更新日: 2021.06.30 クレカ

SPGアメックスカードの特典はお得? 特典の内容とメリットを詳しく紹介

SPGアメックスカードの特典はお得? 特典の内容とメリットを詳しく紹介
特典がお得だと話題になっているSPGアメックスカード。どれくらい特典がお得なのか、年会費を支払うだけの価値が本当にあるのか知りたいと考えている人は多いでしょう。
 
SPGアメックスの年会費は高めですが、特典は非常に充実しているため海外・国内旅行に行く人や高級ホテルをよく利用する人であれば検討する価値は十分にあると言えます。
 
この記事では、SPGアメックスの概要や特典の内容、お得なポイントに加えSPGアメックスを持つべき人について解説していきます。SPGアメックスが気になっている人は、この記事を読んでSPGアメックスが自分に合っているのか考えてみてください。
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

話題のSPGアメックスとは?

お得なキャンペーンが実施されているSPGアメックスの正式名称は、スターウッド プリファード ゲスト®・カードです。SPGアメックスは世界的なクレジットカードブランドであるAmerican Expressが発行しており、通常のクレジットカードと同様にさまざまな店舗で利用ができます。
 
年会費無料のクレジットカードと比べると、SPGカードの年会費は高めになっていますが、うまく使えば十分に年会費の元を取ることができるでしょう。
 
ここからは、SPGアメックスの基礎知識として、SPGアメックスの特徴や年会費について解説していきます。SPGアメックスを検討している人はぜひ最初にチェックしてください。

 

SPGアメックスの特徴

SPGアメックスは、ザ・リッツ・カールトン、セントレジス、JWマリオットなど名だたるホテルブランドが参加しているMarriott Bonvoyのゴールドエリート会員になれるクレジットカードです。
 
参加しているホテルで各種お得な優待や宿泊キャンペーンを利用できるので、ハイクラスなホテルに宿泊する人から人気です。アメックスゴールドやアメックスプラチナと比べると知名度は低めですが、特典がライフスタイルに合う人であれば検討してみる価値があるでしょう。

 

SPGアメックスの年会費

SPGアメックスの年会費は、3万4100円(税込)です。また、家族カードを発行する場合、一枚あたり年会費が1万7050円(税込)が必要になります。毎年負担するには大きな金額なので、申し込みは慎重にしましょう。

 

SPGアメックスの豪華な特典・補償5つ

SPGアメックスには多数の特典があるため、特典を使いこなせば年会費以上の価値を手に入れることも可能です。ここからは、以下のとおりSPGアメックスの特典・補償を詳しく解説していきます。
 

●Marriott Bonvoyゴールドエリート会員になれる
●無料で高級ホテルに宿泊できる
●高級レストラン&バーが15%オフになる
●世界の空港ラウンジが使える
●飛行機が遅延したときに補償してもらえる

 
自分が無理なく使える特典なのか、しっかり確認してから検討しましょう。

 

Marriott Bonvoyゴールドエリート会員になれる

SPGアメックスを持てば、自動的にMarriott Bonvoyゴールドエリート会員になることができます。Marriott Bonvoyゴールドエリート会員として、ハイクラスな加盟ホテルで得られる特典には、以下のようなものがあります。
 

●加盟ホテルの利用で得られるポイントアップ
●チェックアウト時間の無料延長
●ランクの高い部屋へのアップグレード
●インターネットの無料アクセス
●ギフトポイントの進呈

 
Marriott Bonvoyゴールドエリート会員になるには、本来年間で25泊以上の宿泊が必要です。25泊分で得られる特典が無条件に手に入るのは、お得だと言えるでしょう。

 

無料で高級ホテルに宿泊できる

SPGアメックスでは、カード更新のたびに毎年1回無料で高級ホテルに泊まれます。宿泊可能なのは、Marriott Bonvoyに参加している以下のようなハイクラスホテルです。
 

●ザ・リッツ・カールトン
●セントレジス
●JWマリオット
●Wホテル
●エディション・ホテル
●シェラトン
●ウェスティン

 
スタンダードルームでの宿泊になりますが、年に一度のぜいたくな体験として得られるメリットは大きいでしょう。

 

高級レストラン&バーが15%オフになる

SPGアメックスを持つことで、提携レストラン・バーの料金が15%オフになります。割引特典は常に利用できるので、ホテル内のバーやレストランを利用する人にとっては非常にお得です。

 

世界の空港ラウンジが使える

SPGアメックスがあれば、29空港のラウンジを同伴者1名とともに利用できます。国外のラウンジも利用可能なので、海外出張や海外旅行に行く人であれば持っておいて損はないでしょう。

 

飛行機が遅延したときに補償してもらえる

SPGアメックスには、飛行機が遅延したときのサポートもついています。SPGアメックスで代金を支払った場合、飛行機が遅延して発生した宿泊料金や食事代などを補償。
 
さらに、飛行機の遅延が原因で衣類や生活必需品の購入が発生した場合も補償してくれるので、もしものときも安心して過ごせます。

 

SPGアメックスのお得なキャンペーン

SPGアメックスでは、お得なキャンペーンを実施しており、ポイントを追加でもらうことができます。
 
入会後3ヶ月以内に10万円以上カードを利用すれば30,000Marriott Bonvoyポイントが手に入ります。
 
Marriott Bonvoyポイントは、ホテルの宿泊や航空券・レンタカーの予約に活用することが可能です。また、ポイントをギフトカードに交換することもできるので、30,000ものポイントが手に入るのは大きなメリットでしょう。
 
今後ボーナスポイントがもらえるお得なキャンペーンが実施される可能性もあります。申し込みの際にはキャンペーンをうまく活用できないか調べてみましょう。

 

SPGアメックスを持つべき人の特徴

特典が充実しているSPGアメックスですが、特典をうまく使えなければ年会費の負担が大きなカードと言えます。そのため、申し込みを検討する際は自分のライフスタイルがSPGアメックスに適しているか考えたほうが良いでしょう。
 
SPGアメックスを持つべき人の特徴は、以下のとおりです。
 

●Marriott Bonvoy参加ホテルをよく利用する人
●3ヶ月以内に大きな買い物をする予定がある人
●海外旅行によく行く人
●ステータスの高いカードを持ってみたい人

 
それぞれ詳しく確認していきましょう。

 

Marriott Bonvoy参加ホテルをよく利用する人

優待が最大限使えるMarriott Bonvoy参加ホテルをよく利用する人であれば、年会費以上の優待を受けることが可能です。デートや旅行、仕事でこうしたホテルを利用している人は、特典目的でSPGアメックスを持っておくのも良いでしょう。
 
また、今後Marriott Bonvoy参加ホテルを利用したい人、一度はハイクラスなホテルに泊まってみたい人にも向いていると言えます。

 

3ヶ月以内に大きな買い物をする予定がある人

キャンペーンポイントをもらうには、入会後3ヶ月以内に10万円以上の利用が必要です。10万円以上利用すれば、3万ポイントがもらえます。
 
そのため、3ヶ月以内にSPGアメックスを10万円以上使える場合に申し込みを検討したほうがお得です。

 

海外旅行によく行く人

SPGアメックスは、空港ラウンジ利用や補償サービスが充実しているため海外旅行や出張に行く人にとってメリットが大きいです。
 
また、SPGアメックスなら海外の提携ホテルもお得な料金で利用できます。海外でハイクラスホテルを利用する人は前向きに申し込みを検討しましょう。

 

ステータスの高いカードを持ってみたい人

年会費が高めで、ハイクラスな特典が受けられるクレジットカードを持ってみたいという人にも、特典が充実しているSPGアメックスがおすすめです。
 
SPGカードは特典が多く、年会費分を回収しやすいので一般的なゴールドカードを持つよりお得に使える可能性があります。普段より少しぜいたくをしたいという人には向いているでしょう。

 

SPGアメックスは特典がお得なカード

SPGアメックスは年会費の安さを全面的に打ち出したカードと比べ、年会費が3万4100円(税込)とゴールドカード並みに高いため不安を感じる人は多いです。
 
しかし、特典が非常に豪華なのでうまく使えば年会費は回収できます。また、頻繁にMarriott Bonvoy加盟のホテルを利用する場合は、年会費以上にお得なサービスを受けることができるでしょう。
 
普段から高級ホテルをよく使っている人、お金に余裕があるのでこれからは少しぜいたくをしたい、という人はぜひ前向きに検討してみてください。

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 


おすすめのクレカ一覧はこちら