2018.03.19 家計

あなたはいくつ当てはまる?「貯まらない家計によくある3つのもの」

家計の相談を受けていると、収入や支出について話す機会が多くあります。

お金は暮らしのほとんどの部分に関係しているので、時には直接お金とは関係のないライフスタイルについて話がおよぶこともあります。

今回は、たくさんの家計相談を受けているなかで感じた、貯まらない家計によくある3つのものを取り上げてみました。

目的の定まらない銀行口座が多い

転職が多かったり家族が増えたり、引っ越しをしたりすると銀行口座(通帳)は増える傾向にあります。
 
給与の振り込みは「給与はこの銀行に振り込むので口座を開設するように」と強制することは本来できません。ですが、実際のところはそのようにいわれて新規に口座を作ることも多いのではないでしょうか。
 
また、自治体の税金や保育料・学校や習い事で銀行を指定され、やむを得ず作るという話もよく聞きます。
 
給与振込口座からの自動引き落としを設定したものの、転職をして給与口座は変更。しかし自動引き落としはそのまま……というケースもとても多いです。
 
目的別に上手に口座を使えれば問題はないのですが、口座数が多く、あっちからこっちからいろいろな引き落としがあると、ひと月にいくらお金が出ていくのか把握しにくくなります。
 
資金移動が億劫で、なんとなくたまっていた貯金に手を付けてだんだん減っていく。
 
目的のハッキリしていない銀行口座が多い家計は、預金が貯まっていないことが多いようです。
 

お店ごとにクレジットカードを持っている

スーパーやデパート、ガソリンスタンドなどのクレジットカードは、それで支払いをすると〇%割引・ポイントが付くなどのメリットがあるから、という理由からあちこちで作る人がいます。
 
確かに同じ買い物をするなら少しでも安いほう、ポイントが付くほうがいいと思うのも無理はありません。
 
ですが、実はアメリカなどの調査では、現金払いよりクレジットカードのほうが2割も多く消費してしまう、という調査結果もあるぐらいです。実際に筆者もクレジットカードで多く支出している人に、試しに一度クレジットカードの使用をやめてもらったことがあります。
 
その結果、あっという間に消費が減ったという成果を出したのは、1人や2人ではありません。
 
また、貯まらない家計の最大の原因である「支出金額を把握できていない」の原因の一端は、多くの場合がクレジットカードによる支払い時期のズレが、もとになっていることがほとんどです。
 

収納グッズなどを含め、モノが多い

片付かない家と、お金が貯まらない家には多くの共通点があります。貯まらない家・片付かない家に共通するのは「どうなりたいか」という目的意識が弱いということ。
 
その結果、なんとなくモノを買って心を満たそうとしたり、片付いていないゆえに、必要なものが見当たらず幾度も同じものを買ってしまう、などということが起こりがちです。
 
モノが多いのでなかなか片付かず、片付けるために収納グッズをまた買う。お金が貯まりにくい不安感から一度買ったものを手放すことができない……。そんな悪循環になっている人も多く見受けます。普段から自分が何をして満たされるかをよく知っている人は、買い物もメリハリがついています。
 
安いからと言ってむやみに買うのではなく、自分の目的に合わせて選び取るので、厳選されたモノに囲まれてお金も貯まっていくのです。
 
いかがでしたか?
 
もちろん、上記の理由だけでお金が貯まらないというわけではありません。しかし、貯まらないのには必ず原因があります。
 
まずはそれに気づくことが第一歩です。銀行口座・クレジットカード・収納グッズなどの数を改めて客観視してみることで、見えてくるものがあるかもしれません。
 
Text:塚越 菜々子(つかごし ななこ)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者
お金の不安を賢く手放す!/働くママのお金の教養講座/『ママスマ・マネープログラム』主催

塚越 菜々子

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
お金の不安を賢く手放す!/働くママのお金の教養講座/『ママスマ・マネープログラム』主催
お金を貯める努力をするのではなく『お金が貯まる仕組み』づくりのサポート。保険や金融商品の販売を一切せず、働くママの家計に特化した相談業務を行っている。「お金だけを理由に、ママが自分の夢をあきらめることのない社会」の実現に向け、難しい知識ではなく、身近なお金のことをわかりやすく解説。税理士事務所出身の経験を活かし、ママ起業家の税務や経理についても支援している。
https://mamasuma.com

ファイナンシャルフィールドとは?