとも言えるでしょう。

 

アメックスグリーンは年会費が高くても価値のあるカード

今回は、年会費が高いといわれるアメックスグリーンの紹介をしました。年会費税込1万3200円と、基本グレードのカードにしては年会費の高いアメックスグリーン。
 
しかし、他社の年会費同程度のカードと比較すると、アメックスグリーンが他社のゴールドカードに匹敵するか、それ以上のサービスが受けられるカードであることがわかります。それどころか、海外旅行に関する特典などを見ると、他社のゴールドカード以上に充実しているといえるでしょう。ぜひ魅力的な特典を受けるためにアメックスグリーンへの加入を検討してみてください。

 
[出典]
アメリカン・エキスプレス「初めてのクレジットカード」
アメリカン・エキスプレス「規定集」
株式会社ジェーシービー「JCBゴールド」
三井住友カード株式会社「三井住友カード ゴールドのご案内」
株式会社NTTドコモ「dカードGOLD 入会特典」
楽天カード株式会社「楽天プレミアムカード」
アメリカン・エキスプレス「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード」
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 
 

関連記事

アメックスを作るのに必要な年収はどれくらい?ゴールドからプラチナまで解説
アメックス・グリーンカードの特徴について徹底解説
アメックスのポイント交換で一番お得なものは?マイルから楽天ポイントまで紹介

おすすめAMEX一覧

【PR】入会後3ヶ月以内の利用で、最大「18,000ポイント」獲得可能

アメリカン・エキスプレス・カード

おすすめポイント

入会後3ヶ月以内のカード利用で、合計18,000ポイント獲得可能!
充実の付帯保険や各種サービスは、年会費以上の価値あり!
付帯サービスのラウンジサービスやプロテクションサービス、旅行傷害保険など
年会費(税抜) 発行期間 ポイント還元率
12,000円 2週間程度 0.166%~1.0%
ETC(税抜) 移行可能マイル 電子マネー
年会費無料※1 ANAマイル、JALマイル、スカイマイル ApplePay、楽天Edy、Suica
※1 手数料850円(税別)

【PR】入会後3ヶ月以内の利用で、最大「36,000ポイント」獲得可能

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

おすすめポイント

厳選されたレストランで1名分が無料に!
無料で使える空港ラウンジや、海外旅行先での24時間日本語サポート!
家族カードの年会費が1枚無料!
年会費(税抜) 発行期間 ポイント還元率
29,000円 2週間程度 0.4%~1.0%
ETC(税抜) 移行可能マイル 電子マネー
年会費無料※1 ANAマイル、JALマイル、スカイマイル ApplePay、楽天Edy、Suica
※1 手数料850円(税別)

【PR】ANAグループの利用と海外旅行向けのサービスが充実したカード!

ANA・アメリカン・エキスプレス・ カード

おすすめポイント

入会で1000マイル、カードの継続毎に1000マイルプレゼント
ANA航空券や旅行商品など,ANAグループでのカードご利用は1.5倍
1000ポイント単位でANAのマイルへ移行が可能
年会費(税抜) 発行期間 ポイント還元率
7,000円 2週間程度 1.0%~2.0%
ETC(税抜) 移行可能マイル 電子マネー
年会費無料※1 ANAマイレージ ApplePay、楽天Edy、Suica
※1 手数料850円(税別)

【PR】入会後3ヶ月以内の利用で、最大「60,000ポイント」獲得可能

ANA・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・ カード

おすすめポイント

入会で2000マイルプレゼント
毎年のカード継続毎に2000マイルがもらえる
ANA航空券や旅行商品など購入でカードご利用時のポイントは2倍
年会費(税抜) 発行期間 ポイント還元率
31,000円 2週間程度 1.0%~2.0%
ETC(税抜) 移行可能マイル 電子マネー
年会費無料※1 ANAマイレージ ApplePay、楽天Edy、Suica
※1 新規発行手数料850円(税別)