公開日:2019.09.03 家計

消費税10%まであと少し!増税前に買った方がいいもの・慌てなくていいもの

2019年10月より消費税が8%から10%になる予定ですが、一方で軽減税率の適用や負担を軽くする措置も充実しています。
 
その結果、今回の増税では、駆け込みで買うべき商品の範囲が限定されていたり、むしろ10月以降の方がお得に買える商品があったりします。そこで、増税前に買った方がよいものと、慌てて購入しなくてもよいものを分けてみました。
 
波多間純子

執筆者:

執筆者:波多間純子(はだまじゅんこ)

㈱bloom代表。ファイナンシャル・プランナー(CFP(R)),キャリアコンサルタント

「お金しだい」の人生から「自分しだい」の人生への選択をサポート。家計相談28年、相談件数4,000件超。家計相談と合わせて、その方の才能や適職を診断し潜在能力を高める「咲かせようじぶん資産」をテーマに個人セッションとワークショップを開催。

詳細はこちら
波多間純子

執筆者:

執筆者:波多間純子(はだまじゅんこ)

㈱bloom代表。ファイナンシャル・プランナー(CFP(R)),キャリアコンサルタント

「お金しだい」の人生から「自分しだい」の人生への選択をサポート。家計相談28年、相談件数4,000件超。家計相談と合わせて、その方の才能や適職を診断し潜在能力を高める「咲かせようじぶん資産」をテーマに個人セッションとワークショップを開催。

詳細はこちら

消費税の増税負担を軽くする制度とは

今回、増税後の消費の落ち込みを防ぐ目的で、多彩な対策が採られています。中でも、対象商品や対象者の範囲が広く、影響の大きい負担軽減措置が以下の2つです。
 
〇飲食料等は軽減税率8%が適用
〇キャッシュレス決済によるポイント還元

 
なお、高額商品ゆえに増税の影響が大きい代表例の、家と車に対しては、個別で増税負担を減らす制度が設けられていますので、ここでは扱わないこととします。
 
飲食料は10月以降も消費税率が変わらないため、慌てて購入する必要はありません。ただし、酒類と外食は軽減税率の対象外です。外食は買いだめできませんから、酒類は増税前に購入してもよいものの候補といえます。
 

 

ポイント還元5%が受けられる商品は10月以降に購入を

軽減税率適用以外の商品であっても、「キャッシュレス決済によるポイント還元」制度を利用することで、増税前と変わらないか、それ以上にお得に購入できます。
 
この制度は、
(1)電子マネーやクレジットカードといったキャッシュレス決済を利用
(2)一定の対象店舗からの買い物

において、一定割合のポイント還元や値引きが受けられるしくみです。
 

経済産業省「キャッシュレス消費者還元事業サイト」より
 
還元率は、中小事業者の店舗では5%、コンビニなど大手企業のフランチャイズ店では2%です。つまり、中小事業者の店舗では、増税分のプラス2%より還元分のマイナス5%の方が大きく、結果として3%分、むしろ安くお買い物ができます。
 

 
ちなみに、中小事業者は経済産業省のHPで店名を確認できます。地元スーパーや町の電気屋さん、酒屋さんなどが主な事業者として登録しているようです。ご自宅の近隣に対象の店舗があるか、事前にチェックしておいてもよいでしょう。
 
また、楽天やアマゾンといった、ネットのモールでの買い物も、購入先が中小事業者ならポイント還元の対象です。これらのモールは独自のポイント制度を設けています。欲しい商品がそのお店で販売しているか確認し、同じモール内でまとめて買うことで、さらなるポイントの獲得も期待できます。
 

キャッシュレスでの使い過ぎには注意

すなわち、ポイント還元対象の店舗で買える商品は、10月以降にキャッシュレスでお買い物をすれば、消費税10%のものが実質5%で購入できます。 
 
具体的なねらい目は、お酒(みりん含む)や指定医薬部外品の栄養ドリンク、日用品などです。なお、この還元制度は2020年6月までの9ヶ月間限定の時限措置となります。
 
このように、ポイント還元は家計にとってありがたい制度なのですが、注意も必要です。それはずばり「使い過ぎ」。キャッシュレスでの買い物は、現金で支払うときより4~5倍心理的な負担が少ないともいわれています。
 
余計なものまで買ってしまっては本末転倒です。あらかじめ、買うもののリストとカードで使う予算を決め、お店に向かいましょう。
 

増税前に買うべきは、電車やバスの定期券、レジャー施設の年間パス等

結局、増税前に購入すべきはどんなものでしょう。
 
(1)軽減税率の適用外
(2)中小事業者から買えないもの
(3)その他、軽減措置のないもの

この3つをすべて満たすものとなります。
 
具体的には、
〇電車やバスの定期券、回数券
〇レジャー施設のチケット
〇人間ドックや自由診療の歯科治療等
〇家電(中小事業者で買うより本体価格の値引きが大きい、大手家電量販店等で買う場合)
〇酒
〇デパートコスメ

などです。
 
こちらをもとに、買っておきたい商品を整理し、リストを準備しておきましょう。
 

その他の負担軽減措置

他にも、間接的にメリットのある支援策を設けることで、お得に買い物ができたり、支出を減らしたりできる対策が採られる予定です。
 
〇プレミアム付商品券
〇低年金生活者への上乗せ給付
〇幼児教育無償化

 
こちらは、消費税増税による家計への影響を考慮して、低所得者や子育て世帯など、対象者を限定した優遇策になっています。
 
執筆者:波多間純子
㈱bloom代表。ファイナンシャル・プランナー(CFP(R)),キャリアコンサルタント

関連記事

「増税前に買いだめ」はちょっと待って!まとめ買いの3つの落とし穴
消費税8%から10%へ 旅行や交通シーンでの4つの注意点
2019年の消費税増税。実はすべてが10%になるわけじゃない!? 10%になる物と8%のままの物の違いって?
 

商品比較
商品比較


▲PAGETOP