最終更新日: 2019.01.09 公開日: 2018.04.30
家計

家事の永遠のテーマ?手洗いVS食洗機!食洗機を取り付けるメリットとデメリットとは。

執筆者 : 川添典子

「もう少し家事を効率よくこなしたい」「時間がないから時間を省きたい」
 
毎日家事に追われて、そろそろ食洗機を付けようかと検討される人は多いのではないでしょうか?
 
もしくは新築時にせっかくだから、と付けようと思っている人もいるかもしれません。
 
「食洗機はとても便利そうだけど、付けるのが高そう」「壊れたらどうなるの?」「本当に便利なのか気になる」
 
いざ付けようと検討すると、このようにさまざまな不安や疑問が浮かびますよね。
 
今回は食洗機を付けるメリット・デメリットや費用面などをご紹介したいと思います。これから検討する人はぜひ参考にしてみてください。
 
川添典子

Text:

Text:川添典子(かわぞえ のりこ)

ファイナンシャルプランナー2級

住宅ローンアドバイザー
明治学院大学英文科卒業後、大手ハウスメーカー就職。
住宅販売の営業職として、顧客開拓、住まいづくりの提案、資金計画相談、販売後のアフターフォローを担当。
仕事を通して、お客様の一番の関心事と不安はお金に関する事だと感じ、ファイナンシャルプランナー2級と住宅ローンアドバイザーの資格を取得。
ハウスメーカーを退職後、暮らしに役立つライターとして、お金に関する知識や情報を提供しています。

詳細はこちら
川添典子

執筆者:

Text:川添典子(かわぞえ のりこ)

ファイナンシャルプランナー2級

住宅ローンアドバイザー
明治学院大学英文科卒業後、大手ハウスメーカー就職。
住宅販売の営業職として、顧客開拓、住まいづくりの提案、資金計画相談、販売後のアフターフォローを担当。
仕事を通して、お客様の一番の関心事と不安はお金に関する事だと感じ、ファイナンシャルプランナー2級と住宅ローンアドバイザーの資格を取得。
ハウスメーカーを退職後、暮らしに役立つライターとして、お金に関する知識や情報を提供しています。

詳細はこちら

食洗機を付けるメリットは?

1.食洗機の費用面を見てみよう
まず気になるのは費用面ですよね。費用面といってもさまざまな費用があります。取り付け費用やランニングコスト、壊れたときの費用などです。
 
まずは取り付け費用から見ていきましょう。
 
取り付け費は、据置型かビルトイン式で金額も変わりますし、食洗機の大きさや機能によっても変わってきます。
 
ですが、だいたいは20万〜30万円程はかかってくるでしょう。容量が大きくて、多機能だと30万円を超えてくることもあります。
 
そして、次はランニングコストです。
 
資源エネルギー庁による「家庭の省エネ徹底ガイド春夏秋冬」によると、手洗いだとガス代と水道代で年間約2万5510円に対して、食洗機の場合は電気代と水道代で年間約1万6640円だそうです。
 
年間差額は約8870円もの節約になります。(ともに1日2回)
http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/general/more/img/home-ecology.pdf
 
ランニングコストに関しては、食洗機の方がメリットがありそうです。
 
気になるのが、故障した場合です。修理代は、相場から見ると約3〜5万円かかります。
 
総入れ替えとなると、数十万はかかってしまいます。
 
その他にも食洗機を利用するには専用の洗剤が必要です。普通の洗剤は使用不可になるので、注意が必要です。
 
普通の洗剤だと、一本で2カ月、家庭によっては3〜4カ月もつこともあるのではないでしょうか。一方で、食洗機用の洗剤は60回で〇〇円という風になっています。
 
これも商品によりますが、60回分だとだいたい700円弱です。
 

2.食洗機のメリットとデメリットを比較してみる

食洗機のメリットとデメリットを洗い出してみます。
 
〈メリット〉
・家事の負担が減り、時間の効率化にもなる
食洗機を付けるメリットはなんといっても家事負担の軽減になることです。
毎日家事や仕事、介護や育児などに追われている人にとっては、少しでも手間が減るのはうれしいことです。
 
・精神的にも楽になる
寝る前や朝起きたときに、食器を洗わなきゃ…と思うと、気分が重くなりますよね。
それを食洗機が全部してくれると思うと、気持ち的にも楽になるのではないでしょうか。
 
・シンクがいつもきれい
食器を食洗機の中に入れるので、シンクが食器だらけということがなくなります。
お皿だらけのシンクを見ると、気が重くなりませんか?
常にシンクがきれいというのもメリットのひとつです。
 
・手荒れがなくなる
食器を洗うと洗剤で手が乾燥して、荒れてしまいますよね。
食洗機を使えば、洗剤に触れずに済むので、手荒れを抑えることができます。
 
〈デメリット〉
・取り付けるのに初期費用がかかる
取り付けるためにはどうしても費用がかかります。決して安いといえる金額ではないので、自分にとって本当にメリットがあるのか検討してみましょう。
 
・付けてみたが、ずっと使わなくなる恐れがある
これは好みですが、人によっては自分で洗わないと洗った気がしないという人もいます。
その場合、使ってみたは良いけれど、結局自分でまた洗っていた、という話も聞きます。
 
ホームパーティーなどを開いて人を呼ぶことがあまりなく、そんなに洗うものが多くないので自分で洗った方が早いから使わないという人もいます。
 
そうなると取り付けた費用が無駄になってしまいますし、スペースも無駄にしてしまうことにもなります。
 
食器を洗うことにそこまで苦を感じていなければ、付ける必要もないでしょう。
 
・収納スペースが減ってしまう
食洗機を付けると、その部分の収納スペースがなくなってしまいます。
 
だいぶ幅をとってしまうので、食器が多い人はその分食器棚など増やさなければいけません。
 

まとめ

食洗機について費用面やメリットなどご紹介していきましたが、いかがでしたか?
 
選ぶ基準としては、時間を節約するのか、もしくはお金を節約して取り付けないのか、ではないでしょうか。食洗機も機械ですから、やはり故障はつきものです。
 
今後の修理費や初期の取り付け費などを含めて、それでも時間や手間を省きたいという人は検討してみてはいかがでしょうか。
 
Text:川添典子(かわぞえ のりこ)
ファイナンシャルプランナー2級,住宅ローンアドバイザー



▲PAGETOP