公開日: 2020.01.17 家計

増税後、みんなはどうやって節約している?実践していて切なくなった節約術とは

家族が増えると出費も増える……。子育て世代にとって、消費増税は家計を悩ませる大きな要因のひとつになり得ます。子育て世代が消費増税による影響をどう捉えているのか、そして世間はどのくらい節約をしているのかを掘り下げてみましょう。
 
ライフネット生命保険株式会社が発表した、「消費税増税による家計の見直し・節約に関する調査2019」(※)の結果をチェック!
 
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら

増税をよりシビアに感じる子育て世代

この調査は、全国20~59歳の男女を対象に行われたもの。回答者全員の結果と、子どものいる人の回答を比較してみましょう。
 
【今回の消費税増税によって、月々どのくらい負担が増えると思うか】
<全体>
1位:5000円  23.6%
2位:1万円 16.3%
3位:3000円  12.1%
平均:5655円
 
<お子さまのいる人>
1位:5000円  26.0%
2位:1万円 20.2%
3位:3000円  10.9%
平均:6829円
 
回答順位は変わらないものの、パーセンテージと平均値に違いが見られました。子どもがいる人のほうが、消費増税にともなう月々の負担を重く見積もる人が多いということがわかります。
 
ちなみに、どれくらい節約をしたいかについては以下の結果になりました。
 
【今後、月々どのくらい節約をしたいと思うか】
<全体>
1位:5000円  23.7%
2位:1万円 22.3%
3位:0円    9.9%
平均:6766円
 
<お子さまのいる人>
1位:5000円  28.4%
2位:1万円 26.0%
3位:2万円  8.6%
平均:8193円
 
こちらは、負担の見積もりよりも結果に差が開いています。全体としては、節約したい人が圧倒的に多いものの、特にしないという人も1割近くいることがわかります。さらに、子どもがいる人は負担をカバーする以上に節約をしたいと考えていることが伺えます。
 
この調査から、子どもがいる人は消費増税により敏感になっていて、財布のひもをかために締めていると言えそうです。
 

増税後、みんなはどうやって節約している?

では実際に、世間では増税対策としてどのようなものが行われているのでしょうか。
 
【消費税増税後に行ったこと(複数回答形式)】
1位:特になし              42.9%
2位:キャッシュレス決済での買い物    26.5%
3位:家計の見直し・節約         19.7%
4位:キャッシュレス決済について調べる  18.9%
5位:ポイント還元キャンペーンをチェック 18.0%
6位:ポイント還元キャンペーンで買い物  17.7%
 
なんと、半数近くの人が特に何もしていないと回答。行われた対策として一番人気の高いものは、キャッシュレス決済ということがわかりました。その下には、ざっくりと家計を見直したり、キャッシュレス決済について調べたり、ポイント還元キャンペーンを活用したり……といった回答が続きます。
 
もともとクレジットカードを持っている人であれば、消費増税後は現金ではなくカードで決済するだけなので、ハードルは低そうですね。逆に現金派だった人たちは、キャッシュレス決済について調べるところから始めているようです。
 
さらに節約に敏感な人たちが、ポイント還元キャンペーンをしっかりチェックしている……、そんな現状が見えてくる結果となりました。
 
ちなみに、子どもがいる人/いない人がそれぞれ節約したいと考えている項目については、以下のとおり。
 
【今後、家計の見直し・節約として行いたいもの(複数回答形式)】
<お子さまのいる人>
1位:ふるさと納税の利用   12.8%
2位:格安スマホへの乗り換え 11.6%
3位:保険の乗り換え      9.5%
 
<お子さまのいない人>
1位:格安スマホへの乗り換え 10.7%
2位:ふるさと納税の利用    8.8%
3位:電力会社の乗り換え    7.2%
 
やはりみなさん気になるのは、スマホの利用料金。ここを節約できれば月々そこそこ節約できると考えているようです。そして、実質2000円で食品や家電などが入手でき、さらには住民税や所得税の控除が受けられるふるさと納税に目をつける人も。
 
また、子育て世代では家族の保険を見直すことで節約を考える人も多く、子どものいない人は電力会社の乗り換えを検討する人も多いということがわかりました。
 

やるならほどほどに…… 切なくなっちゃう節約術も

節約にチャレンジするのはいいことですが、あまりに切り詰めるとなんだか切なくなっちゃうことも。たまには気にせずパ~っと遊びたい!なんて思ったことがある人もいるのでは?
 
【実践していて、切なくなった節約術】
1位:食費の見直し・削減をする  106件
2位:水道代を削減する・節水する 32件
3位:光熱費を削減する・節電する 28件
4位:外食費を削減する      20件
5位:セール・割引を利用する   18件
 
TOP3に至っては、日々の努力の積み重ねが実を結ぶタイプの節約術でした。
 
くわしく見ていくと、「昼食を抜きにする」「肉や魚のない野菜だけの食卓」「水シャワー」「もやし生活」「ティッシュを半分にして使用する」「スーパーで割引シールが貼られるのを待つ」など、想像するだけでなんだか切なくなってしまう内容が並びます。
 
節約は大切ですが、週に一度はランチを奮発したり、外食でディナーを楽しんだり、あったかいお風呂にゆっくり浸かったりして、増税対策に奮闘する自分をいたわりたいものですね。(もちろん節約がムダにならない範囲で!)
 
出典 ※ライフネット生命保険株式会社「消費税増税による家計の見直し・節約に関する調査2019」
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

関連記事

4人家族で食費8万円は決して高くない。1人当たりの食費の目安は
節約しているのにお金が貯まらない人が考えたい【逆転の発想】
3つ当てはまったらあなたも要注意! 家計がぎりぎりになってしまう人の共通点はこの3つ
 



▲PAGETOP