最終更新日: 2019.01.09 公開日: 2018.04.01
家計

時間の使い方は生活を変える? 見直す時間の使い方

執筆者 : 川添典子

ビジネスマンが1番無駄にしている時間をご存じでしょうか?それは、「探しものをしている」時間です。

なんとその時間、1日約30分だそうです。何かを探している時間というのは、実に生産性のないものです。

ただでさえ日々仕事に追われているビジネスマンは、何かしたいことがあっても、なかなかできないのが現実です。

でもこの無駄な時間は何だったかを考えて、省くことによって、何か他のことができそうな気がしませんか?

今回はビジネスマンが探しものをしてしまう原因を探っていきます。

いつの間にか机やファイルがごちゃごちゃになってしまう、常に時間に追われている、という人はぜひ参考にしてみてください。
 
川添典子

Text:

Text:川添典子(かわぞえ のりこ)

ファイナンシャルプランナー2級

住宅ローンアドバイザー
明治学院大学英文科卒業後、大手ハウスメーカー就職。
住宅販売の営業職として、顧客開拓、住まいづくりの提案、資金計画相談、販売後のアフターフォローを担当。
仕事を通して、お客様の一番の関心事と不安はお金に関する事だと感じ、ファイナンシャルプランナー2級と住宅ローンアドバイザーの資格を取得。
ハウスメーカーを退職後、暮らしに役立つライターとして、お金に関する知識や情報を提供しています。

詳細はこちら
川添典子

執筆者:

Text:川添典子(かわぞえ のりこ)

ファイナンシャルプランナー2級

住宅ローンアドバイザー
明治学院大学英文科卒業後、大手ハウスメーカー就職。
住宅販売の営業職として、顧客開拓、住まいづくりの提案、資金計画相談、販売後のアフターフォローを担当。
仕事を通して、お客様の一番の関心事と不安はお金に関する事だと感じ、ファイナンシャルプランナー2級と住宅ローンアドバイザーの資格を取得。
ハウスメーカーを退職後、暮らしに役立つライターとして、お金に関する知識や情報を提供しています。

詳細はこちら

探しものをしてしまう原因はどのようなものか?

日々忙しいと、なかなか整理整頓をする時間さえもったいなく感じてしまいます。業務は忙しくなるにつれ、大事な書類などもどんどん増えていきます。]
 
ですが、いざ必要になったとき、何がどこにあるのかすぐに取り出せますか?何かひとつ作業するたびに、「あの書類どこだったっけ?」と探していませんか?
 
机の上、パソコンのデータ、情報など私たちは常に探しものをしています。時間を無駄にしない人は、この探す時間を無駄だと認識して、そこに時間をかけません。
 
仕事が速い人は、仕事のスピードもありますが、必要なものがすぐに見つけられるので、余計なことに時間をかけません。
 
例えば、机の上やパソコンのデスクトップです。机にある書類はきちんと整理されていますか?片付けるヒマがなく、とりあえず置いといたら、いつの間にか溜まっていたなんて人は多いのではないでしょうか?
 
あとは、パソコンもデスクトップにひたすらPDFやExcelの書類を名前も変えずそのまま貼り付けてしまっていませんか?どちらも少なくとも「どこだっけ?」と探してしまっていると思います。
 
そのときの探している時間は大したことないかもしれませんが、積み重ねていくと大きな時間になっているのです。
 

無駄な時間を減らしていくためには?

無駄な時間を作らないようにするための対策を見ていきましょう。
 
1.整理整頓をあと回しにしない
まずひとつ目は、当たり前ですが、「あとで片付けよう」とするのではなく、今片付けるのです。
 
あとで片付けようとすると、毎日のように書類は増えていきますから、気づいたときには溜まってしまい、片付ける気力がなくなってしまいます。そうなると余計に片付けができなくなります。
 
2.パソコンの中のデータを整理する
ビジネスマンはパソコンを使うことがほとんどです。パソコンのデスクトップの中のファイルに名前を付けて、一目で何のファイルかを判断できるようにしておきましょう。
 
できれば、年月日も入れることをオススメします。
 
あとは、調べた情報などはまたいつ使えるかわかりませんので、同じようなことを検索する時間を省くためにもブックマークなどしておきましょう。
 
3.スキャンしてメモリーに保存する
紙として残すと、どうしても散らかってしまうので、スキャンしてパソコンやUSBなどに保存しましょう。そうすると、身の回りはスッキリしますし、どこでも持ち運ぶことができます。
 
4.コツコツとできないのなら、集中力がないときにまとめて片付ける
これら3つのことが毎回こなすのが難しければ、集中力がないときに息抜きとして片付けるのをオススメします。集中力がないのも、もしかしたら散らかっているからかもしれません。
 
片付くことでスッキリして、また仕事に集中できることもあります。
 

無駄な時間を減らすことで収入アップやキャリアアップも目指せる

1.資格の勉強時間にあてられる
無駄を削ることで、スキマ時間を作ることができます。そのスキマ時間を使って、資格取得の勉強の時間を確保できます。資格を取ることで、キャリアアップを目指せますし、転職を考えているならそのための準備時間を作ることができます。
 
2.可能なら副業も
今はパソコンひとつで副業ができる時代です。もし勤め先の会社が副業可能なところであれば、副業をして月々の収入をアップさせることも可能になります。
 
3.本を読む時間が増える
時間を作ることで本を読む時間を確保できます。ビジネスマン向けの本や、教養に関する本など、何か自分のためになる本を読むことで知識や教養、ものの見方など学ぶことができます。
 
日々の仕事に新たな気づきを得ることができます。さらには、オーディオブックで本を読むのも時間の効率化になります。
 

時間の使い方を見直してみよう

「いつも忙しくて、なかなか勉強をする時間がない」「副業を始めたいけど、それどころじゃない」と嘆くのではなく、本当に時間がないのか見直してみてはいかがでしょうか?
 
探しものをしている時間というのは、一番生産性のない無駄な時間です。「片付けをしている時間もない」と思っている人ほど、実は自分で無駄な時間を作ってしまっているのです。
 
ぜひこの機会に、身の回りのものを整理してみてはいかがでしょうか?
 
Text:川添典子(かわぞえ のりこ)
ファイナンシャルプランナー2級,住宅ローンアドバイザー



▲PAGETOP